ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > 多発性硬化症(MS) > トピック一覧 > アリス=紗良・オットが多発性硬...

多発性硬化症(MS)コミュのアリス=紗良・オットが多発性硬化症に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

世界的に活躍する女性ピアニストのアリス=紗良・オット(30)が15日、公式ホームページを更新し、多発性硬化症と診断されたと明かしました。

「ここ最近、体調を崩しコンサート活動にも影響が出てしまい、お気づきになり、不安に思われた方もいらっしゃることかと思います。私は、いくつかの検査を受けた結果、今年の1月15日に多発性硬化症と診断されました。昨年、初めて医師から多発性硬化症の疑いがあると言われた時は、私の世界は崩れ、次から次へと続く検査の間、恐怖、パニック、そして、絶望感に襲われ続けました。この診断は、何を意味するのか? 私の人生に、私の仕事にどんな影響を及ぼすのか? それ以降、多発性硬化症という病気がどういうものか、また、及ぼす影響について調べる事に沢山の時間を費やし、いろいろな医師の助言も受けてきました。最新の情報と知識のすべてから、私がいかにこの病気を間違って理解していたかに気付かされました」

「多発性硬化症は、中枢性脱髄疾患の1つで、人によって違う症状が現れる自己免疫疾患の病気です。現在において治癒は不可能な病気ですが、ここ何年かにわたる医学の進歩によりこの病気にかかった多くの人がほとんど障害なく日常生活を送ることが可能になりました。時に人生は人を思いがけない道へと誘い込み、今、私はその新しい道の入り口に立っています。そこから最善を尽くすかどうかは自分自身にかかっている、と私は信じています」

アリスはドイツ人の父親と日本人の母親のもと、ミュンヘンで生まれ、95年にドイツ連邦青少年音楽コンクールで優勝。現在最も人気のあるピアニストの一人で、世界中で活躍しています。闘病生活に入るものの、7月の日本公演は予定通りに行う予定とのこと。

コメント(9)

驚きました…何年か前に彼女の演奏会に行ったことがあります。
少し前には、テレビでN響との共演を観ました。

独特の感性を持ったピアニストさんですが、それ故でしょうか…冷や汗
本当に驚きましたね。アリス・沙良・オットは、世界中でコンサートを行っているだけに、大変でしょう。ドイツにはMSの患者も多く、MSの専門医もたくさんいるので、しっかり治療してもらいたいものです。
アリス・紗良・オットさんはずっとドイツに住まれてるのですか?

ミュンヘン生まれで、今もお住まいになってると思います。人気ピアニストなので、欧州各国、世界中で演奏しています。
欧米ではms人口は日本の10倍はいると以前拝見しました。
いとこがフランスに住んでいるのですが、周りに2・3人msの人がいると言っていました。

人種によって違うと言うのも拝見しました。
やはりハーフ等の人の方が、かかりやすいのでしょうか?
ハーフだからMSになりやすいかどうか分かりません。

確かに、欧米にMSの患者が多くて、人種の違いも指摘されていますが、アジアなどの途上国では、専門医が少ないので、MSと認定されていない場合も多いと思います。 実際、日本でも医療レベルが上がって来て、MS患者が増えてきています。
>>[6]
確かにそうですね。
僕がms発症した時は10万人に2・3人だったのに、今は10万人に7・8人以上ですもんね…
>>[6]
すみません、言い方が悪かったです。

ハーフの人の方が純日本人に比べ、この病気にかかりやすいのでしょうか?

でした。

言い方が悪くて申し訳ないです。
アリス・紗良・オットは、7月と9月に来日します。

7月はエリアフ・インバル指揮のベルリンコンツェルトハウス管弦楽団とともに、モーツァルトのピアノ協奏曲第21番K 467を演奏します。予定通りコンサートで弾いてほしいものです

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

多発性硬化症(MS) 更新情報

多発性硬化症(MS)のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済