ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

台風の成長を見守るコミュのこのトピックは複数3つの重要課題が含んでいます。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

本日から気象庁は、台風に発達する可能性が高い熱帯低気圧の予報について、9月9日から5日先まで延長すると発表しました。

 これまで気象庁では、台風については5日先までの予報を提供してきたが、24時間以内に台風に発達する見込みの熱帯低気圧については、予報の誤差が大きく、1日先までの予報としてきた。
1、
【気象庁は9月9日から台風に発達する熱帯低気圧の予報を5日先までに延長】
農業、漁業とダム水管理は台風や大雨強風の早めの予報こそ必要事項。
むろん水害対策と言う家の補強や道路やハウスの補強から米:果物、野菜の収穫対策から農機具や車から家畜も含め勿論人間様の適時の避難若しくは疎開対策も含めて早期の予報が必要ですから各方面大歓迎でしょう、・・・大先輩の米軍やヨーロッパの進路予報やウインディ https://www.windy.com/?28.033,140.493,5,i:pressure の予想の精度に日本の気象庁が使うスーパーコンピューターシステムによる計算能力が同等若しくは上回る事を期待します。
また、この様に*予報を5日先までに延長になった事は、熱帯性例気圧が日本の沿岸部で急速に発達し台風に成り上陸し大きい被害が起きてしまった台風に遭った人からの気象庁や関係者に対しての多数の情願と申し入れだと聞いています。
こうした声に応えてくれた、気象庁頑張れと応援したい。

1◆
気象庁、9月9日から台風に発達する熱帯低気圧の予報を5日先までに延長
https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1275438.html
*************************
2、
【今後の「台風」 最強クラスに発達する可能性 南の海面水温30℃】

火山や地震と同じ感じです、小さいのが幾つも発生してれば大噴火や大地震が起きる事が極めて少ないです。
上記と同じ理由で小型の台風(熱帯性低気圧)が幾つも発生して海水を撹拌して海面水温が下がるなら良いのです海水がかき混ざれづに本州の南の海面水温が30℃と記録的な高さとなっているため、台風が発生すると最強クラスに発達する可能性が十分あるのです。

2◆
今後の「台風」 最強クラスに発達する可能性 南の海面水温30℃
9/8(火) 12:30配信

https://news.yahoo.co.jp/…/1d32a744f0cab7761e707aff1eba602a…

今年は台風のコースが、9月に入っても8月によく見られる経路を通っていますが、今後は、太平洋高気圧が徐々に後退する予想です。秋台風によく見られるコースに。本州の南の海面水温は30℃と記録的な高さとなっているため、台風が発生すると最強クラスに発達する可能性があり、警戒が必要です。

9月なのに8月の台風コース
今年は9月に入っても太平洋高気圧が強く、台風は東よりに進めず、8月によく見られる経路をとりました。台風は高気圧の縁に沿って進むため、今回の台風10号も、先週の9号と同じく、九州の西の海上を北上し朝鮮半島付近へ進むコースをとりました。(台風10号は8日午前3時に温帯低気圧に変わっています。)

台風10号 特別警報まで発達しなかった理由(海面水温1日と6日比較図)
画像:tenki.jp

台風10号は、過去最強クラスの勢力で接近・上陸の恐れと言われましたが、そこまで発達しませんでした。その理由の一つが海面水温です。先週、東シナ海を北上した台風9号や、その前の台風8号が同じようなコースを通ったため、海水がかき混ぜられ海面水温が下がり当初の予想より発達しなかったと考えられます。

台風が通過していない海域 30℃
今年の台風経路を見てみますと、台風1号〜10号まで東経130度付近より西を通っています。本州の南は、8月に暖かい空気に覆われ日射も強かったため海面水温が記録的に高くなりました。その後も台風が通過していないため、海面水温は30℃以上(平年より2℃くらい高い)と記録的に高くなっています。台風は海面水温が27℃以上だと発達しやすいですが、海面水温が平年よりかなり高い状態は、9月下旬まで続く見込みです。

過去最強クラスに発達する可能性も
今後は、太平洋高気圧が徐々に東へ後退するため、9月によく見られる本州直撃コースをとる可能性があります。南の海上は記録的に海面水温が高くなっているため、最強クラスに発達する恐れがあるため警戒が必要です。
************************
3、
【台風11号2020年ノウルたまご米軍ヨーロッパの進路予報は?】
2020年の台風11号は、ノウル[ noul ] だが9月8日現在、たまごは発生しているのか?

既に海面水温30℃に、積乱雲の固まりである対流活動の熱帯撹乱93Wが発生しているとしています。
(この雲の固まりこそ要注意です、写真)

:米軍JTWC9月8日AM2時15分の衛星画像に(台風11号の)卵か
対流活動の熱帯撹乱93Wも表記
3◆
台風11号2020年ノウルたまご米軍ヨーロッパの進路予報は?
https://takenori.info/blog/noul/

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

台風の成長を見守る 更新情報

台風の成長を見守るのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。