ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > ビジネス、経済 > 金券大好き(゚ー゚*) > トピック一覧 > 金券相場情報トピ 元タイトル:...

金券大好き(゚ー゚*)コミュの金券相場情報トピ 元タイトル:最近、金券相場が上がってきています。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

こちらはエリア別の金券相場情報を掲載するトピックです。
副管理人の私ばかりが書いていますが、関西エリアや中京エリア、それ以外の方もぜひ情報をお願いします。
また、副管理人指定の基準店舗での買取状況(百貨店系商品券および4大信販系商品券がメイン)なども合わせてアップしていきたいと思います。

コメントで度々登場する4大信販とは、
JCB(JTBナイスギフトを含む)・VJA(VISA)・三菱UFJニコス・UC 各信販会社(発行の商品券)のことです(VJAは横浜中華街限定、各信販会社額面500円は対象外)。

また、特に表記がない場合の額面は1,000円を基準としています。

(以下掲載時の本文) 
ここ数年で、近県の相場が上がってきていませんか?
私の地域では、2年前までは、信販系ギフトカードは、97%で販売されていましたが、今や98%で、ショップによっては98.5%にまでなっています。

 金券ショップへ出向く時間や交通費を考えたら、クレジットカードでの購入のほうがお得ではないか?と考えるようになりました。

 皆さんの地域では、どのような状況ですか?

コメント(545)

2017年最後の新宿エリアの商品券情報(12/30速報)
今回は一部店舗で年内の営業が終了していた店舗もあったので、正確性は通常より低いです。

百貨店共通商品券
全体的に価格は下落傾向、984〜998円とかなりのぶれが生じているが、在庫は引き締まってきている。買取は確認ができたところでは982円が上限。

ファッションビル・百貨店別商品券
丸井は一部で980円を確認、ルミネは970円盤石だったが、いずれも在庫は少なくはなかった。
百貨店別は在庫はまちまちで高島屋990円、三越伊勢丹990円は確認できた。同10,000円商品券は三越伊勢丹があちらこちらで見かけ、9,900〜9,930円とぶれが生じていた。高島屋は9,930〜9,950円で出ていた。

信販系商品券
全体的な在庫は増えてきているが、4大信販はすべて下落傾向にあった。ただ、ブランドにより982〜992円とかなりのぶれがあるので、購入の際は注意が必要と思われる。買取は一部でJCBは982円があったが、976〜980円が中心価格になりつつある。

流通系商品券
イオンが在庫をちらほら見かけるようになってきたが、989〜993円とぶれが生じ始めている。セブンは在庫が薄く990〜993円、ドンキホーテは990円のみ確認が取れた。

食事券系商品券
大きな動きはなし。

新宿や渋谷に行った際は単純なウィンドウショッピング的な雰囲気でチェックしてきましたが、情報が矛盾しているところがあるかもしれませんが、お読みいただきありがとうございました。来年も同じようなペースで続けたいと思います。
2018年最初の新宿エリアの商品券情報(1/8速報)
今回は時間の都合上、ヨドバシカメラエリアを見ることができませんでした。すみません。

百貨店共通商品券
全体的に在庫は豊富だったが、若干の上げを確認、985〜990円中心。高値は998円が一部でまだ残っていた。買取状況は最高で985円がついていたが、980円前後が中心か。

ファッションビル・百貨店別商品券
ルミネは在庫は薄いままだが、965〜970円と依然安いまま。丸井はちらほら在庫が見られ、975〜985円とぶれが生じていた。
百貨店別は高島屋・三越伊勢丹が確認取れて990円、東急が一部で988円があったのを確認したが、他店舗は995円中心だった。それ以外は在庫が全くないかかなり少なく中心価格をつけられず。

信販系商品券
全体的に在庫はあったが、価格は反発した。最低でも983円〜に上がり、最高は992円をつける店舗があった。5,000円券は4,915円〜で変わりなかったが、4,940円前後をつける店舗もあった。買取状況は983円が最高だった。

流通系商品券
イオンが在庫豊富で、989〜992円とぶれが生じている。セブンは在庫が全体的に少なく、990〜991円と高いか。ドンキは990円しかなかった。サミットが一部で結構な量を990円で見かけた。

食事券系商品券
マックバーガー券バラが320円と高値水準に出た。ポテト(サイドメニュー)券も200円前後と高い。ジェフグルメは476〜480円。
新宿エリアの商品券情報(1/14現在)
今回はほとんどのエリアを見てきましたが、特記事項のみあげていきたいと思います。

百貨店共通商品券
全体的に在庫は豊富だが、984〜990円で概ね落ち着きを見せている。買取は982円が最高。

百貨店別商品券
10,000円券は高くなった気配あり。三越伊勢丹は9,920〜9,950円と底値はやや上げ。高島屋も9,930〜9,950円でもみあい状態が続く。

信販系商品券
4大信販は983円〜しか確認できず。高いものは990〜992円と高値水準で売る店もあるので注意すること。買取は983円が最高。

流通系商品券
イオンは一部で買取価格が下がったにも関わらず990〜992円と高いまま。在庫はまだ余裕ありといったところか。セブンは全体的に在庫の逼迫ムードが漂ってきた。
百貨店共通商品券、急反発か

2/2現在で百貨店共通商品券の買取価格に変化が見られました。最近までは975円と低空飛行状態だった買取は、いつの間にか985円まで上昇していました。実店舗ベースでは988円というのを一部で確認しました。

これにより、店舗での販売価格にも影響が出ていると思われます。990〜992円前後が中心になってくると思われます。取り急ぎの報告まででした。
新宿エリアの商品券情報(2/4・6調査現在)

今回はほぼすべてのエリアを見て回ってきました。

百貨店共通商品券
全体的な在庫は少なくはなく、先でも書いた通り989〜992円と全体的に価格は上昇していた。買取でも最高で988円をつけた店舗がいくつかあった。

ファッションビル・百貨店別商品券
ルミネは在庫が少ないものの968円が最低だったが、970円あたりがほとんどだった。丸井はほとんど在庫確認が取れなかったが、980円は確認した。
百貨店別では高島屋・三越伊勢丹はいずれも990円、他は新宿エリアにない西武も一部で990円を確認した。
10,000円商品券は三越伊勢丹が在庫が少なかったものの、9,910〜9,940円とぶれが生じていた。高島屋は相変わらず高く、9,930〜9,960円と高値水準で変わりなかった。

信販系商品券
4大信販は全体的に価格のぶれが激しく、982〜995円と店舗・ブランドによりかなり左右される状態にあった。992円をつけていた店舗で同日に再度見に来たら982円に下がっていたということも見受けられた。なお、全体的な在庫は少なくはなかった。
5,000円券も同様で、4,915〜4,950円とぶれが生じていた。全体的な在庫は少なめ気配が強かった。
500円券は一部で491円で売る店舗があったが、今は在庫が引き締まってなくなった可能性が高そうと思う。

流通系商品券
イオンは全体的に在庫が少なく、991〜992円が主流になりつつある模様となってきた。セブンも同様で、992円前後で出す店舗が出てきているので同じことが言えそうだった。ドンキは一部で980円で売る店舗を確認したが、985〜990円と高い水準で出すところもあるので注意が必要と思う。

食事券系商品券
ジェフグルメは477円中心で変わらずだった。マック株優系バラはバーガーで320円と高くなった。ポテト(サイドメニュー)券も200円前後となり、ドリンク券も150円前後出さないと難しくなっている。

いつもウィンドウショッピング方式で調査していることや、今回は1〜3日経過しているゆえに精度は低くなっていますので、参考程度でお願いします。
新宿エリアの商品券情報(2/24・25速報)

今回はほぼすべてのエリアを見てきました。

百貨店共通商品券
全体的に在庫は少なくはなかった。概ね989〜992円で落ち着いているが、綴りで998円/枚をつける店舗があった。買取は987円が最高値だった。

ファッションビル・百貨店別商品券
ルミネは全体的に在庫は薄いままだが、965〜970円で盤石。丸井も同様だが、980円のみしかなかった。
百貨店別は高島屋が一部にて990円で大量にあった。他店でもほぼ同様の価格だった。三越伊勢丹は988〜991円を確認できたが、やはり在庫は薄い状態が続いている。
10,000円券は高島屋9,930〜9,950円で盤石、三越伊勢丹は9,900〜9,940円とぶれが生じていた。在庫は先者は一部で結構あり、他店でもちらほらは見かけることができた。後者はちらほらと見かける程度でとどまった。

信販系商品券
4大信販はブランドにより982〜992円とかなり幅広い価格帯が見受けられたが、981円以下は皆無だった。全体的な在庫は一部非公開の店舗はあるものの豊富にあると考えている。
5,000円券もほぼ同様で4,910〜4,960円と幅広い価格帯で出ていた。在庫数は全体的に少なめだが、1,000円券の分を考えれば少なくはないと考える。買取は982円が最高だった。
500円券は493〜495円で落ち着いていた。

流通系商品券
イオンはダイエーを含めても全体的に在庫が非常に薄く、991〜992円しか確認がとれなかった。セブンアイは988円で出ていたのを一部で確認した。ドンキは985円で出回るようになってきた。変わったところでは一部でスーパー平和堂が996円という超高値で登場した。

食事券系商品券
ジェフグルメは大きな変化点は見られず、マック株優バラはバーガー券で280〜320円とぶれが生じていた。3枚1セットは期限チェンジが近いのか560円前後も売られていた。サイドメニュー券(通称ポテト券)は160〜200円とこちらもぶれが生じていた。

これは私が見てきて覚えている限りで書いているので、翌日以降は価格や在庫が上下している・在庫がなくなっている可能性があります。
新宿エリアの商品券情報(3/3現在)

今回もほぼすべてのエリアを見てきました。

百貨店共通商品券
全体的に在庫は回復したが、価格は987〜992円と若干下落傾向にあった。中心価格は989円とした。買取状況は最高でも986円と1円のダウンだった。

ファッションビル・百貨店別商品券
ルミネは965円が久々の登場だったが、上限は970円で変わりなかった。丸井は一部で在庫を持っていたが、980円のみだった。
百貨店別は高島屋990円盤石、三越伊勢丹988〜991円、小田急・東急(相互利用の利く券のみ)994〜995円であった。
10,000円券は高島屋9,930〜9,950円で変動なし、三越伊勢丹9,920〜9,940円と若干の底上げ傾向。在庫は一極集中傾向があった。

信販系商品券
4大ブランドは全体的に在庫は豊富だが、価格帯は982〜992円とばらつきがまだ出ている。5,000円券も同様で、4,910〜4,960円とこちらもばらつきが出ていた。
買取状況は982円をつける店舗はいくつかあったが、下落傾向はある模様。

流通系商品券
イオンはダイエーを含め若干の回復傾向で990〜992円を確認。セブンアイは992円のみしか確認できず、在庫も薄いままだった。ドンキは久々に980円を確認したが、985〜990円で売る店もまだあるので注意して頂きたい。ライフ(スーパー)も一部で995円も若干ながらあった。平和堂(同)も996円で在庫はまだ残っている。

食事券系商品券
マック株優は3月期限が一部で500円と言う破格値が出ていた。私は買わなかったが、在庫数もわずかなので、早い者勝ちと言えよう。他店は560〜580円であった。

番外
京王百貨店の株主優待券(一般商品、税込3,240円以上で10%引き)の価格が急上昇しました。
数年前までは50〜100円/枚でよく売られていましたが、今年に入ってから300〜500円/枚と最大で10倍の値上がりとなりました。これは節約志向の表れもありますが、京王パスポートカード(現金払い用あり)をお持ちの方は還元率(京王百貨店単体での前年の税抜購入額により5・8・10%)と相談の上で考えるのがベターかもしれません。
新宿エリアの商品券情報(3/10速報)

明日・3/13も見に行く予定なので、今回はピックアップのみとします。

百貨店共通商品券
ここ数日で一気に上昇気味になり、988〜995円と底値は上昇した。最高で998円をつけた店舗があった。買取状況も比例して上がり、990円をつける店舗が出てきた。全体的な在庫は豊富にあった。

信販系商品券
4大信販は全体的に在庫は豊富。価格は987〜992円と急激に高くなった。5,000円券も同様で、4,930〜4,950円と高値水準になってきた。買取はJCBのみ引きが強く最高で986円をつける店舗があった。なお、それ以外は984円とのことだった。(5,000円券はその5倍)
新宿エリアの商品券情報(3/13速報)

今回は一部のエリアしか見られなかったので、精度は低いかもしれません。

百貨店共通商品券
全体的に在庫は豊富だが、平日ゆえだったのか底値が割れ下限だった。987〜992円と若干の下げ気配であった。比例して買取の上限も987円で揃った。

ファッションビル・百貨店別商品券
ルミネは965〜970円を行ったり来たりの状態が続いており、在庫はやや回復した模様。丸井は在庫確認が取れなかった。
百貨店別は小田急が久々に985円でスポットで出ていたのを確認した。それ以外は990〜994円と高かかった。それ以外では高島屋990円中心、三越伊勢丹988〜991円は確認ができた。
同10,000円券商品券は今回は在庫確認がまったく取れなかった。

信販系商品券
4大信販は相変わらず在庫は豊富にあった。ただ、価格は暴騰状態が続き985円以上出さないと買えない状態に変わりなかった。5,000円券も同様の状態であった。

流通系商品券
セブンアイは990〜992円と高い、イオンも在庫が逼迫気味で991〜992円と高い状態になってきた。ドンキは985〜990円とこちらも高かった。

それ以外は特になし
新宿エリアの商品券情報(4/21調査現在)

今回はほとんど見て回れなかったので、簡易版です。

百貨店共通商品券
全体的に在庫は少なくはないが、992〜995円で出てくるようになってきた。買取は最高で991円をつけて、ここ最近では最高値をつけている。

信販系商品券
4大信販はすべて987〜990円を越える状態になり、買取も最高で987円をつける店舗が再び現れている。ただ、988円買取はまだ出てきていない状態にある。
新宿エリアの商品券情報(4/29現在)

今回は一部定休日の店舗はありましたが、概ね見て回ることはできました。

百貨店共通商品券
前回に引き続き在庫状況に変化はなかったが、990〜992円と反落気味であった。買取も比例して最高で990円に下がってしまった。この先はしばらく安定しそうな雰囲気はあるが、中元シーズンに突入すると一段高くなることが予想される。

ファッションビル・百貨店別商品券
ルミネは960〜970円で盤石だが、在庫は全体的に少ない状況が続いている。丸井は在庫確認が取れなかった。
百貨店別は全体的に在庫状況はバラバラで高島屋989〜990円、三越伊勢丹990〜993円、京王988〜990円、西武990円は確認がとれた。高島屋と京王は数が出ていた雰囲気はあった。
10,000円券は三越伊勢丹が一部で安値基準の9,900円を確認した。高島屋9,930〜9,950円で確認がとれた。

信販系商品券
4大信販は全体的に在庫は薄くなりつつあり、988円は出さないと買えない状態になりつつあった。5,000円券は特に顕著で4,955〜4,960円をつける店舗もあり、高値を再び試す状態にまでなってしまった。

流通系商品券
イオン991〜993円と高値水準になりつつある。セブンアイは今回は在庫確認が取れなかった。それ以外のスーパーなどはほとんど確認ができなかった。

食事券系商品券
ジェフグルメは一部で475円(1枚〜)が固定化されていた。それ以外では476円前後が圧倒的に多く、高くても480円までだった。
マック株優3枚1セットは579〜630円 各バラ券はグランクラブハウス(バーガー)券299〜320円、グランフライ(サイドメニュー)券159〜200円、ドリンク券149〜180円であった。
新宿エリアの商品券情報(5/25速報)

今回は遅い時間帯に行ったので、一部店舗は見ることができませんでした。また、簡易のピックアップ版とします。

百貨店共通商品券
全体的に在庫は少なくはないが、新年度と中元シーズンの谷間と言うこともあるのか価格は991〜995円で安定している。買取状況は990円が最高のままだった。

ファッションビル・百貨店別商品券
ルミネは965〜970円で在庫は少な目、丸井は一部で980円を確認した。
百貨店別は高島屋が一部で大量に置かれていたが、990円で変わり映えはなかった。他の店舗も990円でしかなかった。他の百貨店(西武・三越伊勢丹・京王を確認)は990円中心で売られていたが、一部で京王が980円で出ていたのにはびっくりした。ただ、在庫はかなり少なかったのですぐ売り切れた。

信販系商品券
全体的にひきは強いままだが、985〜990円と若干の安値で出す店舗もあった。買取状況は若干弱含みで985円が最高であった。
5,000円券も同様で在庫は少なかったが、こちらは4,940円中心で高値を付けたままだった。

ピックアップ
京王ストアの株主優待券が5枚単位で50円(1枚10円)という破格値で売られていました。1回で税込1,000円以上の買い物で50円引きができる券ですが、これは2,000円以上買っても1枚しか使えない曲者です。(推測だけど)
と言うことは、逆手をとって会計を何度も分ければ何枚でも使えてしまいます。ただ、複数枚使えるかは店舗で別途聞いてみたいと思いますが。
ちょっと番外編 京王&小田急各百貨店の株主優待券を考える

京王&小田急百貨店の株主優待券は一般商品(お洋服や装飾・雑貨など、但し一部商品と食料品系他指定商品は使用不可)税込3,240円以上の商品1つを10%引きできる券ですが、新宿エリアの金券ショップでは比較的簡単に手に入ります。(小田急は全体的に少ないかも)

以前も書きましたが、今年に入ってからその券の価格が暴騰している模様でした。
ほんの数年前までだといずれも50〜100円程度(1枚あたり、以下同)で買えたのですが、今年に入ってから350〜800円という超高値に化けてしまいました。中央値は450〜500円ですが、割引率が意外と大きいゆえに暴騰したと思われます。

ところが、府中の金券ショップでは京王百貨店の株主優待券が100円で売られていたのを確認しました。そもそも府中には京王百貨店がないため(新宿と聖蹟桜ヶ丘)、新宿よりかはかなり安く設定されていました。

それぞれでお知らせした価格ですが、あくまで新券や期限が十分に残っている券を前提としています。期限間近(5・11月末のいずれか)は価格が下がっていくのは言うまでもありません。

念のためですが、これは私見をもとに作成しております。店頭に券の在庫が常にあるとは限りません。また、状況により価格が変更されていたりする場合があります。
在庫流入が激しくなったのか!?高島屋10,000円券

基準店舗での買取価格で、高島屋10,000円券の買取価格が大きく崩れました。
旧買取価格は9,910円でしたが、今日付けで9,850円に変更されてしまいました。同業他社ではまだ影響は出ていませんが、今後の動向が注目されそうです。

販売価格にも少なからずの影響が考えられそうですが、高島屋の実店舗の状況も見極める必要性が出てきたと思われます。

以上速報まででした。
新宿エリアの商品券情報(6/10速報)

今回は定休日により一部店舗は見ることができませんでした。ご了承ください。

百貨店共通商品券
全体的に在庫は豊富だが、中元シーズン突入ということで高値水準をつけるようになってきた。確認できた分では990円(全体に状態はあまりよくなかったり現在も使用できるが民事再生をしている百貨店を含む)が一部あった以外は991〜995円と高くなってきた。中心値は992円とした。
買取も比例して強くなり、最高は991円をつける店舗があった。第2の基準店舗も最近まで988円だったのが990円に上昇した。

ファッションビル・百貨店別商品券
ルミネは1,000円100枚セットが96,000円で売っていたのを確認したが、バラは970円中心で盤石だった。それ以外のファッションビルは確認が取れなかった。
百貨店別は三越伊勢丹990〜994円と高値で売る店舗も見受けられた。高島屋990円、京王988円、小田急992円は確認がとれた。
同10,000円券は三越伊勢丹9,920〜9,930円と若干の上げ気配が漂っていた。在庫は全体的に少ない状況、高島屋は買取価格が下がったにも関わらずまだ旧買取価格の在庫が残っているせいか9,950円が中心で変わりなかった。

信販系商品券
全体的に在庫は豊富にあるが、こちらも中元シーズンを見越した価格設定になっており、4大ブランドは988〜992円と百貨店共通並に高くなっていた。買取も比例して強く、4大ブランドすべてで986円(500円券以外)と高値水準の買取が続いていた。
5,000円券も同様で4,935円〜がほとんどで4,960円をつけることも珍しくなかった。

流通系商品券
イオンは全体的に在庫が少なく、990〜993円と高い。セブンも在庫が少なくなったのか993円しか確認が取れなかった。ドンキも985〜990円と高いまま。

食事券系商品券
ジェフグルメは全体に下落気味なのか475円/枚で売る店舗が若干増えた気配があった。

※マック株優バラはチェックをするのを忘れました。すみません。
新宿エリアの商品券情報(7/8速報、簡易版)

今回はヨドバシカメラエリアはチェックできませんでした。また今回は簡易版でいきます。

百貨店共通商品券
全体的に在庫は豊富にあったが、中元シーズン真っただ中で993〜995円をつける店舗がほとんどだった。
買取状況は最高で992円をつける店舗が2つあった。

ファッションビル・百貨店別商品券
ファッションビル系は今回は簡易のためチェックしきれず。
百貨店別は10,000円券のみで、高島屋が9,930〜9,940円と高値は一服したが、逆に伊勢丹が9,920〜9,930円をつけるようになって若干の上げを確認した。

信販系商品券
全体的に在庫は豊富だったが、こちらも中元シーズン真っただ中で989〜992円(5,000円券は4,940〜4,960円)をつける店舗がほとんどだった。買取も比例して強く、一部店舗は988円という最高価格をつけるところもあった。(4大信販すべて、5,000円券も同率)

食事券系商品券
ジェフグルメが安値傾向に出始めた。10枚セットだが4,730円で売る店舗が出てきていた。マック株優は大きな動きは見られなかった。
早くも中元シーズンの峠を越えたか、百貨店&信販系反落

7/11現在、基準店舗での買取価格に変化がありました。
百貨店共通商品券&4大信販の買取価格が1円ずつ(信販5,000円券は5円)ダウンしました。
前日の時点で店舗別買取価格が出ているところでは百貨店券が990円→988円に下方修正されていたので、比例して下がることが予想されると思いましたが、想定より早く下がってしまいました。

実店舗ベースだと最高価格帯で百貨店共通商品券は992円→988円前後、4大信販も988円→985円前後まで下がっていても不思議ではありません。

8月に向けてさらに一定レベルまで下がることが予想されますが、秋に一気に反発することも考えられそうです。(百貨店995円まで、信販988円まで)

基本的には出典元をベースに書いていますが、私見の内容もあるので、将来の相場を保障するものではありません。
百貨店共通商品券、続落

7/12現在、基準店舗での買取価格で百貨店共通商品券は988円→985円になってしまいました。販売価格も比例して大きく下げ、節目の990円を一気に割り込み、988円まで下がってしまいました。

例年中元シーズン〜8月は販売・買取が下がりやすい傾向はありますが、たった2日間で7円近くも下がったことはびっくりでした。
ただ、販売はまだ988円と高めで安定しているので、秋〜歳暮シーズンの高値期待(買取991円以上)で買うのはまだ早いと思われます。もう一段の値下げがあっても不思議ではありません。昨年最安値の984円くらいまで下げてくることも十分考えられます。(新宿エリア、確認が取れた分)

出典元を参考に書いていますが、今回も私見が含まれるので、将来の相場を保障するものではありません。
新宿エリアの商品券情報(7/13速報・簡易版)

今回は百貨店共通商品券と信販系商品券に限定してお送りします。

百貨店共通商品券
全体的に在庫がだぶついてきているのか、988円が最低ラインになっていた。ただ、それ以外では990〜994円とぶれがあるので注意は必要。買取状況は986円が最高値だった。

信販系商品券
買取の下落で販売も下落すると思われたが、986〜990円と想定よりかは下がらなかった。買取も985円が最高値であった。(5,000円券も概ね同じ)
久々の新宿エリアの商品券情報(8/15現在)

直近の相場チェックから1ヶ月で相場はかなり下がっていました。夏場はもともと下がりやすい傾向にありますが、かなり顕著に出ていました。

百貨店共通商品券
全体的な在庫は少なくはなかったが、984〜995円とかなりのぶれが生じていた。買取も比例して983円が上限だった。

ファッションビル・百貨店別商品券
丸井は一部で980円を辛うじて確認できた程度、ルミネは全体的に在庫が薄いが、970円までで盤石のままだった。
百貨店別は主なところは三越伊勢丹988〜994円、高島屋985〜992円、京王985〜990円、小田急985〜992円を確認できたが、全体的に価格帯にぶれが生じており百貨店共通より高いというところが意外と多かった。買取の最高額は高島屋で一部では989円をつけるほどであった。
同10,000円券は在庫こそあまり多くなかったものの、下落傾向が見られた。三越伊勢丹9,900〜9,920円、高島屋9,920〜9,930円で、高島屋は1,000円券より0.7%も低い98.2%の買取率になってしまった。

信販系商品券
4大信販は全体的に在庫は少なくはない状態で、983〜992円とこちらも激しいぶれが生じていた。店舗やブランドにかなり左右されるが、ここが底値圏のイメージは強いと考える。買取は平日ということもあるのか、最高でも978円とここ最近では安値圏の買取価格と出た。
なお、5,000円券も概ね同じだった。

ショッピング系商品券(旧:流通系商品券)
イオンは在庫確認が全く取れず、中心価格を設定できず。但し、一部で991円を宣言するところはあった。セブンも全体的に在庫がかなり少なく、一部で993円を確認できただけだった。
ドンキホーテは一部で985円は確認がとれた。

食事券系商品券
ジェフグルメは全体的にあり、475〜478円で推移。
新宿エリアの商品券情報(9/15現在)

今回は日数が経過したこともあるので、簡易でいきたいと思います。

百貨店共通商品券
全体的には在庫は豊富だったが、先月から反発し988〜992円で売られていた。買取も比例して強くなり986円が最高となった。

ファッションビル・百貨店別商品券
丸井は在庫確認が取れず。ルミネは970円中心で変わらずも在庫は少なめで推移。
百貨店別は高島屋985〜990円、三越伊勢丹990〜993円は確認がとれた。10,000円券は高島屋9,930〜9,950円程度しか確認ができなかった。

信販系商品券
4代信販は全体的に在庫は少なくはなかったが、高値がつきやすい状態だった。1,000円券は986〜992円と百貨店券並みの価格で出ていた。5,000円券も概ね同じくらいで4,925〜4,950円で売られていた。ところが、買取状況は郵送買取が高いわりに店頭では980円と弱かった。(5,000円券も同率)

ショッピング系商品券・食事券系商品券
今回は特筆すべき点はなし
新宿エリアの商品券情報(ここ1ヶ月の雑感)

ここ最近は新宿によく行くのですが、チェックはするもののレポートをアップする時間がまともに取れなかったので、ここ1ヶ月で感じたことを書いてみたいと思います。

百貨店共通商品券
全体的に在庫は堅調で、販売価格は990円前後で落ち着いている状態が続いている。買取は比例して弱く、最高でも986円と低調気味だった。

ファッションビル・百貨店別商品券
ファッションビル関係は在庫が全体的に薄かった。ルミネ970円は盤石が続いているが、買取価格が上昇してきているので、今後は975〜980円を目指す可能性はありうるだろう。
百貨店別は新宿エリアにある百貨店は在庫は薄くも多くはなかった、販売価格は990円前後がほとんどで、小田急だけは992円と強気な価格を提示するところもあった。

信販系商品券
全体的に在庫は豊富だが、1,000円券は時折983〜984円が出ることも珍しくなく、990円前後の強気な価格をつける店舗もあった。中心値は985円としたが、店舗によりばらつきがある模様だった。
5,000円券も概ね同様で、4,915〜4,920円のところもあれば、4,940〜4,950円と高値をつける店舗もあった。

ショッピング系商品券
ここ1ヶ月では、セブン・ドンキの商品券を見かけることが少なかった。イオンは991〜992円に高くなって、逼迫が感じられるようになってきた。

食事券系商品券
大きな動きは見られなかったが、マックのバーガー券バラは320円前後と高め推移と出た。

今回はここ1ヶ月の雑感なので、書いている時点で相場のずれが生じている場合があります。
新宿エリアの商品券情報(11/17速報)

久々にほぼ全店舗見て歩いてきました。

百貨店共通商品券
全体的に在庫は豊富だが、依然として990円前後で落ち着いていた。最低は988円で、買取状況は最高でも986円までだった。

ファッションビル・百貨店別商品券
ルミネは買取価格の上昇があったが、まだ970円の盤石が続いていた。丸井は一部で980円を確認が取れた。
百貨店別は京王990円、高島屋985〜990円、三越伊勢丹990円、小田急990〜992円の確認が取れた。小田急が高いのは小田急OX(スーパー)でも使える点や東急百貨店でも使えることが挙げられると思われる。
全体的に在庫は少なくはない状態にあった。
同10,000円を含む高額商品券は、高島屋5,000円券が一部で4,950〜4,960円で出ていたのを確認した。10,000円券は高島屋9,910〜9,950円、三越伊勢丹9,920円のみ確認が取れたが、全体的に在庫は薄い状態であった。

信販系商品券
全体的に在庫は豊富、1,000円券は985〜992円とぶれが生じていた。4大ブランド以外はほぼ皆無の状態であった。
5,000円券は在庫が薄く、4,925〜4,960円と強気な価格を提示する店舗も現れるほどだった。
買取はJCBが一部で984円で引き取ることは書かれていたが、その他の4大ブランドも同じ価格の可能性は高そうであった。

ショッピング系商品券・食事券系商品券は大きな動きはなかった。先者は全体的に在庫はかなり少なく、手に入りにくい状態にあった。
今年最後の新宿エリアの商品券情報(12/29現在)

今回はアクセスチケット他(一部は営業)、年末年始休業に入っているところがあったため精度は低めです。

百貨店共通商品券
全体的に在庫は豊富だったが、ここ1ヶ月で下振れを起こし、かなり久々に980円で出ていた店舗があった。価格帯は980〜987円、中心価格は983円とした。
買取状況も極めて厳しい状態で、最高値でも980円を確認するのが精いっぱいだった。

ファッションビル・百貨店別商品券
ルミネは969〜975円と底は堅い状態だが、上は若干の上げを確認した。在庫はかなり少ない模様。丸井は在庫確認が取れなかった。
百貨店別はデータが少なかったが高島屋982円、小田急992円は確認が取れた。同10,000円券は三越伊勢丹が9,900円でゴロゴロと出ていた。一部で高島屋も9,900円で出ていたのを見かけた。

信販系商品券
全体的に在庫は豊富だったが、こちらも相場はダウン傾向が続いている模様。
1,000円券は981〜984円と下振れが激しかった。5,000円券も4,905〜4,920円と1ヶ月前と比べて明らかに弱くなった。

ショッピング系商品券
イオンは在庫が薄いままで990〜992円と高くなってきた。

食事券系商品券
特に大きな動きはなし
新宿エリアの商品券情報(1/12現在)

今回はほぼ全店を見てきました。

百貨店共通商品券
全体的に荷余り感が強く、980〜985円(10枚綴りだと@988円売りを確認)とかなりの低空飛行が続いている。買取も比例して弱く、最大でも980円とかなり安い水準だった。

ファッションビル・百貨店別商品券
ルミネは969〜975円と相変わらず、在庫は少なめで変わらなかった。丸井は980円のみで、こちらも在庫は少なめだった。
百貨店別は全体的に在庫は少なくはなかったが、高値水準が多かった。小田急は992円の高値中心、他も990円前後がほとんどで、百貨店共通とは対照的であった。
同10,000円商品券は三越伊勢丹が9,900〜9,940円とぶれが生じていた。高島屋も9,920〜9,950円と幅があった。

信販系商品券
4大信販は全体的に在庫は多く、981〜985円と高値は完全に一服した。一部店舗は980円で出す店舗もあった。5,000円券もほぼ同様で4,900〜4,925円と同率に近かった。

流通系商品券
高値に出やすいセブンアイが985〜988円でやや投げ売り状態になりつつある。イオン人気は相変わらずで991〜992円と高水準をキープ。

食事券系商品券
ジェフグルメは475〜480円とぶれが大きかった。マックバーガー券は299〜330円とあまり変わらなかったが、高値をつかむのには注意は必要か。
百貨店共通商品券、復権か!?

1/21現在で、指定店舗のHPを参照して買取&販売状況をチェックしたところ、百貨店共通商品券の販売&買取が上昇していました。
前回チェック時には980円も出ていたと書きましたが、買取ベースで983円まで上がっていました。販売も987円とこの1週間ちょっとで全体的に上がった気配が感じられました。安値で売っていた分、在庫が全体的に引き締められたのかもしれません。ただ、春に向けて上昇が続くかはまだ不透明です。

実際に調査の上で調べているものもありますが、私見によるものも含まれるので、今後の相場を保証するものではありません。
新宿エリアの商品券情報(1/26速報)

今回は南口の一部と西口のヨドバシカメラエリア(計3店舗)は見ていません。

百貨店共通商品券
全体的に在庫調整が進んだこともあり引き渡し価格は反発し、983〜988円になっていた。中心価格は985円とした。買取状況も比例して上限984円まで回復してきた。

ファッションビル・百貨店別商品券
ルミネ・丸井ともに在庫の確認がほとんどとることができず、中心価格はつけられなかった。
百貨店別は高島屋がごく一部で983円で出ていたが、他店は990円中心だった。三越伊勢丹988〜993円、小田急・東急992〜993円、京王990円は確認が取れた。
同10,000円商品券は三越がだぶついている状況が依然として続き、販売は9,900〜9,920円でしているが一部では買取をストップしている状態になっている模様。同系の伊勢丹は逆に在庫が薄かった。販売価格は9,910〜9,930円だった。
高島屋はお店により9,900〜9,950円とぶれが生じていた。


信販系商品券
4代信販は全体的に在庫はまだ多く、980円もまだ見られるケースがあった。中心価格は982円としたが、987円前後の店舗もあるので注意したいところだった。
5,000円券は全体的に在庫は薄く、4,915〜4,925円中心であった。

流通系商品券
前回チェックと概ね同じで、それ以外ではドンキが一部で990円で出ていたのを確認した。ユニー990円、CGCグループ(オリンピックやコモディイイダなどのスーパー)990円が一部で売られていた。

食事券系商品券
ジェフグルメは475〜480円で変わらず、マックはバーガー299〜320円、サイドメニュー(ポテト券)は180円中心、ドリンク券は139〜150円中心だった。これはおそらく期限が近づいてきていることもあると思われる。

その他
ビール券の価格についてチェックをしてみました。
最新券で額面784円(希望小売850円)のビール券の販売価格は784〜810円で、790円台が多かったです。最新券494円(同539円)は494〜510円と500円が多かったみたいでした。買取は最高で784円券が783円、494円券は493円でした。
新宿エリアの商品券情報(2/24速報)

この1ヶ月で3〜4回は新宿に行きましたが、レポートがアップできずすみませんでした。
この短期間でしたが、相場はかなり動いていたところがありました。
今回はほぼ全エリアを見てきましたが23日チェック分も含むので、多少のずれはご了承ください。

まずは閉店情報が1件あります。ヨドバシカメラ(新宿副都心方面)エリアにあった「東海コイン」が閉店していました。行く機会は少なかったですが、たまに参考程度に行くことはありました。

本題に戻り、各商品券相場の情報です。

百貨店共通商品券
この1ヶ月で相場は大きく上昇し、988〜993円と高くなってきた。中心価格は990円とした。買取も比例して強くなり、最高で988円をつける店舗があった。全体的な在庫はまちまちで不安定な状態が相場を押し上げていることも考えられた。

ファッションビル・百貨店別商品券
ルミネは970円で盤石も在庫は少なめ、丸井は在庫確認がほとんど取れなかったが、980円しかなかった。
百貨店別は全体的に在庫は薄く、新宿にあるどの百貨店も990円が多かった。なお、一部で京王が987円で出ていたのを確認した。10,000円券は在庫は薄いままだが三越伊勢丹9,900〜9,930円、高島屋9,900〜9,950円を確認できた。

信販系商品券
4大信販券のうちJCBが高かった。990円をつける店舗も珍しくなく、985〜993円とぶれが特別激しかった。買取も他の信販が983円に対し、JCBだけ最大で988円をつけることもあった。
JCB以外も985〜990円とぶれが大きく、在庫は全体的に少なくはなかった。
5,000円券も同様に高値をつけている状態で、4,935〜4,965円と強気な価格設定をしている店舗が多かった。しかし、買取は弱含みで4,915円が上限みたいだった。

流通系商品券
一部でセブンアイの投げ売り状態が続き、984円まで下がった。イオンは在庫が薄いままで990〜992円と高値と人気をキープ、それ以外はあまり見られなかった。

食事券系商品券
ジェフグルメは大きな動きはなし、マック(すべて今年3月期限)はバーガー285〜300円、サイドメニュー149〜200円、ドリンク119〜150円と全体的に下がっている。期限が短いのを買う場合は枚数管理は十分注意されることをおすすめする。
新宿エリアの商品券情報(3/3速報)

今回はほぼすべてのエリアを見てきました。

百貨店共通商品券
全体的に在庫は減少傾向にあった。989円が底値になりつつあり、991円±1円が中心と思われた。(逆に991円はまったくなかった)
買取は988円が最高で変わりなかった。

ファッションビル・百貨店別商品券
ルミネは一部で980円と高値をつけるところがあったが、全体で見ればまだ970円で拾えるところはある。丸井は980円のみだが、在庫がかなり薄い状態にあった。
百貨店別は全体的に在庫が少ないままで、新宿にある百貨店については990円(または額面の99%)が中心で変わりなかったが、相互利用ができる小田急&東急だけは別格で992円がほとんどだった。
10,000円券はほとんど在庫確認がとれなかった。

信販系商品券
4大信販は在庫は変動がすくなかったものの、ブランドによってはかなりのぶれが生じていた。全体の価格は983〜993円と前回以上に幅がでていた。店舗によっては990円でも珍しくない状態で、高値になりやすい傾向となっていた。買取も比例して強く、最高で988円をつけるところもあった。
5,000円券もほぼ同様で、上限は4,960円であったが4,950円が中心になりつつあった。

流通系・食事券系商品券については特記事項は特になし
新宿エリアの商品券情報(3/9速報)

今回は時間の関係上、一部エリアをチェックすることができませんでした。

百貨店共通商品券
全体的に在庫は減少傾向が強かった。底値は990円台に突入し、最高値は996円を記録した。買取も比例して強く、989円まで回復してきた。
しかし、ごく一部ではまだ985円が残っているが、状態でがあまりよくないので自分で使用する向けである。およそ50〜100枚は残っているように見えた。(折れ目などで高く見えているため)

ファッションビル・百貨店別商品券
ルミネは965〜975円と高値は一服、在庫もちらほら見られるようになってきた。丸井は相変わらず在庫が少ないが、980円で安定。
百貨店別は在庫が少なめ傾向で変わらず、相場は前回から概ね変動はなかった。なお、10,000円券は在庫が薄いままの状態が続いていたが、三越伊勢丹9,900〜9,930円は確認がとれた。

信販系商品券
4大信販の在庫は全体的にアップダウンを激しく繰り返しているゆえに、986〜993円と高値水準での取引が続いている。買取状況も続伸が続き、987円/枚の掲載だったのが、988円/枚で引き取ってもらえたほどであった。
5,000円券は全体的に在庫がかなり少なく、4,925〜4,960円と高値を試す状態が続いている。

流通系商品券
イオン・セブンアイは大きな動きはなし、ドンキは985〜990円と信販券の影響をまともに受け、高い状態に出た。

食事券系商品券
ジェフグルメが空前の在庫減少を迎えている。475〜480円と高くはないものの、店頭で見かけることは少なかった。
マック株優は新券はまだ出ておらず、バーガー285〜300円、サイドメニュー160〜200円、ドリンク120〜140円で続いていた。3枚セットは520円〜であった。

次回は3/16の予定です。
新宿エリアの商品券情報(臨時)

3/24時点の速報値でのデータですが、百貨店共通商品券の買取価格が最高で990円に再び乗りました。上昇が続くか一服するかは予断を許さない状態です。
ピークは一巡か!?百貨店共通商品券&信販系商品券

3/30現在で対象の金券ショップのHPを確認した限りですが、百貨店共通商品券と信販系商品券の買取価格が下がりました。
ピーク時は百貨店988〜989円、信販系984円をつけていましたが、最大4円程度下がりました。
990円を頂点に再び下落に転じましたが、中元戦線の時期になると想定はまだつかないです。
新宿エリアの商品券情報(4/19現在、簡易版)

今回は一部しかチェックできなかったので、簡易版です。

百貨店共通商品券
HPでの買取価格の下落が激しく、最大でも986円買取となっていた。販売価格も989円と上値は重たくなった。

信販系商品券
在庫はややだぶつき始め、982円も見られるようになってきた。買取は980円が一杯だった。

食事券系商品券
今回はマックのみ取り上げるが、バーガー299〜320円、サイドメニュー159〜180円、ドリンク149〜160円と高い。3枚セットも590円前後〜と高い水準である。期限チェンジ直後というのもありそう。
新宿エリアの商品券情報(4/28現在、簡易版)

ほぼチェックはしてきましたが、今回も簡易版です。

百貨店共通商品券
全体的に在庫はあるが、990円前後の高値をつけた。995円という強気な価格をつける店舗もあった。その反面、状態が悪いものの985円をつける店舗も一部あった。

信販系商品券
全体的に在庫は薄めも4,915〜4,960円とぶれがかなり生じていた。買取は最高で982円と若干の反発。

その他
ビール券の買取で変化がありました。額面784円の券で783円で買い取ってくれていた店舗が777円まで下げてしまうという、異例の事態が発生しました。他の券も同様で、7円前後も下がってしまうという事態が起きてしまいました。
これはおそらく在庫流入が激しくなった結果と思われますが、同業他社の動きが注目されそうです。
新宿エリアの商品券情報(6/2簡易版)

今回も簡易版ですが、見てきた店舗が一部だけなので精度は低いです。

百貨店共通商品券
全体的に在庫はあるものの、990円割れもちらほら見受けられた。買取も比例して下がり、986円まで下がってきている。

信販系商品券
全体的に在庫はあり、983円〜が中心となっている。(5,000円券は4,915円〜)
買取状況は上値は重く、980円が上限になってしまった。

その他(ピックアップ)
ビックカメラ商品券がやや投げ売りの状態になってきた。一部だが980円で売られていて、在庫も全体的に飽和状態に近かった。
前回下がったと書いたビール券は、買取は再び持ち直して額面784円・724円・494円の各券については各額面1円引きにすぐ戻りました。
新宿エリアの商品券情報(6/22現在)

今回はほぼすべての店舗を見て回ってきました。

百貨店共通商品券
全体的に在庫は全体的に多いが、990円前後で落ち着いている模様。買取状況は上値は重く985円が限界だった。

ファッションビル・百貨店別商品券
ルミネは在庫は多くはなかったが、価格は相変わらずの低空で960〜970円中心で変わらず。丸井は一部で980円を確認。
百貨店別は高島屋の在庫が再び全体的に薄くなってきた。販売990円中心も買取は最大988円(1万円券は9,900円)という高値水準になってきた。
小田急・東急は一部で在庫はあったが992円中心と高い水準に出ている。三越伊勢丹も高値水準でとどまっており1,000円券は990円前後、1万円券は在庫がかなり少なかったが9,900〜9,920円で出ていた。
それ以外では西武が988円で出ていたのを確認した。

信販系商品券
全体的に在庫は豊富だった。
4大信販は984円前後で安定していたが、992円という超強気な価格設定をしていた店舗もあった。なお、最低は一部でUCが982円であった。5,000円券も概ね同様で4,915〜4,925円中心だった。
買取状況はJCB983円が最高で、他は981円中心と思われた。

流通系商品券
イオンは高値水準になると思われたが、在庫が戻ってきた感じがあり990円で安定している。セブンは投げ売りが続いているのか、985円前後で見かけることが続いていた。
ドンキも985円中心、CGC系990円を一部で確認した。

食事券系商品券
ジェフグルメの価格が全体的に下落気味に出ている。
以前まで10枚や50枚綴りで475円/枚が中心だったが、1枚から475円で売る店舗が増えていた。価格帯は475〜480円とした。
マック株優はポテト全サイズ150円セールを実施していることもあるのか、サイド券は150円前後と安値に出ている。

その他(ピックアップ)
ビックカメラ商品券は全体的に在庫が引き締まりつつあるのか、全体的に底上げがなされた気がし、中心値は985円に上昇した。
新宿エリアの商品券情報(7/14速報)

スマホで書いているので、簡易版でお送りします。

百貨店共通商品券
全体的に在庫はだふつき気味も販売は987円が下限で踏みとどまっている。
買取は985円が上限と弱い状態が続く。

信販系商品券
全体的に在庫はある模様、ただ983円が下限で985円出さないと買えない店舗もあった。

ビール券は在庫把握が難しいが、全体的に需給バランスがいいのか買取は高値(494・724・784円の各額面のみ、各1円引き)で安定していた。
1ヶ月ぶりの、新宿エリアの商品券情報(8/12速報)

今回はほぼすべての店舗を見てきました。

百貨店共通商品券
全体的な在庫は多いとはいえないが、中心は987円前後で安定している。ただ、一部で久々に980円を見かけたが、状態があまりよくなかったので自分用で使うのが適当か。
買取状況は前回より1円下げて984円と重たくなった。(書いていない間に982〜983円を見たことがあった)

ファッションビル・百貨店別商品券
ルミネは全体的に在庫がほとんどなく、今回は中心値がつかず。丸井も在庫は少ないものの、980円は確認できた。
百貨店別は東急の引きが相変わらず強く、993円しか出なかった。デパートのみ相互で使える小田急も990円と高値を継続。他は若干数だが高島屋984円というのを見た。
10,000円券は三越伊勢丹のみ9,920円を確認したが、在庫はこちらもかなり薄い。

信販系商品券
全体的に在庫は多いものの983円前後がほとんどだったが、こちらも一部で980円を確認した。
買取状況は4大信販に関してはすべて980円が上限で、979円と節目を割れる店舗も出てきた。
5,000円券に関しては在庫は薄めで、4,915〜4,960円と価格のブレが生じていた。

流通系商品券
イオンは一時990円超を出すことがあったが、今は安定的で990円で落ち着いている。セブンは在庫調整が終了したのか、988〜990円まで値を戻しつつある。

食事券系商品券
ジェフグルメは475円/枚で安定的。マック株優は今回は調査できず。新規追加のリンガーハットは500円券が破格の420円で出している店舗があった。同店にあった540円券だと465円売りなので75円の差額なので損をしてしまうので、ご注意を。

その他(ピックアップ)
ビックカメラは在庫が調整されたのか、数は少なくなった。しかし、まだ一部で980円は残っていたので、探すのも一理あるかもしれない。
新宿エリアの商品券情報(8/16速報)

今回は一部しか見られなかったので、動きがあったところのみにします。

百貨店共通商品券
全体的に在庫は薄くなっているうえ、986〜991円とぶれが生じていた。
買取状況は983円が最高で重たさはさらにアップしてきた。

信販系商品券
全体的に在庫はあったが、4大信販は全体的に安値傾向になってきていて、981〜983円で比較的拾える状態になっている。
買取はJCB981円が上限だった。

食事券系商品券
ジェフグルメが久々に474円の年初最安値を更新。マック株優は期限チェンジが近くなってきたのかバーガー299円、サイド149円、ドリンク159円中心と値を下げてきている。

ログインすると、残り506件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

金券大好き(゚ー゚*) 更新情報

金券大好き(゚ー゚*)のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済