ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

後悔しない新車購入研究会コミュの[ご意見お聞かせ下さい]店長が新人営業マンを殴打

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

副管理人のヤッシーです。

残念な事件が起きてしまいました。

新人にパワハラ、骨折 自動車販売33歳店長[中日新聞]
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2008090502000057.html

当トピックは新車購入のお手伝いを目的として設置してはおりますが、なにげに売り手の方の従業員満足もお手伝いできればなぁ。とも個人的には思ったりしています。(やってねぇ!って怒られますよね。すいません。)
きっと売り手が豊かな人でないと、買い手も幸せな購入はできないのではないか?と思います。

そんな中、こんな事件です。
報道だけしか情報がありませんので、詳細は全くわかりません。
しかし、当コミュニティ管理人のHoriがWebページでも意見して「×ではないか?」と見解している、「飛び込み営業」を「100件やってこい」という、まぁそれはそれは肉体的な営業活動をされています。
それに何か熱い目標や店長自身の厳しい自戒があれば別ですが、殴打が日常的であったとすればそれはどうでしょうか?


こんな店、こんな販売会社をみなさんはどう思いますか?
お客様視点、従業員視点、どんな意見でも構いません。議論をしていただいてももちろんOKです。
みなさんの声をお聞かせ下さい。

コメント(16)

〉ヤッシーさん

本当に痛ましい事件ですね!
昨日の一報を読んだ時に思ったのは
『店長若いなぁ!』
でした。
ネッツ店は若者向けのイメージだから
店長も若いんだろうと・・・。
飛び込み営業100件と聞いて自分が配属された時を思い出しました。
店長を助手席に載せて適当にぐるぐる回って古そうな車見つけてナンバーを控えてその家に名刺とチラシをポストに入れてくる。
エリアスケッチと呼ばれてました。
もう13年も前の話のどかな時期でも有りました。
それで売れた事は有りませんでしたけどね。
もう既に店頭販売中心に営業の流れはシフトし始めてました。
まだやっているのかと思いましたね。
(^。^;)
店長さん若く才能があって会社に認められてなったんだろうけど
力で部下がついていくだろうかなぁ?
自分が出来るから
部下も出来るはずだと思ったのかな?
まぁ、新人君に教育をどのようにしていたか判らないから何とも言えない。
誰だって新人の頃は何も判らなくて当たり前、出来なくて当たり前だろうにねぇ。
自分も
第1号車のお客様が『買います』と言った時に
車の説明と売ることばかりに一生懸命になっていて
それからどうするのか判らなくて
先輩に
『あのぉ、お客様が買いますと言ってますけどどうしたらいいですか?』
と聞いたら
『バカッ!』と一言言われて
それでも、お客様と自分の間に入って
契約を進めてくれました。
あの頃の先輩のおかげで今の自分が居て自分が後輩に教えています。
正直辞めたいと思った事は何度も有ります。
店長からのプレッシャーやお客様とのトラブルに押し殺されそうになって
でも、思いとどまったのは馴染みのお客様の笑顔と励ましのお言葉でした。
正直、しんどいですねぇ。
今日も夜訪から
夜9時半に帰ってきて
それから報告とミーティングで
退社が10時過ぎました。
残業問題も言われてますが
報告書類の多さに閉口しています。
1+1=2とは
限らない営業の世界を
メーカーや経営者が数値的に分析し始めてからおかしくなりはじめています。
結局は人の心で
1+1=3にもなり
10にもなるのに
接客数や電話数が訪問数が多いから車が売れるんだと判断されてます。
要は内容によるのになぁ。
うちの店長は報告で今夜も退社は午前様になるのかな?
長々愚痴めいてスミマセン。
最後までお付き合いありがとうございました。
ヤッシーさん。
有意義な問題提起をありがとうございます。(礼)

山芋洗坂主任改め係長さん。
教示に富むご意見をありがとうございます。(礼)

不肖私、自分なりの所感をまとめ、メールマガジンとブログに綴りました。

★メールマガジン
http://archive.mag2.com/0000217480/20080917080000000.html
★ブログ
http://www.dekirueigyoman.com/archives/51035147.html

お時間のある時に、ご一読いただけると共に、コメントをお寄せいただけると嬉しいです。(礼)

堀 公夫
メルマガ読みました!
確かに上の人達は
自分の現役時代の事をもとに判断する傾向ですね!
来訪者に対して警戒心の無い時代
夜の遅い仕事が無い時代
携帯が無い時代
確かに物は無いけど人の心は豊かな時代の頃の話を
今に当て嵌めて話されても若い人は付いていけません。
何故なら、時代錯誤だからです。
誰しも一番売れた時代を懐かしむようにあの時はみたいな話をします。

また、売る営業マンが良い営業マンという図式が消えない限りこの手の事件は消えないでしょうね。
映画『クライマーズ・ハイ』を見たことある人なら判ると思います。

骨折だけでなく、
精神的に病んでしまう人もあるでしょうね。
売り手の都合で売る場合は手っ取り早い話、値引きで釣ります。
買い手も値引きが多い方が良いと思い更に要求します。
利益は少なくなり埋める為に台数を売らざるえません。
売るためには・・・。
その繰り返しです。
売り手も買い手もそろそろ見直す時期に来ている筈だと思いますね。
山芋洗坂主任改め係長さん>
今日もお疲れ様です!また、ご意見いただきまして本当にありがとうございます!

現場を経験しているだけ合って、その言葉に重みがあるなぁ。と感じました。
話を伺って、結局営業マンの良心でというか、お客様の笑顔というかけがいのないものが営業という職業を続けられているのでは?(つまり、鎹(かすがい)ですよね。)と思いました。
私の周りにも、意外と営業マンやセールスレディーを経験した。というものが多いです。しかしみんな1年で辞めてしまった。という者がいます。
彼らの話を聞くと、持っている気持ちはすごくお客様本意で熱い気持ちなんですよね。
でも、店舗で働いて”この”組織に大きな疑問を持って辞めてしまった。というものばかりです。
きっと山芋洗坂主任改め係長さんのように早いうちにお客様の笑顔が見られて、そしていい先輩に出会えたからこそ、それにもめげずにお客様の笑顔を信じて仕事ができているのかなぁ。。。。。
などと、青二才ながらも読んでいて思った次第です。

今回暴行を受けてしまった営業マンもきっと何かを思って販社に入ったはずです。その心をこのような形で握りつぶしてしまったことは本当に悲しいことだと思います。

私自身、友人の新車購入に何度も付き合い素晴らしい営業マンに出会えたときはすごくハッピーな気分になります。ただ、素晴らしいな!と思う営業マンはみんなまだ30歳前半までの方ばかりです。
それ以上の方でいいな!と思う営業マンは一人だけです。
若い営業マンが末永くハッピーな気持ちで働ける業界になって欲しい。そして自動車というものが生活はもちろん。乗っている人間すらも幸せにしてくれる。車というものがそういうものであるという事を伝えられるすばらしい伝道者になって欲しいなぁ。と思います。(まぁ、その前にメーカーはもっと熱い気持ちで車を作れ!といいたいですが。)
不真面目な発言ですが、そういうふうになっていければこのコミュニティーも無くてすみます。
健全な業界になって欲しいなぁ。と、切に思う今日この頃です。


堀さん

メルマガ拝見させていただきました。またご意見いただきありがとうございます。
「個人商店」「強者偏重」という言葉は、まさにぴったりな言葉ですね。
あぁ、うちの会社もそういうところあるよなぁ・・・・。なんて思ったりもしました。
前々職の、TEAMという社内フレーズが実はとても恋しく思ったりします。笑
メンバーの皆様。

どんな意見でも結構です。
どんどん書き込んでください!
山芋洗坂主任改め係長さん

こんにちは、堀です。
メールマガジンをお読みいただいた上、コメントまでしていただき、感謝、感激です。

「売る営業マンが良い営業マンという図式が消えない限りこの手の事件は消えない」とのご指摘、胸に残りました。
「良い営業マン」とはどんな営業マンか。
自動車メーカー国内営業部門&販社経営者、私たちユーザー(お客さま)、そして、本人(営業スタッフさん)で再考、再定義する時期に来ているのかもしれませんね。

山芋洗坂主任改め係長さんのコメントの一部を次回(9月24日発行予定)のメールマガジンへ転載させていただきたく思っています。
ご許可いただきますようお願い申し上げます。(礼)
(※NGの折はお手数ですが、その旨お知らせ願います。)

堀 公夫


-----------------------

ヤッシーさん

こんにちは、堀です。
ヤッシーさんもメールマガジンをお読みいただいた上、コメントまでしていただき、感謝、感謝です!

前の前のお仕事の場で連呼されていた「team」のフレーズが今となっては恋しい件、共感いたします。
優秀社員の宝庫と言われる当時のお仕事の場でも「team」の概念が求められているのであれば、世の中の全ての場で求められてもよさそうなものですね。(笑)

ヤッシーさんが投稿なさったコメント4の一部も次回(9月24日発行予定)のメールマガジンへ転載させていただきたく思っています。
ご許可いただきますようお願い申し上げます。(礼)
(※NGの折はお手数ですが、その旨お知らせ願います。)

堀 公夫



ど素人の浅はかな意見を失礼。

優秀な店長さんの筈ですが、嫌な店だなぁ。
もしもお世話になっていたら、店換えを考えるかも知れません。

「成績が上げられない」「命令に従わない」で職員に暴力を振るうなら、
普段はよいですが、「成績に繋がらない」「意に沿わない」場合、お客に誠実な対応を果たしてできるのか、不安なことです。

『死んだインディアンが良いインディアンだ』
かの言葉の如く
お客様にとって
『辞めた営業マンが良い営業マンだ』
がならないようにしなければいけませんね!
(>_<)
ただ問題解決に辿るまで数多くの改善をしなければなりません。
売り手側としては
1・値引き販売システムの是正
2・慢性的な人材不足の改善並びに育成
3・値引きしなくなることで収益の改善によって魅力ある車両の開発
4・買い手に満足していただく為の販売方法の開発
5・買い手に値引きでなく車両を所有する喜びを与える価値観の構築
6・売り手の販売優先より顧客の為に何をするかという価値観の構築
等々パッと思い付くだけでキリがない位出てきます。
そうですね!
確かに自分の会社の今年の新人達を見て
『大丈夫かな?』と思う風体の輩も居ますが
他店舗なんでどう教育して行くのかわかりません。
不味ければ指摘するでしょうし、
お客様から言われて気付く事もあると思います。
自分達があれこれ言うより
お客様から言われた方が見に染みますからねぇ!
ただ、何もわからない新人に査定させるものかなぁ?
普通、自分の時はまず中古車で練習を重ねて
商談は先輩にやってもらいましたし
新人君
査定士の資格持って無いはずだろうしね。
ひょっとしたら、
新人君は
店長のみならず
店舗全体で
ストレス発散用の
サンドバッグになっていたのかも?
と思います。
配属1ヶ月目に課す仕事量では無いし
普通先輩営業マンが教育係として一年はサポートする筈だし
営業所全体の士気を維持する為の生け贄にされた?ような気がする。
成果至上主義の尊い犠牲者となってしまったのかな?
出来ない奴はこうなるぞ!みたいな、
恐怖心で人心を掌握する方法の為の生け贄に・・・。
(-_-#)
Qooさん

こんにちは、管理人の堀です。
コメントをありがとうございます。(礼)

> 配属されて僅か1ヶ月くらいなのに、店長や同僚からこんなにもイジメ?を受けてるなんておかしくないですか?

話は脱線してしまいますが、Qooさん、いやいや相変わらず鋭い視点ですね。
久しぶりに大感心です!

現時点において真実は闇の中です。
が、今回のような一見「はぁ」的な視点に基づく仮説立案は、問題の再発防止にとても効きます。
今後も鋭い視点を持ち続けてくださいね!

堀 公夫


またまた、こんにちは!
管理人の堀です。

みなさんに以下の二つをお知らせします!
議論の参考になれば幸いです。


【1】読者さんから頂戴した所見をメールマガジンとブログにアップした件

★メールマガジン
http://archive.mag2.com/0000217480/20080924080000002.html
★ブログ
http://www.dekirueigyoman.com/archives/51040300.html


【2】本事件に関する新たな報道記事がアップされた件

-----
三重県の自動車販売会社「ネッツトヨタノヴェル三重」の店長(33)が新入社員(23)に繰り返し暴力を振るっていた問題で、新入社員に骨を折るけがを負わせた日に、店長ら2人が携帯電話から12分間に210回のメールを新入社員の携帯電話に送っていたことが分かった。受信メールが残っており、津地裁で16日に開かれた労働審判で、店長は「悪ふざけで送った」と事実を認めた。

 関係者によると、メールが送られたのは、店側から新入社員が「民家を100軒訪問してくるように」と言われた6月20日。新入社員が戸別訪問している最中の午後1時25分から同37分までに、店長から「助かったわ。」のメールが102回、同僚から「ありがとう!」のメールが108回送られた。

 さらに、新入社員の歓迎会が開かれて未明になった同23日には午前零時50分から同2時8分までに店長と部下ら4人が計104回のメールを新入社員に送信していた。何も書いていないか、意味のない写真が添付されていた。店長は「彼が寝てしまったので、起こすためだった」と話しているという。
-----
※2008年9月18日付中日新聞より引用
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2008091802000060.html
みなさん

こんにちは、管理人の堀です。

みなさんが寄せてくださったコメントをメールマガジンとブログへ転載させていただきました!
取り急ぎご報告いたします!

★メールマガジン版
http://archive.mag2.com/0000217480/20081001080000000.html
★web版
http://www.dekirueigyoman.com/archives/51043825.html

みなさんが寄せてくださったコメントは、必ずや、同様事件の再発防止の参考情報になると思います。
有意義なコメントをありがとうございました。(礼)

とはいえ、まだこの事件は解決しておりません。(涙)
引き続きコメントをご投稿いただけると幸いです!

堀 公夫
みなさん

こんにちは、管理人の堀です。

本件の調停が成立した旨の報道がありましたので、お知らせいたします。

-----------------------------

パワハラ暴行認め調停成立 トヨタ系の車販売会社で
2008年10月21日 19時55分

 トヨタ自動車系列の販売会社「ネッツトヨタノヴェル三重」(三重県四日市市)の同県の店舗で、男性店長(33)から繰り返し暴行を受けたとして、男性新入社員(23)が同社に対し、500万円の損害賠償を求めた労働審判の審理が21日、津地裁であり、同社が賠償金を支払うことで、調停が成立した。賠償額は非公表。

 男性社員側の弁護士と同社によると、同社は「業務に関連して多数回にわたり暴行、傷害があった」と認め、書面で謝罪したという。

 社員は4月に入社、5月に同店に配属になった。社員側は8月に労働審判を申し立て、店長の暴行は仕事ぶりへの不満などを理由に始まり、5月中旬から6月中旬まで計10日、100回以上殴られ、約2週間のけがを負ったと主張。

 同社側は、暴行の回数は社員の主張より少なく「店長の育てようとする意欲や努力を無視する発言が社員の側にあったことが暴行のきっかけだった」と主張していた。

※2008年10月21日付中日新聞より引用
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2008102101000763.html

-----------------------------

堀 公夫
はじめまして。32歳介護職員男性です。
労働トラブル 暴力で検索していたら、「ネッツトヨタノヴェル三重」の事件にたどり着き、このコミュを見つけました。分別のある大人が無抵抗の人間を殴打し、怪我をさせるという状態なのに刑事告発されなかったことは正直信じられません。報復の可能性がありますし、被害者を守ろうという考え方はないんでしょうね。
「仕事を教える」という名目であればいかなる暴力も許されてしまうのでしょうか?私自身仕事を教えたこともありますし、半年前、介護職に転職して仕事を習っている最中でもあります。そういう中で耐えられない暴力があったら、さっさと辞めていたことでしょう。暴力を振るったってろくに効果はありません。



ログインすると、残り2件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

後悔しない新車購入研究会 更新情報

後悔しない新車購入研究会のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。