ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

桂文華を愛をもって応援するコミュの☆繁昌亭昼席☆

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

文華師の繁昌亭昼席出演に関するトピックです。

出演情報や、見に行かれた方のレポートなどはこちらでどうぞるんるん

コメント(82)

 『繁昌亭大賞奨励賞受賞記念ウィーク』終わってしまいましたね。
 
 楽日の昨日の『天神山』楽しく聴かせて頂きました。
 『八五郎坊主』も考えておられたのですね。
 このお噺も面白いので聴きたいところでしたが、また聴かせて頂けると次に期待わーい(嬉しい顔)
 
 昨日の文華さんの羽織はピンク(桜の花)・帯や長襦袢が茶色(木)・お座布団が黄緑(芝生)で、
 ご自分でも言っておられましたが体全体で桜桜の木になりきって(?!)おられたのもあってか、
 お噺を聴き始めると舞台上は春の気配を感じさせる雰囲気が漂ったように感じましたるんるん
 落語ってこう言う所もぴかぴか(新しい)凄い所なのですよね。
 前回聴いたのは、去年の『文華の日』だったのですが・・・
 安兵衛の優しさや可愛さ、屈託のない様子がとても良いなぁと思えましたクローバー
 
> ディアンさん

ありがとうございました。
「文華の日」以来の上演でした。
文華師匠、「受賞ウィーク」一週間の出番、お疲れ様でございましたexclamation ×2

私は22、24、26、28日の4日間、繁昌亭で拝見しました。

この週の出番は

笑福亭生寿さん
笑福亭喬楽さん
林家花丸さん
柳家紫文さん
桂文也さん
桂文華さん
桂坊枝さん
桂春駒さん
幸助福助さん
林家染丸さん

というラインナップで、お江戸からの三味線芸(俗曲)の紫文さんあり、
花丸さん、坊枝さんという個人的に好きな噺家さんあり、
トリは染丸師匠、さらに26日は柳家花緑さん、28日は三遊亭竜楽さんという
お江戸からのゲストありで、私にとっては毎日でも拝見したかったぐらい
スペシャルラインナップウィークでありました。

文華師匠は

(月)ねずみ
(火)池田の猪買い
(水)子は鎹(子別れ)
(木)替り目
(金)くっしゃみ講釈
(日)天神山

という演目を。
昼席では時間の制約が厳しく、なかなか普段の出番ではかけられない
長めのネタをたくさん聴かせて頂けました。

「ねずみ」は卯之吉の可愛らしさやけなげさに文華師匠の魅力がいっぱい。
「子は鎹」は、親子の情…特に父親のまっすぐな気性と愛情の深さが師匠ご本人と重なり、胸打つ一席に。

「くっしゃみ講釈」は喜六的男のアホ可愛さがたまらなくチャーミングで、
それを楽しむ文華師匠ご本人の楽しい気持ちも一緒に伝わってきて。

「天神山」、これも貴重でした。助けを求める狐のしぐさを見て可哀相に思い助けてやる安兵衛。
まっすぐなアホの“情”があふれる場面、買い取った狐を抱き寄せながら
「もうつかまったらアカンぞ」と言い聞かせる文華師匠の表情や口調が、
演じてるとは思えない“素”の優しさが溢れてて…。
時間の都合でか、サゲまでは聞けませんでしたが、桜の木を模した着物といい、
春のうららかな空気やほんわりとした情感が舞台から伝わってくる、
ホントに素敵な楽日の一席でした。


柳家紫文さんの「鬼平半可通」は、前から拝見したかった出し物でした。
都々逸から始まり、ネタの合間に「神田囃子」「岸の柳」「老松」などを挟み込んだ「鬼平半可通」。
『前のめりに、くずれお〜ちる』の繰り返しがだんだん面白くてたまらなくなってきて、
あのゆるさと粋さがいかにもお江戸の芸やなぁと堪能。
自分でもやってみたくなるような(笑)舞台でした。

染丸師匠は「癪の合薬」「素人浄瑠璃」などを拝見出来ました。
毎日ネタを替えてらした坊枝さん、「時うどん」や「がまの油」などの面白さはさすがですね!
花丸さんも「千早ふる」「時うどん」「厩火事」などいろんなネタを披露され、
中でも「千早ふる」は何度見ても大笑いです。

生寿さん、喬楽さんも少し見ない間にずいぶん腕を上げてらっしゃるなぁと感じました。
漫才の幸助福助さん、ベテランらしい達者ぶりで、特に幸助さんの力の抜け具合はエエ感じに面白かったです。
春駒師匠は一週間を通じて三枝師作の創作落語「神様のご臨終」だったんですが、
トリを取られた楽日ぐらいは古典を聴かせていただきたかったなぁと、少し残念でしたたらーっ(汗)

26日の花緑さんは「宮戸川」、28日の竜楽さんは「そば清」を。
どちらも江戸のテイストいっぱい、繁昌亭での江戸落語はいい色変わりにもなり、
大阪にいて江戸落語が観られてお得感もアリ。結構でした。

入場時に配られるプログラムには「桂文華 繁昌亭大賞奨励賞受賞記念ウィーク」と書かれてました。
毎回それを見るたびに誇らしく、また中トリでの舞台を拝見するのも嬉しくて、
文華ファンにとしても…また落語ファンとしても、本当に充実の一週間でした。

師匠!カッコ良かったですよ!!
一週間楽しませていただき、ありがとうございましたexclamation ×2
> しぐれさん

ご来場ありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

お客さんをお見送りしている時の感じでは「替り目」が一番みたいでした。
やはり滑稽噺がいいのでしょうね。
次からはまた二つ目や三つ目の出番ですから気楽に滑稽噺をさせて頂きます。
師匠

コメントありがとうございます。

思いますに、「替り目」が一番師匠を“身近に”感じられるネタなのかも知れませんね。
酔っぱらいの姿や、偉そうなこと言いながらもおカアちゃんの尻に敷かれてる亭主、そしてその奥さんに、
お客さんたちがご自身を重ねて見られますから…ウインク
だからお声を掛けやすくなるのかも?

「ねずみ」や「子は鎹」なども、あの位置でかけて頂くのはほんとに良かったですよぴかぴか(新しい)
寄席全体の値打ちみたいなもんがあがるというか。

ただただ笑うばかりやない、“落語”の幅の広さを知って頂けるのも、
たとえ反応は薄くとも(たぶん、どう反応して良いのかわからないんじゃないかと(^^;)
きっとお客様方の心の中にしっかり残ってると思いますハート
>Kateさん

良かったですよぉ〜exclamation ×2目がハート
文華師匠の演じはる子供って、なんであんなに可愛らしいんでしょうねハート達(複数ハート)
また高座にかけられる機会があれば、ぜひぜひご覧くださいねぴかぴか(新しい)
 私も『ねずみ』聴きたいですexclamation ×2
 以前に『花花寄席』で聴いたのですが、面白いお噺だと思いました。
 笑いの多いお噺ではないけれど、聴かせるお噺ですよねるんるん
「ねずみ」って、左甚五郎さんが登場する噺ですよねぇ〜
お江戸のネタだと思ってました!
文華師匠の持ちネタにあるのやったら、自分もぜひとも聴きたいですなぁ〜
チャペル次回の昼席出演予定が決まったようで、すでにチケットも発売中です!

8/16(月)
桂二乗 林家卯三郎 桂文華 笑福亭智之介(マジック) 笑福亭仁勇 桂文太 //仲入// 
菊地まどか(浪曲) 笑福亭小つる 露の吉次 笑福亭仁智           
8/17(火)
桂二乗 林家卯三郎 桂文華 ビックリ!ツカサ(マジック) 笑福亭仁勇 桂文太 //仲入// 
菊地まどか(浪曲) 笑福亭小つる 露の吉次 笑福亭仁智           
8/18(水)
桂二乗 林家卯三郎 桂文華 笑福亭智之介(マジック) 笑福亭仁勇 桂文太 //仲入// 
菊地まどか(浪曲) 笑福亭小つる 露の吉次 笑福亭仁智           
8/19(木)
桂二乗 林家卯三郎 桂文華 笑福亭智之介(マジック) 笑福亭仁勇 桂文太 //仲入// 
菊地まどか(浪曲) 笑福亭晃瓶 桂しん吉 笑福亭仁智           
8/20(金)
桂まめだ 林家卯三郎 桂文華 笑福亭智之介(マジック) 笑福亭仁勇 桂文太 //仲入// 
菊地まどか(浪曲) 笑福亭小つる 露の吉次 笑福亭仁智           
8/21(土)
桂二乗 林家卯三郎 桂文華 笑福亭智之介(マジック) 笑福亭仁勇 笑福亭仁福 //仲入// 
菊地まどか(浪曲) 笑福亭小つる 桂しん吉 笑福亭仁智           
8/22(日)
笑福亭鉄瓶 林家竹丸 桂文華 ビックリ!ツカサ(マジック) 笑福亭仁勇 笑福亭仁福 //仲入//
菊地まどか(浪曲) 笑福亭小つる 露の吉次 笑福亭仁智

文華師の他には、文太師・仁智師の同期コンビが中トリとトリで登場(土日除く)、
節に惚れ惚れする浪曲の菊地まどかさんと、 個人的にめちゃめちゃ嬉しいラインナップ!
また通ってしまいそうです〜ハート達(複数ハート)
本日より文華師匠、昼席出演です!!

もちろん参っております。
ただいま輪茶輪茶庵にて開場待ち。
外は酷暑なので、輪茶輪茶も満員ですダッシュ(走り出す様)ダッシュ(走り出す様)
今日行ってきました。
文華師匠の元に送られてきた吉野ひのき製「平安遷都1300年祭」コースターを頂戴しました。
>ちゃんぽんさん

書き込みありがとうございます。
いらっしゃってたんですね(^-^)

8/16(月) 繁昌亭昼席

「強情灸」桂二乗さん
「子ほめ」林家卯三郎さん
「勘定板」桂文華さん
「マジック」笑福亭智之介さん
「餅屋問答」笑福亭仁勇さん
「百人坊主」桂文太さん
仲入り
「阿波の踊り子」菊地まどかさん
「初天神」笑福亭小つるさん
「禁酒関所」露の吉次さん
「トクさんトメさん」笑福亭仁智さん
   三味線・中田まなみさん、脇坂新子さん
   鳴り物・桂二乗さん  笛・桂文太さん

今席は個人的にとっても魅力的なラインナップ!
文華師匠はもとより、中トリの文太師匠、トリの仁智師匠、ともに大好きな噺家さんです。
また、色物の菊地まどかさんも素晴らしい歌声の持ち主。
めちゃくちゃ楽しみに行ってきました。

最近空席があることもある昼席ですが、この日は立ち見まで出る満席。
まだお盆休みの方もおられるからか、普段の昼席にはあまり来られない落語ファンもチラホラ。

文華師匠はマクラで、上でちゃんぽんさんも触れておられる「檜のコースター」の件を説明。
なんでも、繁昌亭昼席で文華師匠のファンになったという方が贈って下さったのだとか。
その数1600枚!
繁昌亭の支配人室に段ボールが山積みになってるとのことで、
なんと今席の来場者全員にプレゼントして下るんだとか。

この日は初日だったので、原則一人一枚のところ、大盤振る舞い。
私は最初に2枚いただき、その後も「もっと持って帰り」と2枚追加で頂いてしまいました。

落語本編「勘定板」はもう、鉄板中のテッパンですよね。
超満員のお客様方にもよぉ〜くウケてました!

文太師匠の「百人坊主」、上方では演じ手の少ないネタです。
久しぶりに聴けて嬉しかったです。

菊地まどかさんは相変わらずの美声と素晴らしい節回し、そして演技。
一緒に行った友人は初浪曲だったようで、えらく感激しておりました。

仁智師匠もこれまたテッパンネタ。
私も何度となく聴いてますが、笑わずにはいられません。
あの可愛さ、おかしさはもう、天性ですよねぇ。
友人、これまた魅了され、ファンになってしまったようです。

終演後は西日がまともにさす繁昌亭前にて恒例の送り出し。
文華師匠は大勢のお客さんに声を掛けられ、サインしたりお話したりされてました。


ちなみに今日は「世帯念仏」をかけられたようです。
明日はどんな噺が聴けるかな〜?
楽しみ楽しみ!!
今日の文華師匠のネタは「替り目」
そのせいか、吉次さんは「禁酒関所」ではなく「夢八」でした
>ちゃんぽんさん

今日も来られてましたか\(◎o◎)/!
私も行ってました〜♪


8/18(水) 繁昌亭昼席

「普請ほめ」桂二乗さん
「延陽伯」林家卯三郎さん
「替り目」桂文華さん
「マジック」笑福亭智之介さん
「鹿政談」笑福亭仁勇さん
「五両残し」桂文太さん
仲入り
「阿波の踊り子」菊地まどかさん
「へっつい盗人」笑福亭小つるさん
「夢八」露の吉次さん
「スタディベースボール」笑福亭仁智さん


文華師匠は上にも書かれてるように15分の持ち時間。
そして、今週は件の「コースターの一件」の説明をマクラでしなければいけないので、
それで2分ほど消費。

たしかに持ち時間短か過ぎっ!

いつからなのか知らなかったんですが、前座さんの持ち時間が以前は10分だったのが
今席は15分になってました。

思うんですが、前座さんは10分だから良いのでは!?
「なんとか苦心して10分に納める」ための苦労が、前座時代の良い勉強になると思うんです。

そして、前座さんと三つ目の方って、芸歴でいうと15年〜20年ぐらい違うことが多いと思うんですが、
それが同じ持ち時間ってどうなんでしょう???

前座さんの持ち時間を5分増やすより、三つ目の方を20分にして欲しいと、私は思います。
皆さんはどう思われますか?


文華師匠「替り目」は、そんなわけでかなり端折り気味ではありましたが、
客席をグググググーーッと掴みまくって、よ〜くウケてました!

送り出しの様子を拝見してても、「面白かったよ!」と声を掛けられてたお客さんが多くて
私まで嬉しくなりました。

そして今日もコースターいただきました(^^;

明日もネタ変えられるのかな〜?
楽しみですね♪♪
19日は「勘定板」をされましたわーい(嬉しい顔)

文太師匠「七段目」のマクラで客席の携帯が鳴り響き、師匠はだいぶお怒りのようでしたね〜。
それに客席からも賛同の拍手が起こってました。

鳴らした人はいたたれなかったでしょうが、ライブ繁昌亭でもあれだけ響きわたってたんですから、怒られてもしょうがないですたらーっ(汗)
私もうっかりすることのないよう、あらためて気をつけよあせあせ(飛び散る汗)
私は18日に行きました。コースターまでもらえてラッキー!
しぐれさんも見かけました。声かけずにすみません。
私、あらためて文華師匠のファンになりました。
やっぱ、うまい。おもろい。
いろいろな方の落語を聞くたび、文華師匠のうまさを実感します。
明日(土曜日)、落語ビギナー3名引率して行きますわーい(嬉しい顔)
文華さんのネタが楽しみですわーい(嬉しい顔)

コースターは、まだあるかな?
> 尾張の関西人さん

コースターまだあります。

たぶん大丈夫です。
21日昼席

今日の番組は・・・

桂 二乗   「つる」
林家 卯三郎 「がまの油」
桂 文華   「寄合酒」
笑福亭 智之介「マジック」
笑福亭 仁勇 「死神」
笑福亭 仁福 「寝床」
  中入り
菊地 まどか 「嫁ぐ日」
笑福亭 小つる「京の茶漬」
桂 しん吉  「高宮川・天狗の酒盛り」
笑福亭 仁智 「ハードラック」

でした。

文華さんの「寄合酒」は何度も拝見してますが、今日もよい意味で力が抜けてとても聴きやすく、テンポもあり会場は大爆笑でした。

コースターは今日も3枚頂き、合計5枚頂きました。
ありがとうございました。 
文華さん、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました<コースター & 千社札

同行の落語初心者も、寄合酒に感心してました。テンポが良かったって。
(これは、本チャラ)

わたしは、時計を気にする視線が(^^)でした。
20日昼席に行きました。ネタが上がってないので掲載。

桂まめだ「子ほめ」
林家卯三郎「がまの油」
桂文華「寄合酒」
笑福亭智之介「マジック」
笑福亭仁勇「尿瓶の花活け」
桂文太「鷺とり」
〜仲入〜
菊地まどか(浪曲)「阿波の踊子」
笑福亭小つる「ろくろ首」
露の吉次「一眼国」
笑福亭仁智「ハードラック」

いつもより早口になっていると言いながら始められた「寄合酒」。
全編楽しかったですが、特に鯛の喰らわせ方が好きですね。
何とか無事一週間終えました。
皆さんご来場ありがとうございました。

月「勘定板」
火「世帯念仏」
水「替り目」
木「勘定板」
金「寄合酒」
土「寄合酒」
日「色事根問」

でした。
15分はやはりちょっと辛い。
わしらもうそんなにテンポ良く喋られられない
(>_<)
文華師匠

一週間昼席、お疲れ様でございました!
私は今席、月・水・金の3回、足を運ばせていただきました♪

15分の持ち時間に、例のコースターの説明を入れないといけなかったのは大変だったでしょうね。
ファンとしても、文華落語の世界に入り込み、これからもっともっと…と思う頃に
お時間となってしまうのは残念でしかたありませんでした。

でも、やっぱり繁昌亭で師匠の舞台を拝見するひとときは、とてもとても幸せな時間でした。
また今席は文太師、仁智師と、個人的に大好きな師匠方も出ておられたので
とても贅沢な昼席でした。
ほんとにお疲れ様でしたm(^-^)m


今週水曜日からは一週間にわたって東京遠征されるので、
しばらく師匠の舞台とはお別れですね(;_;)/~~~
お江戸近辺の文華ファンの皆さん!ぜひぜひ、お運び下さいね!


東京遠征のスケジュールはこちらをご参照下さい↓
http://mixi.jp/view_event.pl?id=55365366&comm_id=3256323
チャペルお知らせ!!!チャペル

昨年「繁昌亭大賞」を受賞された文華師匠が一週間トリをつとめられる、
「繁昌亭大賞受賞記念ウィーク」のスケジュールが出ています!

富士山桂文華 第5回繁昌亭大賞受賞記念ウィーク

5/9(月) 桂三段 桂壱之輔 桂わかば 桂三歩 澤千左子(地歌・上方唄) 笑福亭松喬
        //仲入// 桂勢朝 (南京玉すだれ) 桂春駒 笑福亭恭瓶 桂文華          

5/10(火) 桂三段 桂壱之輔 桂わかば 桂三歩 澤千左子(地歌・上方唄) 笑福亭松喬
        //仲入// 桂勢朝 (南京玉すだれ) 桂春駒 笑福亭恭瓶 桂文華          

5/11(水) 桂三段 桂壱之輔 桂わかば 桂三歩 澤千左子(地歌・上方唄) 笑福亭松喬
        //仲入// 桂勢朝 (南京玉すだれ) 桂春駒 笑福亭恭瓶 桂文華          

5/12(木) 桂三段 桂壱之輔 桂わかば 桂三歩 澤千左子(地歌・上方唄) 笑福亭松喬 
        //仲入// 桂勢朝 (南京玉すだれ) 桂春駒 笑福亭恭瓶 桂文華          

5/13(金) 桂三段 桂壱之輔 桂わかば 桂三歩 澤千左子(地歌・上方唄) 笑福亭松喬
        //仲入// 桂勢朝 (南京玉すだれ) 三遊亭歌武蔵 笑福亭恭瓶 桂文華          
5/14(土) 桂三段 桂壱之輔 桂わかば 桂蝶六 澤千左子(地歌・上方唄) 桂枝女太
        //仲入// ナオユキ(漫談) 桂春駒 笑福亭恭瓶 桂文華           

5/15(日) 桂三段 桂壱之輔 桂わかば 桂三歩 澤千左子(地歌・上方唄) 桂文太
        //仲入// ビックリ!ツカサ(マジック) 桂春駒 笑福亭恭瓶 桂文華 

中トリが平日は松喬師、週末は枝女太師、文太師という豪華さ!
地唄の澤さんもいいですし、金曜日は東京から歌武蔵さんが。
土曜日はナオユキさんも出られるんですね!

これは…通い詰めてしまいそう目がハート

昼席で初めてトリを取られる師匠を、ぜひ応援しにいってあげてください!
チケットは、チケットぴあ、繁昌亭窓口等で順次発売中です(ちょうど2ヶ月前からの発売となります)。
 これは絶対行かないと!
 どの日に行くか考えなければexclamation ×2わーい(嬉しい顔)
いよいよ明日から、昼席で初の「大トリ」で登場の文華師匠ぴかぴか(新しい)
これは行かねばまいりますまい〜!!!


…で。

わたくし、明日もちろん行くのですが、一緒に行く予定だった人の急病により、
チケットが一枚浮いてしまいました…

明日9日、12:20時間厳守で、繁昌亭前に来れる方。
先着一名様にチケットをお譲りします。

希望される方は、しぐれ宛直接メッセージをお願いします。
> しぐれさん
ゴールデンウイーク明けでお客さん少ないのでだれか連れてきて下さいね。
>師匠

はいっ!連れて行きたいです!!!


言い忘れましたが、明日お譲りできるチケット、代金は要りません!!

お時間の許す方、のっかっときましょう!!


ただし、ちゃんと「大トリ」まで観れる方、ですよ!!(=^0^=)/
5/9(月) 繁昌亭昼席「桂文華 第五回繁昌亭大賞受賞記念ウィーク」

「お忘れ物承り所」 桂三段さん
「転失気」      桂壱之輔さん
「時うどん」     桂わかばさん
「生まれ変わり」  桂三歩さん
「地唄・上方唄」  千左子さん
「手水廻し」    笑福亭松喬さん
 仲入り
「南京玉すだれ」  桂勢朝さん
「阿弥陀池」     桂春駒さん
「大安売(博多弁版) 笑福亭恭瓶さん
「くっしゃみ講釈」  桂文華さん

    三味線:内海英華さん、はやしや絹代さん

いよいよ今日からスタートの「繁昌亭大賞受賞記念ウィーク」。
表の看板やら見て、なんだか自分まで緊張気味に繁昌亭入りです。

三段さんが終わったところで団体さんが入ってこられ、ほぼ満席に。
GW終わりはお客さんが少ない…と上に師匠も書いておられるし心配してたんですが、
まずは良かった良かった。

今日は皆さんネタのチョイスが良かったというか、よく合ってはったというか、
それぞれ持ち味を感じさせてくれはる噺が続き、お客さん方もよく笑いはります。

中トリの松喬師匠は、松鶴師匠に稽古をつけていただいた時の懐かしいエピソードをマクラに
「繁昌亭で初めてかも」とその思い出のネタ、「手水廻し」を。
さすが、このクラスの師匠の手にかかると、こういうネタもしみじみと面白いですねぇ。

仲入り明けの勢朝さんの玉すだれもいつもながら楽しい!
今日は歌のサービスもあって、この方の御陽気な芸風、好きです。

もしかしたら初めて拝見したかもしれない恭瓶さん…
師匠から「博多弁で落語をやれ」との命令があったとのことで、「大安売」。
母と息子の会話という形にアレンジされて、なんか全然違和感なし。
方言でする落語にこのネタをチョイスしはったのは良いですね!

さぁいよいよトリの文華師匠!
なんかドキドキ!参観日のおかあさん気分?!
思いの外にこやかに登場されたので、「あれ?そんなに緊張してはれへんのかな?」と
思いきや、マクラの部分ではちょっといつもと違う雰囲気…

それでもネタに入るとそんなのはどこへやら。
いつものようにスピード感のある落語で、お客さん方をグイグイと噺の世界へ引っ張る引っ張る!

後半では笑いながら拍手するお客さんもあって、すっかり“文華ワールド”へ。
私もいつのまにか、いつもと同じようにどっぷり楽しんでました!

終わってお見送りに出られた師匠、お客さん方から次々と「面白かったわ!」と
声をかけられてはりました。
今日は楽屋に出番以外の噺家さんも大勢おられたようで、カメラを向けると
「疲れたわ〜あせあせ(飛び散る汗)」ともらしてはった師匠ですが、
ともあれ今日から一週間、体調に気をつけて、いつもの“文華落語”をお願いします!
 今日もこれからですね。
 1週間どんなネタをされるのでしょうexclamation ×2
 私も寄せて頂きます。
 しぐれさん、レポート楽しみしていますねぴかぴか(新しい)
 文華さんのお噺何が聴けるのか楽しみにしていまするんるん
今日からの予定
水曜日「近日息子」
木曜日「たちぎれ線香」
金曜日「仔 猫」
土曜日「住吉駕籠」
日曜日「子は鎹」
変更があるも知れませんが
これからチケットを買って下さる方は
材料にしてください。

いつも御贔屓頂いてる皆様には同じ噺が続いたりして誠に申し訳なく心苦しく思ってますが
諸事情をくみとって頂ければ幸いです。
 もう、決められているのですねexclamation ×2
 私は、日曜日に寄せて頂きます。
 『子は鎹』良いお噺です。
 全部聴きたいお噺ばかりだなぁぴかぴか(新しい)
 『第5回繁昌亭大賞受賞記念ウィーク』に行って来ましたクローバー

  番組は
    『お忘れ物承り所』  桂三段
        作:桂三枝
    『真田小僧』     桂壱之輔
    『看板の一』     桂わかば
    『さよなら動物園』  桂三歩
        作:桂三枝
    『地歌・上方唄』   澤千佐子
    『近日息子』     桂文太
          〜仲入〜
    『マジック』     ビックリ!ツカサ
    『阿弥陀池』     桂春駒
    『犬の目』      笑福亭恭瓶
    『子は鎹』      桂文華

 昨日は、記念ウィーク最終日ですぴかぴか(新しい)
 文華さんにとって繁昌亭での初トリの記念すべき週間が終わります。
 どんな様子でお噺を聴かせて頂けるのか、とても楽しみにしていましたるんるん
 さぞ緊張されているだろうと思っていた舞台ですが、私の見た感じではリラックスされているのかなぁと感じましたうれしい顔
 1週間と言う中で、トリの責任や楽しさも多く感じられたことだと思います。
 他の舞台では、何度と無くトリを務められて来たことはあっても『繁昌亭昼席』でのトリは今回初めてひよこ
 プレッシャーと同時に、それ以上に感慨深い良い経験をされたのではないでしょうか?

 お噺は、今回もやっぱり泣かされました泣き顔
 寅ちゃんを叱るおとっつぁんの場面ではもちろん、寅ちゃんが語る場面でも泣かされっぱなしです。
 子を想う親の気持ち、親を想う子の気持ちがひしひしと伝わって来て泣かずにはいられないのです。
 シ〜ンと静まった会場には、文華さんの声が響きます。
 私は文華さんの『人情噺』が大好きです目がハート
 笑えるお噺ももちろん好きですが、人情噺も沢山聴かせて頂きたいと思います。
 関西では人情噺より笑えるお噺の方が好まれるかもしれませんが、私としてはどんどんお噺して欲しいですクローバー
 
 どのお噺も聴きたいお噺ばかりだった記念ウィーク、1週間と言う長い間本当にお疲れ様でしたm(__)m
一週間、終わりましたねぇ。
ただ見ていただけなのに、なんだかホッと力が抜けたようです。

月曜「くっしゃみ講釈」
火曜「ねずみ」
水曜「近日息子」
木曜「たちぎれ線香」
金曜「阿弥陀池」
土曜「住吉駕籠」
日曜「子は鎹」

私は月・水・金・土と繁昌亭で拝見し、あとはライブ繁昌亭で見せて頂きました。

月曜日の師匠は、マクラからすでに緊張感が伝わってきて…
噺に入られると落ち着くかな?と思いつつ拝見してましたが、
全体的に早い口調で、あれほどのキャリアの師匠でも初めての経験というのは
ほんまに緊張しはるんやなぁと…。
これも舞台に誠実であるが故の、師匠らしさといえばそうなんですけどねハート達(複数ハート)

火曜日「ねずみ」。
笑いどころの少ないこの噺ですが、結果的には二日目にこの噺をチョイスされたのが
大正解だったように思います。
これで落ち着かれたように感じました。

水曜日「近日息子」。
ええ流れですね!
ご自身の調子を捕まれたところでこの、十八番中の十八番。
もちろん場内も大ウケだったし、師匠も楽しんではったように見えました。

木曜日「立ち切れ線香」。
この日は夜席で「文華・文三 兄弟会」があり、そこで立ち切れをネタ出しされてましたので、
私は夜の方を先にナマで拝見し、その後ライブ繁昌亭で昼のを見ました。
師匠ご自身、昼が終わったあと英華師匠らからアドバイスをもらわれたこともあり、
夜の方が出来が良かったとおっしゃってましたが、
ライブ繁昌亭での「立ち切れ」も、充分“文華の立ち切れ”の魅力が出ていたと感じました。

金曜日「阿弥陀池」。
この日は上にも書かれているように当初「仔猫」を予定されてたんですが、
急遽(?)鶴瓶師が飛び入り(?)出演されることになり、
トリを譲られたので、短く「阿弥陀池」をされたとのこと。
東南アジアバージョン、ウケないわけがありませんね!

土曜日「住吉駕籠」。
師匠のこのネタ、もともと大好きなんですが、この日はトリにもすっかり馴染まれた様子の師匠が
“らしさ全開”で飛ばしまくり、もうアホみたいに笑いまくりました!
サゲのあと、お辞儀をしながら「ありがとうございました、お忘れ物ございませんように…」などと
トリらしい挨拶をされたのもこの日が最初だったかと思います。
あぁ、こんなにトリが板についてきはったのに、もう明日が最後!

そして日曜日「子は鎹」。
文句なし、堂々のトリでした。
本当は元の鞘におさまりたくとも自分からは言えない、だから子供のためだけに
一生懸命働き頑張ってきた熊はんの、ホッとほどけたような心情が伝わってきて、
良かった良かったとこの家族を抱きしめてあげたいような、エエ「子は鎹」でした。

繁昌亭では、行くたびにいろんなところから文華ファンが来られてました。
あの人も、この人も、あんな人まで…
皆さん、師匠の晴れ舞台を応援しに、足を運ばれたんですね。

この一週間で、きっとあらたな文華ファンが増えたと確信します。
師匠ご自身は大変な思いだったと思いますが、噺家・桂文華にとって、
意義深いご経験をされたのではないでしょうか。

楽日の送り出しでは思わず「おわったーっ!!!」と解放感にひたってはった師匠。
お疲れ様でした!
そして、ファンとして、誇らしい思いをさせていただけたこと、ありがとうございました!!


※写真1は初日の送り出しのとき。写真2は「おわったーっ!!」の師匠(笑)
 『繁昌亭昼席(7/23(土))』に行って来ましたクローバー

 番組は
  『普請ほめ』     笑福亭喬介
  『就職活動』     林家 染左
  『動物園』      桂 文三
  『津軽三味線』    藤本健太郎
  『手水廻し』     桂 文昇
  『青菜』       桂 文華
      〜仲入〜
  『鶴笑ワールド
   義経千本桜』    笑福亭鶴笑
  『しびんの花活け』  笑福亭仁勇
  『うどん屋』     笑福亭伯枝
  『ちしゃ医者』    桂 雀三郎

 前回のトリも貴重な高座でしたが、今回も2日間ですが仲トリと言う貴重な高座ぴかぴか(新しい)
 楽しみにしていたのは、言うまでもありませんうれしい顔
 立見まで出る超満員の会場に、期待はますばかりです右斜め上右斜め上
 文華さんのお噺、夏晴れの暑い日のお噺ですが植木屋さんが旦さんに出された
 “柳蔭とっくり(おちょこ付き)”を飲んだり、鯉のあらいを食べている場面は、涼しさを感じます。
 そして、やっぱり“柳蔭”の美味しそうなことうまい!
 この日も観ていて飲みたくなりました。
 一方、長屋に帰って来るとその涼しさは何処へやら。
 もわっとした暑〜い空気を感じます。
 お話しだけで涼しく感じたり、暑く感じたりすることの出来る落語は本当に面白いですねペンギン
 もちろん、お話しされる文華さんのお話しの力があってのことだと思いますが。
 外の天満宮ではお祭りでにぎわっていましたが、繁昌亭でも面白いお噺のにぎわいで、
 楽しい時間を過ごすことが出来ましたるんるん
 『繁昌亭昼席〔11月12日(土)〕』に、行って来ましたクローバー

 番組は
   『鉄砲勇助』     笑福亭笑助
   『くもんくもん式
        学習塾』  桂きん太郎
   『ちりとてちん』   桂 文華
   『男の花道(上)』  旭堂 南北
   『鍬潟』       桂 楽珍
   『ちしゃ医者』    笑福亭枝鶴
         仲入
   『腹話術』      千田 やすし
   『延陽伯』      笑福亭仁嬌
   『抜け雀』      笑福亭三喬

 この日も大勢のお客さんですペンギン
 「文華さぁ〜んexclamation ×2」と、掛け声のかかる中、文華さんご登場。
 何を話されるのか楽しみも膨らみます。
 この日のお噺『ちりとてちん』を聴くのは久しぶりぴかぴか(新しい)
 何でも「初めてでございます。」と、喜ぶ喜ぃさんに対して何でも「しょうもないっ」と、
 ケチを付ける竹の憎ったらしさときたらありません。
 それでもやっぱり憎めないのは、この人物に対する文華さんの愛情のせいでしょうかexclamation & question
 喜ぃさんが旦さんに言う「ぎんなんて、どんなんて、こんなん。」の台詞が韻を踏んでいて、
 テンポの良いリズム感が楽しくて好きでするんるん
 思わず口に出して言ってみたりして。
 こう言うのちょっと好きだなぁわーい(嬉しい顔)
 沢山笑わして頂いて楽しめましたひよこ

ログインすると、残り45件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

桂文華を愛をもって応援する 更新情報

桂文華を愛をもって応援するのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。