ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

BOINC@mixiコミュのPrimeGrid LLRマルチスレッド処理用 app_config.xml

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

app_info.xml を記述するよりも簡単な方法が出てきたのでメモ。

下記を実行する前に、必ずそのPCのBOINC処理中&DLした全てのwuを片付けた上で(予め "新規タスクの取得禁止" を行うなど)、BOINCを一時停止し、BOINCマネージャの終了より常駐を解除してから作業すること。さもないと実行中&DLしたwuをロストする怖れがあります。

<cmdline>-t 4</cmdline>
<avg_ncpus>4</avg_ncpus>
<max_ncpus>4</max_ncpus>

下記にあるこの記述は4スレッドで1つのタスクを処理するという意味になります。1タスクにつき8スレッド処理したい場合は4を8に書き換えれば良いです。

Windowsの場合は app_config.xml ファイルを
x:\ProgramData\BOINC\projects\www.primegrid.com
フォルダにコピーして、BOINCを再起動します。この時に何らかのエラーが出るかもしれませんが、プロジェクトタブから PrimeGrid の "プロジェクトをリセット"すれば良いです。再DLにひたすら時間がかかりますが。


一応、下記の記述は現在テスト中なのでミスがあるかもしれません。


app_config.xml の中身
--------------------------------------------------------------------
<app_config>

<app>
<name>llrTPS</name>
<fraction_done_exact/>
</app>
<app_version>
<app_name>llrTPS</app_name>
<cmdline>-t 4</cmdline>
<avg_ncpus>4</avg_ncpus>
<max_ncpus>4</max_ncpus>
</app_version>


<app>
<name>llrWOO</name>
<fraction_done_exact/>
</app>
<app_version>
<app_name>llrWOO</app_name>
<cmdline>-t 4</cmdline>
<avg_ncpus>4</avg_ncpus>
<max_ncpus>4</max_ncpus>
</app_version>


<app>
<name>llrCUL</name>
<fraction_done_exact/>
</app>
<app_version>
<app_name>llrCUL</app_name>
<cmdline>-t 4</cmdline>
<avg_ncpus>4</avg_ncpus>
<max_ncpus>4</max_ncpus>
</app_version>


<app>
<name>llr321</name>
<fraction_done_exact/>
</app>
<app_version>
<app_name>llr321</app_name>
<cmdline>-t 4</cmdline>
<avg_ncpus>4</avg_ncpus>
<max_ncpus>4</max_ncpus>
</app_version>


<app>
<name>llrPSP</name>
<fraction_done_exact/>
</app>
<app_version>
<app_name>llrPSP</app_name>
<cmdline>-t 4</cmdline>
<avg_ncpus>4</avg_ncpus>
<max_ncpus>4</max_ncpus>
</app_version>


<app>
<name>llrPPS</name>
<fraction_done_exact/>
</app>
<app_version>
<app_name>llrPPS</app_name>
<cmdline>-t 4</cmdline>
<avg_ncpus>4</avg_ncpus>
<max_ncpus>4</max_ncpus>
</app_version>


<app>
<name>llrSOB</name>
<fraction_done_exact/>
</app>
<app_version>
<app_name>llrSOB</app_name>
<cmdline>-t 4</cmdline>
<avg_ncpus>4</avg_ncpus>
<max_ncpus>4</max_ncpus>
</app_version>


<app>
<name>llrTRP</name>
<fraction_done_exact/>
</app>
<app_version>
<app_name>llrTRP</app_name>
<cmdline>-t 4</cmdline>
<avg_ncpus>4</avg_ncpus>
<max_ncpus>4</max_ncpus>
</app_version>


<app>
<name>llrPPSE</name>
<fraction_done_exact/>
</app>
<app_version>
<app_name>llrPPSE</app_name>
<cmdline>-t 4</cmdline>
<avg_ncpus>4</avg_ncpus>
<max_ncpus>4</max_ncpus>
</app_version>


<app>
<name>llrSR5</name>
<fraction_done_exact/>
</app>
<app_version>
<app_name>llrSR5</app_name>
<cmdline>-t 4</cmdline>
<avg_ncpus>4</avg_ncpus>
<max_ncpus>4</max_ncpus>
</app_version>


<app>
<name>llrESP</name>
<fraction_done_exact/>
</app>
<app_version>
<app_name>llrESP</app_name>
<cmdline>-t 4</cmdline>
<avg_ncpus>4</avg_ncpus>
<max_ncpus>4</max_ncpus>
</app_version>


<app>
<name>llrMEGA</name>
<fraction_done_exact/>
</app>
<app_version>
<app_name>llrMEGA</app_name>
<cmdline>-t 4</cmdline>
<avg_ncpus>4</avg_ncpus>
<max_ncpus>4</max_ncpus>
</app_version>


</app_config>

コメント(2)

Ubuntu MATE でも上記の app_config.xml で動きます。
/var/lib/boinc-client/projects/www.primegrid.com のフォルダに置けばOK。

xmlファイルのアクセス権は
周りのファイルと同様に

所有者: boinc-BOINC core client アクセス:読み書き
グループ: boinc アクセス: 読み込み専用

辺りに変更しておくのが無難かも。
>この時に何らかのエラーが出るかもしれませんが、プロジェクトタブから PrimeGrid の "プロジェクトをリセット"すれば良いです。

どうやら、これはやらなくても大丈夫そうな気配です。


あと


<name>llrTPS</name>



<name>llrPPSE</name>

のマルチタスク数 記述は 4ではなく1タスクにしておくか、タグ自体を省いた方が良さげな気がします。SGS(llrTPS)やPPSEみたいな軽い処理のサブプロジェクトでマルチスレッド処理を行うと逆に効率が悪くなる傾向の模様です。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

BOINC@mixi 更新情報

BOINC@mixiのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。