ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > ACCEPT -Japanese Prog- > トピック一覧 > DREAM OF TREE ...

ACCEPT -Japanese Prog-コミュのDREAM OF TREE 訳詩

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

Dream of Tree / ACCEPT

PRIME NUMBER PNEV-007

The 6th album of Japanese progressive rock unit
Total concept album with three parts : EARTH, RAIN, HEAVEN

 
Dream of Tree /  ACCEPT

EARTH                      
1. EMBRACE
2. IF I COULD
3. AN ANCIENT VOICE
4 .A DREAM IN A DAY AWAY  
5. REFLECTED
6. A DREAM IN A DAY AWAY  

RAIN
7. WANDERING
8. CROSS-FADING BOUNDARY
9. BLESSING

HEAVEN
10. PROLOGUE TO HEAVEN
11. BLACK MOON
12. DARKNESS OF…
13. JONI’S SKY
14. BLINDFOLDED
15. FINAL LETTER
16. THE PLACE
17. EPILOGUE TO HEAVEN
      



A R T H ----------------------- Track 1 − 6

1 EMBRACE

Among the crowd
Silent trees
Heavy snow falling
I lost again
My dearest, my be loved
Never to meet again
In waking dream, I’ve been missing
All I need is just..
All I want is just
If I only could
….. an embrace

They got no choice
And they got no voice
It was not over
Don’t leave them on the cold streets
Call their names and embrace
All the pains buried in their spines, yeah
Loneliness in children’s eyes
Never let them get in through no more
It’s just begun
Their war was not over
Embrace their memories
Let the light of humanity
shed on their stories
Not too late
It’s not too late
Save them, embrace them
Don’t let them go

1 EMBRACE 抱きしめること

人ごみの中で
また、見失う
沈黙する木々 雪は降り続く
大切な人 もう会えないの?
白日夢の中で、
僕らがほしいもの
私らに必要なもの、、、、 抱きしめて欲しいだけ

あの子らには選択する余地も、声をあげるすべもなかった
まだ終わってはいなかった
あんな冷たい路地に置き去りにしておくのか
あの子らの名前を呼んで、抱きしめてあげたい
脊椎のひとつひとつに刻まれた記憶
子どもの瞳に悲しみが浮かぶ
もう二度とあの子らを戦火を歩かせぬよう
今、ようやく始まったのだ
彼らの戦争は終わってはいなかった
その記憶を抱きしめて
人道の光を彼らの上に
まだ遅くない  遅くない
あの子らを抱きしめ

忘れてはならない

2 IF I COULD

If I could talk to you now
I know you can’t hear me
since I’m talking to you
through the glass of time

I heard your song back in 1961
I see you standing still
frozen and losing yourself
with deserted dreams
with no one to fall back on
I want you to know
I’ve been beside you here

Yes, it takes time
Gonna be rough
Never be easy
Life is always like that

That unbreakable tree
Get close, get into the shade of the tree
Put your ears against the skin
Let your skin feel the warmth
A warm arms embrace you
Don’t pretend as if there’s nothing wrong
Believe in something that great

Here I stand in tears falling endlessly
Tracing the outline of your face
Embracing all of your pains

The belief of that day

2 IF I COULD

もし今、君に話しかけられたらたなら
でも僕の声は聞こえない
それは時間の壁を通して語りかけているのだから

1961年、君の曲は始まった
凍り付いて、立ちすくんでいる
見捨てられ、誰もたよれず
でも、分かってほしい
僕はいつも君を見ていた

残念ながら時間はかかる
道は簡単ではない
でも、人生とは本来そういうものだ

あの壊れない木
近寄って、その木陰にたって
温かな木肌に耳をあてて
その優しい枝を君を抱く
もう、何もないように振舞う必要はない
神の力を信じて

流れ続ける涙の中でここにいる
君の輪郭をたどりながら
その痛みの全てを抱きながら

その日を信じて



3 AN ANCIENT VOICE

Never felt like this before
So heavy clouds in the sky
I feel something blocking the sun
filled up to my fingertips
with a fury I’ve never known
Still an ancient voice echoes
in my heart-beat and in my blood

The pains and aches fo this land
Time won’t heal, even time never mends
Now this time after this seventy years
In my blood, it’s flowing
Gotta get up right now against the wall

On that morning,
an ordinary moment
vanished in the haze and in the moans
They got no words to stand for
that hell-like day
The day of fate

Here’s a spirit handed down
My dear folks gave me down
So I never let it slide down, fall down
Never ever again

Don’t let this sky
get painted in black
Don’t let this sky
get blended with blood
The day of hide-and-seek with you
in the days away

Many convective clouds are gathering
an enormous, dreadful system comes up

I’ve never felt like this before

Here’s a spirit handed down
My dear folks gave me down
All we need is just a praying
for another peaceful morning to come
for our children

So, gotta get up right now
Say it loud right now
Gotta dash to the window
to let your voice mount to the sky

Don’t let this sky
get painted in black
Don’t let this sky
get blended with blood

The day of hide-and-seek never fade away

Here in my heart-beat
Here in my blood
Way back to you

Bring back your heart

3 島の声

こんな怒りはかつて経験したことはない
重い雲が空にひろがり、太陽をかくす
指先にまで満ちてくる、この怒り
昔からの島の声が鳴り響く
私の鼓動に、私の流れる血に

この島の痛み
時間でさえ、それを癒すことはできない
もう70年もたつのに
私の血の中に流れ続けている
「いま、立ち上がらねば」

あの朝
いつものおだやかな時間が霧の中に消えた
言いようのない地獄
運命の落ちた朝

島の魂は受け継がれ
親愛なる祖先の言葉
もう二度と、この空を落としてはならない

二度と空を黒くそめるな
二度と空を血にそめるな
ウージの森でかくれんぼをした日
あの遠い、空の下で

多くの対流雲が集積し
巨大で恐ろしい組織体をつくる

また、明日も子どもらのためにいつもの朝が来るように

だからいま立ち上がって、窓辺にかけよって
さけべ 空に向かって

ウージの森でかくれんぼをした日は永遠だ
島の魂を取り戻せ

4 A DREAM IN A DAY AWAY (instrumental)

5、REFLECTED

Straight into your eyes
I look into your eyes

You’re marching down for the empty alter
All dressed in black

Gotta stem the flow this time

I look into your eyes
I look you in the eyes
I must look myself reflected in your eyes

5、REFLECTED

あんたらの目を見る
私はたちはだかる
あんたらの目を見る
あんたらが我を取り戻すよう

空っぽの祭壇に向かって行進している?
そんな真っ黒に装って

今回ばかりは、この流れを止める必要がある

あんたらの目を見る
あんたの心を見る
そして、あんたらの目に映りこんだ私自身とも会話する


6 A DREAM IN A DAY AWAY 供( instrumental)


RAIN ---------------------------------- Track 7, 8、9


7 WANDERING (instrumental)

8 CROSS-FADING BOUNDARY (instrumental)

9 BLESSING

Waiting for this rain
I’ve been waiting for this rain
It allows me to feel a touch of sky
It gives me the reason to be


Right before the night falls
before too long
the heavy clouds will be gone
Read between the rains in metaphor

Bless this rain
Deep in the forest
Bless this rain
Renew your soul in the days away

If you can hear it, you’ll be alright
If you can feel it, you will make it right
When the heaven starts to open wide
You’ll see the light through the clouds
before your eyes

Right before the night falls
before too long
the time may come
Be ready to meet the one you’re supposed to do

Bless this rain
Subside the tides of the doubts
Bless this rain
Let your moon shine on the tree-tops

Fear of losing makes you blind
and makes you lose the faith in you
But it’s the time to get it back once again

Now you’re here
In a cross-fading boundary
A change is coming

If you can feel this touch of rain
If you can hear this sound of rain
You’ll be alright
You can make it right

Where will the horizons meet?
Where will the moon rise in tonight?
When did this wind start to blow?
Why did I call your name before I knew you
Tell me why

The moon starts to shine in the crescent
Earthlight reflects the dark side of the moon
In this cross-fading boundary

When this tune fades out
The sound of the rain fades in front of you
And you will know where you are


9 BLESSING 恵み

この雨を待っていた
この空の感触
僕がここにいる意味
日が落ちる前に、まもなく
重い雲は去るだろう
雨粒の隙間に、この瞬間の意味を読む

雨の恵み  深い森の中に
雨に感謝し  遠い日の自分を再生させるのだ

その声が聞こえたら、もう大丈夫
ヘブンはまもなく見えてくる
雲の間から光がさす

そこで、運命の人に遭う

雨の恵み
疑念の波を鎮め
雨に感謝して
君の月はその木の上に光る

いま、「かたわれどき」
変化のとき
その音が聞こえたら、もう大丈夫

どこで地平線とまじわる?
今夜、どこから月がのぼる?
この風がふきはじめたのはいつだった?
君と出会う前から、君の名前を呼んでいた なぜ?

この曲が終わるとき
雨の音が君の心に入り込んでくる
そのとき、自分がどこにいるのか気づく

HEAVEN ------------------------------ Track 10 −17


10 PROLOGUE

11 BLACK MOON

Noise of desire
Voice of messiah
What would you see in this darkest night?
Echo of nothing
Echo of everything
There’s no way out, no denying

A tree of an old and wise
A dream of the divine starlight
Meaningfulness of the invisible moon
Let it shine in you
Get ready to give
Be up to it

What’s real for you
while nothing seems real
No turning back
The days of innocence sway your senses away

You can’t escape the scape-like in1984
Don’t try to leave what LOGOS excludes
another aspect of view
Noise of desire
Voice of messiah


11 BLACK MOON

欲望の誘い 救世主の御声
この暗闇に何をみる
何もないこと すべてのもの
渦巻いて出口はない 否定もできない

老賢者の木 神の星空
見えない月の意味深さ 
それを君の心の中に
今、時がきた そこに目をむけて

全てが疑わしい中で、
君にとっての真実とはなに?
もう、引き返せないのに
あの無邪気だった時代の記憶に足をひっぱられているようだ

1984年のようにはいかない
「ことば」にできないことを置き去りしないほうがいい
ちがう世界がそこにある

欲望の誘い  救世主の声
この暗闇に何を見る?

What could you see in this darkness?


12 DARKNESS OF…

not always required bullets and guns
get caught in the undertow
swallowed by anger and hunger
fence of anonymity beautiful illusion
anonymity kill man
what’s spread
anonymity kills man

DARKNESS OF …

戦争を始めるのに必ずしも銃は必要ない
怒りと貪欲に飲み込まれて
「匿名性」は人を殺す
「匿名性」美しい幻想の城壁


13 JONI’S SKY

Silent respiration
(This forest so deep)
A new summer’s almost here
(And I love her)
But she went alone

Been asking myself
Been so hard on myself

What all of this brings
Summers of us all comes back to me now
so clearly right now here

(She) breathes in here with me
Sleeps in there
With all these trees
With silent prayers

Lessons in tears
Truth in fears

Hey, innocent sky
Can you give me, show me that why
(Why is this world so beautiful?)
Time wouldn’t pace with mine
I wonder how many ones deserted in the void
of sky and time like me so far

13 JONI’S SKY

森の呼吸(この森の奥深くで)
また夏がきた(今も彼女のことを想っている)
でも、あの子は一人でいってしまった

ずっと自責、自問し続けてきた

この経験がもたらすもの
あの夏が今も蘇る、くっきりと

きっと私と呼吸を合わせている
そこに眠りながら
この木々と一緒に
静かなる祈りとともに

涙の中の教訓
恐怖に潜む真実

無垢なる空よ
わたしの問いに答えてほしい
(それにしても、なんて世界は美しいまま)
世界の時間は私の時間と決して同期しない
こんな目にあうのは私だけではないよね?
空や時間の落とし穴にはまりこんで
世界に見放された人が・・

14 BLINDFOLDED

Lined up on the platform
Lined up at Lost and Found
Looking up to the fake sun
Disguising, faceless, derisive

Blindfolded
Left out of what’s going on
Upon an open dessert under the suburban sky
When the tides grows wilder
Acid rain will take place

The fly-brown minister
And the unwise opposition party
Not number but human, we are

Whatever we say
Cast into the landfill
We’re nothing to them?

14 BLINDFOLDED 目隠し

プラットフォームに並び
落し物のカウンターに並び
うその太陽を見上げている人々
虚偽 没個性 恣意

目隠しされて、真実から切り離されている
田舎の空の下に放り出されて
波が高くなったとき、酸性雨が世界を覆う

腐った大臣に、さえない野党
我々は人間だ、数じゃない

何を言ってもゴミ箱いきか?
我々の存在は連中にはなんの意味もないのか

15 FINAL LETTER

I tell you’ve already been
a part of this story
even if the words are lost
and the author becomes unknown
This tale of the three trees
will be handed down and down
Your turn from now

Who could find out a comet
In a dazzling sky
Never ever did I see
Such a big inflation of words
Yes, it obscures the dark side
There should be
Buried in minor details
(That) may keep the truth from you
When you feel unsafe
Why don’t you turn down the light
in your eyes
to lower threshold of the senses
The essence of life is quite intangible

Heaven may come and go
When it’s not special
It’s like a bubble
It’s like a flash
So keep your sense so keen
unless you miss it
And keep your mind as open
as when you came to know this story
Once swallowed by desire, you’ll be lost

After all we’re in a state of FLUX
Nothing stays the same
So meanings and memories help you
lead your way
Keep it mind, my son

15 FINAL LETTER  遺言

もう既に君もこの物語の一部だよ
言葉が失われ、作者がわからなくなっても
この「三本の木」のお話はずっと語り継がれるんだ
これからは君の番だ

ぎらぎら輝く空に彗星が見えるか?
こんな言葉の膨張した世界は見たことがない
あるべき暗い側をぼやかしているんだ
どうでもいいことが多すぎて
本当のことが分かりにくいと思う

不安になるときは心の明かりを暗くすればいい
感覚の閾値を落としてみるんだ
流れる星を感ぜられるように
世界の本質は実に不可解だからね

「へぶん」って、本当は何でもないときに
あちこちに現れているものだと思う
それは泡ぶくみたいに
それは閃光みたいに
だから感覚を研ぎ澄ませて見逃さないように
この話しを知り始めたときのように
受信機を開放して

欲望に飲み込まれたら、もうどこへもいけない

何にしても世界は浮き沈んで、片時も静止しないもの
だから「物事に意味づけすること」や
「記憶」が自分をつくるのに役立つと思う
タイキくん おぼえておいてほしい

16 THE PLACE

A sensation lingers on so long
after I wake up
That pale view that I hardly recall
But I’m sure there are a few things so quite right
In this moment

That is the place I’ve known since before
That is the sky fell down before
That is the soil we fell down on before
Standing at the edge of the fault of the time
I’m starting to know
the smell, old and sweet ,of that sky and soil
might not be back anymore

I’ve thought it’s the thing of the past
And the flow of time never let it happen again
But we’re here to stand
We’re losing sight of way
What a glorious day!
We’re breaking down the bridges
we have built all the time
Does it mean it’s what it is supposed to be
though we’ve come here somehow

Heaven is here
This is the place we belong
This is the place we started out from
Now look, we can see the traces of us
We’ve come this far
Such a long way away

Better not find an answer
Rather try not stop asking yourself
Stay open
questioning, raising, voicing
casting doubt upon we have done to this world

Welcome
Welcome to this floating world
To this world

16 THE PLACE

目が覚めた後も、余韻が消えることはない
ほとんど思い出せない、あのうっすらした風景
でも、今確かなことがある

あれは昔に知っていたところ
あの空はかつて崩れ落ちた空
あの地は僕らが倒れこんだ地
この時代の断層の淵にたって
だんだん分かってきた
あの懐かしい空と大地はもう戻らないのかもしれない

そのことはもう過去のことかと思っていた
二度と起こるものとは思っていなかった
でも、今僕らは迷い後になって立ち尽くしている
なんて素晴らしいことか
自ら築いてきた橋を壊しているではないか
これが僕らの運命ってこと?
せっかくここまで来たのに

「へぶん」はここ
ここが僕らの住む世界
ここは僕らがスターとしたところ
見てごらん 僕らの足跡が見える
こんな遠くまで来てしまった
こんな遠くまで

たったひとつの答えを得ようとしないほうがいい
むしろ、問い続けて
疑って、声にだして
今日までこの世界に何をしてしまったかを考えて

何ができるんだろう
何をするべきなんだろう

ようこそ
この浮き世の世界へ
ようこそ、この世界へ

17 EPILOGUE



以下は見開きの右下のクレジット

ACCEPT : Japanese Progressive Rock Unit
Hisao : all compositions、basses, keyboards,
guitars, programming and vocals
(using CUBASE and LOGIC)

thanks to

saaya for a front drawing
Kiyoko Kobayashi for a rear drawing
Nana Uekawa for art design
Kazuhiro Takeuchi (MUSIC POD) for mastering
Hidetoshi Takumi for technical advice

Shigezane Saneshige, Seihachirou K. for supporting me

The concept of “Dream of Tree” is based on a dream Taiki once had

With respect for beautiful lines of
“And I love her” and “OEDOCHOSAMO theme”

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ACCEPT -Japanese Prog- 更新情報

ACCEPT -Japanese Prog-のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済