ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > PC、インターネット > DBならOracleでしょ♪ > トピック一覧 > 困った時の質問場所 【2インス...

DBならOracleでしょ♪コミュの困った時の質問場所 【2インスタンス目】

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

前トピックで1000コメント目を踏んだので新トピック立てます。

こちらでOracleを利用する上で生じた問題や疑問を解決していきましょう。

SQLやDBインストール、バックアップ、パフォチュー、Oracle Net周り、RAC、Dataguard、OFSと簡単な内容から少しディープな内容まで何でもこちらで聞いちゃいましょう!!

質問者は回答者がより正確なアドバイスが送れるよう、より具体的な内容を書くように努めましょう。詳細な内容を書く事で、よりポイントを絞った効果的な回答が来る可能性が高まります。また、回答者へのお礼もお忘れなく〜

回答者は初心者に優しく接してあげましょう。例えば単に「ググれカス」と答えるのでは無く「○○と言うキーワードでググれカス」と言った風に具体的な行動指針を示してあげる様にしましょう!!

最後にタロット占いの方のオラクルに関する質問はすまんが他をあたって下さい。

それでは盛り上がっていってみよう!!!

▼Oracle Technology Network
ttp://www.oracle.com/technetwork/jp/index.html

▼OTN Japan マニュアル
ttp://www.oracle.com/technetwork/jp/indexes/documentation/index.html

▼オラクルサポート 日本語技術情報
ttp://www.oracle.com/technetwork/jp/topics/ojkb-423292-ja.html

▼データベース技術記事 一覧
ttp://www.oracle.com/technetwork/jp/database/articles/index.html

コメント(108)

>[68] ムツ子さん

インストール順の制限はなかったと思いますが、複数チームでの構築でしたので

・共有ディスク・IPなど、ミドルウェアのインストールに必要な段階までクラスタを構築し
 システムバックアップ(OS、クラスタチーム)
・Oracle 以外も含めたミドルウェアのインストール、単体試験を行い
 システムバックアップ(DBチーム、ミドルチーム)
・最後に各種ミドルのリソース登録と、正常系・異常系のクラスタ切換えテストして
 システムバックアップ(OS、クラスタチーム)

といった流れだったと思います。

RAC の clusterware に比べて、ユーザアプリケーション(切換えで待機系にリソースが
移動するもの)は自分で設計が必要な分、結構な調査が必要になります。
例えば、リソースの依存関係や、リソースの起動・停止順などですね。

クラスタ専任のご担当がいらっしゃらない場合は、上記の設計・構築に関する
工数についてムツ子さんの工数にはねてくると思いますのでご留意ください。


ご参考になれば幸いです。
>>[69]
“ユーザアプリケーション(切換えで待機系にリソースが
移動するもの)は自分で設計が必要な分”は、RACだったらとかOracle Clusterwareだったら不要なのではなく、Oracle Clusterwareをインストールしているノードに依存関係を持たせるアプリケーションを稼働させる場合は同様に必要かと思います。
>>[70]

すみません、Clusterware だと asm と
系間パスの設計と、設定は Oracle から行えるかと
思います。(共有ディスクは OS 設定かと思います

それに対して、HA だとディスクや代表IPの設計と
設定はベンダのクラスタソフト固有の設計項目に
なる点が少し異なるかと思い記載しました。


わかりづらい文章で申し訳ありません。
ご指摘ありがとうございました。
>>[69]

情報をありがとうございます。
依存関係および設定は、
他にあるユーザアプリケーションとの依存関係と合わせてOS側チームが実施してくれることになりました。
構築できるよい機会だと思っていましたので少々残念。。。
こんばんは。前回質問させていただいてから、あっと言う間に3か月たってしまいました。
なんと、違う職場に移ってからHA構成の設定をチラ見することができましたので、
少々フィードバックを。。。

前の会社と、使用しているクラスタウェアは違うのですが、設定するパラメータは、だいたい
SID、リスナー、ORACLE_HOME、初期化パラメータ名と場所、でほぼ同じ。
そして、Oracleをしらないチームが設定値をセットしているのも同じ。
で、何かもんだがあるとDB担当に聞いてくる、という流れ。
たった3つか4つくらいの設定値なのですが、意味が分からずに設定しているため誤った値に気が付かず、
エラー。。。起動しないのかと思いきや、中途半端に起動してしまい、リソース不足に陥ってしまったというオチでした。

ところで、今更さながらにオラクルマスターについてお聞きしたいです。
参考になるサイト等がありましたら教えていただけますでしょうか?

オラクルマスター本は11gのBronze、Silver、Goldを持っていますが、
試験は受けていません。試験用の本は、マニュアルを読むより、全体の要点を理解しやすいと思って買いました。
12cの本はまだ1冊も買っていませんが、現在、仮想環境でネットやマニュアルを見ながら色々構築中です。


新しい職場の人たち(Oracle未経験)はどんどん受験して(仕事をせずに試験勉強している)いくので、少々焦っています。ちなみに自分はその横でもくもくと仕事をしています。。。
受験していない理由はズバリ費用と使用期限が短いこと。
単に、テストが嫌いなだけかもしれません。

こんな状態ですが、アドバイスをいただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

資格取得は対外的にスキルを証明する手っとり早い手段と言う認識です。また、業務ではどうしても狭く深いスキルが求められるので、取り扱う機能や知識に片寄りが発生します。

資格で浅く広い知識を学んで、知識の幅を広げたり断片化した知識を補うと言った意味でも無意味では無いと思います。

ただ、無資格でも設計構築、障害発生時の火消し、パフォーマンス問題発生時のチューニングまで何でもこなす人もいたりしますよね。そういうスキルがある人は資格は要らないと思います。

また、業務独占資格では無いですし、試験料も馬鹿にならないので、費用対効果考えて取得検討するのがお勧めだと思います。

理想としては、Goldまでは勉強すれば誰でも簡単に取れるので取得した上で、地道に実機検証してスキルをつけていくのが良いと思います。

ちなみに試験受験にあたってのお薦めは、黒本とIStudyです。解説がしっかりしているので、試験対策に留まらずOracleの知識を広げる手助けになると思います。

黒本を読みながら、実際に動作確認されると尚良いと思います。
書き忘れていましたが、資格は自己啓発として取得するものと言う認識なので、日々の業務は粛々とこなした上で、休日に黒本や問題集、実機検証なりで勉強すれば誰からも後ろ指さされる事は無いと思います。

また、少し話が広がってしまいますが、Oracle Goldまで取得したら、OS周りやネットワークの資格を取って、DB周りの知識を補強するだとか、TOEICなど英語の資格取得なども視野に入れると良いと思います。

今後のオープンソースDBの需要やNoSqlなど新しい技術の伸び次第でOracleの仕事が無くなることを考えても、インフラ全般や英語を学んでおくと潰しが聞くと思います。

私も一流のDBエンジニアを目指して日々修行中の身なので、偉そうな事は言えないですが、こういったコミュニティでも情報共有しながら自己研鑽できたら良いなと思っています。
>よっしーさん

情報ありがとうございます。


>資格取得は対外的にスキルを証明する手っとり早い手段と言う認識です。また、業務ではどうしても狭く深いスキルが求められるので、取り扱う機能や知識に片寄りが発生します。

同感です!!


>ただ、無資格でも設計構築、障害発生時の火消し、パフォーマンス問題発生時のチューニングまで何でもこなす人もいたりしますよね。そういうスキルがある人は資格は要らないと思います。

確かに、そのような人をたまにお見かけしますが、存在感が違いますね。

>今後のオープンソースDBの需要やNoSqlなど新しい技術の伸び次第でOracleの仕事が無くなることを考えても、インフラ全般や英語を学んでおくと潰しが聞くと思います。

そうですね。同じことをおっしゃていた人がいました。ITの世界は技術の進歩の速さだけでなく、振れ幅も大きいと実感しています。

>私も一流のDBエンジニアを目指して日々修行中の身なので

スゴイですね。自分は、目の前の階段を上るのが精いっぱいです。。。あせあせ

>ちなみに試験受験にあたってのお薦めは、黒本とIStudyです。

Istudyを見てみます。

非正規で時給も高くないので、さすがにgoldのお金は躊躇しますが、Silverまでなら何とかなるかも。。
たびたびのレスすみません。

私は、まだまだ半人前ですし、無資格でもハイレベルのスキルを持ったエンジニアを見ると資格の勉強が馬鹿らしくなった事もありました。

ただ、少なくとも資格取得する前の私より、取得した後の私の方が幾分かマシと言う考えのもと、勉強しました。

また、当然ですがハイレベルのエンジニアの方々は、現場で業務をこなして経験値を積んだからこそスキルが身に付いているんだと思います。

資格を持っているだけで、DB関連の業務に配置される機会は増え、現場でスキルを磨くチャンスが増えますので、そういった意味でも取る価値はあると思います。

それから、確かにGold取得の履修コースの費用を考えますと、Silverまで取得と言うのも無難な選択と思います。

ちなみに、Bronzeまでは日本オラクル限定の認定ですが、Silverまで取得すると、Oracle Certified Associateとして米オラクルからもグローバルで認定されます。Goldを取得すると、Oracle Certifeid Professionalとして、グローバル認定されます。

最後に、資格取得については賛否両論あると思いますし、長々と何度もコメントして申し訳ありませんが、私のような考えの人間もいると言う事で、参考にして貰えれば嬉しいです。
>よっしーさん

色々アドバイスありがとうございます。
ハイレベルのエンジニアには程遠い自分には、資格の重要さは理解しているつもりです。
が、現場が頻繁に変わり、そのたびに求められていることが違うため、
勉強しようとする範囲がブレてしまいます。
要するに、未だに勉強の仕方が確立できていないのですね。
きっと、ハイレベルといわれている人たちは、上手に自分の勉強スタイルができているのかもしれませんね。

とりあえず、11g,12cのBronze取得から始めようと思います。

冷や汗
>ハイレベルのエンジニアには程遠い自分には、資格の重要さは理解しているつもりです。
>が、現場が頻繁に変わり、そのたびに求められていることが違うため、
>勉強しようとする範囲がブレてしまいます。

上記は、私も含めて多くの人が抱えている悩みだと思います。仰るとおり、現場ごとに求められるスキルは異なると思いますし、同じ現場でも状況や時期によって、求められるものが違ってくると思います。

私は、過去に身につけなければいけない事が膨大にあり、あれもこれも手をつけて、結果として消化不良になり、努力量の割に身についたものが少なく、悩んだ時期がありました。

今は、「自分に出来る事なんて限られている」と開き直って、小さな石を一つ一つ積んでいくイメージで小さな目標を定めて、それを少しづつクリアしていっています。

ムツ子 さんは、「Bronze取得から」と目の前の目標を定めて努力しようとされているので、この点は既に理解されていると思います。

現場で必要なスキルは現場でしか身につかないと言った側面もあるとは思います。ただ、個人的にこれまで見てきたハイレベルのエンジニアの方達は、皆、共通してベースのスキルがしっかりしていた印象です。ベースのスキルがしっかりしているので、応用もきくんだろうなと思ったりもしています。

なので、現場での作業は自分の持てる力を最大限出して粛々とこなした上で、勉強する際は、基礎的な事を一つづつクリアいくのがスキルを上げる一番の近道かなと個人的に思います。

[74]の書き込みでも既に認識されている用に、ペーパードライバーにならないために、机上の勉強と合わせて実機確認を意識される等で、同じ資格取得でも身につくものは全然、違ってくると思います。

正しい方向性で、地道な努力をコツコツと続ければ、結果もスキルも必ずついてくると思いますので、ご無理なさらない用に頑張ってください。

半人前の私が偉そうに長文書いて恐縮ですが、上記の内容は私自身に言い聞かせる為に、書いていたりもするので、話半分で参考頂ければ嬉しいです。
LOGFILEのスイッチ、CHEKPOINT等を行う際に制御ファイルの情報の読み込みと、更新が行われます。

当該エラーは、更新処理が重なった為に、一貫性の取れた情報が読み込めなかった為に、出力されています。

制御ファイルの情報に一貫性が取れなくなった訳では無く、あくまでも読み込んだ情報に一貫性が取れていなかった為、発生していると言うことを理解することが非常に重要です。

その後のスタンバイ側での、自動メディアリカバリが問題なく行われており、稼働系と待機系の順序番号にラグが無いようであれば、対処不要で静観可能です。

一度きりの発生であれば問題無いですが、頻発するようであれば、REDOログファイルの拡張でログスイッチ間隔を長くする事を検討する必要があります。

シングルよりRACの方が発生しやすい傾向にありますが、どちらかと言うとDataguardを利用している事の影響が大きいです。

上記の様に申しているのも、待機系でのメディアリカバリ処理でも制御ファイルの更新が伴う為です。

一点、アドバイスしますと、ORAエラーは11gや12cのマニュアルだと難解に書かれていますが、8iや9iのマニュアルだと分かりやすかったりします。

理由としては、昔のバージョンのマニュアルは日本人の有識者が翻訳を担当していたからだと推測しています。

利用バージョンとマニュアルを合わせるのが基本ではありますので、該当バージョンの英語マニュアルを読むと尚良いと思います。




1つ断っておきますが、↑は大昔の曖昧な記憶やマニュアル等から、かなり大雑把な概要を書いています。
推測も含みます。

なので、V$CONTROLFILE_RECORD_SECTIONからセクション毎の値の遷移状況や、アラートからログスイッチの頻度やエラー発生頻度を確認する等して、状況把握に努めてください。

アラートからOraエラー以外に特異な出力無いか確認するのも良いと思います。

日中のトランザクション量が多い際に、稀に発生するようであればおそらく問題無いと思いますが、不具合の可能性も完全に否定はできないので、サポートにも確認すると確実だとは、思います。

当然な話ですが、RACだとインスタンス障害、DataguardだとDB障害への可用性は上がりますが、構成が複雑になることや、RACだとCluster部分の製品自体のソースの量が増えますので、不具合が発生する可能性はシングルより高まります。
度々のコメント申し訳ないですが、ORA-235については、個人的にかなり思い入れがあるので、もう少しコメントさせて下さい。

理論上は特定のタイミングで制御ファイルの更新が重なった場合に発生し得るタイミングイシューの類だと思っていますが、上記でDataguard環境で発生しやすいと記載しているのは、動作上の想定のみで無く、自宅の学習用のDataguard環境でORA-235が数回発生した為、実体験に基づき記載しています。

それとは別で、シングル環境で以下条件でテストを行った場合、ORA-235は発生しなかったので、この点からもDataguard環境で発生しやすいと思っています。

(1)アーカイブログモード
(2)制御ファイルは3多重
(3)シェルから、チェックポイントやログスイッチを数万回実行
(4)シェルは複数ターミナルから並列で実行

参考までに、その際に利用したシェルはごくシンプルで以下の様なものです。

#####################################
#!/bin/sh
for i in {1..10000}
do
echo " $i 回目のループです."
sqlplus -s system/oracle << EOF
alter system checkpoint;
alter system checkpoint;
alter system checkpoint;
alter system checkpoint;
alter system checkpoint;
alter system switch logfile;
alter system switch logfile;
alter system switch logfile;
alter system switch logfile;
alter system switch logfile;
exit
EOF
done
#####################################
>よっしーさん

こんばんは。丁寧なご回答ありがとうございます。

>制御ファイルの情報に一貫性が取れなくなった訳では無く、あくまでも読み込んだ情報に一貫性が取れていなかった為、発生していると言うことを理解することが非常に重要です。

なるほど、確かに、これは重要でね。

>アラートからOraエラー以外に特異な出力無いか確認するのも良いと思います。

>その後のスタンバイ側での、自動メディアリカバリが問題なく行われており、稼働系と待機系の順序番号にラグが無いようであれば、対処不要で静観可能です。

アラートログを見ても、
ときどきORA-235が発生はしていたものの、淡々とリカバリが行われおり、
週1回、稼働系と待機系のギャップを確認しているのですが、特に差(一瞬の差はあり)はないので静観していました。
ただ、お客様には説明が必要なのでもう少し調べてみようと思っています。
当然のことながら、自分の理解が不十分ですと、相手にもちゃんと伝わりませんから。。あせあせ


>一点、アドバイスしますと、ORAエラーは11gや12cのマニュアルだと難解に書かれていますが、8iや9iのマニュアルだと分かりやすかったりします。

そうですね、なにも使用しているバージョンのマニュアルにこだわる必要はありませんね。
たしかに、9iのマニュアルは分かりやすかったです。
今は、あきらかに日本語がおかしいと思うものも多々ありますが、当初は自分の日本語理解が低いのかと思ったこともありました。


ORA-235が発生した時間帯と時間帯の処理量を比較してみるとか、V$CONTROLFILE_RECORD_SECTIONの確認など、もう少し調査してみようと思います。


それと、テスト環境はシングルしかないのですが、参考シェルを使用させていただきます。

>>[97]
各項目の意味を検索すれば、多くの説明サイトがヒットすると思います。
それらを見て、どう判断されたのでしょうか。

> 毎週末の夜の2時間分のデータをレポート
これは週末のバッチ処理のみを対象としたレポートといった意味合いでしょうか。
もしそうなら、私個人の意見としては該当項目は無視します。
>>[97]

まず、前提として過去レス見ても分かる通り、私より[98]さんのスキルが途方も無いレベルで格上なので、そちらの意見を尊重します。

[98]さんでも記載があります用に、週末の夜間バッチのレポートで、表示されたメッセージであり、サービス影響が無いなら無視する事が最善と思います。

自分が考えた無視の理由は以下です。

(1)性能に関しては機能毎に正常時・ピーク時それぞれの目標時間(XX秒以内に応答)や目標達成率(XX%の処理が目標時間を達成)を定めていると考えられる。

通常、チューニングが必要なのは、目標時間や目標達成率を下げる要因になっている処理であり、現状で問題ない処理に関して、今より速くする等の対応は必要無いため、レポート出力は無視。


(2)チューニングは、「現在のリソースの中で」いかに処理を効率化するかを考えていく必要がある。この為、ある程度トレードオフの要素が生じる。

例えばSGAが不足している様な場合は、その分PGAを減らしSGAに割り当てる等が必要となる。

その際のPGAを減らした場合の影響が出る可能性などを鑑みると、現状問題ないなら静観する事がベターと考えられ、レポート出力は無視。


上記のとおり無視で良いと思いますが、ハードパースを抑える方法としては、「SQLは極力バインド変数を使って共有する」「表やビュー定義の変更・必要以上の統計情報の収集を控え、カーソル無効化を避ける」等は挙げられるとは思います。


>>[98]

ありがとうございます。
各項目の説明は都度検索しています。きっとベテランなら、すぐ数値の妥当性を阿判断できるのでしょうね。

そもそもなぜ週末の2時間分のデータだけを対象としているのか。その取り決めたときの資料が見当たらないうえ、上司に聞いてみましたが、わかっていないようです。
>>[99]

ありがとうございます。

サービス開始から3年たっているようですし、SGAとPGAの過去からの推移をもう少し見てみようと思います。

>>[100]

こちら、ご認識の通りです。

性能に関しては、聖域と言っても良いくらいで、どれだけ性能問題に向き合って、数をこなしてきたかが物を言うと思います。

求められる知識もOS、HW、DBまで広くて深いです。

私も2011年から、ずっとOracle関連の業務に携わっておりますが、パフォーマンスに関しては、恥ずかしい話ですが表面的な部分しか分かりません。

一方、8iのbstat、estatの頃から性能問題を見てきた15年選手な人達はやはり、違います。

今で言う、StatspackやAWR、ASHの各出力項目の理解は勿論ですが、Oracleの内部アーキテクチャの理解の深さや、経験からくる性能問題に対する引き出しの多さが違います。

個人的にOracleの性能に関しては、経験を積みながら正しい方向で努力しても、熟達までに15年はかかると思います。

ドラコンボールの精神と時の部屋が実在するなら、引きこもって性能の修行をしたいくらいです(*^^*)
>>[103]

StorageVmotionは、仮想マシンを稼働させたまま、仮想マシンのイメージを別ストレージアレイに移動させる技術を指していると認識しています。

こちらに関しては、Oracle VMでは、以下のオラクル社公式ブログで紹介しているStorage live migrationの機能が近いように思います。

https://blogs.oracle.com/virtualization/entry/oracle_vm_3_4_1

ファイルシステムの要件などもありますし、実際に意図している機能かどうかも含めて、製品マニュアルなど詳細を確認頂ければと思います。

機能の比較について、Oracle VMはXenが基になっている製品なので、XenとVmwareの機能比較のWebページなどを見ると、Oracle VMで探すより、欲しい情報が見つかりやすかったりしますよ。
>>[107]

はい。通常のlive migrationはそうだと思います。記載した『Storage live migration』はストレージ側に見受けられました。

ログインすると、残り84件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

DBならOracleでしょ♪ 更新情報

DBならOracleでしょ♪のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。