ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 玄洋社と黒龍会 > トピック一覧 > 黒龍会

玄洋社と黒龍会コミュの黒龍会

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

今や我帝国は国民の一大発奮に待ざるべからざる非常重大の秋に遭遇せり。吾人は元来帝国の使命に鑑み、力を海外の発展に致し、以て過剰せる人ロの調節を図ると共に、東亜諸民族の扶掖振興に任じ、仁義を世界に布き、皇謨を万邦に輝さむことを以て自ら期する所あり、曩に明治二十七年朝鮮に天佑侠を組織し、東学党を助けて日清国際の解紛を容易ならしめ、三十二年アギナルドを助けて比律賓の独立を図り、三十三年拳匪の乱起るや、同志と共に孫逸仙を援助して南清に革命の蜂火を挙げ、三十四年本会を創設して露国膺懲論の唱首となりしより、或は朝鮮の併合に尽瘁し、或は支那の革命を助け、爾来有らゆる対外諸問題を提げて其の解決に従ひ、終始一貫之れが為に粉骨砕身を辞せざりしものなり。而して此間日清日露両役の克捷は言を俟たず、朝鮮を併合し、台湾樺太を領得し、独逸を山東より駆逐し、国力の充実となり、国際的地位の向上となり、帝国々運の発展、駿々乎として旭日昇天の勢を呈し、以て世界三大強国の班に入り東亜扶掖の基礎斯に定らんとするに至りたるは、固より 明治大帝稜威の致す所に外ならずと雖も、吾人の微志亦だ聊か酬ゆる所ありしことを信ぜずんばあらざるなり。
 然るに近来に至り、外、国際の関係を察すれば、或は対独戦争の効果を挙て之を列国の蹂躙に委し、或は不当なる海軍制限に甘んじて国防の危殆を顧みず、其他対支外交の失敗は支那人の軽侮を増長せしめ、彼をして終に国防上唯一の防壁たる満蒙の還附を迫らしめむとするに至りたる如き、若くは米国濠州等に於て、多年の経営に依りて贏ち得たる我が移民の既得権を褫奪せられ、横暴なる排斥駆逐の勢殆んど底止する所を知らざらしむるに至りつゝあるが如き、畏れ多くも 明治大帝の宏謨によりて建設せられたる対外的基礎は、急転直下して此に一大退縮を招来するに至らんとす。是れ豈に苟くも国家を憂ふる志士仁人の斎しく浩歎を禁ずる能はざる所にあらずや。
 翻て国内の状態を目睹するに及んでは、更に一層の深憂に禁へざる者あり。綱維は弛癈せり。人心は腐爛せり。看よ万般の施設悉く百弊の集中する所となれるに非ずや。法制は複雑にして姦究益々甚しく、租税は過重にして国民其煩に堪へず、経済界の混乱は国民の生活を逼迫せしめ、危険思想の横行は社会の秩序を紛糾せしめ、三千年来金甌無欠の国体をして、幾んど将に亀裂を生ずるの処あるに至らしめんとす。国運の危殆なる、豈に今日より急なるあらむや。此をしも非常重大の秋と言はずして其れ将た何とか言はんや。其れ然り、而かも政府当局は百年の大計を忘れて漫然一時を苟且し、在野政党は政権争奪の外何等時艱の匡救を念とせず、其他社会の木鐸一世の指導を以て其任となすべき新聞紙の論調に至りても、多くは俗に阿ねり世に媚び、屑々として営利に汲々たるのみ。鳴呼帝国の前途に横はる暗礁は刻々正に近づきつゝあるの時に当り、其の?工舵師たるもの滔々皆な此の如し、是れ豈吾人の一大奮起を要すべき秋にあらずして何ぞや。
 今日吾人が猛然起て時局の匡救に任ぜんと欲する所以のものは、寔に已まんと欲して已むべからざるに出づ。吾人の使命は従来対外政策に在りき。然かも内頽れて抑も何の対外ぞや。是に於て吾人は本会活動の範図を拡張し、対外問題以外、更に内政問題、社会問題を提げて巌正なる批判を下し、天下の人心をして其の嚮ふ所を知らしむると共に、吾人従来の抱負に基き、進んで積極的実行の任に贋らんとす。而して吾人は先づ会内の結束を鞏うし、且つ吾人と其の主張目的を同うする政治的、社会的、思想的各団体と提携協力し、必ず此の腐爛せる人心を革正し、廃頽せる綱紀を振蕭し、財界の危殆を救ひ、生活の不安を除き、国信を樹立し、国威を恢弘し、東亜振興に対する帝国の大使命を完うせんことを期す。因て此に其綱領趣旨を明かにし、普く之を天下同憂の士に告ぐ。

★主義
一、吾人は、天皇主義を奉じ、建国養正の遺訓に基き、六合を兼ね八紘を掩ふの皇猷を弘め、以て国体の精華を発揚せんことを期す。

コメント(1)

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

玄洋社と黒龍会 更新情報

玄洋社と黒龍会のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済