ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 地域 > 聖地 北海道神宮 > トピック一覧 > 北海道神宮の歴史

聖地 北海道神宮コミュの北海道神宮の歴史

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

非常に簡単に、さらりと歴史を紹介しますね。

明治2年、私たちの住んでいるこの地は、蝦夷地(えぞち)と呼ばれていました。
当時、この地を明確に日本の国土とする為に、明治政府により、「北海道」と名づけられました。

同じ年、明治天皇の詔により、北海道を守ってくださる神様として、

大国魂神(おおくにたまのかみ)
大那牟遅神(おおなむちのかみ)
少彦名神(すくなひこなのかみ)

の三柱の神々が鎮斎されました。

これを開拓三神(かいたくさんじん)といいます。


その御霊代(みたましろ)(鏡とかね)は、島義勇(しまよしたけ)らによって東京から、そして札幌へと移されました。
明治3年には仮社殿が建てられましたが、
現在の位置に社殿が建てられたのは、明治4年で、「札幌神社」と名づけられました。

そして、昭和39年に祭神に明治天皇が加わり四柱神となり、社名も今の「北海道神宮」となりました。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

聖地 北海道神宮 更新情報

聖地 北海道神宮のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済