ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 言語学 > トピック一覧 > 「は」と「が」:措定と指定の原...

言語学コミュの「は」と「が」:措定と指定の原理批判

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

これは、次のような内容です。

 5)措定と指定の原理―措定には「ハ」、指定には「ガ」
  「措定と指定の原理」と呼ぶのは主格名詞と述語の意味的な関係によって「ハ」と「ガ」の使い分けを説明するものである。つまり、述語が主格名詞の性質を表す「措定」のときには「ハ」だけが使われ、主格名詞と述語名詞が同じものであることを表す「指定」のときは「ハ」か「ガ」が使われるという原理である。

  (18) いなごは害虫です。
  (19) 君の帽子はどれです?

  前の(18)のような文は、「いなご」について「害虫だ」と解説する措定の文なので、次の(20)のような「ガ」の文に変えることはできない。それに対して、前の(19)のような文「君の帽子」と「どれ」の一致を認定する指定の文なので、その次の(21)のような「ガ」の文に変えることができるというのである。

  (20) *害虫がいなごです。
  (21) どれが君の帽子です?/

 (20)の文は、「ミツバチといなごのどちらが害虫ですか?」という問いに対する正しい回答です。また、「害虫はいなごです。」と答えることもできます。

  (18) いなごは害虫です。

の「は」は普遍性の認識を表わすもので、その普遍性の持つ特殊性が害虫という述語になっています。従って、イナゴの持つある側面の性質を指定するもので、指定文ともいえます。

 この、措定文、指定文の区分は三上章『現代語法序説』(1953)で提起されたもので、もう一つ「端折リ文」があります。この「端折リ文」には、いわゆる「僕はうなぎだ!」の「ウナギ」文も含まれ、さらに「指定は措定と違って、語順を変えて指定以前のセンテンスに戻すことができる。」などと、話者の認識を無視し、文の意味と対象のあり方を直結して、文を書き替える形式的、機能的な発想で、変形文法が提起した非文と同じ感覚的な区分でしかありません。

 結局「は」と「が」に合わせた解釈でしかなく、とても「は」と「が」の相違、使用原理を明らかにするようなものではありません。三上自身、『文法小論集』(1970)で、「は」と「が」「を」などとの違いを係り方に求めて、「いいくふはないものだろうか」と匙を投げています。

 このように、主体的表現である助詞の意義の相違を話者による判断の相違として正しく捉えることなく、表現結果としての文の形式や機能により分類しようとしても混乱する他ありません。

 特に助詞「は」には、最初に明らかにしたように普遍性の認識を表わす「は」と特殊性の認識を表わす「は」の二種類があり、多義のため、尾上圭介のように<「は」の文法的機能は「二分結合」である>などと機能を言ってみても「は」の全体を明らかにすることは出来ないことになります。

 最後に、先に引用した三浦つとむ『「が」と「は」の使い分け』の纏めの部分を引用しておきます。

 国語学者が「が」と「は」の意義をそれなりにとらえながら、両者の使いわけについて論じることが出来なかった理由は、これまでの叙述から大体想像できよう。対象の立体的な構造に対応して認識もまた立体的な構造を取ること、個別的判断・特殊的判断・普遍的判断がそれぞれ<助詞>にむすびついて、認識の立体的な構造に対応した表現の構造が成立すること、このような過程的構造の把握が十分なされなかったからである。チェイフがそれを把握できなかったことはいうまでもない。彼にしても、日本の新聞の記事が、彼のいう「新しい情報」に「は」を使ったり「古い情報」に「が」を使ったりしていると知ったら、あんなことを書きはしなかったであろう。しかし彼よりも、その叙述を信用した日本人のほうがヨリ以上にオッチョコチョイだったことはたしかである。橋本進吉はその形式主義で山田文法を改悪し、国語学の歴史を後退させたが、橋本文法を信用するだけでなく欧米の言語学の形式主義的発想をも日本語に持ちこむようでは、後退に輪をかけることになりかねない。大野は意識すると否とに関係なく、この道を辿っている。正しい方法を持たないのに、「事実を山ほど集めて、そこから素晴らしい結論が出るだろうなんて期待するのは、学問の邪道」(時枝誠記『国語学への道』)だという警告も、この際思いだしてもらいたいものである。■

コメント(2)

単に「係助詞と格助詞の違い」なのでは?
「は」は係助詞jと副助詞で、「が」が格助詞になります。

三浦は、先の『「が」と「は」の使い分け』で、次に様に記しています。

 形式主義的に二種類の「は」をいっしょくたにすると、特殊性を扱う「は」は主格を表わすため以外にも使われるから<格助詞>とはいえなくなるが、普遍性を扱う「は」を分離してとりあげると主格を表わすことは明らかであるから、時枝がこれを<格助詞>に入れたのもそれなりに理由があった。けれどもこの「は」は山田(孝雄)のいうように、述素すなわち判断の特定の形態にむすびついているから、<係助詞>と受けとるのが妥当である。/

普遍性の「は」、つまり係助詞は、

月【は】地球の衛星である。
水【は】水素と酸素の化合物である。
物体【は】力によって状態を変えられない限り静止または直線上の等速運動を続ける。
我【は】海の子。
吾輩【は】猫である。
箱根の山【は】天下の嶮。
アメリカ【は】ニューヨークのマンハッタンに来ております。

のように使用され、特殊性を表わす、副助詞の「は」、

君がいくら探してもそこに【は】ない。
あの男だけ【は】信用できる。
博多まで【は】新幹線で行くことにする。

のように使用されます。また、

日本舞踊 長唄【京鹿子娘道成寺】の歌詞に次のような文があります。

鐘に恨み【は】数々ござる、初夜の鐘を撞く時【は】諸行無常と響くなり、後夜の鐘を撞く時【は】是生滅法と響くなり、晨朝の響き【は】生滅滅巳、入相【は】寂滅為楽と響くなり聞て驚く人もなし………

この、最初の「は」は普遍性の判断におけるものであり、つぎの四つの「は」はそれぞれの鐘の響きの特殊性を意識したもので、この区別を明確に理解しないと内容に即した理解はできません。

最初の普遍性の認識があとの文の特殊性の把握をつらぬくような認識構造の文章なら、次の次の次の文にも関係付けられて立体的な認識の構造を表現します。■ 

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

言語学 更新情報

言語学のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。