ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 映画 > moving (movies and musicals) > トピック一覧 > ファウンダー ハンバーガー帝国...

moving (movies and musicals)コミュのファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

映画THE FOUNDER
いす ジョン・リー・ハンコック

マイケル・キートン /レイ・クロック
ニック・オファーマン /ディック・マクドナルド
ジョン・キャロル・リンチ/ マック・マクドナルド
リンダ・カーデリーニ /ジョアン・スミス
パトリック・ウィルソン /ロリー・スミス
B・J・ノヴァク/ ハリー・ソナボーン
ローラ・ダーン/レセル・クロック

メモ「バードマン」のマイケル・キートンが世界最大級のファストフード・チェーン“マクドナルド”の“創業者”レイ・クロックを演じる伝記ドラマ。マクドナルド兄弟が始めた片田舎のバーガー・ショップを世界的巨大企業へと急成長させたビジネスマン、レイを主人公に、成功のためには手段を選ばない彼の冷徹な信念と飽くなき情熱を、職人気質の兄弟との対立を軸に赤裸々な筆致で描き出す。
(by allcinema)

ハンバーガー<ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ>
マクドナルド“創業者”をM.キートンが演じた実話ベースの作品。
彼はトランプ氏が目指す偉大なるアメリカを体現したような人物^^;
彼の事業が失敗していたら、米国の肥満率はもっと低かったかも!?ペン

鑑賞後は、レイを演じたマイケル・キートンに精気を吸い取られて、
よろよろとしか歩けませんでした。はぁ、辛い。

レイ・クロックは、トランプ大統領が目指すアメリカを体現したような人物でした。
マクドナルドの”創業者”、あるいはマクドナルドを乗っ取った者。

創業者のマクドナルド兄弟は、『古き良きアメリカ』というイメージかな。
彼らが『偉大なるアメリカ』なイメージのレイ・クロックに飲み込まれてしまう展開でした。

ミルクシェイクの逸話は、2者の志向を分かりやすく説明してたなー。
偽物と本物の違い、どこにお金をかけるかという判断。
もし、彼のフランチャイズが成功しなかったら、米国の肥満率はもっと低かったかもしれない。

彼が、「『マクドナルド』という言葉の響きが良いのです」と力説してたけど、
日本では、マックだったりマクドだったり、あと鳥取はなんて言ってるんだっけ?
とにかく、ちょっと長過ぎると思われてるよな、と思ったり(笑)。

この作品では、レイをあり得ないくらい客観的に描いている。
そして、最初からマックを乗っ取ろうと思っていた訳でもないだろうということも。

マックのフランチャイズ化を不動産投資として勧めるユダヤ人?がいなければ
彼は破綻していただろうし、実際、彼は色々なグッズを発明しては失敗していたようだし。

でも、創業者兄弟に儲けの1%を分けるという紳士協定は、
守られることなかったという字幕には、『やっぱりね』と思った。

一方、他の情報によると、彼はお金にはこだわらなかったし、
儲けは寄付に回していたとか。

あれ? この作品とは、イメージが違うではないか。
これこそが、帝国のヒミツ? いやいや。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

moving (movies and musicals) 更新情報

moving (movies and musicals)のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。