ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 城福浩 目指せ日本代表監督 > トピック一覧 > 城福監督語録

城福浩 目指せ日本代表監督コミュの城福監督語録

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

コメント(11)

「年齢は関係ない。(日本)代表もいるかもしれないが、まずは小平のピッチで結果を残した選手が試合に出るべきだ」

「パッションのない者はピッチに立てない。小平で全力を尽くせない選手は試合には出られない。小平のピッチで日本一になるくらいの自負を持って365日やる」

「ストロングポイントは否定しないが、それを生かす状況をいかに多くつくるか。『おれ、スペシャルだから』じゃボールは回っていかない」

「僕のキーワードの1つにフレキシブルがある。昨日までは厳しいメニューだったので、レクリエーションを考えていた」

「スキルフルで意外性もあって、見ていて楽しい、きれいな崩し方、ゴールは誰もが見たい。それがラブリーなんです」
------------------------

U−17日本代表監督時代の合宿でのミーティング時のことである。
城福浩監督の面白いエピソードがある。

ミーティングルームに集合した選手達の前で、用意されたホワイトボードに、城福監督が次々とチームの細かい約束事を書いていった。
びっしりと箇条書きで埋め尽くされたホワイトボード。

そこで、城福監督がある選手に命じた。
いまから30秒でここに書いてあることを全部おぼえろと。

指示された選手は懸命にホワイトボードを埋め尽くす文字を覚えようとする。
と、そこで城福監督はボードに書いてある文字をすべて消した。

さぁ、なんて書いてあった?

なんとか覚えたフレーズをひとつひとつ口にする選手。
だが、30秒間で覚えるには多すぎる。言葉に詰まった選手を見て、城福監督は微笑んだ。

いいんだよ、なんにもおぼえなくても。
おれたちにはおれたちのサッカーがある。
困ったとき、追い詰められたとき、絶対絶命のとき、戻るべき自分たちのサッカーがある。
いいか、そういうときがきたら、人とボールを動かせ。やってきたことを思い出せ。

------------------------

有名なエピソードです。
コミュニティの紹介文に引用させてもらいましたわーい(嬉しい顔)
「止まることもボールにかかわるための“動き”」
「走った人間を必ず使う必要はない。使わないのが当たり前でいい」
「早く固定するより競争でレベルアップする方が大事な要素。フレキシブルに対応できるように、全員に(試合に出る)準備をしてもらう」
メンバーから漏れた選手に向け、城福監督はこんなメッセージを発している。
「何を言っても、メンバーに入れていない現実がある。われわれができることは、ピッチの彼らを見ること、評価することしかない」
試合後のコメントです。

Q:椋原選手は、フッキのマンマークにみえましたが?
「守備力に関して特長のある選手。本人には『フッキに感謝しろ、フッキがいるからお前が出たんだぞ』といいました。ただ、マンマークでくっついていく戦法を取ったわけではない。クロスの精度については、平山とカボレの2人がいるからクロスは丁寧にするように意識させました」

>『フッキに感謝しろ、フッキがいるからお前が出たんだぞ』

こんなん言われたら、がんばっちゃいますよね。
>ジュン バステンさん

私も探しました。
動画ならこれが一番かな…と。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

城福浩 目指せ日本代表監督 更新情報

城福浩 目指せ日本代表監督のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済