ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 馬<鹿寝『Kabane』 > トピック一覧 > 焼肉・海鮮バイキング グレート...

馬<鹿寝『Kabane』コミュの焼肉・海鮮バイキング グレートさがみ野店と隣接する軍施設及び自衛隊駐屯地

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

焼肉・海鮮バイキング グレートさがみ野店
greatviking.com/
【焼肉・海鮮バイキング グレートさがみ野店】焼肉・海鮮バイキング グレートさがみ野店は、焼肉・ホルモン・海鮮・寿司の食べ放題, 飲み放題のお店です.

キャンプ座間
キャンプ座間(キャンプざま、Camp Zama)は、神奈川県座間市と相模原市南区にまたがるアメリカ陸軍の基地。通称、座間キャンプとも呼ばれる。在日アメリカ陸軍司令部(米軍外部での通称「リトルペンタゴン」、内部では建物番号から取った通称「101(ワン・オー・ワン)」が置かれている。管理部隊は在日米陸軍基地管理本部(旧第17地域支援群)である。司令部など主要施設は座間市側にあるが、ゴルフ場等を含め基地面積の約7割は相模原市側に位置している。陸上自衛隊も、敷地内の一部に駐屯している(座間駐屯地)。

基地概要
現時点では陸軍の実力部隊は駐屯しておらず、司令部のみの兵站基地であるが、極東有事の際に、アメリカ本土の部隊を受け入れるための施設が整備されている。キャンプ内に、580mの滑走路(通称・キャスナー飛行場)を有し、UH-60Aを運用している。
もともとこの地には、1937年に東京から移転してきた旧帝国陸軍の士官学校が存在し、敷地の名称も「相武台」と呼ばれていた(「相武台」の命名は昭和天皇による)。第二次世界大戦における日本の敗戦により、相武台は日本を占領する連合国の1国であるアメリカ軍に接収されたが、当初は兵舎と倉庫施設程度のものであった。しかし、横浜市中心部の米軍施設を郊外に集約する事によって横浜の港湾機能を米軍から取り戻すために、1950年代前半に日本政府が思いやり予算でキャンプ座間の整備を進め、次第に今日のようなアメリカ陸軍の中枢拠点となっていった。
2005年の在日米軍再編合意は、「在日米陸軍司令部の能力は、展開可能で統合任務が可能な作戦司令部組織に近代化される」、と明記した。具体的には米ワシントン州フォートルイス (Fort Lewis) の米陸軍第1軍団司令部 (I Corps) を移転するとされた。その後、2007年12月19日に後方支援を担当して来た第9戦域支援コマンドを再編のうえ第1軍団前方司令部が設置された。前方司令部の長は在日米陸軍司令官であり、第1軍団副司令官を兼務している。なお第1軍団は、アメリカ西海岸からアジア太平洋地域を担当、予備役を合わせて40,000人規模の軍団であり、アメリカ太平洋軍(ハワイ州)の指揮下に入る。司令官は中将クラスで、将来的に在韓米軍の陸軍を陣容縮小の上、傘下に組み入れられる予定。
また同合意には、陸上自衛隊の専門部隊を一元的に運用し緊急即応部隊の指揮をとる中央即応集団司令部を移設し、これによって日米司令部間の連携を強化すると明記されており、2013年3月26日に実施された。

国連軍後方司令部
キャンプ座間には、1954年から横田飛行場に移転する2007年11月2日まで国連軍後方司令部が存在した。
詳細は「横田飛行場#国連軍後方司令部」を参照

部隊と内部施設
在日米陸軍司令部
陸軍第1軍団前方司令部
基地管理本部(USAG-J)
第78航空大隊
第78通信大隊
第296陸軍音楽隊
第441軍事情報大隊※第500軍事情報旅団所属(同旅団司令部は2004年にキャンプ座間からハワイ州へ移転した)
憲兵大隊
教会
消防署
託児所
病院(アメリカ人向け)
診療所(日本人従業員用)
図書館
PX(w:en:AAFES)
ゴルフ場
フードコート
(アンソニーピザ、バーガーキング、サブウェイ、ポパイ)※これらの店舗はPXと棟続きの建物に併設されている。
カフェテリア
理容室
美容室
日本食堂
スポーツジム
アメリカ陸軍軍人ロドニー・ヤノにちなみ「ヤノ・フィットネスセンター」と命名され、プロボクシングや新日本プロレスの興行に使われることもある。
ボウリング場
キャスナーNDB ※座間NDBは、相模原市の相模総合補給廠内に在る。

近隣関連施設
相模総合補給廠(相模DEPOT)
相模原住宅地区(SHA相模ハウジングエリア)

尚、近郊地域に厚木海軍飛行場(自衛隊共有)もあります。

厚木海軍飛行場
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9A%E6%9C%A8%E6%B5%B7%E8%BB%8D%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E5%A0%B4

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E5%BA%A7%E9%96%93

座間駐屯地
座間駐屯地(ざまちゅうとんち、JGSDF Camp Zama)は、神奈川県相模原市に所在する陸上自衛隊駐屯地。

概要
神奈川県座間市および相模原市に所在するキャンプ座間(在日アメリカ陸軍基地)に同居する形で所在している。これまでは神奈川県座間市に所在する朝霞駐屯地の分屯地として運用されており、当時の正式名称は「朝霞駐屯地座間分屯地」であった。2013年3月末の中央即応集団司令部移駐に伴い、所在地をアメリカ陸軍第一軍団前方司令部のある座間市から相模原市へと変更し、駐屯地に昇格した[1]。
駐屯地司令は、中央即応集団司令部幕僚長が兼務(2013年3月25日までは第4施設群長)[2]。

沿革
(前身の座間分屯地史を含む)
1937年(昭和12年):日本陸軍士官学校として開設。
1945年(昭和20年):米軍に接収され、事実上米軍が使用。
1950年(昭和25年):米陸軍第8軍司令部が設置される。
2001年(平成13年):第3施設群が廃止され、第4施設群本部が宇都宮駐屯地から移駐
2013年(平成25年)3月26日:駐屯地に昇格
駐屯地司令職務担任部隊を第4施設群から中央即応集団司令部に変更。
朝霞駐屯地業務隊座間派遣隊を廃止し、座間駐屯地業務隊を新編。
東部方面会計隊本部座間派遣隊を廃止し、第441会計隊を新編。

駐屯部隊
中央即応集団司令部及び司令部付隊
第4施設群本部及び本部管理中隊
第388施設中隊、第390施設中隊
(東部方面後方支援隊第102施設直接支援大隊)
第1直接支援中隊
座間駐屯地業務隊
(東部方面会計隊)第441会計隊
第305基地システム通信中隊座間派遣隊
第129地区警務隊座間連絡班

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%A7%E9%96%93%E9%A7%90%E5%B1%AF%E5%9C%B0

関連項目
相模総合補給廠
相模総合補給廠(さがみそうごうほきゅうしょう)とは、神奈川県相模原市中央区に所在する在日アメリカ陸軍の補給施設である。米側名称は U.S. Army Sagami General Depot(通称:相模デポ)、旧名称は横浜技術廠(YED: Yokohama Engineering Depot)相模工廠。敗戦前の相模陸軍造兵廠の敷地及び施設を接収して設置された。

概要
所在地:神奈川県相模原市中央区矢部新田、上矢部、小山
面積:2,143,508m²
管理部隊:在日アメリカ陸軍基地管理本部(旧第17地域支援群(17th Area Support Group))
所属部隊
第35補給・業務大隊司令部・・・全世界に4つある陸軍事前集積貯蔵 (APS) のうち「APS−太平洋」を運用する部隊
国防再利用販売事務所 (DRMO)
米軍極東科学センター
国防物品販売局配送センター (DECA)
用途:工場用地
座間NDB(2008年9月25日いっぱいで廃局)
羽田を離陸し、北陸・中国・北九州方面へ向かう便が用いる航空機のルートのひとつ、ザマ6ディパーチャーなどで利用されていた航空保安無線施設(無線標識)。
本基地は座間市ではなく、相模原市に所在するが、座間NDBと命名されていた。なお、相模原市と座間市にまたがって所在する、キャンプ座間基地内にはキャスナーNDBが存在する。
アメリカ軍人・軍属:約150名(訓練センター完成後は約300名)
従業員数:約600名
かつては、全世界に展開するアメリカ陸軍が使用した戦車や装甲車などの兵器を補修する整備施設があり、ベトナム戦争ではアメリカ軍にとってなくてはならない重要な施設だった。現在も、アメリカ陸軍の小銃から、糧食、野戦病院セット、各種工作車両に到るまで膨大な物資が常時保管されており、アメリカの世界戦略を支えている施設であることに変わりはない。
また、アメリカ本土の陸軍部隊と陸上自衛隊の共同演習の際に使用する戦車・装甲車などの兵器一式が、以前は「保管」されていた。 アメリカ陸軍のみならず、アメリカ空軍、アメリカ海軍、アメリカ海兵隊の各種物資も常時保管されている。
運用に当たっては、在日アメリカ陸軍司令部があるキャンプ座間、アメリカ陸軍の揚陸施設である横浜ノース・ドック、極東の輸送ハブである横田飛行場と密接に連携している。
一方で、廃棄物の一時保管場所になっているため、しばしば地元との対立が発生している。1992年には、カドミウムを境川に垂れ流していたことが判明、1999年には、有毒物質であるポリ塩化ビフェニル (PCB、米軍基地で使用されていた米国製・日本製等) を保管していたことが明らかになり、大問題となった。PCBは一度横浜ノースドックからアメリカ合衆国に搬出されたが、アメリカの港で受け入れを拒否されて横浜ノースドックに戻され、結局ウェーク島に一時保管されることとなった。
西門が事実上の正門として使用されており、出入りする車両に対しては、日本の警察官による厳重な検問が行われている。日本人への開放は2008年で一旦終了した。4月中旬にマラソン大会が開かれる。鹿島神社が敷地内にある。

歴史
2009年11月末 - 焼夷弾約90発が見つかり、12月4日と7日[1]に爆破処理を行った[2]。4日の爆破処理は周辺住民には事前に伝わっておらず、突然の爆音に驚かされた市民からの苦情が寄せられた。
2010年1月25日 - 焼夷弾約25発が見つかったが[3]、横須賀基地爆破処理班の調査で鉄パイプだったことが判明した[4]。
2010年7月下旬〜8月25日 - 戦闘指揮訓練センターの建設工事の過程において、焼夷弾約100発が見つかった[5]。
2010年8月27日 - 上記の焼夷弾を、午前9時から午後1時半頃にかけ、5回に分けて爆破処理した。
2010年11月20日、11月21日 - 返還予定地で『潤水都市 さがみはらフェスタ』が行われる。[6]。
2013年9月1日 - これまで淵野辺公園隣接地で行われていた、相模原市総合防災訓練が規模拡充に伴い、補給廠内で実施され、米陸軍からも消防隊が参加。[7][8][9]
2013年度末 - 17ヘクタールの土地が返還される予定[10]。
2014年9月1日 - 返還予定地で首都圏防災訓練 中央会場が行われる。[8]

米軍再編における影響について
指揮訓練センターの設置
アメリカ軍再編の一環として、アメリカ陸軍はキャンプ座間に第1軍団の新司令部を設置し、同時にアメリカ4軍の統合的指揮を行う戦闘司令部 (UEX) を設置することとなったが、その指揮訓練を行う、コンピューターシミュレーターを備えた指揮訓練センターが相模総合補給廠に設置される予定である。キャンプ座間には、2012年度末までに陸上自衛隊中央即応集団司令部が朝霞駐屯地から移転する予定になっており、当然、これらの施設も日米一体運用の一環として使用する予定である。

一部用地の返還
2006年2月、日米両政府は相模総合補給廠を一部返還し、補給廠を南北に縦断する道路を整備することで基本的に合意した。相模補給廠は、相模原市街地を遮る構造になっており、市内交通の迂回を余儀なくされ、渋滞が発生するなどして地元から返還要求が出されていた。
計画では、小田急電鉄多摩線を延伸させるとともに、鉄道と平行に道路を建設する予定で、これが開通すると、東京都町田市から国道16号へのアクセスが大幅に改善することが期待される。
また、JR東日本横浜線相模原駅北口前にある住宅用地が、相模原住宅地区に統合され、返還されることになり、相模原駅前の再開発が期待される。
跡地への鉄道誘致
リニア中央新幹線の途中駅誘致に関して、神奈川県知事は橋本駅を候補地として正式表明しているものの、地元の一部にはJR相模原駅に隣接している在日米軍補給廠跡地を挙げる者もいる[11]。その際、前記ルートがリニア駅までのアクセスとなるが、米軍補給廠は全面返還されるわけではないため、リニア中央新幹線を品川駅から相模原駅まで直進ルートで建設するためには、未返還部分の地下を横断せざるを得ないこの案に対しては、非現実的であるという見方もある。なお軍事施設の地下に不特定多数の乗客が利用する交通機関を通すことに、米軍が同意した例は世界的にみても皆無である。
相模原市長は個人的意見としてリニア中央新幹線の途中駅の建設と、小田急多摩線の延伸と合わせて一体として開発を行うことも検討している[12]が、非現実的という見方も強く[13]、結局この構想は断念された。

鉄道の遺構
敷地に沿って走っている横浜線淵野辺駅より矢部駅近くまで横浜線に沿って北上した後、補給廠内へと乗り入れる専用線が敷設されていた。この6.1キロに及ぶ専用線にて、鉄道貨物による軍需物質の輸送が行われていたが1979年(昭和54年)10月1日に廃止。今では、淵野辺駅構内から矢部駅にかけて、住宅の敷地内に草に埋もれるように線路が残存している。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E6%A8%A1%E7%B7%8F%E5%90%88%E8%A3%9C%E7%B5%A6%E5%BB%A0

相模原住宅地区
相模原住宅地区(さがみはらじゅうたくちく、Sagamihara Housing Area)は、神奈川県相模原市南区に所在する在日アメリカ陸軍の住宅施設。小田急相模原駅の北西にある。

概要
所在地:神奈川県相模原市南区上鶴間
接収年月日:1950年5月10日
面積:594,558m²(2007年3月31日現在)
内訳 国有地:507,833m²、市有地:4,929m²、私有地:81,796m²
管理部隊:在日アメリカ陸軍基地管理本部 (United States Army Garrison-Japan)
用途:住宅
従業員数:104人(2007年4月30日現在)

沿革
1939年1月22日 旧日本陸軍電信第1連隊が東京から移転し開設する。
1950年5月10日 第二次世界大戦後に日本を占領する連合国の1国であるアメリカ軍が接収し、住宅専用区域として使用する。
1965年5月5日 アメリカ軍ジェット機が墜落し、アメリカ人3人死亡。他にアメリカ人7人、日本人1人が負傷する。
1973年〜1982年 市道拡幅のため、5回にわたり合計約4,840m²が返還される。
2006年5月1日 日米安全保障協議委員会において、在日アメリカ軍再編の最終報告が合意される。
これに基づき、今後、相模原住宅地区に家族住宅が増設される予定。

役割
キャンプ座間等、近くのアメリカ軍基地に勤務する軍人、軍属及びその家族のための住宅が約520戸あり、約1,400人が居住している。住宅地区内には、食料品等販売店、教会、劇場、消防署、小学校、浄水場等の施設が配置されている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E6%A8%A1%E5%8E%9F%E4%BD%8F%E5%AE%85%E5%9C%B0%E5%8C%BA

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

馬<鹿寝『Kabane』 更新情報

馬<鹿寝『Kabane』のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。