ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > グルジェフについて > トピック一覧 > コリンウィルソン

グルジェフについてコミュのコリンウィルソン

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

コリンウィルソンの『ウスペンスキー』に、ウスペンスキーがグルジェフにある相談をしたところ、それをそのままみんなに喋ってしまわれ、もうやってられない、、、と
グルジェフからウスペンスキーが、離れる原因になった事の一つが、書かれていました。

グルジェフは、他の人にも同じような事をしていて、喧嘩に発展していたようです。

なぜ、グルジェフは、そのような事をしていたのでしょうか?

喧嘩になるのは、
お互いに、自我があり、それは、制限であり、自らの境界の中にいるから起こる事です。

最近、心屋仁之助さんのセミナー動画を見ていたら、こういうものがありました。

『人生で最も恥ずかしい出来事は
なんですか?』


これをノートに書いて、それをみんなの前で発表するのです。

若い女の子がわんさかいるセミナーです。
当然、男連中は、性的なことやうんこ漏らしたこと、自らのバイオレンスとかも話さなくてはいけません。◯◯のことを話している人も、、、。

ネットで感想を見ると、女性も、性的な事、おそらく初めてのペニスを◯◯のことなども話してる感じに受け取れます。

そして、それを発表し、又聞いて、通り抜けるセミナーのようです。

セミナー途中で、帰る人もいるそうです。
話せなくて、思考が止まってしまう人もいるようです。

これは、凄いの一言です。
固まったエネルギーを解放させられるからです。

こんなすごいこと、本気以外の人は出来ないでしょう。
グルジェフは、これを狙ったのではないでしょうか?

beingの重要さを初めて知ったので、トピックに書かせていただきました。

失礼します。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

グルジェフについて 更新情報

グルジェフについてのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済