ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 会社、団体 > ラブリィ創価学会 > トピック一覧 > 唯授一人血脈相承は幻想でしかな...

ラブリィ創価学会コミュの唯授一人血脈相承は幻想でしかない歴史的事実

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

14世日主師のように、貫主になった時はまだ子供だったのでただ訳が分かっていなかったというだけならまだしも、相承を受けていながら、明らかな邪義を主張し、その邪義を書き残した貫主が存在したのです。この邪義の法主は、法主を降りてから書いた家中抄でも、法主を降りて40年ほど経って、死ぬ数年前に書いた「日蓮聖人年譜」でも、なお一貫して邪義を主張しているのです。(後述しますので、反論出来るならば試みてください。)
つまり、邪宗門が幻想にしがみついている「唯授一人の別しての法体の血脈」とやらは、日犬宗というカルトの、ただの狂った幻想でしかないという現実の証拠を示しましょう。

17世日精(大石寺では戦後に18世と変更)が邪宗要法寺からスカウトされ、大石寺の法主に就任して1年経った頃に、花押入りで書き残した「随宜論」の中で、「大聖人が久遠元初の自受用身などとは信じられない」「日蓮は名字即と判じているのであって、未だ凡夫に仏の名を付けたのを見たことが無い」等と邪義を主張しているではありませんか。

(「随宜論」本文)
『久遠元初自受用身は即日蓮の事なりとは、此の一段甚だ以て不審なり。』
(通解:久遠元初の自受用身が即日蓮のことであるというのは、この一段の文章は非常にはっきりせず、疑わしい。)
『諸文悉く日蓮は名字即と判じて未だ凡夫に仏名を付くるを見ず。』
(通解:いろいろな文章はすべて日蓮のことを名字即の凡夫と判断していて、まだ凡夫に仏の名を付けたのを見たことが無い。)

等と、大聖人を御本仏どころか「仏」としても信じられない旨の言葉が書かれています。
要するに、大石寺派の「唯授一人の別しての法体の血脈」とやらを受けたところで、全く大聖人の仏法の本質が理解出来ていなかったという歴史的な事実が存在する事実があるのです。この事実を一つ示したことで、すでに大石寺派の血脈相承の幻想は崩壊しているのです。
しかし、日精は、大聖人を本仏と信じられなかったばかりか、自分自身は釈迦像を各地に造立させた上で、建立する「時」を間違っていた、正しくは国主が帰依した時に、御本尊の図のように造像をするのが正しい、とまで邪義を書き残しているのです。唯授一人の血脈相承などは、完全に幻想でしかないのです。

(「随宜論」本文)
『聖意測り難しと雖も愚推を以て之を謂はば、本門心底抄に云く「戒壇其れ豈立たざらんや。仏像を安置すること本尊の図の如し」文。此の文を以て推するに戒壇成就の日は仏像を造立すること分明なり。』
(通解:聖人の考えは測り難いけれども私の考えでこれを言えば、本門心底抄には「戒壇がどうして立たないことがあろうか。仏像を安置することは本尊の図のようにするのである」とある。この文から推測するに、戒壇成就の日には仏像を造立することは明らかである。)
『是れ即ち還て久遠の釈迦造立の明文にして敢えて不造の証文には非らざるなり。』
(通解:これ(五人所破抄の「図する所の本尊は亦正像二千の間、一閻浮堤の内未曾有の大曼荼羅なり」等の文)はつまり、逆に久遠実成の釈迦像を造立することの明らかな文章であって、あえて釈迦像を造立しないことを証明する文章ではないのである。)
『答えて云く、力有らば、魔王堤婆をも作るべし。』
(通解:答えて言えば、力があれば第六天の魔王や提婆達多の像も造るべきである。)
『答えて云く、古来より多義有りと雖も、愚意に任せば造仏を許すべきか。』
(通解:答えて言えば、昔から多くの考え方があるけれども、私の意見に任せれば、造仏を許すべきであろう。)
『答えて云く、聖人御在世に仏像を安置せざることは未だ居所の定まらざる所以なり。』 (通解:答えて言えば、(日蓮)聖人が在世に仏像を安置しなかったのは、まだ住所が定まらなかったからである。)
『板本尊を以て不造仏の現証と為すは甚だ非なり。』
(通解:板本尊があることを根拠に不造仏の現証だとするのは大変な間違いである。)

等と、何度も繰り返して、「釈迦像を造立することは正しい」、「造立の時については国主が帰依して戒壇成就の時である」、「釈迦像、多宝像、四菩薩像、第六天の魔王像、提婆達多像等を御本尊の図のように建立するのが正しい」という狂気の邪義を主張しているのです。
しかも日精が「随宜論」を書いた目的が、日精自身が自分の主張を忘れないためだと明言し、将来の学者たちに忘れないようにとまで書き残しているのです。

「要用の文を集めて愚が廢忘を助くるのみ」
(通解:重要な文章を集めて、私自身が忘れるないように助けるためである。)

「日代上人の御書に云く、「仏像造立の事は本門寺建立の時なり。未だ勅裁無し。国主御帰依の時三ケの大事一度に成就させ給うべきの由御本意なり。御本尊の図は其の為なり」文。
 此の文、実録の内の興師の御義に符合す。然らば富山の立義は、造らずして戒壇の勅許を待ちて而して後に三ヶの大事一度に成就為すべきなり。
若し此の義に依らば、日尊の本門寺建立の時に先んじて仏像を造立し給ふは、一箇の相違なり。罪過に属すべしと云はば未だ本門寺建立の時至らず、本門寺と号するは又一箇の相違なり、罪過に属すべきや。此の如きの段今の所論に非ず。願くば後来の学者二義を和會せば造不造は違する所無くして永く謗法を停止して自他共に成仏を期すのみ。」
(通解省略)

つまり日精は、自分が釈迦像を造立したことを大石寺派の僧俗から批判されたため、自分自身が忘れないようにという目的で、邪義「随宜論」を書き残したばかりか、将来の国主が帰依し、戒壇の勅許の時のために書き残しているのです。これらは完全な邪義です!

お馬鹿な邪宗門や妙観光たちは、こんな都合の悪い事実は頭から否定するしかないと、「随宜論」の成立は、日精登座の前だ、後だ、本意ではない、などと、支離滅裂な主張をしています。
しかし、登座(1632年)して1年以上経ってから直筆、花押入りで随宜論を完成(1633年)させ、造仏は「未来広布の時」との信念を書きとどめており、その随宜論の末尾には、日精が創建あるいは帰伏させた9ケ寺の名称を列記していますが、これらの寺の創建あるいは帰伏の時期とは、・第二 牛嶋常泉寺帰伏は1638年(寛永15年)・第四 半野妙経寺創建は1644年(寛永21年)であり、明らかに後年になってからの書き込みなのです。つまり随宜論は、1644年以降にも日精が「廃忘を助けるために」内容を確認したものなのです。

つまり、法詔寺の住職のときに造仏(1624年)しておき、相承を受けた結果として命名された「日精」という花押を書き込んだのが
「寛永十年霜月」(1633年11月)
で、登座して1年半も後に、将来への自らの信念(国主帰依の時という遠い将来の造像のあり方について)を込めて署名捺印(花押)し、しかも、1644年以降つまり登座後12年以上経ってから、さらに9ケ寺についての書き込みを、日辰の主張した邪義を記した本文に対して一切変更を加えずに細かく書き込んでいるのです。いったいどこをどう読めば、随宜論が日精の本意ではない、という意味になるのでしょうか?このような文書をその人の本意と呼ぶのです。
さらに日精は生涯そのような邪義を信念として持ち続けているのですから、邪宗門による口先だけの誤魔化しなどは風の前の塵以下です。
結論として、こんな邪義を法主が主張しているのに、何が唯授一人の血脈相承でしょうか!血脈相承には何の力も無い証拠です。だからこそ、日犬のような脳乱浣腸が出現するのです!
日寛上人の六巻抄の中の「末法相応抄」などは、この日精によって宗門に流れ込んだ邪義を破折する内容が随所に見られるではありませんか。

「広宣流布の時には両尊等を造るべきや。答う、広布の時と雖も、何ぞ之を造立せん」

日寛上人の御苦労が偲ばれますが、堀上人がそうしたウソを洗いざらい暴露してくれたので、創価学会が出現して世界広布の時を開いたのです。


◎血脈相承を受けた日精が生涯邪義を信じ続けた証拠を示す

日精は、登座後30年も経って書いた「家中抄」(1662年完成)でもなお同じ主張を繰り返していますが、加藤さんはご存知ですか?
日精は家中抄において、執拗に随宜論で主張した邪義(邪宗門では言うにこと欠いて方便だと称しているようですが)を繰り返しているので、さらに詳細に確認してあげます。

「上寿長年なるが故に御弟子衆御遷化して師独り久住し給ふ、是の故に未決の義有れば日代に問ひ奉り決定せり(日印造仏の義日代に問ひ奉る日の返状之有り日印の下に至り其状とも之を出す往て見るべし)。」(家中抄中5−205)

つまり日精は、日代が大石寺で未決の義があれば決定するような実権を持っていたとした上で、日精自身が( )に添え書きを書いて、日印が造仏について日代に質問した返事を家中抄の下に載せているので見なさい、と指示しているのです。
このことからも理解出来るように、日尊、日印、日大に関する記述は、日辰の「三師の伝」を「機械的に引用した」と邪宗門は粗末な主張をしていますが、ちゃんと目を開けて日本語を読むべきです。
家中抄には、明らかに三師の伝とは異なる箇所や、日精の見解を述べた箇所が随所に見られるのです。このことから、家中抄とは、日精の本意を延々と書き連ねたものであることが明らかなのです。

家中抄の「三師の伝」の引用部分で、祖師伝には無い箇所を少々挙げて、邪宗門のウソを明らかにしておきましょう。

「此の文章に就いて不審有り正和元より暦応元までは廿七年なり、然るに此の文に王城の開山云云信じ難き第一なり、日尊勘気は正安元年なり是より十四年目なる故に赦免の後の付属なり」(富要5−230)
「故に難信難解の第一なり、若し○機の語なれば有り難し程無く符合を為す権者の所作凡慮の及ばざる所なり」(富要5−230)
「御逆修の石塔を立てらる、首題は自筆に書写し給ふ。日尊御遷化は貞和元乙酉五月八日寅刻なり御年八十一歳なり、興師滅後十三年在世なり。」(富要5−231)
「予寛永四丁卯十月十日下総国幸島下向の節之を書写す文字損落之れ多し視ん仁之を計れ。祖師伝の中に伊豆六ケ寺の事、日尊直の建立にはあらず」云云(富要5−233〜234)

以上、どれもが日尊に関することですが、日精から見た日尊の最大の過ちである「広布の時以前の造像」について、日精の信念として日尊への疑念をしっかりと述べているではないですか。つまり、家中抄の執筆方針である

「其の後御筆併びに遺弟の書籍記文等を拝見するに諸伝相違の事甚だ多く亦諸書に載せざる行相幾許(いくばく)ぞや、ここを以て今御筆を先として遺弟の記文取るべきものは之を録し諸伝の善説には之に順し、善ならざるは頗るために改め易へ次第前後をただす」

は、一貫した日精の信念の表明なのです。
つまり、富士の諸伝を集めて研鑚していたが、御書や弟子たちの文献を見ると、弟子たちの間違いが極めて多く、文書に残っていないこともたくさんあった。そこで、御書を優先して、弟子たちの文書の中で、採用するべきものは記録し、諸伝の正しい説はこれに従い、正しくないものはそれを正して記録した、というのが日精の家中抄述作の一貫した基本精神なのです。明らかに日精自身の信じる善説(?)を家中抄で述べている一つの証拠なのです。
そして、日精の信念に基づいて書かれた家中抄には、随宜論で書き残したものと同様の造仏論が他にも数箇所で述べられているのです。一例を挙げましょう。

「其の故は国主此の法を立てらるる時は三堂一時に造営すべきなり巳上、此の文之を思へ、況や亦澄師遺状併に日代状は本門寺建立の時なり(巳上 下に之を出す)」(家中抄中 富要5−220)

ここで明確に「日代状は本門寺建立の時なり」としていますが、これこそ当に随宜論での主張と同じ内容ではありませんか。その上で、日代状を家中抄の下に紹介すると指示しているのです。では、その下の内容とは、日印伝に引用した日代状であり、未来広布の時の造仏こそが正義であるという、随宜論での結論部分と全く同じものなのです。日精が一貫して「広布の時の造仏」を主張していたことがここでも明らかなのです。
死ぬまで邪義を信念として主張し続けて、何が唯授一人の血脈相承か!
それから500年経って、今、日犬も同じように、法華経の行者への嫉妬に狂って、世界広布を破壊しようとして無間地獄の道を確定させたのだ!

コメント(44)

「広布と人生を語る」第二巻(発行日 昭和57年11月18日・著者 池田大作) 

P57
『唯授一人の血脈』を否定する『愚人の徒輩』が、狂い叫ぶように悪口雑言のかぎりをあびせておりますが、われらは、猊下の御指南を体して、ゆうゆうとそれらを乗り越えながら、広宣の誓いをはたし、もって歴史に厳と輝く青史をつくりあげたい。

P122
われわれは、あくまでも『本門戒壇の大御本尊』を信奉したてまつり、日顕上人猊下に随順し、多くの人々に、この大聖人の仏法を知らしめゆく、尊くも誇り高い人であるとの自覚をもっていただきたい。
この大仏法の究極唯一の法体は、申すまでもなく、「本門戒壇の大御本尊」であり、法灯連綿、御歴代の御法主上人猊下がこの大御本尊を厳護したてまつられてここに七百年、第67世御法主日顕上人猊下に、この絶対なる血脈は、厳然と承継されているのである。
だれ人がいかなる非難をいたそうが、これは侵しがたき、明確なる事実なのである。


「広布と人生を語る」第三巻(発行日 昭和57年11月18日・著者 池田大作) 

P32−33
日蓮正宗における根本は、『唯授一人の血脈』である。
その血脈相承の御法主上人に随順しゆくことこそ、僧俗の正しいあり方である。
この一点を誤れば、すべてが狂ってくるのである。
創価学会は、御歴代の御法主上人に随順してきたがゆえに、永遠に栄えていくことは間違いないと確信する。

P72
昨今、こともあろうに、『唯授一人の血脈付法』を否定する一部の輩の策謀がみられることは、御開山上人の厳格・清浄な正法護持の御精神に照らして、断じてあるまじき所業であります。

P273
血脈付法の御法主上人に対し邪心をいだく僧俗、なんと、あさはかであり、なんと信心がなく、なんと忘恩の哀れな人間であろうか。

P294
血脈付法の御法主上人を離れて、正宗の仏法はありえない。
正法正信の直系を離れ、我見の教学を論じ、背信の一群をリードしたとしても、それは異説邪道である。


「広布と人生を語る」第四巻(発行日 昭和58年11月18日・著者 池田大作) 

P67
末法の大白法は、唯授一人、血脈付法の御歴代の御法主上人御一人が、お伝えあそばされているのであり、そのうえからわれわれ信徒のために御本尊をおしたためくださっているのである。ここに、令法久住があることを知らねばならない。
したがって、われわれは総本山を外護申し上げ、御法主日顕上人猊下の御指南のもと、僧俗和合の道を歩みゆくことが正しいのである。



「広布と人生を語る」第六巻(発行日 昭和60年3月16日・著者 池田大作) 

P41―42
根本中の根本は、『本門戒壇の大御本尊』であられる。その大御本尊と日蓮大聖人以来の血脈を代々受け継がれる御法主上人がおいでになり、七百年にわたる伝統法義が厳然とある。
この根本軌道に則った信心こそが正しき信心であり、無量の功徳があるわけである。自らの信心の濁りや、驕慢(きょうまん)から、その根本軌道を失ってはならない。それを知らず、人間関係の好き嫌いの次元で心を乱し、広布への軌道を見失っては決してならない。
それでは、いくら信心があるようにみえても、大聖人の仏法からはずれた人になってしまっているというべきである。


「広布と人生を語る」第八巻

P228
日蓮宗身延派にあっても、南無妙法蓮華経の題目を唱えている。御書もある。経文も、法華経の方便品、寿量品等を読経している。
また、もと正宗の僧侶であった『正信会』も、御法主上人の認(したた)められた御本尊を拝している、読む経文も唱える題目も、われわれと同じである。
外見からみれば、われわれと同じにみえるが、それらには『唯授一人・法水瀉瓶(ほっすいしゃびょう)の血脈』がない。
法水瀉瓶の血脈相承にのっとった信心でなければ、いかなる御本尊を持(たも)つも無益であり、功徳はないのである。


ところが!!

池田創価は、この時よりずっと前から、日蓮正宗は邪宗であり、日顕上人は大謗法者だったといっている。

では、今の創価が正しいなら、この時の学会員を地獄に道連れにするつもりだったのだろうか?

それとも、この時の創価が正しいなら、今の学会員を地獄に道連れにするつもりなのだろうか?

>>[3]

>で?文書による相伝はどうなったの?
>返事が途絶えたままなんだけど

なんだっけ?記憶にございませんが?相伝は別しての12箇条もすべて文書化されているんですけど?
日犬は、ハッタリで「未だ公開されざる別しての12ヶ条」なんてホラを、何も知らないサルたちに吹いたけど、すでに公開されていますよね?しかも、日量が全部文書にしたと講義しているよ!(苦笑)

それに、研究教学書に書かれた相伝書は、そもそも退席痔に写本さえも無かったことが記録されているし、いったい君の言っている相伝やその他諸々って何のこと?本当に中身を知ってるの?
>>[4]

>日辰祖師伝は多くは西山の説を記して御筆に違する事あり(家中抄上)とあることからも、君の指摘は本義では無いのである。邪義破折班のサイトから見ても分かる通り、他宗を破折するための方便である。

だから日精は、日尊による広布以前の造像を否定して、随宜論と同じ主張を繰り返している訳だけど、理解できて言ってるの?
家中抄下では、日辰祖師伝の引用と言いながら、日尊の広布以前の造像を批判する論を付け加えているではないか!

「上寿長年なるが故に御弟子衆御遷化して師独り久住し給ふ、是の故に未決の義有れば日代に問ひ奉り決定せり(日印造仏の義日代に問ひ奉る日の返状之有り日印の下に至り其状とも之を出す往て見るべし)。」(家中抄中5−205)

つまり日精は、日代が大石寺で未決の義があれば決定するような実権を持っていたとした上で、日精自身が添え書き(カッコの部分)を書いて、日印が造仏について日代に質問した返事を家中抄の下に載せているので見なさい、と指示しているのである。このことからも理解出来るように、日尊、日印、日大に関する記述は、日辰の三師の伝からの引用としているが、明らかに三師の伝とは異なる箇所や、日精の見解を述べた箇所が随所に見られることから、日精の本意を延々と書き連ねたものであることが明らかなのである。

家中抄の三師の伝引用部分で、祖師伝には無い箇所を少々挙げて、君たちの大嘘をまたまた明らかにしておく。

「此の文章に就いて不審有り正和元より暦応元までは廿七年なり、然るに此の文に王城の開山云云信じ難き第一なり、日尊勘気は正安元年なり是より十四年めなる故に赦免の後の付属なり」(5−230)
「故に難信難解の第一なり、若し○機の語なれば有り難し程無く符合を為す権者の所作凡慮の及ばざる所なり」(5−230)
「御逆修の石塔を立てらる、首題は自筆に書写し給ふ。日尊御遷化は貞和元乙酉五月八日寅刻なり御年八十一歳なり、興師滅後十三年在世なり。」(5−231)
「予寛永四丁卯十月十日下総国幸島下向の節之を書写す文字損落之れ多し視ん仁之を計れ。祖師伝の中に伊豆六ケ寺の事、日尊直の建立にはあらず若松実成寺の末なり」云云(5−233〜234)

以上、どれもが家中抄の三師の伝引用部分で、しかし祖師伝には無い箇所であって、日尊について日精が述べている内容だが、日精から見た日尊の最大の過ちである「広布の時以前の造像」について、日精の信念として日尊への疑念をしっかりと述べているではないか。

少し詳しく説明すれば、この個所で日精は自らの主張を述べているが、その内容は日尊が日興上人から御勘気を受けた正安元年(1299年)から、日尊が付属を受けたと日辰が記録する正和元年(1312年)までに13年しか経っていないことや、日尊が正慶2年(1333年)に日目上人に替わって天奏した翌年の歴応2年(1339年)に京都の上行院を建立しているという日辰の記述への日精の疑問なのである。日尊は上行院建立の2年後である歴応4年(1341年)には立像の釈迦像・十大弟子の像を造立したという「一箇の相違」を犯しているので、「広布の時の三箇の秘法建立」を正義とする日精にとっては、どうしても肯定できない祖師伝の主張だったのである。
こうして一つ一つ説明するならば、全てが明らかであろう。
やはり家中抄の執筆方針である
「其の後御筆併びに遺弟の書籍記文等を拝見するに諸伝相違の事甚だ多く亦諸書に載せざる行相幾許(いくばく)ぞや、ここを以て今御筆を先として遺弟の記文取るべきものは之を録し諸伝の善説には之に順し、善ならざるは頗るために改め易へ次第前後をただす」
は正しいのだ。この末文は日精の信念の表明なのである。

つまり、富士の諸伝を集めて研鑚していたが、御書や弟子たちの文献を見ると、弟子たちの間違いが極めて多く、文書に残っていないこともたくさんあった。そこで、御書を優先して、弟子たちの文書の中で、採用するべきものは記録し、諸伝の正しい説はこれに従い、正しくないものはそれを正して記録した、というのが日精の家中抄述作の一貫した基本精神なのである。明らかに日精自身の信じる善説を家中抄で述べている一つの証拠なのである。

そして、日精の信念に基づいて書かれた家中抄には、随宜論で書き残したものと同様の造仏論が他にも数箇所で述べられている。一例を挙げよう。
「其の故は国主此の法を立てらるる時は三堂一時に造営すべきなり巳上、此の文之を思へ、況や亦澄師遺状併に日代状は本門寺建立の時なり(巳上 下に之を出す)」(家中抄中5−220)
ここで明確に「日代状は本門寺建立の時なり」としているが、これこそ当に随宜論での主張と同じ内容なのである。その上で、日代状を家中抄の下に紹介すると指示しているのだ。
では、その下の内容とは、日印伝に引用した日代状であり、未来広布の時の造仏こそが正義であるという、随宜論での結論部分と全く同じものなのである。日精が一貫して「広布の時の造仏」を主張していた事がここでも明らかなのである。
>>[4]

>富士山に三堂を造立して額を本門寺と打つべし(家中抄中)

随宜論に書き残した四堂伽藍の主張と、富士の三堂伽藍とを調整した結果、ようやく板本尊、生御影、垂迹堂本尊にまで落とし込んだ訳だが、それでも垂迹堂本尊は万年救護本尊ではないの?それでも唯授一人の血脈相伝を受けているの?迷いの凡夫と何の差があるのかなあ?(爆)

「板本尊は富士山本門寺本堂の本尊と為す。御端書亦其の所以なり。此等の義を以ての故に造仏すべからず如何に会用せんや
⇒ 次に板本尊の事、是即ち戒壇堂の本尊なり。之を以て不造の証と為すこと謂うに足らざるのみ。然りと雖も次でを以て之を謂はん。聖意測り難しと雖も愚推を以て之を謂はば、本門心底抄に云く「戒壇其れ豈立たざらんや。仏像を安置すること本尊の図の如し」文。此の文を以て推するに戒壇成就の日は仏像を造立すること分明なり。」
「若し此の義に准ぜば、本堂には本尊の如く仏像を安置すべし。祖師堂には日蓮聖人の御影、垂迹堂には天照八幡の尊像之有るべし。其の上に戒壇堂を建立して中に法華経一部を納め戒壇を築き板本尊を安置し奉る。是れ即ち法華本門の大戒たるべきか。」
「若し此の義に准ぜば板本尊を以て不造仏の現証と為すは甚だ非なり。」

>本門寺根源の事、日蓮一大事の本尊有る処、寺中の根源なり若し爾らば、板本尊の在す処、本門寺の根源なり(家中抄中)

そりゃあ立派な模刻本尊があったんだから、全否定するのは勿体無かったなでしょう?(爆)
冗談はさておき、家中抄中をちゃんと眼を開けて読んだのかい?
「久成の釈尊造立有無の事、日興上人仰せに云く末法は濁乱なり三類の強敵之れ有り、爾れば木像等の色相荘厳の仏は崇敬憚り有り、香華灯明の供養叶ふべからず、広宣流布の時分まで大曼荼羅を安置し奉るべし云云」(富士宗学要集5-237)
つまり、板本尊の安置は広宣流布の時までの暫定的なもので、広布の時には久成の釈尊造立を造立するというのが日精が家中抄でも一貫して主張している邪義ではないか!

随宜論を引用してみようか?
「板本尊は富士山本門寺本堂の本尊と為す。御端書亦其の所以なり。此等の義を以ての故に造仏すべからず如何に会用せんや
⇒ 次に板本尊の事、是即ち戒壇堂の本尊なり。之を以て不造の証と為すこと謂うに足らざるのみ。然りと雖も次でを以て之を謂はん。聖意測り難しと雖も愚推を以て之を謂はば、本門心底抄に云く「戒壇其れ豈立たざらんや。仏像を安置すること本尊の図の如し」文。此の文を以て推するに戒壇成就の日は仏像を造立すること分明なり。」
「若し此の義に准ぜば、本堂には本尊の如く仏像を安置すべし。祖師堂には日蓮聖人の御影、垂迹堂には天照八幡の尊像之有るべし。其の上に戒壇堂を建立して中に法華経一部を納め戒壇を築き板本尊を安置し奉る。是れ即ち法華本門の大戒たるべきか。」
「若し此の義に准ぜば板本尊を以て不造仏の現証と為すは甚だ非なり。」

理解できたかな?日精は「時」が大事だと言っているんだよ。まだ「時」が至って無いので、とりあえず板本尊を安置しておき、広布の時に国主が帰依したら、戒壇成就の日は仏像を造立するというのが正義だと生涯主張し続けたのだが、理解できたかな?
>三堂本尊とは板本尊、生御影、垂迹堂本尊と云ふ事か、若し爾らば板本尊とは日興、日目以来相続して而も大石寺にあるなり、垂迹堂の本尊は是れ日目御相伝にして今房州妙本寺に在り(家中抄中)
>と大御本尊が根源なのである。

あらまあ?やっぱり日本語が理解できてないみたいだねえ?その個所は、日精が自分なりの正邪の検討をしている個所で、相伝に基づく主張をしている個所では無いんだけど?通解してみようか?
「三堂の本尊とは、板本尊、生御影、垂迹堂本尊と云ふことであろうか?もしもそうであれば、板本尊とは日興、日目以来相続して、しかも大石寺にあるのだ。垂迹堂の本尊は、日目からの御相伝であって今は房州妙本寺にある。」

つまり、広布の時までは板本尊であれ万年救護本尊であれ、日興・日目の相伝として、どちらも三堂に安置しておくべきであるというのが、日精の一貫した主張なのである。
このあたりも随宜論をちゃんと読めば、変わらぬ日精の信念が書かれているではないか。

「又云く、板本尊は富士山本門寺本堂の本尊と為す。御端書亦其の所以なり。此等の義を以ての故に造仏すべからず如何に会用せんや
⇒ 次に板本尊の事、是即ち戒壇堂の本尊なり。之を以て不造の証と為すこと謂うに足らざるのみ。然りと雖も次でを以て之を謂はん。聖意測り難しと雖も愚推を以て之を謂はば、本門心底抄に云く「戒壇其れ豈立たざらんや。仏像を安置すること本尊の図の如し」文。此の文を以て推するに戒壇成就の日は仏像を造立すること分明なり。」

整理すれば以下のとおり。
●本堂には広布の時までは板本尊、国主帰依の時には久遠実成の釈迦の仏像を安置
(要法寺の本尊と御影の一幅一尊の安置形式を時で立て分けた)
●祖師堂には日蓮聖人の御影
●垂迹堂には万年救護本尊を安置

他にも随宜論には、問題表現がこと欠かない。

「五人所破抄の事、是亦一体仏を制止するの文にして而も未だ久遠実成の釈迦仏を制止するの文を見ず。其の故は初めに尓前迹門の仏の相を挙げ畢て、次下に宗家の本尊を示して相対し、尓前迹門の仏は今末法に益無しと嫌ふ。明かに知んぬ、久遠の釈迦を制せざるを。」
「有るが云く、當家の本尊は法宝勝る故に法華経を以て本尊と為すなり。本尊問答抄の如し。
⇒次に法宝最勝の事、誰か此の義を論ぜんや。是れ即ち宗家の本尊なり。弥御書の如く仰いで信ずべきのみ」
つまり、あくまでも板本尊は宗家の本尊(修行のための本尊の意)であって、「時」が来た時に造立される久成の釈尊とは別格の扱いになるのです。

>>[19]

あなたは、「創価ナイトさん」の日記で、「池田先生が一時的に邪義に従わざるを得ない状態であった」と言っていますが、大聖人門下は殺されても邪義に従うことはしなかった。
(熱原の三烈士)他多数。これが本物の法華経の行者です。

池田先生は命の危険もないのに、どうして一時的に邪義に従わざるを得なかったのですか?
そんな臆病で二枚舌の池田さんのどこが「不惜身命の法華経の行者」なのですか?
それがあなたたちの人生の師匠「池田大先生」なのです。

学会歌「熱原の三烈士」.(グランドオーケストラ版)
http://www.youtube.com/watch?v=32wimBAXdlU
曲を作って「熱原の三烈士」を絶賛するが、自分の行動は「熱原の三烈士」と正反対の臆病な池田大先生。

加藤君

君が納得できるまで、一つ一つ教えてあげるから、しっかりと学んでくださいね。

ちなみに私は、平成2年12月27日(日犬が池田先生のクビをカットした日。総講頭解任。最初は宗規の見直しだと言っていたが、後日、あいつのクビをカットしたんだ、と機関誌に掲載)までは池田SGI会長を疑っていました。君とは全く方向が違うのは、私は御書に基づいて真実を目指して分析し続けているからです。それに対して、君は人師論師(邪師)の言葉を信じ込んで騙されたのです。


>あなたは、創価ナイトさんの日記で、「池田先生が一時的に邪義に従わざるを得ない状態であった」と言っていますが、大聖人門下は殺されても邪義に従うことはしなかった。
>「熱原の三烈士」他多数。これが本物の法華経の行者です。

法華経の行者についても理解が全く浅すぎますね。
御書を読めば理解できますが、大聖人でさえも、当時は法華経の行者ではない、と誹謗中傷されました。その理由は、愚かにも「大難を受けているから」だったのです。
開目抄等で大聖人はそうした疑いを徹底して打ち砕かれています。

「仏は小指を提婆(だいば)にやぶられ九横(くおう)の大難に値(あ)い給う此は法華経の行者にあらずや、不軽菩薩は一乗の行者といはれまじきか、目連は竹杖(ちくじょう)に殺さる法華経記別の後なり、付法蔵の第十四の提婆菩薩・第二十五の師子尊者の二人は人に殺されぬ、此等は法華経の行者にはあらざるか(乃至)事の心を案ずるに前世に法華経・誹謗の罪なきもの今生に法華経を行ずこれを世間の失(とが)によせ或は罪なきをあだすれば忽(たちまち)に現罰あるか(乃至)不軽菩薩は過去に法華経を謗じ給う罪・身に有るゆへに瓦石(がしゃく)をかほ(被)るとみへたり」(開目抄 P.230)

そして、法華経の行者の条件は、妙法流布のためにどれだけ受難に耐えられるかだと御書には随所に示されています。

「大難を持ちてこそ・法華経しりたる人とは申すべきに、天台大師・伝教大師こそ法華経の行者とは・みへて候しかども在世のごとくの大難なし、ただ南三・北七・七大寺の小難なり、いまだ国主かたきとならず・万民つるぎをにぎらず・一国悪口をはかず」(P.1538)
(通解:大難を耐え抜いてこそ法華経を身で読んだ人であると言うべきだが、天台大師・伝教大師こそ法華経の行者とは思えるが、釈迦在世のような大難はない。ただ南三・北七・七大寺の小難である。まだ国主が仇となっていないし、万民が剣を握って攻めて来ていないし、一国が悪口を言っていない。)

「三類の強敵来るを以て現世安穏の記文顕れたり、法華の行者なる事疑無きなり、法華の行者はかかる大難に値うべしと見えたり、大難に値うを以て後生善処の成仏は決定せり」(P.825)

「法華経の行者・三類の強敵を堪忍して妙法の信心を捨つ可からざるなり信心を以て眼とせり」(P.818)

 S氏やたくさんの戦う学会員による、池田先生は末法の法華経の行者である、という主張に対する邪宗門の反論は「刀杖の難に会っていない」等という間の抜けたものでした。しかし、池田先生は会長就任以来ちょうど10年ごとに、
?言論問題と妙信講(顕正会)の攻撃=俗衆増上慢、
?正信会と裏切りの幹部たちによる弾圧=道門増上慢、
?日顕と邪宗門による広布破壊=僭聖増上慢、
と3つの弾圧(三類の強敵)を呼び起こしたのです。

この御書は決定的です。なぜならば、開目抄に、三類を呼び起こした人を法華経の行者と呼び、その方を求めて師匠としなければならないとの御指南があるからです。

「仏と提婆とは身と影とのごとし 生生にはなれず 聖徳太子と守屋とは蓮華の花果・同時なるがごとし、法華経の行者あらば必ず三類の怨敵あるべし、三類はすでにあり 法華経の行者は誰なるらむ、求めて師とすべし、一眼の亀の浮木に値うなるべし」(P.230)
(通解)仏と提婆達多とは身と影とのようである。生生に離れない。聖徳太子と守屋とは蓮華の花と実とが同時のようなものである。法華経の行者がいれば必ず三類の怨敵がある。その三類の強敵はすでに出現した。法華経の行者は誰なのだろう。求めて師匠としなければならない。一眼の亀が浮木の穴に会うように千載一遇の成仏のチャンスである。)

 御書に照らすならば、間違いなく池田先生は法華経の行者であり、求めて師匠としなければならない存在なのです。さらに、我々も今こそ池田先生の弟子として、三類の強敵との戦いを開始し、一人一人が法華経の行者とならねばならないのです!


>池田先生は命の危険もないのに、どうして一時的に邪義に従わざるを得なかったのですか?
>そんな臆病で二枚舌の池田さんのどこが「不惜身命の法華経の行者」なのですか?

昔は私も君と似たようなことを考えました。だから、平成2年に僭聖増上慢の日犬が池田先生のクビをカットして来なかったならば、本当に学会をやめてしまったかも知れません。その根拠は、三類の強敵を呼び起こすことが法華経の行者としての必須条件だからです。もしも平成2年に何も起きなかったならば、学会も池田先生もニセモノだということであり、そんなものを実践しても意味はありません。しかし、私は学会に入会したおかげで心の氷が解けて「人間大嫌い」が「人間大好き」になり、最低の生活から最高の人生に激変しました。この恩を裏切ったら、不知恩は地獄に堕ちると御書にありましたので、本当に悩みました。
そして、平成2年末になって、僭聖増上慢が出現したことで、私の人生は決まったし、それ以来本当に奇跡的な功徳の体験談が私の周囲で生まれるようになったのです。法華経の文は真実なのです!

そして、加藤君の知らない学会の歴史として、以下のような事実があります。こうした情報は、例えば正信会のまじめな所化の日記等の比較的第三者の目からの記録なども調べた上で整理したものです。真実を知るためには、対立する双方の意見を読むだけでは困難で、事件発生以前の情報とか、第三者の記録や客観的な事実分析が重要なのです。

○昭和43年11月 本幹指導
「御本尊に題目を朝晩あげて、事の一念三千の当体である我々です。死んで誰にお経を読んでもらう必要がありますか。(中略)葬式に必ずしも僧侶を呼ぶ必要はないのです。正宗は葬式仏教ではなく生きるための宗教です。このように日蓮正宗は、あらゆる宗教の中で最先端をいくものであり、最高の近代性をもっているのです。これについては、総本山も大聖人の根本精神につながった考えです、といっておりました。」(昭和43年11月27日 聖教新聞)

○昭和52年1月
 池田会長が教学部会合で「仏教史観を語る」と題して、戸田会長の悟達が学会の原点、学会員は僧宝、大聖人直結、会館は現代の寺院である等の「52年路線」と誹謗された見解を講義。その内容は、従来の戸田前会長の指導の延長であったが、宗門の中の学会僧たちの多くが、宗内で差別される立場(「学会坊主」対「代々坊主」という身分差別)からメンツを回復する意図で、池田会長への反発を強めた。

○昭和52年11月 末寺での学会員弾圧開始
 全国200以上の末寺で、学会員の葬儀の席(親戚には会員でないものが多数の場合が多い)で、日蓮正宗の坊主(多くは学会坊主)が「故人は創価学会をやっていたから地獄に堕ちました。」「池田大作を信じていたので地獄に堕ちました。」等と弾圧開始。
全国の会員が池田会長に泣きの手紙を送付。
これに対して、戸田会長の指導のままに「会員のために命を捧げよ」と誓って戦って「きた池田先生は、一方で日淳師が死ぬ前の夜に枕元に呼ばれて「日達は考えがないので心配だ。池田先生、宗門をよろしくお願いします。」と遺言され、「分かりました。どんなことがあっても宗門をお守りいたします。」と約束した(工藤玄英師が奥番として証言)。

○昭和54年4月24日
この二つの矛盾した約束を守るために、これ以上学会員をいじめないこと、を条件として会長を辞任した。しかし、顧問弁護士の山崎正友が、正信会の坊主たちに、池田は反省していない、と吹き込んで扇動したために学会員への弾圧は続いた。

○昭和54年7月
 阿部信雄が、日達上人の急死を受けてゲイ座に就任。

○昭和55年7月
 学会を弾圧する坊主たちにより正信会発足。

○昭和55年9月〜57年
 日顕が正信会僧侶200名以上を処分。正信会問題の終息。

○昭和59年1月
 宗門が池田名誉会長を日蓮正宗の法華講総講頭に任命。カットした正信会の寺の数とほぼ同数の200カ寺建立供養を申し出。

○平成元年4月
 消費税導入。便乗値上げで、宗門から塔婆料を1本1000円から3000円への大幅値上げの要求。学会として正式に拒否。これが学会を切って20万人が山につけば良いと日犬が決断した最大の理由と考えられる。

●平成2年(詳細月日調査中)
学会による200カ寺の建立供養を、111カ寺の段階で宗門が拒否。

○平成2年7月15日
 翌日の宗門との連絡会議に向けての打ち合わせの際に、池田名誉会長から秋谷会長に電話があり、明日の会議で宗門から提示される文書を絶対に受け取らないこと、綱紀粛正を要望することを指示。(その場に同席した正木理事長の創価同窓の集いでの証言。宗門内の僧侶から池田先生に、内部告発があったと考えられる。連絡会議で、学会の責任役員の半分を宗門に渡すことを要求。つまり経営の乗っ取りをたくらむ。これがC作戦の第一弾)
(同日、一宗教法人である神道を政府が祀る儀式である大嘗祭を開始)

○平成2年7月16日
 学会と宗門との連絡会議で、宗門からの文書(学会の責任役員の半分を宗門に渡せという要求。学会をカットするというC作戦のスタート。)を受け取る前に、学会から綱紀粛正を要望する文書を渡してそのまま退席。直後に日顕が「懲罰委員会にかける」と激怒。

○平成2年7月18日
 宗門幹部による学会カット作戦を検討した議事メモ(河辺メモ)で、日顕自ら「C」(作戦)と明言。

○平成2年10月12日
 学会が大石寺開創700年記念の文化祭を大石寺で開催。これまでの10年間で学会は宗門に約3000億円を供養(登山時の会員による供養や、御開扉料一人2千数百円を除く)。

○平成2年11月〜12月
 宗門から学会に11.16の本幹指導に関する「お尋ね」文書を送付。学会から宗門に「お伺い」文書で、本幹テープおこしのミス等の説明と、面談を要望する回答。宗門は面談拒否。

○平成2年12月21日
 学会が宗門に200ケ寺を建立供養すると提案(正信会約200ケ寺を破門したことへの対応)して、111ケ寺を供養した時点で宗門から供養を拒否されたが、その最後の寺の入仏式で日顕が、学会との決別を宣言し、平成3年からの覚悟を訴えた。(同日、政府主催の神道という宗教の儀式である立太子の礼で大嘗祭が終了。)

○平成2年12月27日
 宗門が、池田法華講総講頭を突然解任。理由は宗門の規定の変更。後日、日顕は、処分であった旨を発言し、機関誌に掲載。

●平成2年(詳細月日調査中)
関快道からSGI久野副会長にFAXが届き、昨年暮れにC作戦を清書しながら涙を流したとの記載。(FAXのコピーあり)

以上のような経緯で、宗門による学会の破門のプロセスは進展したのです。
取られるだけ取られて切られた学会が悪いのか、取るだけ取って切って捨てた宗門が悪いのか、外道の評論家は何とでも論じるのでしょう。
しかし、私は法華経・御書に照らしてしか現象を判断しないようにしているので、妙法流布のため、会員を守るために、矛盾した約束にこだわり抜いて、一時的に自らの主張を曲げた池田先生が、結果的に三類をすべて呼び起こした時に、法華経の行者として勝利したのだと確信しています。
加藤君がこうした歴史の事実を知って、御書に基づいてどう判断するかで加藤君の人生のすべては決まるのです。


>それがあなたたちの人生の師匠「池田大先生」なのです。

私は池田先生をずっと疑っていたので、平成3年にやっと気がついて、枝葉にこだわるのをやめて、自分なりに命を懸けて妙法流布に挑戦しました。そして、10数年かけて、あの方の巨大さを嫌というほど思い知らされて、傲慢の鎖を叩き切っていただき、最高の人生が突然開かれました。この体験ばかりは、事実として命がけで戦った者にしか理解できないと感じていますので、ここでは割愛します。
それにしても、加藤君はいったい何を基準にして生きようとしているのか!邪宗門に使い捨てられる未来を思うと哀れでならない。


>>[28]


念のためにS氏に確認してみたが、君みたいなただの「番ネズミの所化小僧」なんかに教える必要はないってさ!

日犬か日ニョが出てきて対論するなら全部公開してもいいけどね?

地区副リーダーあがりのまだ役職なしの一壮年部員が大変な使命をいただいたものだ!

いかに臭門が小粒かもハッキリと分かったよ。

それにしても、この別しての12箇条が特別の相伝だなんて、焼き鳥屋の秘伝のタレがもっとすごいし、セブンイレブンのオデンのタレの方がはるかに価値創造をしているよ!(大爆)

分かったかい、所化小僧!

>>[20]


少々時間をかけて、番ネズミ所化小僧のハムス太郎さんの主張を解読したら、なんだ、全く教義の理解が出来ていないばかりか、すでに10年以上も前にS氏が退席痔派の森岡雄樹というハゲを文書で破折し終わった内容を、また寝言のように繰り返しているだけだったんですね!(笑)
これじゃあ、学会の一壮年部地区幹事に、退席痔派全体が文書対論で敗北した、という事実が暴露されるばかりじゃないですか!(爆)
で、役職なしの私でも、ひょっとしたら退席痔派全部を破折して勝っちゃうかも?(苦笑)
まあ、退席痔派とはその程度のレベルなのです!WW

●家中抄>五人一同に云く本尊に於ては釈迦如来を崇め奉る可し既に立て随て弟子檀那等の中にも造立供養する御書之れ有り云云(中略)日興云く聖人御立の法門に於ては全く絵像木像の仏菩薩を以て本尊とせず、唯御書の意に任せて妙法蓮華経の五字を以て本尊と為す可し即自筆の本尊是なり
●家中抄>[精師・註釈]=是本尊問答抄、妙法曼陀羅供養抄の二文意なり、草案並びに日尊実録本門心底抄日代状等は余の文意なり『富士門下家中抄上』
●>「草案並びに日尊実録本門心底抄日代状等は余の文意なり


◎まず、この日精の書き込み[精師・註釈]は、登座(1632年(寛永9年))から既に30年もの時間が過ぎて、造像問題は一件落着していたとも言える寛文2年「以降」のことです。家中抄上巻の完成は寛文2年(1662年)なのですから。当然ですが、寛文2年とは「御登座以前」ではありません。
 登座後30年も経って、すでに隠尊であった時点で、日興上人の御文に注釈を付けてまで書き残した内容とは「未来の広布の時の造像」という邪義なのです!

日精の注釈の部分を通解すれば、

「これ(曼陀羅正意)は本尊問答抄、妙法曼陀羅供養抄の2つの文の中で説かれた意味であり、草案(五人所破抄)、日尊実録、本門心底抄、日代状等は他の(広布の時に造像するのが正しいという)意味である」

ということであり、前者が曼荼羅本尊正意説、後者が久遠実成釈尊本仏説なのです。これで、日精が晩年まで釈迦本仏説を懐き、造仏説を忘れていなかったことが明確になったのです。
こうした信念でないならば、なぜ日興上人が明確に示された部分に何のために書き込みをする必要があるのでしょうか?
もしも「未来の造像も含めて制止する」という意図が日精にあるのならば、「正義ではない」と明記するべきであり、それさえもせずに「余の文意なり」などと書くので、堀上人が家中抄の邪義<日精の未来造像論>に対して逐一破折したのです。

この「未来造像論」に対しては、日寛上人も
「広布の時と雖も何ぞ之を造立せん」(末法相応抄)
と明確に未来広布の時の造像に対して破折されているではありませんか。少しは意味が分かったかな?
●>例せば興師の御草案(五人所破抄)に、但四悉の廃立、二門の取捨宜しく時機を守り、敢えて偏執すること勿れと云うが如し(日辰の義『末法相応抄』)
●>『五人所破抄』では、強執の機に対する方便として四菩薩添加の造仏を容認されていた。だから「草案」の御指南は↑に対すれば「余の文意」ということである。
●>ここだけ読めば強執の機に対しては本尊としての造仏も許されるという意味にもとれるが、そうではない。
●>『随宜論』でも、造仏は広布達成後のこととして制止されているし、実際に法詔寺の仏像も曼荼羅本尊の脇士に過ぎなかったのである。


◎おいおい。広布達成の時の造仏を勝手に許してしまったら、日辰と同じただの邪義になってしまうんじゃないの?
そもそも日興上人の時代は、まだ宗門の最初の時期だったので、信者を守るために強執の一機のために、四菩薩を脇士とすることを条件として一時的に日興上人が許容されたのは、「日興の義」と呼んで、「正義ではない」とまで日寛上人が明確に否定されているではないか。
それを、日興上人から数百年も経って江戸時代になっているのに勝手に許容することなど、末法相応抄で破折されているのも知らないようだね?
日蓮正宗の正依である「末法相応抄」には、

「是れ宗門最初なる故に宜しく信者を将護すべき故なり」
(通解:これは宗門の最初だったのでよくよく信者を守るためであったのだ。)

「猶是れ宗門草創の時なり設い信心の輩も未だ是れ一轍ならず、是の故に容預之を誘引し故(ことさら)に事を子孫の中に寄せて意は実に造立を制止するなり」
(通解:なおこれは宗門の草創の時である。たとえ信心している者も、まだ強盛ではなく、このために受け入れてこのような者を誘引し、ことさらに事を将来の子孫の話に寄せて、本音は実は造立を制止するのである。)

「四脇士を造り副うるは是れ五人の義に非ず興師一機の為に且く之を許す義なり、故に日興が義と言う、是れ正義と謂うには非ざるなり」
(通解:四脇士を造りそえるのは、五人の義ではない。日興上人はまだ執着の強い一機のために一時的にこれを許すという意味である。だから日興の義と言うのであって、これを正義とは言わないのである。)

と、日興上人の時は宗門最初だったので、信者を守るためにやむなく像法残機の強執の者のための還用暫廃論として許されたものであって、日興上人以後の造像思想は正義ではない、と明確に破折されているではないか。
番ネズミの所化小僧はあまりにも勉強不足だね?

 おまけに日精は、「家中抄上」において、

「甲斐の国肥前坊日伝と云ふ者あり。日興が義を盗み取り甲斐の国に於いて盛に此の義を弘通す、是又四脇士を造り副ふ」

の文の最後に、自分自身の主張を書き加えて、

「私に云く此文並びに原殿返状等 報恩抄、唱法華題目抄、観心本尊抄、宝軽法重抄等に依り給えへるなり。」

と、最晩年に書いた「日蓮聖人年譜」で、釈迦像造立の根拠とした御書を、ここでも執拗に書き連ねているのです。「諸御書を一貫させ」ようとする日精の執念のようなものを感じるのは私一人ではないでしょう。

 要法寺日大の日尊実録にしても、三位日順の本門心底抄にしても、日代状にしても、全てが「広布の時の釈迦像造立」を説いているではありませんか。ちゃんと調べておきなさいね。
 家中抄下の日印伝において、日代状と祖師伝の日辰の言葉を延々と引用しているのは、日精が「余の文意」である「広布の時の釈迦像造立」を執念深く本意として持っていたからに他ならないのです。

「日精50年の方便のみの説法」が証明されてしまいました。(爆)


狂信に近い邪宗門の方々は、日精の本意が「広布の時の釈迦像造立」であり、それまでは「宗家の本尊」として曼陀羅を安置する、という信念である、と仮定して、君たちが引用している文章を読み直してご覧。すべてが手に取るように明らかになることであろう。

(参考)
日代の「仏像造立の事は本門寺建立の時なり」の文の背景を、S氏の論文から引用しておきます。

「さて、問題の家中抄の頭注部だが、理解の便宜の為に、日印伝について簡単に解説すると、日尊の弟子であった日印は、康永二年の秋頃東国会津実成寺にいたが、師の日尊から使いがあり京都上行院へ戻ったところ、上行院の本堂に十大弟子の造像本尊が安置されているのを見て驚く。そして早々に会津に引き返した日印は、西山日代に書状を送って事の正否について質問をした。これに対し日代は、「大聖人や日興上人の御意は御書等に明白だ」と言っておきながら、「仏像造立の事は本門寺建立の時なり」と、国主帰依の時は造像もあるかの如きことを言い、最後に御遷化記録を引いて、やはり造像はまずいとも受け取れる、誠に中途半端な返答をする。こうした日代の曖昧な造不造論議に対し、日辰の祖師伝並びに日精の家中抄は、日尊の造像を擁護する為、「日尊実録」の、
「予が門弟相構えて上行等の四菩薩相副え給へる久成の釈迦略本尊、資縁の出来、檀越の堪否に随って之を造立し奉り広宣流布の裁断を相待ち奉るべきなり」
との文を引き、
「然らば則ち日大、立像は是れ日尊の本意に非ずと覚知す(中略)日代未だ日尊の本意を知らず蓮祖遺言の故事を挙げ以て日尊の一旦の義を破するなり」
と云って、日尊の十大弟子立像は本意でないとこれを庇った上、日尊が後日、十大弟子を除いて四菩薩を造立したことを以て、ついに
「日尊立像等を除き久成釈尊を立つる故に故記録に背かざるなり」
と、日尊の造像を肯定してしまうのである。日亨上人はこの考え方が日精自身に元々あったことを知っておられた故に、
「本師造仏の底意を顕す」
と、頭注を打たれたのである。「記録」とは御遷化記録を指し、「記録に背かざるなり」とは、日尊の造像は、御遷化記録の「一体仏は墓所の傍らに立て置け」と制止された一体仏ではなく、四菩薩を副えた久成釈尊であるから「記録」に背いていないという意味である。これがまさしく日精自身の考え方であることは、「随宜論」にこれと全く同じ論が展開されていることによって明らかなのである。即ち「随宜論」には、この御遷化記録の一体仏について、
「立像釈迦に四菩薩を加えられざること、是又宗祖の本意に非ず、故に若し遺告無くんば誤りて立像の釈迦を以て末代の本尊と為し聖人出世の本懐三箇の秘法の本尊を棄て置く可し、故に預て墓所の傍に立て置くべしと示す云云」
とあり、また、
「随身仏も一体仏の故に小権迹本の不同明らめ難し、若し帰敬致さんと欲せば四菩薩を加えて久遠実成の自受用報身如来と成し奉って帰敬すべし、(中略)是即還って久遠の釈迦造立の明文にして敢えて不造の証文には非ざるなり」(随宜論)
とあって、日尊の久成釈尊造立が誤りでなかったとする論拠が示されている。さらには
「日代上人の御書に云く、仏像造立の事は本門寺建立の時なり、未だ勅裁無し、国主御帰依の時三ケの大事一度に成就せしめ給ふ可きの由御本意なり。御本尊の図は其の為なり文。此の文実録(日尊実録)の内に興師の御義に符号す」(随宜論)
と、日代の返状までも造像肯定の文証に引いており、まさしく日尊の造仏は日精の意に叶うところであったことが分かるのである。」

●>・富士山に三堂を造立して額を本門寺と打つべし、『家中抄中』
●>本堂には寺号の額、御影堂には祖師堂の額を打つこと是れ天下一同の義なり(中略)本門寺根源の事、日蓮一大事の本尊有る処、寺中の根源なり若し爾らば、板本尊の在す処、本門寺の根源なり(同書220頁)
●>・三堂本尊とは板本尊、生御影、垂迹堂本尊と云ふ事「か」、若し爾らば板本尊とは日興、日目以来相続して而も大石寺にあるなり、垂迹堂の本尊は是れ日目御相伝にして今房州妙本寺に在り『家中抄中』

 ⇒しかし、「か」とは何事でしょうか?「疑問」または単純な「推量」の意を表す副助詞を使ったと言うこと自体が、日精がこの三堂伽藍を未だに納得していない証拠ではないか!

●上と下の違いは本堂=本門寺根源に安置すべき本尊である。上では仏像としているのに対し、下では板本尊となっている。ここに、日精上人の真意は、広布達成の暁においても曼陀羅正意であることが明らか。

●『随宜論』では「四堂伽藍」の説を仮に立て、板本尊を本堂とは別(「戒壇堂」)に安置する御指南であったようだが、『家中抄』では「四堂」ではなく「三堂」に訂正せられており、しかも本堂には大御本尊を御安置すべきとの正義を打ちたてられている。


◎「一尊・一幅」という要法寺の化儀を知らない所化小僧の戯言のようだね!御本尊を後ろに、前には釈迦像を安置するのが、要法寺の本尊勧請の化儀なのだが、やはり所化小僧にはそうした基礎的な情報が理解出来ていないようだね?

「三堂本尊とは板本尊、生御影、垂迹堂本尊と云ふ事「か」」の直前に「日代状は本門寺建立の時なり」とあるのを、勝手に削除するから意味が分からなくなるんだ!このような切り文ばかりをするのを天魔と呼ぶんだよ!日代状に何が書いてあったか知らない訳ではなかろう!随宜論の肝心の邪義の箇所ではないか!

「日代上人の御書に云く、仏像造立の事は本門寺建立の時なり。未だ勅裁無し。」

つまり、家中抄のこの箇所でも、日精は執拗に「余の文意」である釈迦像の造立を主張しているのだ!

しかも日精は、板本尊のある場所を「本門寺根源」とは書いているが、「板本尊のみ」を「本堂」に安置せよとはどこにも書いていないではないか!三堂棟札や日順雑集等によって四堂は見直したのかも知れないが、決して「久遠実成の釈迦像」を廃忘していないことの証明になっていないのだ。もう少し緻密な頭脳を鍛えましょう。

もう一つ言えば、随宜論は血脈相承を受けてから書き残した論文である訳だが、その中の
「本堂には本尊の如く仏像を安置す可し」
の何をどう読めば、「根本は大御本尊」になるのかな?本堂というのは、方便の図でも飾る場所、というのが大石寺の流儀だと言うのかな?
血脈相承を受けて以降も、こんな当然の正義をも知らなかった日精であるが故に、随宜論では、自らが曼荼羅正意の側を破折するための問いとして、
「板本尊は富士山本門寺の本堂の本尊と為す」
と言う大石寺門流の言葉を挙げているではないか。さらに、これに対する日精の回答(反論)として、
「次に板本尊の事是れ即戒壇堂の本尊なり」
と結論しているのである。いったいどこに目をつけて随宜論を読んでいるのかね?

大聖人は久遠元初の自受用身であるというのは、基礎教学のようなものですが、随宜論には、
「久遠元初の自受用身即日蓮の事なりとは、この一段甚だ以って不審なり」
と、大聖人を「名字の凡夫」として「久遠元初の自受用身」ではないとし、本仏には「久遠実成の釈尊」を持ってくるのです。だからこそ、
「本堂には本尊の如く仏像を安置す可し。祖師堂には日蓮聖人の御影」
となるのです。

ところで随宜論では、垂迹堂には「天照八幡尊像」と定めていたが、家中抄では「垂迹堂の本尊は是れ日目御相伝にして今房州妙本寺に在り」と変化していることは確認できた。それにしても、三堂本尊の一つが自山に無いとは嘆かわしい!

しかも日精は、板本尊のある場所を「本門寺根源」とは書いているが、「板本尊のみ」を「本堂」に安置せよとはどこにも書いていないではないか!やはりセットで久遠実成の釈尊を「一尊・一幅」の化儀で安置するのが要法寺の流儀なのである。

とにかくこれが、血脈相承を受けてから書き残した文章なんだから、何の法力も無いことを証明したということですよね?(苦笑)

「本堂には本尊の如く仏像を安置す可し。祖師堂には日蓮聖人の御影、垂迹堂には天照八幡尊像之有る可し。其の上戒壇堂を建立し、中に法華経一部を納め戒壇を築き板本尊を安置し奉る」(随宜論)

登座して1年ほどで、まだ正系門家の正義を十分にマスター出来ていなかったことの明確な証拠の一つです。30年後の家中抄では、ちゃんと「三堂伽藍」に訂正しているのですから。ただし、その「三堂伽藍」も、久遠実成の釈尊がど真ん中に寄り添っているようですね!(爆)
 邪宗門の教学部時局協議会や法義研鑚委員会の面々が、日精の主張について、最初は

「造仏思想をお持ちであった日精上人が、血脈相承を受けられたことにより、その迷いから覚め、当家の深意に至られたという、当家の血脈相承の威力を証明する文書なのである」とか、
「日精上人の展開された御化導の前半は、造読であられた。そのために、大石寺の血脈を嗣ぎ、宗祖の正意に至った後、日精上人は敬台院を教導し、仏像の執着を取り除きまた仏像を撤去されるのに大変苦労せられたのである」

などと言っていたのに、突然正直に全てが大ウソであったと認めて、何の恥ずかしげもなく全面撤回し、

「これは誤りであったので、日精上人は御登座以前から当家の正義に立たれていた、と訂正する」

と、推論に推論を重ねた上での無茶苦茶な方針変換をしたのと比べれば許されますね。こういうのを世間では「大恥の上塗り」と呼びますね。まあ、コロコロとよく変わる!(爆)

しかも日精は家中抄において、日興上人の波木井への返事として、堀上人が信じてはならない、と破折された久遠実成の釈迦を本仏とする内容をまたまた書き残しているではないか!

「其の時日興の御返事に云く、一閻浮提の内日本国、日本国の内甲斐国、甲斐国の内波木井の郷は久遠実成釈迦如来の金剛宝器座なり天魔破旬も悩す可からず、上行菩薩日蓮聖人の御霊窟なり」

この「久遠実成釈迦如来」が本仏で、垂迹が上行菩薩、日蓮上人(大聖人)を上行の再誕、とするのが日辰の邪義ではないか!

「下種の法華経の教主に三人有り、一を自受用報身と号す、報身は本地なり、二には上行菩薩と号す、上行は垂迹なり、三をば日蓮上人と名づく、蓮祖は上行の再誕なり」(読誦論議@日辰)

「此の下種の法華経に於て教主有り、教主に三人有り、三人とは本因本果総在の自受用報身如来、上行、日蓮なり」(二論議得意抄@日辰)

 つまり、日精は、登座してから30年も過ぎた寛文2年(1662年)になっても、やはり日辰の邪義を本気で信じており、家中抄に明確にその記録を書き残していたのである。


S氏から、日犬宗との戦いの歴史を取材しました!

平成3年の僭聖増上慢日犬による学会への弾圧開始以来、S氏は次々に妙観光や法華講員を御書に基づいてコテンパンに破折して、相当に怨まれていたようで、15年ほど前から狂ったようないやがらせが続いていたそうです。

例えば、年末の早朝に、S氏のお住まいに10人近い妙観光員が押し寄せてワイワイと騒ぐので、「近所迷惑だからこっちに来い!」と、彼は一人で暴徒全員を近くの駐車場にまで引っ張って行って、さあいよいよ対論だ、と破折を始めたら、ものの10分もしないうちに、妙観光たちは「もう帰ろう」と言って、スゴスゴ、ゾロゾロと帰って行ったそうです。これが日犬宗の番犬たちの実態です!

また、福岡の日犬宗末寺のNo.2である副講頭が、子分を連れてS氏の職場に押しかけて来たこともあるそうです。
その副講頭はエセ同和と呼ばれる無法者で、暴力等で前科2犯の反社会的な人間でしたが、S氏から1対1の正義の言論で完膚なきまでに打ちのめされ、それを怨んでいたそうです。ある日突然、子分を連れて職場に乗り込んできて、大きな声でS氏の名前を呼ぶ輩がいたので、誰かと思ったらその副講頭だったので、なんだお前か、とS氏が肩を叩いたら、さわるな、と嫌がっていたそうです(笑い)
先約があったS氏は1時間ほど待たせた上で面会したそうですが、その時の副講頭の言い分は、「てめえが俺に手紙を送って来るから俺のメンツは丸つぶれだ。2度と手紙を送るんじゃない」だったそうです(爆)
そんなことを言うために、わざわざ福岡から東京まで出かけて来たのだそうです!女々しいヤツだ!(大笑)
S氏は、これまたものの10分ほどで破折して追い返したそうですが、天罰てきめんで、2週間ほど経った日に、福岡県内の駅の階段で、19歳の女子専門学校生のスカートの中を後ろから盗撮していた現場を鉄道警察隊に現行犯逮捕されて、その日犬宗末寺の副講頭はとうとう前科3犯になってしまったとのこと!嗚呼!これが日犬宗の実態だ!

こんな風に悪を打ちのめしていた状態だったので、日犬宗からは蛇蠍のように嫌われていたそうで、それが理由で、もう今から10年も前の長野法論の編集動画を何度も何度も怨念を込めてアップされているのだそうです。

ところがS氏は、そのおかげで大聖人が伊豆流罪の時に、二六時中に法華経を身読できることを感謝されたと同様に、不思議な功徳が激励した方々に生まれることを喜んでおられました。

しかし、これが法華経の行者の道なのだと思うと、いやはや、バカや変態を相手にするのは大変だ!

>>[18]は「大間違い」です。


『血脈否定は仏法に非ず』

今の創価学会は、血脈(付嘱)を否定していますが、池田先生は、仏法は「血脈(付嘱)」こそが重要であると指導されています。


(創価学会 『大白蓮華』 池田名誉会長御書講義 「生死一大事血脈抄」)

生死一大事の法は「妙法蓮華経」であり、それは釈迦(しゃか)・多宝(たほう)から上行(じょうぎょう)菩薩(ぼさつ)に受け継がれた「血脈(けつみゃく)」によって伝えられると仰(おお)せられています。


法華経の核心は、釈迦・多宝から、上行への「付囑」を説くことにあります。


釈迦(しゃか)・多宝(たほう)の二仏(にぶつ)を中心として、三世(さんぜ)十方(じっぽう)の仏・菩薩が来集(らいしゅう)し、七宝(しっぽう)に輝く巨大な宝塔(ほうとう)が虚空(こくう)に浮かび、この宝塔を中心に広がる荘厳(そうごん)な会座(えざ)。

この虚空会の儀式にこそ、「正統(せいとう)の血脈(けつみゃく)」があるのです。

久遠(くおん)の釈尊から付嘱されることで、法の正しさが明らかになったといえます。

過去仏(かこぶつ)である「多宝仏(たほうぶつ)」は、法華経が説かれるところに必ず出現して、法華経が真実であることを証明する役割を担(にな)っていると説かれています。

この多宝(たほう)如来(にょらい)が釈尊と共に並んでいる中で、「付嘱」の儀式が行われる。

法華経の虚空会(こくうえ)の儀式における血脈(けつみゃく)相承(そうじょう)こそ、生死一大事血脈となるのです。

そのために、虚空会の儀式があり、釈尊から上行菩薩への「付嘱」が行われたのです。

上行菩薩の役割を外用(げゆう)の姿で行(ぎょう)じられたのが、御本仏・日蓮大聖人です。

すなわち、「血脈」とは、妙法の力によって民衆を救いゆく実践を行う人の正統性を証明するものなのです。

日蓮大聖人は御本仏です。

ゆえに、大聖人が仰(おお)せの通りの正しい信心を貫(つらぬ)けば、一生成仏という最高の境涯(きょうがい)を成就(じょうじゅ)することができるのです。
>>[22]

●>日蓮大聖人が一体仏を御所持遊ばされていたことについて、日興上人は、
継子一旦の寵愛、月を待つ片時の蛍光(新編一八七九頁) と解され、
●>日寛上人は、「弘通の初め、権実相対の立場、宗祖の観見」の三義を挙げて会通されている。また、信徒に対する造像についても宗開両祖が信徒の機根に応じて一旦の仏像造立を容認遊ばされたことは、上に挙げた御文に明らかである。

◎おいおい、またまた文章をぶつ切りにして、勝手な解釈を加えるんじゃないよ!そういうのを切り文と呼んで、天魔の得意技なんだが、前後を正確に引用してみよ!

「随身所持の俗難は只是れ継子一旦の寵愛、月を待つ片時の蛍光か、執する者尚強いて帰依を致さんと欲せば須らく四菩薩を加うべし敢て一仏を用ゆること勿れ云云。」
(通解:もしも造像に執着する者がなお強いて帰依をしようとするならば、当然のこととして四菩薩を加えねばならない。まったく一仏を用いてはならない。)

この文章のどこが「一旦の仏像造立を容認」になるんだね?四菩薩を加えて久遠本果の釈迦仏の体裁を整えろ、という意味ではないか。そうすると、日精の釈迦一仏のみを造立するという化儀は、宗門最初の時期のみに限定した日興上人の指南にさえも背いているということではないか!

さらに破折すれば、
<宗開両祖が信徒の機根に応じて一旦の仏像造立を容認遊ばされた>
などと御書も読まずに勝手な邪義を垂れ流しているが、海中から木彫りの釈迦像を拾って嬉しがっていた船守弥三郎に対して、

「海中いろくづの中より出現の仏体を日蓮にたまわる事・此れ病悩のゆへなり、さだめて十羅刹女のせめなり。此の功徳も夫婦二人の功徳となるべし、我等衆生無始よりこのかた生死海の海中にありしが・法華経の行者となりて無始色心。本是理証・妙境妙智・金剛不壊の仏身とならん事あにかの仏にかわ(異)るべきや、過去久遠五百塵点のそのかみ(当初)唯我一人の教主釈尊とは我等衆生の事なり、法華経の一念三千の法門・常住此説法のふるまいなり、かかるたうとき法華経と釈尊にてをはせども凡夫はしる事なし。」(P.1446)

と、根本とするべき久遠五百塵点劫の当初(久遠元初)の唯授一人の教主釈尊とは、我等衆生である、というのが正しく、弟子の釈迦像への執着という邪義を、大聖人は見事に破折されているではないか!
番ネズミの所化小僧のハムス太郎よ、邪宗門のウソに便乗して、邪義を垂れ流すものではないぞ!

●>『末法相応抄』において、要法寺日辰の造像義を厳しく破折された日寛上人も、宗開両祖が信徒に対して容認された一旦の善巧方便(ぜんぎょうほうべん)を謗法と断定はされていない。

ちゃんと末法相応抄の指南を引用して自分の見解を述べてはどうかね?

「是れ宗門最初なる故に宜しく信者を将護すべき故なり」
(通解:これは宗門の最初だったのでよくよく信者を守るためであったのだ。)

ここでは「宗門の最初」の時期という条件に限定して認めている訳だが、それから何百年も経ってからの造像までも認めているような文証がもしもあるのであれば出してみよ!

「猶是れ宗門草創の時なり設い信心の輩も未だ是れ一轍ならず、是の故に容預之を誘引し故(ことさら)に事を子孫の中に寄せて意は実に造立を制止するなり」
(通解:なおこれは宗門の草創の時である。たとえ信心している者も、まだ強盛ではなく、このために受け入れてこのような者を誘引し、ことさらに事を将来の子孫の話に寄せて、本音は実は造立を制止するのである。)

ここでも「宗門草創の時」だからという限定をしているではないか。

「興師の正義は、全く絵像木像を以て本尊と為さず、唯妙法五字を以て本尊と為すなり云云。而も強いて執する者、尚帰依を致さんと欲せば、四菩薩を加うるを許すなり。故に四脇士を造り副うるは是れ五人の義に非ず興師一機の為に且く之を許す義なり、故に日興が義と言う、是れ正義と謂うには非ざるなり」
(通解:日興上人の正義は、全く絵像木像を本尊とはしない。ただ妙法五字を本尊とするのである。しかも強いて執する者が、なお帰依をしようとするならば、四菩薩を加えるを許すのである。したがって、四脇士を造りそえるのは、五人の義ではない。日興上人はまだ執着の強い一機のために一時的にこれを許すという意味である。だから日興の義と言うのであって、これを正義とは言うのではないのである。)

ここでは、一仏のみは当然謗法だとして禁じた上で、四脇士を造りそえて久遠本果の釈尊という体裁とするのは「正義ではない」と明確に指摘されているではないか。
宗門の草創の時でもない中世の江戸時代に、日精が造像した釈迦像に四菩薩を脇士として安置していない事例がたくさんある(例えば、寛永15年(1638年)下谷常在寺の再建並びに造仏)が、どうしてこれが謗法ではないのか、まともな文証を引用できるものならやってみよ!

●>宗開両祖や日寛上人が、末法弘通の始めにあたり、大曼荼羅御本尊に導くまでの調機調養のための方便として、その時と機の特殊性において信徒の造像を容認されたことは、本宗教義の上からも謗法と断定すべきでないことは当然である。
●>このことからも、大檀越敬台院への善巧方便を用いられた日精上人に対して、謗法を犯したと評価するのは、まったくの的はずれである。

「大旦那であり養母でもあった敬台院という金づるを逃がさないための方便でした」とでも正直に答えれば良かったものを(爆)
弟子旦那への教導のためならば、当然信徒たちにまで随宜論は浸透したはずだが、実際はなぜ広く弟子たちに伝えられなかったのかね?日精以降の歴代の書が公開の扱いで伝えられている中で、随宜論については、宗門において非公開の扱いとされてきたのは何故か、ちゃんと辻褄が合うように説明できないと舌を噛み切ってしまうんじゃないのか?(笑い)

しかも、そもそも家中抄が完成したのは1662年であり、すでに日精にとって目の上のたんこぶのような存在であった敬台院が徳島に法詔寺を移転させ(1645年)、敬台寺として再建し、ほとんどの時期は徳島の実家に戻っていた状態になってから15年近くも過ぎており、敬台院の死ぬ(1666年)わずか数年前の著作が家中抄なのである。
その本への添え書きに、日精が書き込んだのは当然1662年よりも後になる訳だが、どう考えても、要法寺系の信徒の敬台院がどうのこうの等と言い訳できるような客観状況ではなくなっており、単に日精の本意を書いたという事実を、なんとかして否定しないと。血脈相承を受けても全く邪義を放棄していなかったことが満天下に明らかになってしまうので、耳を塞ぐしか道は無さそうだね?(爆)

●>日亨上人にとって本宗の文献の中でも、日精上人が要法寺流の造読を主張しているように見える部分は、特に気がかりであったと推察される。


◎そりゃあ、要法寺流の邪義だから、気がかりどころかボロクソに破折されたのは当然でしょう。
堀上人がどれだけ具体的に日精の邪義を破折しているか、いくつか例示するので、一つ一つ反論してみるかね?「誤解していた」などとトータルリコールで誤魔化すほど、今の邪宗門には学者はいないよ!カササギの分際で!(哀れ)

「日昌より日啓まで大石九代の山主は要山出身たりと雖も初には大僧来り後には小僧を教養せし傾向あり、兎も角多少の新儀を輸入し、殊に日精の如きは私権の利用せらるる限りの末寺に仏像を造立して富士の旧儀を破壊」
「要山より晋める山主は始め日昌日就日盈の時は著しく京風を発揮せざりしが、但し其人柄に依らんも日精に至りては江戸に地盤を居へて末寺を増設し教勢を拡張するに乗じて遂に造仏読誦を始め全く当時の要山流たらしめたり」
「だいたい、古文書が読めぬのに加えて、要山日辰流の造仏の偏の邪思想が深入しておるより生じた誤謬である」
「要山日辰流の造仏の偏の邪思想が深入しておるより生じた誤謬である」
「本師未ダ富士ノ正義ニ達セザルナリ本師ノ所論間々此底ノ故山ノ習情隠顕ス注意スベシ」
「本師の正助の対判稍濫ルガ如シ注意スベシ」
「此下助行又大ニ濫ル用ユベカラズ」
「助行ヲ広クシテ遂ニ一部読誦ニ及ブ正ク開山上人ノ特戒ニ背ク用フベカラズ」
「本師読誦ノ例トシテ故ニ之ヲ引クカ」
「見者深思精師辰師短見惑想誤後人可悲」
「本師造像家ナル故ニ此ノ疑文ヲ依拠トスルカ」
「本師造仏の底意を顕す」
「本師又田家の鋒鋩を顕す憂う可し」


●>『日蓮聖人年譜』や『家中抄』を含む『富士宗学要集』を出版することは、世間に初公開になることも考慮され、他門からの非難攻撃を未然に防ぐためには、一宗の学匠として、その責任の上から御自分で日精上人の文言の非を指摘する必要に迫られたものと拝察する。
●>すなわち、日亨上人は日精上人について誤解されていたところもあるが、先に挙げた解説文や頭注に見られる厳しい指摘は、このような部外者からの論難を意識した結果であり、その根底には、唯一正しく宗祖の血脈を継承する日蓮正宗を永劫に衛護せんとする強い護法の真心がおありだったのである


◎ほとんど爆笑ものの言い訳だね?あれだけボロクソに破折したら、部外者は大喜びでそこを突っ込んでくるんじゃないのかね?今の日犬宗の番犬や番ネズミの所化小僧でも非難攻撃出来るんじゃないの?後世の頭が悪い連中にも分かりやすく堀上人は書かれているよ!
以上で、法主でありながら正しく宗祖の血脈を継承できていなかったという歴史的な事実が確定した!当然のことながら、日精や日犬のような邪義の浣腸のことを口が裂けても僧宝などとは呼べないし、絶対に無条件に信じてはならないのだ!
>>[38] 加藤君


本当に分からないお子ちゃまですね?
なぜ御書に基づいて思索を深めようとしないの?
学会は大胆に社会に展開するための教学を実践します、と達師(日犬の前)に宣言していたのだから、その師匠の揚げ足を取って価値が想像できるとでも思っているのかい?
大聖人の御義口伝には何とある?

「所詮日蓮等の類いの心は・唯仏は釈尊・与仏は日蓮等の類いのことなるべし(乃至)是れ即ち与仏と云うは法華経の行者男女の事なり」(P.815 )
(通解:結局は日蓮等の類いの心は、唯仏とはご本仏大聖人、与仏とは大聖人の弟子檀那のことなのである(乃至)これはつまり与仏と云うのは法華経の行者である男女のことなのである。)

つまり、大聖人と唯仏与仏で直結して、血脈を受けることが出来るのは、君らのような「法華経の信者」ではなく、三類の強敵を呼び起こしてなお世界広布を進める「法華経の行者」なのです!

まだ読んでないの?
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1867566289&owner_id=54955889
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1865307464&owner_id=54955889
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1865197534&owner_id=54955889
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1868038511&owner_id=54955889

少しは反論してから重箱の隅を突っついたらいかがかな?
こちらは一つ一つ君のお粗末な誤りを破折し、訂正して挙げているんだが、君には少しは人間としての誠実さは無いのですか?だから退転してしまうのかも知れないが、その罰の重さは甚重だぞ!
>>[38] 加藤君


せめて御書を引用して、君の主張を展開すれば、君が明らかに間違った思考パターンにはまっていることが理解できると思うよ。

よく退席痔派の坊主が、「塔中相承の禀承唯授一人の血脈だあ〜!」と意味も理解せずに包丁のように振り回して、とうとう自分の首を切ってしまう文を挙げて教えてあげよう。

本因妙抄の末文には
「この血脈並に本尊の大事は日蓮嫡嫡座主伝法の書・塔中相承の禀承唯授一人の血脈なり」
という個所がある。
ところがこの文は、「本因妙抄」に後世の者が追加した後加文(ごかもん)なのです。

そもそも「本因妙抄」はすでに原本が無く、堀日亨上人が富士宗学要集で説明しているとおり、残されているのは6世日時師、要法寺日辰、房州日我等の古写本が存在しているだけなのですが、写本の元となったものを明示した正確さでは日辰のものが最も正しい内容であると堀上人が記録されています。
しかも、この後加文は、西山本門寺あたりで書き加えられたものだと堀上人が講義されているのです。いったいどこの山のケツ脈騒擾なのやら?(爆)

この本因妙抄の後加文を利用した邪臭門のウソを明らかにする方法は二つあります。

(その1)一つは、どこの誰が書いたかも確認できない後加文ばかりを根本とせずに、大聖人の言葉を根本にしなさい!ということです。
そもそも御書根本とは、御書全集を根本とするということではなく、大聖人の言葉を根本とするのだ、ということが日顕宗には分かっていないようです。日顕宗が血脈について出す文証は大聖人の経文の外にある後加文ばかりなので、ここでも「天魔、外道!」と攻めましょう。
そして、同じ「本因妙抄」の本文、すなわち「大聖人の相伝」をしっかり読んでみてください。

「釈の意は口唱首題の理に造作無し、今日熟脱の本迹二門を迹と為し久遠名字の本門を本と為す、信心強盛にして唯余念無く南無妙法蓮華経と唱え奉れば凡身即仏身なり、是を天真独朗の即身成仏と名く』(P.872)
(通解:(摩訶止観に示された十重顕観の第五・住不思議顕観の)解釈の意味は、題目を唱える実践の仕組みには作為や意図的なものは不要である。釈尊の熟益・脱益の本門・迹門の両方を迹とし、久遠元初・名字即の凡夫即極の教えである独一本門を本とする。信心強盛にただ余念なく南無妙法蓮華経と唱えるならば凡夫の身がそのまま仏身である。これを天真独朗の即身成仏と名付ける。)

と、代々の法主など一切関係無く、余念の無い題目で成仏することが断言されているのです。
 したがって、御本尊に一心に自行化他の題目をあげること以外に何か特別の実践や秘法があるようなことをいう日犬宗の坊主は、明らかに大聖人の仏法ではない邪義を持っているということになるのです。


(その2)正義を顕わす二つめの方法は、この後加文が述べている「血脈」と「本尊」とは、「百六箇抄」と「本因妙抄」の2巻の血脈抄と、「御本尊七箇相承」という「伝法の書」について述べたものであって、何か特殊な儀式等を指したものではないということです。

ところが邪臭門は例によってそれを「切り文」して、勝手な己義を構えているのだということが、直前の文章も含めて正確に示せば全て明らかになります。

「又日文字の口伝・産湯の口決・二箇は両大師の玄旨にあつ、本尊七箇の口伝は七面の決に之を表す、教化弘経の七箇の伝は弘通者の大要なり、又此の血脈并に本尊の大事は日蓮嫡嫡座主伝法の書・塔中相承の稟承唯授一人の血脈なり」(P.877)

ここで「日文字の口伝・産湯の口決」とは、相承書の一つである「産湯相承事」に示されている内容であり、「二箇」とは「百六箇抄」と「本因妙抄」の両巻の血脈抄のことです。

また、「本尊七箇の口伝」とは相承書の一つである「御本尊七箇相承」のことを指しています。これらを天台・伝教両大師の十重顕観や七面七重の口訣等と対比させたうえで、この「血脈抄」と「本尊抄」の大事は「日蓮嫡嫡座主伝法の書」であるということを示し、「塔中相承の稟承唯授一人の血脈」とは、実は「文書」であることを宣言しているのが本因妙抄の後加文なのです。

何か秘密めかしたものがあるかと思っていたら、ちゃんと読めばすでに誰もが承知の、堀上人が富士宗学要集第1巻で全世界に公開してしまった相承書の内容について述べている箇所なのです。

それにしても、西山本門寺という他山に伝わって書き込まれた文章を根拠にして、法主にだけ流れる血脈とはいったい何なのでしょうか?やっぱり天魔の血脈?それともトンマのケツ脈?(爆)

ログインすると、残り15件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ラブリィ創価学会 更新情報

ラブリィ創価学会のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。