ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

森ノ宮医療大学コミュのリハまとめ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

(1)理念
 【1】自立生活:自分で生活をコントロールできる。
 【2】ノーマライゼーション:正常化 → 障害者も権利者、障害者を含めて正常な社会、健常者と同じパターンで暮らせる。
 【3】完全参加と平等:1981国際障害者年のスローガン → 完全に溶け込み社会参加、差別されないこと。(完全参加の阻害因子は偏見。)
 【4】QOL:生き甲斐、よろこび、満足などの障害者の生活の質を高める。
■【5】総合リハビリテーション:リハはあらゆる角度から。それによりQOL向上。

(2)意味
 【1】復権、名誉回復。
■【2】社会復帰、訓練回復。(リハの意味は「機能訓練」や「養育」ではない。)
 【3】re再び、habilis適した、ationにする。

(3)分類
 【1】医学的リハ(身体的、心理的リハ)
 【2】教育的リハ(特別支援教育、職業的再教育)
 【3】職業的リハ(就労前指導、就労促進)
 【4】経済的リハ(生活保護、年金、手当、用具の給付)
■【5】社会的リハ(施設、町づくり、地域リハ、ノーマライゼーション、通所リハ/デイケア)

(4)ICIDHの三つのレベル
 【lv.1】機能障害 = どこがわるいか 
 【lv.2】能力障害 = なにができないか
 【lv.3】社会的不利 = どのような不利か

(5)ICIDHのレベル別アプローチ
 【lv.1】機能障害 = 改善・回復、予防・治療。(医学的リハ)
■【lv.2】能力障害 = 代償的、補助的アプローチ、残存機能強化、義肢・装具。(医学的リハ)
 【lv.3】社会的不利 = 改革・改善アプローチ/家屋・教育・意識に対して。(教育的リハ・職業的リハ・社会的リハ)

(6)ICFのレベル
 【lv.1】心身機能と構造が健常な状態か機能障害そのものの治療、合併症治療である。
 【lv.2】生活活動ができるか残存機能による代償、装具、義肢などである。
 【lv.3】社会への参加ができるか環境の改善、機会均等などを行う。

(7)ICFの事例
【1】形態異常:角度測定で評価;ROM維持訓練=他動運動、ROM拡大訓練=伸張運動。
【2】筋力低下:MMTで評価;筋力維持訓練=自動(介助)運動。
【3】全身障害:早期発見;除圧、円座、体位変換。

(8)筋力測定
<ダニエルの6段階評価>
5 正常 100%
4 優 75% ある程度の抵抗を加えてもなお重力に抗して正常可動域いっぱいに動く
3 良 50% 抵抗を加えなければ重力に抗して正常可動域いっぱいに動く
2 可 25% 重力を除けば正常可動域いっぱいに動く
1 不可 10% 筋の収縮はみられるが関節運動は起こらない
0 ゼロ 0% 筋の収縮はまったく認められない

(9)ROM
■股関節、肩、肘の3つだけ。
■それぞれの「指標」「基本軸」「注意事項」。
肩の屈曲:基本軸は肩峰を通る床への垂直線:移動軸は上腕骨
肩の伸展:基本軸は肩峰を通る床への垂直線:移動軸は上腕骨
肩の外転:基本軸は肩峰を通る床への垂直線:移動軸は上腕骨
肩の内転:基本軸は肩峰を通る床への垂直線:移動軸は上腕骨
肩の外旋:基本軸は肘を通る前額面への垂直線:移動軸は尺骨

肘の屈曲:基本軸は上腕骨:移動軸は橈骨
肘の伸展:基本軸は上腕骨:移動軸は橈骨

股の屈曲:基本軸は体幹と平行な線:移動軸は大腿骨(大転子と外顆)
股の伸展:基本軸は体幹と平行な線:移動軸は大腿骨(大転子と外顆)
股の外転:基本軸は両側の上前を結ぶ線への垂直線:移動軸は大腿中央線(上前と膝蓋中心)
股の内転:基本軸は両側の上前を結ぶ線への垂直線:移動軸は大腿中央線(上前と膝蓋中心)
股の外旋:基本軸は膝蓋骨からの垂直線:移動軸は下腿中央線(膝蓋骨と外果中央)
股の内旋:基本軸は膝蓋骨からの垂直線:移動軸は下腿中央線(膝蓋骨と外果中央)

(10-a)肢長
 【1】上肢 = 肩峰から橈骨茎状突起
 【2】棘果長 = 上前から内果
 【3】転子果長 = 大転子から外果

(10-b)
 【1】上腕、前腕 = もっとも太い部。
 【2】大腿 = 膝蓋骨底から5(10、15)cm。(大人)
 【3】下腿 = もっとも太い部、足首。

(11)次の評価法の名称と実施対象
 【1】脳性麻痺:運動発達検査、ボバース法検査、ボイタ法検査
 【2】脳卒中:ブルンストロームの回復ステージ
 【3】脳性麻痺:ボバース法
 【4】パーキンソン病:ホーン・ヤーの重症度分類
 【5】呼吸器疾患:ヒュー・ジョーンズの基準
 【6】関節リウマチ:スタインブロッカーの基準、ランスバリーの基準
 【7】心疾患(METs)
 【8】循環器疾患の運動許容基準:アンダーソンの基準、運動負荷試験、酸素消費量による運動許容量メッツの判定
★この設問がなんのことだか分かる方、重要箇所の教えてください。
★★あと、p36のバーセルヒムについて、教科書のある人は教えてください。

(12)日常生活動作
設問はADLに入るものはどれか?だそうです。
1.主に上肢を使う動作
更衣動作、食事動作、衛生動作(入浴、洗面、排泄、整容)
2.移動動作
寝返り、起坐、起立、歩行、階段及び斜面昇降 、這うこと。
3.コミュニケーション
書字、読書、会話、聞き取り、電話
4.器具の使用、その他

(13)理学療法と作業療法の違い
■【1】対象 = 理:身体に障害のあるもの。作:身体あるいは精神に障害のあるもの。
■【2】目的 = 理:基本的動作能力の回復。作:日常生活動作能力、社会的応用動作能力の回復。
 補足:職業前評価と職業前訓練は作業療法の仕事。
 補足:自助具の政策も作業療法の仕事。

(14)物理療法の種類と特徴
■【1】湿熱療法:ホットパック、パラフィン浴。
■【2】乾熱療法:高周波、赤外線。
 【3】光療法:日光、紫外線、赤外線。
 【4】電気療法:低周波、高周波。
 【5】寒冷療法:アイスマッサージ、コールドパック、超低温ガス。

*紫外線療法はビタミンD活性、くる病対策。
*ホットパックは80度にあたためる。
*パラフィン浴は45度にあたためる。

(15)運動療法の手技の名称と目的
【1】他動運動:関節可動域維持訓練;術者がROM範囲内で運動させる方法。
【2】伸張運動:関節可動域増大訓練;術者がROM拡大のためにおこなう方法。

(16)運動療法の効果
【1】ROM制限の予防、改善。
【2】筋萎縮の予防、改善。
【3】筋の協調性の改善。
【4】筋緊張の抑制。
【5】不随意運動の抑制。
【6】呼吸機能の改善。
【7】循環機能の改善。心拍数、血圧上昇。
【8】代謝促進。

(17)作業療法の説明
■ 身体「または」精神に障害のあるものに対し、「応用動作能力」「社会適応能力」の回復を目的として、木工、金工、竹細工などの作業をおこなわせる。
具体的には、セラプラスト、ペグボード、サンディング。精神科作業療法では農作業。

(18)言語聴覚療法
【1】言語:失語、構音障害、吃音。
【2】聴覚:難聴。
*運動性失語は理解力あり、ジャーゴンはない。(ブローカ失語)
*感覚性失語は理解力なく、ジャーゴンがある。(ウェルニッケ失語)
*抹消機能障害による構音障害、発声障害、吃音は、声帯、口、歯、鼻、舌、呼吸器、入れ歯が原因。

(19)装具使用の目的
【1】拘縮、変形の防止と矯正
【2】局所の固定、安定、安静
【3】機能の補助、改善
【4】筋力低下の補助
【5】体重免荷、支持

(20)疾患と使用する装具の組み合わせ
尺骨N麻痺=ナックルベンダー
腰痛=ダーメンコルセット、ナイト装具、ウイリアムズ装具、テーラー型装具
側弯症=手関節背屈保持副子/ミルウォーキーブレース
橈骨N麻痺=カックアップスプリント/トーマススプリント
正中N麻痺=対立副子
先天性股関節脱臼=リューメンビュルゲル型装具/パブリックバンド
短下肢装具=靴べら型装具
扁平足=トーマスヒール
頸椎損傷=BFOバランスィッドフォアームオルソーシス

(21)杖または松葉杖の長さ
■杖の長さ【1】地面から大転子または橈骨茎状突起までの長さ。
     【2】杖を足先斜め20cmのところに突き、肘関節が30度屈曲する長さ。
松葉杖の長さ
     【1】地面から乳頭または肩甲骨下角までの長さ。
     【2】伸張 - 4cm
     【3】松葉杖を足先斜めの20cmのところに突き、股関節が30度屈曲、脇に2〜3本の指が入る隙間が出来る長さ。

(22)杖歩行
杖の平行歩行
   ■【1】常時2点歩行(3動作歩行):杖 → 患足 → 健足
   ■【2】2点1点歩行(2動作歩行):杖と患足を同時 → 健足
杖の階段昇降
    【1】のぼり:杖 → 健足 → 患足
    【2】くだり:杖 → 患足 → 健足

(23)松葉杖歩行
両脚同時歩行
 【1】交互引きずり歩行:右松葉杖 → 左松葉杖 → 両足同時引きずり。
 【2】同時引きずり歩行:両松葉杖 → 両足同時引きずり。
 【3】小振歩行:両松葉杖 → 松葉杖まで軽く飛ぶ。
 【4】大振歩行:両松葉杖 → 松葉杖を超えて大きく飛ぶ。

両足交互歩行
 【1】4点歩行:右松葉杖 → 左足 → 左松葉杖 → 右足。(能力順)
■【2】3点歩行:両松葉杖と患足 → 健足。
 【3】2点歩行:右松葉杖と左足 → 左松葉杖と右足。
 【4】免荷歩行:片足をつけない。
*対麻痺は4点歩行、免荷歩行。
*骨折など片方が健脚なら「3点歩行」。

(24)人体のテコの構造
第一のテコ:肘伸展の力点は上腕三頭筋、片足立ちの股関節で力点は中殿筋、足関節底屈で力点は下腿三頭筋。
第二のテコ:つま先立ちで力点は下腿三頭筋。開口運動で力点は舌骨上筋。
第三のテコ:支点 → 力点 → 作用点の関係

(25)関節運動の名称(定義)
【1】屈曲:基本肢位から前方への運動/関節を構成する2骨が接近する運動。
【2】伸展:基本肢位から後方への運動/関節を構成する2骨が離れていく運動。
【3】内転:外転位から戻る運動/さらに内に向かう運動。
【4】外転:基本肢位から外に向かう運動。
【5】分回し運動:コンパス様の運動。
【6】対立運動:母指と他の指が向かい合う運動。
【7】回転:2軸性、多軸性関節の総合運動。

(26)姿勢と重心、重心線
【1】重心は足から55-56%の高さ、第2仙椎の前。
【2】重心線は頭頂、耳垂の前、肩峰、胸-腰の椎移行部、第2仙椎の前、「大転子の前(股関節の後)」、膝関節の前(膝蓋骨の後)、舟状骨(外果の前2.5cm)

(27)歩行に関する用語
【1】一歩:右足から踏み出した左足までの単位。
【2】歩幅:一歩の距離。
【3】重複歩:一足の踵接地から同側の踵接地まで。
【4】重複歩幅:重複歩の距離。
【5】歩隔:両足の間の距離。
【6】歩角:かかとから親指の向いた角度。
【7】歩容:歩く姿。
【8】歩行率:ケイデンス。一定時間あたりの歩数。
【9】歩行観察のポイント:歩容と歩行速度。

(28)歩行周期
■【1】立脚期:踵、足底、立脚中期、踵離れ、足先離れる。「60%」
 【2】遊脚期:加速期、遊脚中期、減速期。「40%」
 【3】両脚支持期:二重支持期、同時定着期とも。「20%」

(29)異常歩行と疾患の組み合わせ
「最後の授業の内容」
 【1】大殿筋歩行:進行性筋ジストロフィー
 【2】中殿筋歩行:トレンデレンブルグ
 【3】パーキンソン病:すくみ足歩行、加速歩行、小刻み、突進、前かがみ歩行。
 【4】進行性筋ジストロフィー:つぼ腹歩行、動揺性歩行、大殿筋歩行。
 【5】片麻痺:しょ泥歩行、下垂足歩行、ぶん回し歩行、草刈り歩行。
 【6】脳性麻痺(小児):はさみ歩行
 【7】 〃  :アテトーゼ型:いも虫様運動
 【8】脊柱管狭窄症:間欠性跛行

コメント(1)

受験後記:

重心は【1】【2】ともに出ました。とくに2はきちんと理解しておく必要があると思います。(膝関節の前か後か)

また「長谷川式」が掲載されている項目はすべて覚える必要がありそうです。
(ちなみに私のまとめではぬけています)

あとは、(3)(4)(5)(6)(7)をより詳細にまとめなおして正確に覚えれば合格間違いナシでしょう。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

森ノ宮医療大学 更新情報

森ノ宮医療大学のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング