ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > ロードバイク > トピック一覧 > ロードバイク乗りの「基本」を学...

ロードバイクコミュのロードバイク乗りの「基本」を学べる書籍を探してます。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

ロードバイク乗りの「基本」を学べる書籍を探しています。
自分で学べる良い書籍があれば教えていただけると幸いです。
目的は土曜日曜のサイクリングです。

基礎は学びました。
(骨盤を立てる、へそから上を曲げる、ケイデンスのRPM90、カロリーメート食べてればハンガーノックは防げる、片足ペダリング、両手離しダッシュ等等)

2007年度版スコットのスピードスター20
(アルミカーボンバック+シマノのフル105+サイクルウェア+ロード専用ビンディング)のロードバイクを買って早2年
恥ずかしながら1日80kmを5,6時間かけて快適に走る程度の技術です。
すれ違うロードの方々はすごい速さで走っています。
200kmのロングライドをこなしてる方もおられるようです。
(恐らく自分のシマノR550ホイールと、マビック等の良いホイールの違いなどもあるでしょうが)

これまでに読んだ書籍は
エンゾ早川氏のロードバイクバイブル   ←ロード購入前に非常に役に立ちました
同じく ロードバイクセッティングバイブル  
今中大介のロードバイクテクニック
ロードバイクの科学です。

ロードバイクの走り方の基本が学べるよい書籍があったら教えていただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

コメント(17)

それだけわかってれば知識としては十分ではないでしょうか?

知識より体動かしましょ。一番大切なのはエンジンである自分の気力・体力ですよ

それから一緒に走る仲間を見つけましょう。 
公道の走り方や山道の走り方も速く身につくと思います。 

それから最低限のメンテができることかな。
知識を求めるよりは実践的な経験を積み重ねる方がいいと思いますョ

>恥ずかしながら1日80kmを5,6時間かけて快適に走る程度の技術です。
すれ違うロードの方々はすごい速さで走っています。

スキルアップを狙っているのなら仲間を見つける事をお勧めします
仲間を増やせば新たな楽しみが広がっていきますよ
同じように走っているサイクリストから声を掛けられて気を悪くする
人は2割も居ないと思いますけど・・・


『ロードバイクの科学』は最高です。
技術習得の遠回りをせずに済みます。

基本という点に関しては、すでに私より上を行かれているのではないかと思うほど、大変良く学ばれていていると感じます。ロードバイクの科学などは専門書に近いです。

周囲の「速い」と思われるライダーが、もれなく東郷さんより知識で優れていると言う事はまずありません。単純に運動力や実践の差ではないでしょうか。

なので、「知識を得る」事から、その知識を元に、「実践する」ことに、より重点を置かれてはいかがでしょうか。

例えば、80kmを快適に走られるのであれば、2週間ごとに5km増やして、2ヶ月で100km、8ヶ月で160km(センチュリー)、12ヶ月で200km(ブルベ)を目指されてはいかがでしょうか。
(本当は距離でなく時間、2週間ごとに15分追加の方が有効ですが)。

場所が近かったら一緒に走っても全然構わないんですが、どなたかと一緒に走られるのもとても良いと思いますよ^^

言わんとしていることは分かりますが『ロードバイクの科学』は読みやすいです。

これこそビギナーの頃に読むべきだと思います。

どうしてみんな列車をつくるのか…どうしてあの服装なのか…。

終わりのほうにある『交通戦争に生き残れ』なんかは目を通して欲しいです。

他の方々もおっしゃってますが、理屈では走れませんよ。
理論は最低限の基礎があれば十分ですので、とりあえず80キロ走れるなら、自宅から50〜80キロ離れた所に目標を置いて走ってみて下さい。
これで100〜160キロ走れるようになります。
これが走れたら、次は100〜160キロの所に目標を置いて走ります。

コツは、最初はゆっくりめで走る事かな。
>7 しもぴーさん
念のためですが、しもぴーさん(たまたま私の一つ上の書き込み)の当てつけではなく、東郷さんが読まれた本に対しての感想ですので、気を悪くされたら申し訳ありません。^-^

ロードバイクの科学は、野球でいうところの、ホームランを打つのに有効な打球の回転数(推進力)、フォークボールに必要な球速と回転数の理屈、みたいな、知っていると便利な高度な知識を分かりやすく解説した本であり、それを読んでいるのに基本が欠落している、というような事はないのではないでしょうか、という推察で表現したものです。ご理解を賜れば幸いです。
うっかり本の紹介を忘れていました。

基本的な本ではなく、完全に専門分野になってしまいますが、自分の能力を伸ばす「基本も出ている」本という解釈で、ランス・アームストロングの「ミラクルトレーニング―七週間完璧プログラム」をご紹介します。大変読みやすく構成されています。

元陸上の私から見ても、大変利に叶っている、かつ陸上の世界でも先進的であった、心拍を使ったトレーニングの自転車版が幅広く紹介されており、非常に優れています。

唯一欠点は、例として紹介されているメニューが、毎日自転車だけに打ち込む事が可能な人を想定している為、自分に合わせてプログラムを組みなおす必要がありますが、それには一定のコンディショニングの知識があると有効ですが、紹介した手前、もし力が必要でしたら連絡頂ければお手伝いします。
ロードバイクではなく、トレーニング全般ですが、八田秀雄さんの本なんてどうでしょう。

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%94%AA%93c+%8FG%97Y&x=18&y=16
座学された事と自分の走りを結び付けている人ってどのぐらいいるんでしょうね

例えば、ロードバイクの科学とか非常に興味深い本なんだが、
実際の自分の走りに『使える知識』にしてる人はいるんでしょうか?
例えば、
よく走るコースを環境別に幾つかのセクターに区切って、
それぞれのセクターで自分がどの程度の出力で走ってるか?
何を変えればどのぐらいの速度で走れるようになるか?
ホイールの違いに触れていたけど、それがどの程度の差を生むかまで計算した?
わたしはやったよ

しかし、どういうコースが自分の苦手か?なんてことは座学では決してわからない。
余程データを集めれば比較も出来るかも知れないけど実際的じゃ無い。
何等かのチームに入るとか、レースに参加するとか、
いろいろ実際にやってみないとわからないのがロードだと思う

そうして初めて座学の知識と体感してきたことが結び付く

あと、目的が休日のサイクリングとありますが、そこにロードバイクを使う動機まで記されていないと
知識やキャリアのある人にしても何を薦めていいかわからないんじゃないかな?
オススメ『ロードバイクの科学』

空気抵抗の項は「へぇ〜」って感じ。
コーナリングの項は読んですぐにでも実践してみる価値あり。
ペダリングなどは読むだけでは習得できないので練習あるのみですね。

科学的なことが苦手でも楽しく読めます。
ちょっと文章量が多いので買って読みましょう。
初心者です、教えて下さい。
ビンディングって、下死点で外しますか、上死点で外しますか?
お店では下死点でと教えてもらいましが、雑誌では上死点でと書いてありました。
上死点の方が、降車の際、一行程減るので安全かなと思っていますが、外すのが難しそうなので試していません。
皆さんはどちらで外してますか?
下死点かどうかはわかんないけど、単純に足を伸ばぎみな状態の方がひねって外しやすいから下ではずしてますねー。危険を感じたことはないです。

なんでも試してみたらいいんじゃないですか?
>14 2010年07月16日 05:45 ♂トリトンさん、

長い間、下死点で外にひねって外してましたが、その話題を振ったら、私の周囲に上死点で内側にひねる人がいました。上で内側は、やってやれないことはありませんでしたが、上死点ではなくもっと後ろでやって下手をするとカカトが後輪スポークに当たり兼ねないし、ボトルやシートパイプに当たることも多々ありますので、たまにローラーから降りるとき以外はやってませんがw
その昔、ビンディングではなく、シュープレートつきレーサーシューズでトークリップストラップだった時代は、上死点でなければ抜けなかったので、私個人はどちらも違和感はありません。
クリップレスペダルは「上死点でかかとを外側に捻って」外してます。

こんなもんは「〜が正しい」じゃなくてその人がやりやすい外し方でやればいいんじゃないでしょうか。
使っているペダルシステムによる向き不向きもあるでしょうし。

ログインすると、残り1件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ロードバイク 更新情報

ロードバイクのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。