ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > マルシン CG 友の会 > トピック一覧 > F.Besson MEHA の...

マルシン CG 友の会コミュのF.Besson MEHA の研究

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体



写真は、最近縁あって手に入れることのできた、オリジナルでいずれもシリアル番号9万番台の F.Besson MEHA のB♭管とC管です。

これをきっかけに、そもそもベンジおよびセルマーのゴードンモデルの元となった、ゴードン自身が使用していたことでも有名な F.Besson MEHA について調べ勉強したいという思いで、こちらに新たにトピを立てさせていただこうと思いました。

私が初めてdrill#20先生の門をたたいたのは、今からおよそ30年ほど前の1981年でした。当時は、ラリー・スーザさんが加工してくれたVカップ・マウスピースや、ベンジのゴードンモデル・トランペットが、今ほど簡単に日本で手に入れられない時代だったので、先生はご親切にもご自身の F.Besson MEHA を私に貸し与えてくださいました。アメリカに注文したベンジ7Xが手に入るまでの半年以上の間、先生の F.Besson MEHA で、アイアン、クラーク、デイリー・ルーティーン、システマチック・アプローチを練習し始めたのです。ですので私にとって個人的にも、たいへん思い入れがある楽器でもあるのです。

さて、そんなこんなでネットなどで F.Besson MEHA についていろいろと調べて始めてみますと、フランス製の楽器のせいか、あるいは第二次大戦の影響もあってか、英文での資料がなかなか見つかりません。そんな折、トランペットヘラルドに以下のような書き込みがあるのを見つけました。

http://www.trumpetherald.com/forum/viewtopic.php?t=60714&view=next&sid=d5f8bd9885ffba1fa56b2f2e81106cdf

F.Besson MEHA についてのたいへん興味深い内容でしたので、つたない訳ですが、ここに私が日本語に訳したものを紹介させていただきます。


ラリー・ジアーニによる「早分かりF.Besson歴史講座」

 以下に述べることのほとんどはジグマンド・カンスタル、ハル・オリンジャー、デイブ・ロジャーズ、ロブ・スチュワートたちから学んだことです。彼らはF.Besson物語の非公式の歴史家として尊敬に値する人々です。

 みなさんが思い浮かべるF.Bessonとは、ジグマンド・カンスタルが80年代に復刻し、ブージーアンドホークス社から発売されたものかもしれません。それらは第二次世界大戦でのナチスのフランス占領のとき、F.Bessonの従業員によって救出されたオリジナルの心金(マンドリル)によって製作されたものです。大戦後、フランスのF.Besson社は工場の火災により経営から手をひき、F.Bessonの名はイギリスのメーカーにより買収されました。カンスタルのコピーはその心金を使い、460ボアのブルブテ・モデルと470ボアのメア・モデルを製造しました。それらはセカンド・バルブ・ケージングの下方にカンスタルおよび4桁の製造番号が刻印されていました。ちなみに、メアとはマダム・ベッソンの孫娘の名前でした。

 では、始めましょう・・・。多くのプレイヤーたちが言及しているベッソンとは、戦前のまたは戦後のF.Bessonのことです。(ここで言う戦争とはもちろん第二次世界大戦のことであり、ナチスのフランス占領によりF.Besson社も著しく生産が制限されたおよそ5年間のことです。製造番号ではおよそ88000番から92000番の期間です。)F.Bessonメア・モデルは92000番(1945年ごろ)から始まります。

 ここからはカンスタル製のコピーではなく、オリジナルのF.Bessonについて話を進めます。

 F.Bessonブルブテ・モデルは1920年代以降、アメリカでは数多くのトップ・プレイヤーたちによって選ばれたトランペットでした。クラッシック・プレイヤー、コマーシャル・プレイヤー共にF.Bessonを使用していたのでした。460ボアのブルブテ・モデルはその当時F.Besson社が提供する事実上唯一のモデルでした。第二次世界大戦が始まるとカール・フィッシャー・ミュージカル・インストゥルメンツは、ナチスのフランス占領を理由にフランス製品の輸入を制限するように議会に陳情しました。この身勝手な行為によってカール・フィッシャー製のトランペットは、外国製の楽器との競合からのがれたのでした。しかし、アメリカ国内でのF.Bessonトランペットの使用が膨大な数であったため、修理目的に限りトランペットの部品だけはボイコットを逃れ、しかも免税で輸入が許可されたのでした。その際F.Besson社に課せられた唯一の条件は、各部品それぞれにモデル名と「Besson」の刻印を入れることでした。ベルには「Fabrication(製造)」と刻印されました。これは修理専用であることを示していたものと推測されます。

 戦時中、ニューヨークに住む「ラプアナ」という名の男があるアイディアを思いつきました。それは、国内市場でのF.Bessonトランペットの不足を補うため、修理専用として輸入の許可された各部品を使って、トランペットをアメリカ国内で製造するというものでした。この時期に、ラプアナの助けによりアメリカで作られた470ボアのメア・モデルは、ヨーロッパにもたらされたのでした。(F.Besson社はこのような改作を知らされていなかったし、許可もしなかったでしょう。)この間、だれかが新しくベルが必要となった場合、入手できる部品はメア・ベルだけでしたので、ブルブテ・モデルの本体にメア・ベルを取り付けるということが行われたのでした。珍しい460ボアのF.Bessonメアは、実はこのようにして生じたのでした。

 製造番号によって正規の物と認証されるF.Bessonメア・モデルは、92000番から始まります。最も価値のあるメアは製造番号92000番から99000番までのものです。100000番以降のメアは、悪名高いロンドン・バルブ・ケージング(80年代にシルキーがヤマハ製のバルブを使って、多くのプレイヤーたちにトラブルをもたらした話となにか似ていますが・・・)と、ロンドン・ベッソン工場が使用していたフランス工場とは異なった真鍮材を用い、ロンドンで製造されました。

 それについて説明すると、F.Besson社は戦後、戦闘で荒廃した地域から回収した迫撃砲弾の薬きょうを使用しました。(戦後フランスでは真鍮材でけでなく、他の金属も極端に不足していました。)薬きょうが受けた爆発の際の高熱、それに加えベルやリードパイプの鍛造の際の焼きなましが、フランス製のF.Bessonトランペットにその独特なサウンドと吹奏感をもたらしたのです。

 ブルブテとはフランス語で「特許」という意味です。そして、戦時中アメリカに送られた部品で、セカンド・バルブ・ケージングに刻印された「decote」とは「免税」という意味です。これは「フランス製品に関する法律」から免除され、アメリカでの関税がかけられなかったことを意味しています。

 470ボアのトランペットは、ハーマン、バーネット、ケントンなどビッグバンドにおいて、より高くより大きなサウンドが求められるようになっていく中で、それまでの「豆鉄砲」サウンドよりもっと余地(可能性)を必要としていたコマーシャル・プレイヤーたち(クラッシック・プレイヤーたちもまた)に新風を吹き込んだのでした。かくして、コーン22B(とそれに類する他のトランペット)の時代は、幕を閉じたのでした。

 ここで、F.Bessonの歴史における皮肉な話をひとつ・・・

 大企業ベッソンが受けた戦時および戦後の厳しい状況、アメリカではコーン、フランク・ホルトンなどの既成の大楽器メーカーの品質低下の問題、これらは、F.Bessonのコピーから始めた小さなトランペット・メーカーたちにトランペット市場の一部を獲得するチャンスを与えました。これらのメーカーのオーナーたち、ヴィンセント・バック、エルディン・ベンジ、ドミニク・カリキオ、ラディ・マック、F・D・オールズらはみな、(小さなメーカーゆえ)自ら多くの仕事をこなしました。

 今日、Bach社はかつてF.Besson社の最盛期がそうであったように、金管楽器メーカーのリーダーとみなされています。そして、小さなトランペット・メーカーらが、ご存知のような現在のBach社のラインや品質への不満によって生じた、新たな市場を満たしその業績を伸ばしています。

以上


いかがでしたでしょうか? 真偽のほどはわかりませんが、私にとっては大変興味深い内容でありました。

また、新たな情報などありましたら、みなさんから教えていただければと思っています。どうかよろしくお願いします。




コメント(47)

家にあります、MEHAの写真です。シリアルを中心に写してみました。

自分のは両方とも3番管にはウォーターキーはついていません。

2本とも素晴らしいですが、より若干軽量なGPの方を気に入って使っています♪
2本ともシリアルが良い時期のものにドンピシャですねウインク
drill#20先生、ご自身の日記だけだなく、いろいろなところでこのトピックスを紹介いただいてありがとうごさいます。先生がご存じのF.Besson_MEHAに関する他の情報がありましたら、またこちらでもいろいろ教えていただければと思っています。

ふくこるね先生、すばらしい楽器をそれぞれご紹介していただきありがとうございます。特に金メッキのほうは、刻印がまだ深々と刻まれているて、ほとんど擦り減っていないのがすばらしいです。わたしのC管はシリアルナンバーがよく読み取れないぐらいバフがかけられてしまっています。(それだけ損傷が激しかったのでしょう)

写真は一枚目がシリアル10万番台のイギリス製 F.Besson_MEHA です。二枚目の9万番台との見た目一番の違いは、3番スライドのリングの位置です。単にリングの位置の上下の違いだけでなく、上部管と下部管のオスメスも違います。そしてそれに伴い、主管と3番スライドを支える支柱の位置が変わっています。

ジェローム・カレは自身のホームページで、サードスライドコンバージョンについて次のように説明しています。

「この改造は、すべてのトランペットに良い結果をもたらします。すべての音域で、完全に均等な吹き心地が得られ、ピッチ、アタック、反応のすばやさ、そして音の遠達性が劇的に変化します。
なぜかというと、すべてのトランペットの3番スライドは、基本倍音に対して調性の障害を持っている可能性があるからです。
技術的にいえば、リード・パイプからメイン・チューニング・スライドを通ってバルブ・セクションへ向かう主管の流れをどこで支えるかということに答えがあるのです。
通常のトランペットでは、3番スライドと主管を支える支柱が下にありますが、サードスライドコンバージョンをするとこの支柱が上にくることになります。主管の流れをここで支えることで、すべての倍音列がより良く矯正されていることがわかるはずです。
このことがわかって以来、ジェローム・カレは初めからサードスライドコンバージョンが施したトランペットを生産するようになりました。」

ジェローム・カレのスーパー・チョップス奏法も、カンスタル製のジェローム・カレ・トランペットも、なんだか怪しいですが、サードスライドコンバージョンの理屈とその効用はありえるかもしれません。F.Bessonが1920年代から50年代の長きにわたり、プレイヤーたちに支持され続けとことを考えれば十分ありえます。

三枚目は、上の一枚目でボーカルの女性と一緒に、ゴードンが吹いているのとおなじタイプのF.Besson BREBETEです。3番スライドと主管を支える支柱の位置を変えずにリングの位置を上にする工夫がされたものです。プレイヤーの需要に応えるため、支柱の位置は変えずにこのような工夫をしたということなら、F.Bessonは初めから支柱の正しい(最も効果的な)位置を長い経験から知っていて、支柱の位置は変えるべきではないと考えていたということではないでしょうか。

おそらく10万番台のイギリス製F.Bessonは需要にさからえず、3番スライド・リングを上にしたのでしょう。私は以前webで最末期の103000番台のF.Bessonで1番スライドにも最初からフックがついているタイプのBREBETEを見たことがあります。
写真、見つけました。
この1番管のフィンガーフックに、滅びゆくものの憐れさが感じられます。
先生、ほんとにシリアルどんぴしゃですねわーい(嬉しい顔)
ありがとうございます!
左がイギリス製の10万番台で、右がフランス製の9万番台のベルです。

共通しているのは、ベル・フレアが太いフレンチ・ビード(がまぼこ型)になっていて、サイド・シームで取り付けられています。ヤマハのアーティスト・モデルのベルにに施されたフレンチ・ビードよりも幅がずいぶんと太いです。

ちなみに、リード・パイプも双方ともサイド・シームで取り付けられています。

明らかな違いは、ベル刻印です。10万番台は行の間隔が広く、ベル先端から少し離れた位置に刻印されています。9万番台は行の間隔がせまく、ベル先端に近い位置に刻印されています。
ちなみに、こちらはBREBETEのベル刻印です。

こちらもHEHAと同様の違いが確認できます。
先の「F.Besson MEHA 講座」にもありましたが、イギリス製の10万番台とフランス製の9万番台のもっとも大きな違いは、やはりトランペットの心臓部とも言えるバルブ部分です。一見よく似ていますが、その内容はかなり違っています。

まず外側のバルブ・ケージングに注目すると、写真ではわかりにくいですが、イギリス製は1ピース、フランス製は2ピースになっています。そして中のピストンがイギリス製のほうが少し太く、そのためバルブ・ケージング全体がフランス製よりひとまわり大きくなっています。左手で持ったとき、ずいぶんと大きく感じます。

それに伴い、ピストン・ボタン、バルブ・キャップ、ボトム・キャップ、いずれもフランス製に比べ大きさが大ぶりになっています。

楕円形のF.Bessonの刻印はほぼ同じ位置ですが、イギリス製のほうはピストン番号とシリアル・ナンバーが下のほうに刻印されています。
調べると本当に興味深いですね。
銀メッキの方の刻印写真がありましたので載せておきます。
ふくこるね先生、インターネットでは Conn、King、Bach、Benge、などいずれもオフィシャル、アンオフィシャルの歴史や資料のサイトがありますが、

http://www.bachloyalist.com/
http://cderksen.home.xs4all.nl/index.html
http://www.hnwhite.com/second%20page.htm
http://www.musicbyjoelill.com/benge/
http://www.electrotheremin.com/bach.html などなど・・・

F.Besson に関するものは皆無と言ってよいですよね。


写真は、中のピストンです。

共通な点は、ピストン・バネが外側上部にあること、そして大きな特徴でもあるバルブガイドとその溝が左右に1本ずつの2本ではなく、左側にだけ1本であることです。

違いは、先にも書きましたが、左のイギリス製のほうが若干太いです。バネを下で支えるリングは、黒のプラスチック製に変化しています。そしてここにバルブ・ガイドの凸がつけられています。それに対し、9万番台のほうは19世紀から変わらず、バルブ・ガイドがピストンの表面に直接打ち込んであります。

mixiフォトに新たにF.Besson_MEHA B♭とC管の写真をアップしましたので、よかったら皆さんご覧になってください。
この楽器は、60年代にLondon_Besson社が作っていた、2-20 というスチューデント・モデルです。バルブ・ケージング、ピストン・ボタン、バルブ・キャップ、ボトム・キャップ、中のピストンそのものも10万番台のF.Besson のものと同じであることが、見て取れます。
ここまでイギリス製10万番台の F.Besson_MEHA とフランス製9万番台の F.Besson_MEHA の違いを詳しく調べてきました。

しかし、その生産が London_Besson 社に移り、10万番台の F.Besson_MEHA になってしまってから、まるで使い物にならないひどい楽器になってしまった、というわけではないと思います。時代の要求が変化し、需要が次第になくなり、やがては生産もされなくなっていったということだと思います。

アメリカの識者やヴィンテージ楽器のコレクターたちの間では、ラプアナMEHAの歴史的な評価は別として、楽器そのものの評価は低いそうです。作りも粗雑で、正当な F.Besson の流れには入らないものであると位置づけています。それに対し、イギリス製10万番台の F.Besson_MEHA については、生産ラインの進化の一部として「正当なもの」と考えています。
調べてみると、近代トランペットの歴史の中でひときわ輝かしい光をはなった F.Besson_MEHA とは、第二次世界大戦後からフランス工場が火災により経営から手を引く1957年までの、わずか10数年間という短い間に作られたものだったのです。

シリアル番号では、92000番から98000番台までです。もちろん、MEHAモデルとBEVETEモデルは同じ数ずつ作られたであろうし、ほかにもフリューゲル・ホルンやC管、D/E♭管などの特殊管も少ないながら作られていたので、実質 MEHA の生産本数は3000本ほどだったのではないでしょうか。

そう考えますと、残した業績は計り知れないのに、その本数も少なく栄えた期間も本当に短かったことに、何かとても不思議な感じがしてしまいす・・・。
さて、多くの後発の楽器メーカーにコピーされたという F.Besson 。ではそれぞれ、どのようにコピーされたのか見てみましょう。

写真は、シリアル959番、1928年製の Bach Stralivarius です。

F.Bessonとの類似点を見てみると、長いマウスピース・レシーバー、コンパクトな小指フック、1本支柱のチューニング・スライド、そのカーブの形、短めでコンパクトなバルブ・ケージング、1番スライドおよび3番スライドの継ぎ目にはふっくらと厚みを持たせている、ベル・フレアはかまぼこ型のフレンチ・ビード、などが見て取れます。非常に良く似てるといえるのではないでしょか。
もう一丁、こちらはシリアル3441番、1936年製です。
こちらは、シリアル637番、1939年製の Chicago Benge です。

もう、確信犯ですね。
ちなみに、こちらはElden Benge自身が使用していた F.Besson BREVETE。
彼は、1920年代から1933年まで、デトロイト響やシカゴ響で演奏していました。楽器製作は1935年からだそうです。
現在、メインで使っていますMEHA#94474にはベルが2本あり(1本付属)、刻印が特徴的でしたので写真を撮りました。

違いは「PARIS-FRANCE」「PARIS」という刻印です。

これに関してはTrumpetMasterでカンスタルのマネジャーの方の記載を見つけました。(カンスタルによる復刻版の方の話ですが)

http://www.trumpetmaster.com/vb/f139/kanstul-made-besson-meha-bore-size-55370.html
F. Besson MEHA #96XXX を発見っ!が、価格がなぁ、、、、ぁ、、、(;_;)
ふくこるね先生、それは両方ともKanstul製ですね。
Kanstul製F.Besson_MEHAのベル刻印は、MEHAとBREVETE両方合わせたようなデザインが特徴です。
写真は、左から9万番台MEHA、9万番台BREVETE、Kanstul製F.Besson_MEHAです。
野本さん
このコミュのメンバーで、9万番台のMEHAを購入されている方達は、およそ$1,000前後(約¥80,000くらい)で購入されているようですよ。ご参考までに。
正山師、

コメント有難うございます。くれぐれも高額商品には手を出さないように肝に命じる様にしますです。
フォトアルバムの方で載せていますが、先日先生のアドバイスのもと、オリジナルMEHA本体に付いていたのが復刻版のベルであったためスペックの確かなCGセルマーのベルを換装致しました。

多忙につきちゃんとした写真がとれていないのですが、おいおいUPしたいと思います。

もともと吹きやすい楽器でしたが、さらに吹きやすい楽器となって生まれ変わりました(^^)
12年位前に手に入れた95XXXのMEHAです。
しげゆきさん、ご自身の MEHA を紹介していただき、ありがとうがざいました。
3番リングをネジで締めるタイプですね。MEHA でこのタイプのものは初めて見ました。
他の写真がありましたら、ぜひまた紹介してください。

写真は、同様に3番リングをネジで締めるタイプの93xxx番台の BREVETE です。
こちらは、以前サ−ドスライド・コンバージョンの話題のときに例に挙げたものと同じタイプで、96xxx番台の BREVETE です。

3rdスライドの上部管も下部管も、オスとメスの長さが等しいタイプのもので、ストッパーが8時の方向にななめに取り付けてあります。
こちらは、97xxx番台の MEHA の珍しいC管です。
しげゆきさんの MEHA と同じタイプのもで、ストッパーが真下にバルブケージング近くに付けられています。

これらの3番リングをネジで締めるタイプのものは、その形状の類似性から、楽器のオーナーが後から加工したものではなく、オリジナルのものだと判断してよいと思いますが、残念ながらその真相は今のところ分かりません。
ヨーロッパの古い歌謡曲を吹きやすい楽器を探し続けて、MEHAに出会いました。
MEHAは初めてなのですが、音色に独特の「陰」の部分があり、いつまでも吹いていたくなります。
これが戦争熱がもたらした音色という物なのでしょうかね。
太い倍音でレンジが広がり残響が残る感じと、楽器そのもののシッカリ感はNY-Bachとよく似ています。

私が手に入れたMEHAはイギリス製の100***の個体なのですが、千代彦さんの[16]の写真資料と照らし合わせると、刻印がベルの先端に近いフランス製と同じ感じがしまして、資料として書きこみさせていただきました。
海外の情報をみてゆくと、工場を引っ越しした最初期の頃はフランスから持ってきた部品と組み合わせて楽器作ったと情報ありますので、恐らくその一つだと考えております。

千代彦さんが[23] で書かれておりますが、イギリス製のMEHAは悪くないと感じました。
ピストンは非常に優秀でレスポンスも良く、良いバルブだと思います。
全体の作りも丁寧で3番スライドも素晴らしい精度です。
巷でよく悪評を見ますが、単に最初期に使われていた削れて回ってしまう白いバルブ・ガイドのことなのでしょうかね?
この個体は最初期のものなのですが、何故か黒いバルブガイドになっています。

ログインすると、残り19件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

マルシン CG 友の会 更新情報

マルシン CG 友の会のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済