ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 映画 > 劇場に映画を観に行こう♪ > トピック一覧 > 愛唄 −約束のナクヒト−

劇場に映画を観に行こう♪コミュの愛唄 −約束のナクヒト−

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

★★☆☆☆

余命宣告をされた主人公を中心にした、わりとよくあるタイプのお話です。
公開直後に観ました。

最初はありふれた流れのシナリオで、特に可もなく不可もなしという感じでしたが、途中から主人公の行動が、おいおい、いくらなんでもそれをやっちゃいかんでしょう、中高生ならまだしも、いい歳した大人なんだから、と思えるようになり、案の定、だから言わんこっちゃないという展開に。

しかも、相手の女の子の母親に、この子は一見元気そうに見えるかもしれないけど、絶対に無理はさせないでねと言われてから、数分もたつかたたないかのうちに、思いっきり無理をさせるという鶏脳ぶり。

それで、相手の父親からこっぴどく怒られたのにも関わらず、それほど間をおかずに同様なことをまた繰り返そうとするおバカぶり。

その後、相手の母親に思いっきりビンタされても、特に深刻に反省することもなく、全くおかまいなしに自分勝手なことを繰り返しますw

また、ネタバレになるので具体的には書けませんが、別にこいつらがいなくても、この程度のストーリーなら成立するんじゃない?
と思えるような男女が、主要登場人物の中に各1名いました。

スタッフロールを見ていたら、脚本が、GReeeeNと脚本家の連名になっていましたが、前作はどうだったのか知りませんけど、もうこれ以上、映画の世界に進出してこないで欲しいですね。
少なくとも、またこの製作陣による次回作的なものがあるのなら、私はもう観ません。

ということで、ツッコミどころが多すぎて、泣けるような感動的な場面は全くなかったのですが、ヒロインの清原伽耶の演技だけは良かったと思います。

https://aiuta-movie.jp/

コメント(2)

試写会で拝見しました。

私は思ったより良かったし、泣けました。
ストーリーはツッコミが少しありますが、横浜さんと清原さんの繊細な演技が光っていたと思います。
横浜さんの作品がここんとこ色々出ていますが、若手の中でも演技がきちんとできているので安心して見れます。

ラストが少しうるっと顔(嬉し涙)きました。
少しでも長生きして欲しいと思う親心も理解出来るけどその為に一生縛りつけられる人生もつらい。余命宣告された彼だからこそそんな彼女の気持ちを理解する事も出来たし。無理される事も出来た。確かに使い古されたフレーズのような内容の映画だったけど。脚本に作詞者のグリーンが加わった事により新しいイメージが広がった気がしました。古くで新しいそんな感じの映画でしたね。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

劇場に映画を観に行こう♪ 更新情報

劇場に映画を観に行こう♪のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済