ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

moving (movies and musicals)コミュのふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

映画JEREMIAH TERMINATOR LEROY
いすジャスティン・ケリー

クリステン・スチュワート/サヴァンナ
ローラ・ダーン/ローラ
ケルヴィン・ハリソン・Jr/コートニー・ラヴ
ジェームズ・ジャガー
ジム・スタージェス/ジェフ
ダイアン・クルーガー/エヴァ

メモ1990年代後半に天才美少年作家としてセレブやメディアにもてはやされたJ・T・リロイが、後に無名の女性作家ローラ・アルバートが創り出した虚像だったことが発覚し、一大スキャンダルとなる。本作は、義理の姉ローラに頼まれ、彼女が生み出した架空の作家J・T・リロイを演じることになった女性サヴァンナ・クヌープの回顧録を映画化した実話ドラマ。(by Allcinema)

ペンふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏 
ダイヤ本人出演のドキュメンタリーを鑑賞済なので、内容は想定内だったけれども、
サヴァンナ(クリステン・スチュワート)の自分探しの物語として秀逸。
最初と最後で表情が全然違う。艶やか☆

******************************

ご本人が登場するドキュメンタリーは過去に観ているので、
内容は特に驚くものではなかったです。
でも、キャスティングはご本人のイメージ通りで素晴らしかった。

特に、クリステン・スチュワートをJ・T・リロイに扮するサヴァンナに
キャスティングした方には、感謝したいです。
なんて、イメージ通りなのでしょう!
みんなが夢中になるミステリアスな美青年にぴったり。
元々、中性的な魅力もあるもんね。

そして、事件(嘘)が明るみになってから、
1年後の場面のサヴァンナ(クリステン)の素敵さったら…!

彼女の姿をガラスの瓶に閉じ込め て、
時々、こっそり取り出して眺めたくなるような麗しさ。

J・T・リロイに扮していた頃とは雰囲気が違って、
自分自身を見つけた人って感じの自信で輝いてました。

同じ意味で、ローラ役のローラ・ダーンも、
ラストは、ありのままの自分を受け入れたしなやかさがあって、
素敵だったなぁ。

ジム・スタージェスは、ローラ・ダーンが年の差カップル?

ダイアン・クルーガーは、がめつい監督兼俳優の役柄。
嘘に気づいて からは、共犯?恐喝? いやいや。
おそろしやー。

自分探しな作品としては、綺麗にまとまっていたなぁ。
騙された人達にとっては、とんだ災難ではあったけれども。

だって、実話だものね。
まーまー、よく、やらかしてくれましたよ。ねぇ?

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

moving (movies and musicals) 更新情報

moving (movies and musicals)のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。