ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > Arrived Energy On Earth > トピック一覧 > communication r...

Arrived Energy On Earthコミュのcommunication room

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

投稿されている海外からのメッセージを読んでも

 へぇぇ〜
 ふぅぅ〜ん
 ほぉぉ〜      ってな感じになるばかりで、


とりわけコメントすることもなかったりするかも?

と思って、気軽にお喋りできる場を作りました。

私(管理人:Jueux)と あなた だけではなく、
ここに集う人たちが一緒になってお喋りできたら
いいなぁ☆と思っております。

気軽にご利用くださいませ。

(もしも、場の空気を乱す・調和を乱すような書き込みが
 あった場合は管理人の判断で削除することがあるかもしれません)

コメント(314)

こんにちは。
>>[274] 坂本誠さん が引用してくださった記事に関してです。
イタリア在住の一人の意見としてお聞きください。

この議院中継を見る限りいつも通りの様子なので、
『ケッシュ財団のフリー・エネルギーだから』マイクを途中で切られたというのでもなさそうです。
議員の発言には設定時間があったりして、時間がくると議員がまだ話していても
その途中で「ありがとうございます」と議長が述べて
マイクの音源が切られることは、イタリアではしょっちゅうあります。

ちなみに、マイクのスイッチを切ったのは、
大統領(presidente della repubblica)ではないと思います。
動画を見る限り大統領の姿がありません。
それに、大統領が議会に参加することは滅多にありません。

どこにマイクのスイッチがあるのか私は分かりませんが、
推測するに、マイクを切ったのは、当時の下院議院の議長フィー二です。


イタリアでは、議院の発言中にマイクが切られるのはよくあることと、

>マイクのスイッチが大統領により切られる

と表記されてしまうと、なんだか大層なことのようになってしまう感じがして
意見を述べさせていただきました。
>>[275]

ご意見、ありがとうございます。

日本での、ブログの翻訳者の方に、伝わるように、努力いたします。
しかし、イタリアの下院議員の議長であるということは、わかりました。

本当に、ありがとうございます。
しかし、議会での発言の途中に、突然に、マイクが切られるという行為は、日本では見られないので、ちょっと、ビックリしました。
また、ケッシュ財団の話自体は、その後、イタリアの議会で、どうなったのか、らら@ともこさんは、お知りにならないでしょうか?
イタリアで、情報が掴めていましたら、お知らせいただけると幸いです。
どうか、よろしく、お願いできないでしょうか。
ディスクロージャーについて_No.4


こんばんわ夜

GW中ですが、いかがお過ごしでしょうか。
「ディスクロージャーについて_No.3」の続きです。

昨日(2013/4/29)から、米国のワシントンDCのナショナルプレスクラブで、米国市民の40人ぐらいの人が、UFOの目撃や証言を前米国議員の前で行われました。
その光景が編集されたビデオカチンコがYouTubeで流れています。

Citizen Hearing Day 1 Overview


http://www.youtube.com/watch?v=idIaOOiHR7A

公開日: 2013/04/30

日本語の字幕は付いていないものの、その様子がうかがえると思います。
ディスクロージャーについて_No.5

こんばんわ夜
昨日の段階で、無事に、米国のワシントンDCのナショナルプレスクラブでのディスクロージャーの公聴会が終了したようです。
この公聴会には、米国市民以外の外国の人も参加したようです。
YouTubeにも、幾つか、ビデオ映画が流されているようです。
二つほど、ご紹介させてください。

We Have a Space Military Force, it is in Existence

http://youtu.be/kJHnMicpS2Q


Denial, it doesn't happen, doesn't exist, nobody talks about it, they're idiots !

http://youtu.be/PR6E9vbNotY


また、何かをご連絡したいかと思います。
278番の補足です。

YouTubeの動画を貼り付けようとしましたら、うまく貼り付きませんでした。
ですから、該当のURLをブラウザのURLボックスに入力すれば、ビデオを見られると思います。
ディスクロージャーについて_No.6

こんにちわ富士山

GWも終わろうとしていますね。

今日の、米国のワシントンDCのナショナルプレスクラブでのディスクロージャーの公聴会の様子は、スティーブン・グリア博士のものです。
日本語訳はついていないのですが、どうぞ。

Citizen Hearing: Dr. Steven Greer Testimony YouTube



http://www.youtube.com/watch?v=3KCQXQLmHhc
皆さまおはようございます☆

こちらはどなたの創造かわからないのですがとてもご紹介したく思いましたので
http://japonese.despertando.me/

感謝と共に☆
こんにちわ富士山

他のコミュの方も色々と、ディスクロージャーの米国の公聴会のことを知っておられて、情報の共有が進んでいます。
公聴会の5日目に発表されたらしいものを紹介します。

元CIA工作員が、エリア51について語っています。

私も、「Huff Post WEIRD NEWS」というニュースに行きまして、がんばって、それを翻訳してみました。
以下に、2回に分けて掲載させて頂きます。
-----------------------------------
Huff Post WEIRD NEWS

link to this --> http://huff.to/16A4lyQ

匿名の目撃者は、エリア51とエイリアンとアイゼンハワーについてにギョッとさせる証言を行います。
http://www.huffingtonpost.com/2013/05/03/citizen-hearing-on-disclo_3_n_3208536.html?utm_hp_ref=weird-news#41_anonymous-witness-gives-electrifying-testimony-about-area-51-aliens-and-eisenhower


CHD・オーガナイザーのスティーブン・バセットは、先の議会のパネルに以下のものを発表しました。
15分のビデオは、77才の老人の紹介をしようとしていました。
彼は非常に悪い健康です。
そして、彼は、彼に起こったことの話を暴露する機会を得たかったのです。
それは、1958年の ドワイト・アイゼンハワー大統領の下に、彼がCIAのために働いていた間のものです。

バセット:

「ある意味で、このビデオは、向こうでの多くの人々を代表します。
彼等は、このように委員会の前に来ることができませんでした。
そして、その人々は話したがっています。
しかし、それは難しいものです。
この問題に相互に影響した大多数の人々、政府のために働いている間、40年代に、その情報を得ました。
その情報は、彼等が、墓に持っていくものでした。
そして、彼等は話しませんでした、彼等は話さないように言われていた、、、。

「この紳士は、話そうとしない彼の政府から、数多くの脅迫を受けました。
しかし、彼はこの証言が提示されることを望みました。
そして、私達は同意しました。
彼は、2人の研究者によって面談されるだけでした。
彼等は、今日、ここにいるリンダ・ムールトン・ハウとリチャード・ドーランです。


CIAが慣例的にその人々のアイデンティティー(身元)を認めないことは、確実な結論です。
その人々はその機関のために働いています。
なので、私達はこの男性が誰であるかを確認することが出来ませんでした。
私達は、彼の証言の一部を紹介することができます。
彼がUFO歴史家のリチャード・ドーラン(下の写真の左に見えている)と話したように。
「X」 ― 私達はここで彼をこう呼びます ― は、以下の事を、詳しく話しました。
彼が、UFO研究の空軍の「プロジェクト・ブルー・ブック」を含んでいる特別なプロジェクト上でどのようにCIAのために働いたかを。
(彼の労働は、1969年に終わる前におよそ20年の間行われました。)

Anonymous goes on the record


http://www.youtube.com/watch?v=GX0FaindPPo


((続く))
((続き))

X:
「『プロジェクト・ブルー・ブック』は、部分的に、一つの詐欺でした。
しかし、私達が得たケースは、ペンタゴンまたはCIA本部から来ませんでした。
私のボスは、私に「プロジェクト・ブルー・ブック」について詰め込みました。
そして、彼等がここまで見つけたものを、グレイとエイリアンとロズウェル事件に限り、私に詰め込みました。」

ドーラン:
「これがあなたにもたらされた時、あなたは、どのように感じましたか?」

X:
「はい、私はこれの全てに、ちょっと圧倒されました。
私のボスは以下のように言ました。
『私達は、これらのエイリアンについて知るためのアイゼンハワー推進の一部になろうとしている。』
私達は、大統領執務室に行きました。
アイゼンハワー大統領とニクソンは、そこにいました。」

この点で、アイゼンハワーは、どのように動揺していましたかについてを、Xは、語り続けようとします。
それは、ネバダの一つの基地で続いている活動を、彼が学んだ時のものです。
(その基地は、Area 51として後で名前を変えられました。)
その基地には、伝えられるところによると、政府が管轄権を持っていませんでした。
アイゼンハワーは、そこで続いていたことを発見するために、基地にXと彼のボスを送りました。

彼等が到着した時に、彼等が見たものをXは述べました。

X:
「異なったガレージ、ドアの開放がありました。
そして、その中で、彼等は異なったソーサー・クラフトを持っていました。
最初のものは、ロズウェル・クラフトでした−
それは、ちょっと衝突しました。
しかし、明らかに、あらゆるエイリアンは、一組を除いて死にました。
後ほど、私達は検死映画を見ました
そして、大佐は言いました、
『私達がここに持っているものは、私達がグレイ・エイリアンと面談しているものです。』」


ドーラン:
「あなたはその瞬間をどのように感じましたか?」

X:
「私は考えたよ、ボーイ。
私達は、本物を見ようという考えは無かった。
私達が見たすべてのものは、フィルムでした。
私のボスは、中に入って、部分的なインタビューをすることができた。
この一つのものは、少し小さな東洋人に見えた。
それは、肌色に限り、人間に見えませんでした。
それは、脳が少しだけ、ちょっと、大きかったです。
とても、とても小さな鼻と耳は、まるで穴のようでした。
そして、口は非常に小さかったです。」

Xと彼の上司は、再びアイゼンハワーとニクソンに会うために、ワシントンに戻りました。

X:
「また、フーヴァー(アメリカ合衆国の第31代大統領)が、そこにいました。
私達は、彼等にエイリアンと全部の状況について話しました。
そして、彼は全くショックを受けました。
初めて、彼は、心配するように見えました。
アイゼンハワーは言いました、
『私達は、完全にこのことを秘密にしておかなければならない。』」

===============================
(終わり)
>>[284]

いえ、こちらこそ、お読みいただき、ありがとうございます。
m(_ _)m
私は、ケッシュ財団のフリーエネルギー発電機を、よく紹介していましたが、ブラジルの会社も、フリーエネルギー装置を開発したようです。


(以下、ブログ「ほんとうがいちばん」様、2013年5月6日記事より引用)
http://mizu888.at.webry.info/
===============================
ブラジルで開発・公開されている「フリーエネルギー装置(RARエネルギー社)」
http://mizu888.at.webry.info/201305/article_17.html

ブラジル・RARエネルギー社のサイト ⇒ Welcome to PESWiki
http://peswiki.com/index.php/Directory:RAR_Energia_Ltda_Gravity_Motor


以下、『日本や世界や宇宙の動向』様より抜粋して転載
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51881618.html

ブラジルでフリーエネルギー装置が造られました
http://beforeitsnews.com/science-and-technology/2013/05/free-energy-machine-created-in-brazil-coming-to-illinois-in-the-fall-of-2013-2584452.html
(概要)
5月5日付け:
ブラジルで非常にユニークな世界発のフリーエネルギー装置が開発されました。

この装置は今年の秋にイリノイ州に搬入されます。
フリーエネルギーは地球の重力だけで供給されます。
この装置を起動すると永久的に稼働し続けます。
以下のビデオにて、どのようにこの装置が組み立てられるかを観ることができます。

ウェブサイトには重力モーターについて多くの情報が提示されていますが、ブラジルの会社(RARエネルギー社)ほど試作品についての情報を公開している所はありません。
イリノイ州立大学によると、ブラジルの大豆プロセッサー・メーカーのインコブラサ社は重力モーターの技術を持っているとのことです。
インコブラサ社は、今年の秋にデモンストレーション用のモデルをイロクオイス・カウンティのギルマンにある工場に設置する予定です。
インコブラサ社は1か月前からイリノイ州とブラジルの地元新聞の広告欄に重力発電装置を開発したことを載せました。

インコブラサ社のリベイロ社長から届いたEメールで、この製品についてのいくつかの詳細を教えてくれましたが、同時に、このような発電技術の開発は何世紀も前から模索されてきたが、人々が懐疑的になるのも当然だ、と伝えています。
彼は、この技術は多くの人々を驚かせることになるだろうと言っています。
インコブラサ社は既に特許申請をしています。
デモンストレーション・モデルの大きさは小さな家くらいで、30kWの発電が可能です。
これはピーク時の2世帯分の電力供給量です。


RAR Energia Gravity Motor -- Intro by Sterling Allan of PESN


http://www.youtube.com/watch?v=3OoSQ3ZDGPQ

===============================
(引用おわり)
こんばんわ。

2013年4月29日から2013年5月3日まで、米国のワシントンDCのナショナルプレスクラブで、行われたディスクロージャーの公聴会の翻訳が多くなっています。

今日は、もう一つの長めのものを紹介しようと思いましたが、ちょっと遅くなるようなので、短めのものを、翻訳して先にご紹介させて頂くことにしました。
米国の、マイク・グラベル上院議員の発言です。

(僕のブログ『悲喜憐偉』では、http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no8-533a.htmlです。)

(以下、「Huff Post WEIRD NEWS」、2013年5月2日記事より引用と翻訳)
===============================
Link to this ---> http://huff.to/16JQ0Qp

7:21 AM - 05/ 2/2013
●マイク・グラベル上院議員は、4日目の国際的な証言に目を向けます
http://www.huffingtonpost.com/2013/05/03/citizen-hearing-on-disclo_3_n_3208536.html?utm_hp_ref=weird-news#30_sen-mike-gravel-looks-to-day-4s-international-testimony

ディスクロージャーにおける4日目の公聴会はUFO問題の国際的な証言を提供するでしょう。
委員会のメンバー、マイク・グラベル上院議員(下の写真)は、それが重要なことだと考えています。



私は以下のように思います。
この問題の世界の人々への可視性を持ちだすための私達が行う最高の努力、、、
私達は、国連へ行くことができました。
今や、私は、私達が安全保障理事会で祈りをすると思いません、
なぜならば、それは私達によってコントロールされているからです。
そして、それは起きることはないでしょう。


しかし、もし、私達が一つの決議を導くとするならば、国際連合総会で、何が起きるのでしょうか?
私は、あなたがそれが通過させることに賭けましょう。
彼等は、それの一部に資金を供給するでしょう−
残りの資金提供は、個人的な資金から来るでしょう。
そして、私達はこの主題に関する最も畏敬の念を起させる世界的なイベントを催すでしょう。
2年、または、3年以内に。

-------------------------------
(引用と翻訳終わり)

こんにちわ。

北大西洋の海底に関するニュースを見かける機会がありました。

(以下、msn産経ニュース、2013/5/6記事より引用)
-----------------------------------------------
●アトランティス大陸あった? しんかい、陸特有の岩発見
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130506/amr13050622240004-n1.htm

ブラジル・リオデジャネイロ沖の大西洋にある海底台地で、陸地でしか組成されない花崗(かこう)岩が大量に見つかり、かつて大西洋上に大陸があったことが判明したと、海洋研究開発機構(神奈川県横須賀市)とブラジル政府が6日発表した。
ブラジル側は「伝説のアトランティス大陸のような陸地が存在した極めて強い証拠」としている。

アトランティスは古代ギリシャの哲学者プラトンが著書に記した伝説の大陸。
高度な文明を誇り、約1万2000年前の洪水で海に沈んだとされるが、これまで痕跡は見つかっていない。

同機構の有人潜水調査船「しんかい6500」で調査。
花崗岩が見つかった海底台地が沈んだのは数千万年前とみられ、人工構造物は見つかっていない。(共同)
-----------------------------------------------
(引用終わり)
こんばんわ。

2013年4月29日から2013年5月3日まで、米国のワシントンDCのナショナルプレスクラブで、行われたディスクロージャーの公聴会の翻訳が多くなっています。

今日は、「Huff Post WEIRD NEWS」に2013年5月3日掲載の、メディアと政治的な嘲笑についてです。

(以下、「Huff Post WEIRD NEWS」、2013年5月3日記事より引用と翻訳)
===============================
Link to this ---> http://huff.to/10wReWT

5:34 AM - 05/ 3/2013
●ワシントンDCのUFO公聴会の間、メディアと政治的な嘲笑が、上がっています
http://www.huffingtonpost.com/2013/05/03/citizen-hearing-on-disclo_3_n_3208536.html?utm_hp_ref=weird-news#37_media-and-political-ridicule-raise-their-heads-during-dc-ufo-hearing


これらの議会的なスタイルの公聴会がワシントンでの進行中の間、ライター達のメディアから出ている種々のストーリーの進行が、あります。
彼等は以下の事を主張します。
「これは、UFOファンが即興的に、公に求めている間での、ちょっとした無益な運動だ。そして、その参加者、目撃者のパネルと前国会議員の委員会、それらは道化芝居と安い給料日だけに関係している」と。

今日のニュー・ヨーク・デイリー・ニュース、ニューヨークの米国代表ピーター・キングによる、声明のハイライトです。
彼は、ワシントンDC公聴会での軍隊の目撃者の1人、Ret. ロバート・サラス空軍大尉を率直に嘲笑しています。

サラスには、兵器制御者として、信頼できる経歴があります。
そして、彼は大陸間弾道ミサイルの発射将校としての信頼できる経歴があります。
そして、彼はモンタナのマルムストーム空軍基地での1967年の事件についても、先に話しました。
幾つかの信号がミサイル・サイトで指令を示して鳴り出した時、ミサイルは以下のようになりました。
基地の上空で一機のUFOが現れている間中、ミサイルは「発射できない状態、あるいは、非発射モード」になりました。

サラスは以下の事も言っています。
彼は、この状態について、前の下院国土安全保障委員会議長、キングに書類を送りました。
そして、サラスは、キングが彼を無視していると思っています。
デイリー・ニュースによると、キングがサラスの主張について尋ねられた時、彼がどのように応えたかが、ここにあります。


私は、奴が何について話しているか全くわからない。
私達は、人々のメールで狂ったものを常に得ている。
その人々の頭は、エイリアンか何かによって買収されているものだ。


本当ですか、キング氏?
人々の代表者として、それは、私達の国の安全を委ねられた、多くの尊敬されている軍人の一人を注目するための適当な方法ですか?
その証拠を参照することにより、彼を忘れるための適当な方法ですか?
その証拠とは、彼が、あなたに「狂ったもの」として送ったものです。
そして、基本的に「彼の頭は『エイリアンによって買収されました』」言うことによって、さらに彼を笑いものにするための適当な方法ですか?

簡単に、UFOのようなものについての表明を行う前に、当局が二度考えるのにちょうどいい時です。
なぜならば、彼等にも、OR課題(オペレーションズ・リサーチ:軍隊などでの意思決定のための数学的技術など使用したツールの事)に対しての個人の偏見があるからです。
そのORとは、彼等が、市民に対するその種類の態度を負わせるように言われ続けているものです。

どちらにせよ、今週、ワシントンに、これらの人々が一緒にやって来た大きな理由は、その主題に真剣な一見を開こうと努力していることです。
その主題は、嘲笑の類に値しないものです。
その嘲笑とは、キングのような人々が、周囲に与えたものです。
===============================
(引用と翻訳終わり)
おはようございます富士山

以前、僕がOPPTのことを話していました。
OPPTが発行した6つの証書があります。

『PEOPLES TRUST 1776』
http://peoplestrust1776.org/

の、「ORDERS」の下に、6つの証書があります。

この6つの証書の日本語訳と、解説を僕のブログ本『悲喜憐偉(ひきりんい)』に掲載してあります。
以下の、段落に行けば、リンクが張ってありますので、そこを伝って行けば、読めます。
読まれたい方は、お時間のある時に、お読みください。

『三千百六十七:OPPTの6つの証書の解説と概要』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/oppt-4946.html
こんにちわ。
僕は以下の経済ニュースに目を通す機会がありましたがま口財布

(以下、『母、地球とのアセンション、そして、現在の状況』より、翻訳と引用)
(From "Ascension with Mother Earth and Current State of Affairs")
http://www.ascensionwithearth.com/
===============================
Wow! 世界銀行(World Bank)の警鐘者(警鐘を鳴らす人)は、新しい金融システムを確認します
http://www.ascensionwithearth.com/2013/05/wow-world-bank-whistleblower-confirms.html

これは、すばらしいニュースです .....
AWEビューアーの報告に感謝します ......

世界銀行の警鐘者: 「紙幣のための一つの土台として扱われる貴金属」

警鐘者 -高く推薦される音声インタビュー
http://bullmarketthinking.com/wp-content/uploads/2013/05/552013hudes.mp3


昨日、私は、西欧世界の最も勇敢で機敏な女性達の1人と語る機会がありました。
彼女は、カレン・ヒューズ、世界銀行(World Bank)の元首席弁護士です。
- 現在、彼女は警鐘者となりました。
それは、パワフルな会話でした。
カレンは、弁護士、経済学者として世界銀行で20年を費やしたものです。
以前のものは「手放し」状態でした。
内部の詐欺と汚職を報告した後にです。

インタビューの間、カレンは以下の事を示しました。
西側の権力構造の崩壊とともに、世界は、急速に変化しています。
また、BRICs諸国に引き寄せられている経済と政治的な影響とともに、世界は、急速に変化しています。
また、未決定の通貨移行の真っただ中に、世界は、急速に変化しています。
その通貨移行は貴金属を高く奨励しています。

続きを読むには、以下のサイトで続きを読んでください。
http://bullmarketthinking.com/world-bank-whistle-blower-precious-metals-to-serve-as-an-underpinning-for-paper-currencies/

2013年5月7日午後7時19分に、enerchiにより投稿されました。
----------------------------------------
***************************
Additional Information About Karen Hudes
(カレン・ヒューズについての追加的な情報)


Corruption/WorldBank/Whistleblower.mp4

YouTube: Corruption/WorldBank/Whistleblower.mp4

http://www.youtube.com/watch?v=M4VGoXV5vYg

===============================
(引用と翻訳終わり)
ディスクロージャーについて_No.10

こんばんわ夜

2013年4月29日から2013年5月3日まで、米国のワシントンDCのナショナルプレスクラブでの、UFOについての公聴会ディスクロージャーは、Citizen Hearing Disclosure の頭文字を取って、CHDと呼称されているようです。
最近は、このCHDの翻訳が多くなっています。

今日は、映画カチンコ「SIRIUS」の製作者の一人である、スティーブン・グリア博士の証言を翻訳、ご紹介させていただきます。

(以下、「Huff Post WEIRD NEWS」、2013年4月30日記事より引用と翻訳)
===============================
Link to this ---> http://huff.to/121FGyO

A Tale Of Two Steve's
http://www.huffingtonpost.com/2013/05/03/citizen-hearing-on-disclo_3_n_3208536.html?utm_hp_ref=weird-news#19_a-tale-of-two-steves

5:14 AM - 04/30/2013

スティーブン・グリア博士:

地球外生物が彼等自身の示すものについての全ては私達に魔法のように見えるでしょう …

もし実際に他のどこかからここに到着している文明に、あなた達がふるまうならば、彼等は、光速よりも速く、おそらく、それをしているでしょう …
おそらく、思考の速度で …
意識と心は、本当の最終的なフロンティアでしょうか?
宇宙ではなく。

私達は、宇宙で一人ぼっちではありません。
そして、私達は平和な惑星間、そして、恒星間のイニシアティブを持つ必要があります。
私達は、どのように前進していくかを、解決する必要があります。


政治的な活動家、ステファン・ベセットは、以下の事について話します。
「どうして、メディアは重要なUFOニュースを適切に報告しなかったか?」を。


もし、一部の非常にタフなリポーター達がそこで出てくるならば、そして、彼等がその正しい質問を尋ねるならば、それは、本当に面白いことになるでしょう。


以下の写真は、グリア(左)とバセット(右)を示しています。
===============================
(引用と翻訳終わり)
こんばんわ夜

ちょっと、お知らせしたい記事を見かけましたので、ご紹介させてくださいね。

(以下、ブログ「ほんとうがいちばん」様、2013年5月9日記事より引用)
======================================
コブラ:5月25日のポータルの開口を前に―世界平和瞑想5月10日午前9時25分の呼びかけ

世界平和瞑想 5月10日(金)午前9時25分

コブラ・・・カバールが5月25日のポータルの開口の前の最後のたくらみとして起こそうとしているシリアを起点とする世界戦争を粉砕するための、瞑想の方法です

転載元:GFLサービス

コブラ・・・2013年5月8日 シリアでの平和を祈る世界日食瞑想

http://2012portal.blogspot.jp/
Global Solar Eclipse Meditation for Peace in Syria
Cobra : Wednesday, May 8, 2013


カバールはシリアを通じての新しい世界戦争を起こそうとするプランを拡大しています。
言うまでもなく、そのようなことは許されることではありません。

しかし、始めにカバールのプランがどのようなものなのかを説明しましょう。
まず第一に、彼らは国際社会のうちの多くの国を分裂させて、シリアにおける一連の事件に巻き込もうとしました。

http://theextinctionprotocol.wordpress.com/2013/05/07/rumblings-of-wwiii-iran-speaks-of-resistant-axis-against-west-israel-on-war-alert-41-nations-gulf-military-exercise/

http://www.veteranstoday.com/2013/05/07/war-has-begun/

それから、非物理的なアルコンと物理的なカバールの共同作戦で、全ての光を遮断してシリアにブラックホールの渦を作ろうとしました。
非物理的プレーン上で、彼らは可能な限り多くのレプティリアンをシリアに送り込み、この地域を囲い込もうとしています。
物理的プレーン上では、彼らは、インターネットへの接続を遮断して、シリアを孤立させました。

http://allthingsd.com/20130507/syria-has-dropped-off-the-internet-again/

手短に言えば、彼らは光と情報を遮断してシリアに混沌を起こし、エントロピーを最大限にまで増し、このようにして起こした紛争の中にできるだけ多くの国を巻き込もうとしています。
これは5月25日のポータルの開口を防止しようとする最後の試みなのです。

このようなこと許されません。
現在の生物兵器と核地下壕破壊爆弾は抵抗運動の忍耐の限界を測っています。
依然として、多くの非物理的なネガティブな力がこの惑星の表面上に存在するので、イベントに関するこの惑星の条件はまだ整っていませんが、抵抗運動は、暴力がエスカレートするとしたら、非常保護手段として、イベントを起こす決意です。
ですから、カバールが事を荒立てることによって、実際には、その存在の時間を劇的に短縮しているのです。
彼らが利口なら、事を静めなければなりません。
((続く))

((続き))
ドレークとベンジャミンフルフォードには既に、抵抗運動の地上エージェントから、仲介者を通じて間接的に、イベントが意外に早く起きるので、地上の人たちにもう少し速く準備させるように、とのヒントが与えられています。
この時点での極端な予防警告としての、イベントが5月25日以前に起きる確率は、6%です。

シリア紛争を大規模な戦争にまで拡大させるためのカバールの目標期日は、世界標準時で5月22日22時に起きる天王星と冥王星の直角の瞬間ですが、この配置は、緊張を頂点に至らしめ、5月25日のポータルの開口以前の最後の試練の時です。


このような状況では、私たちの支援が必要です。
それゆえに、シリアの渦にポジティブな平和の共振場を作り出すために、5月9日/10日の日食の時に、出来る限り多くの人に、瞑想を実施して欲しいと思います。
科学的な研究の結果、人間社会での大衆瞑想にはポジティブな効果があることが確認されていますので、あなた方一人一人がこの瞑想に参加すれば、シリアで実際に人間の命を救うことが出来ます。

http://www.mum.edu/m_effect/dc_md.html

このシリアでの渦は古代の女神のエネルギーの場であり、この惑星のエネルギーグリッドの重要な鍵になる地点なのです。

日食の正確な時間は、グリニッジ世界標準時の5月10日、0時25分です。
ヨーロッパとアジアでは、日食は、5月10日の朝に起きます。
米国では、5月9日の夕刻になります。

多くの場所での正確な瞑想の時刻は、下に示すサイトに見られます。
日本では、5月10日(金)の午前9時25分です。

http://www.timeanddate.com/worldclock/fixedtime.html?msg=Global+Solar+Eclipse+Meditation+for+Peace+in+Syria&iso=20130510T0125&p1=136

瞑想の方法

1 呼吸に集中して、数分間心と体をリラックスさせる。

2 電気のスパークのブルーの色の光の柱が銀河のセントラルサンから、体の中を通って降りてくるようにイメージする。

3 その光が心臓を通過し、手の先から直接シリアの渦に向かい、シリアの渦を光で満たし、そこに満ちているあらゆる闇を消し去るイメージを心に描く。

4 天の女神に自分の体の中に降りてくるように頼む。

5 平和と調和のエネルギーをシリアと、紛争に巻き込まれている全ての人に向けるように女神に頼む。数分間、このエネルギーを、心臓を通り、手の先からシリアの渦に向かうようにさせる。


女神は平和を望んでおり、平和が実現することでしょう。

http://www12.plala.or.jp/gflservice/Cobra130508WorldPeaceEclipseMeditation.html
======================================
(引用終わり)
上の

>(以下、ブログ「ほんとうがいちばん」様、2013年5月9日記事より引用)

の引用URLを忘れていました。
そのブログのURLは

http://mizu888.at.webry.info/201305/article_34.html

です。

m(_ _)m
ディスクロージャーについて_No.11

こんばんわ夜

下のビデオは、CHDでの証言者達が、ダイジェスト版のように編集されているものです。



Citizen Hearing Day 1 Overview

http://www.youtube.com/watch?v=idIaOOiHR7A

この2013年4月29日から5月3日にかけて、ワシントンD.C.のナショナル・プレス・クラブで行われたUFO市民公聴会カラオケに、ブラジルから来たUFO研究家も、証言をしたそうです。

(以下、「Huff Post WEIRD NEWS」、2013年5月3日記事より引用と翻訳)
===============================
ブラジルのUFO研究者 A.J. Gevaerdは、アマゾンのUFO報告のパネルを提出します
http://www.huffingtonpost.com/2013/05/03/citizen-hearing-on-disclo_3_n_3208536.html?utm_hp_ref=weird-news#32_brazilian-ufo-resarcher-aj-gevaerd-presents-panel-with-amazon-ufo-report

Link to this ---> http://huff.to/1361tXv

その日の最初のパネル・セッションで、前ブラジルの化学教師A.J. Gevaerdは、ブラジルでの多くのUFO事例について語りました。
特に、それらはアマゾン地域のものです。
彼は、そのUFO事例を調査するために、1977年にブラジル空軍により作られた委員会のことを述べました。
その委員会は、オペレーション・ソーサー(訳者注:「円盤操作」とでも訳せるもの)として知られていました。
Gevaerdは、「アマゾンのUFO群」と呼んだ440ページのレポートを、その委員会に提出しました。
==========================================
(引用と翻訳終わり)
こんばんわ夜
僕は、以下の経済ニュースTVを見る機会がありましたがま口財布

(ちょっと、ビデオ映画を貼り付けようと思ったのですが、なぜか、うまく貼りつきません。ですので、ビデオを見たい方は、YouTubeのURLにジャンプしてくれたら、見られると思いますよ。)

(以下、『母、地球とのアセンション、そして、現在の状況』、2013/5/10記事より、翻訳と引用)
(From "Ascension with Mother Earth and Current State of Affairs")
http://www.ascensionwithearth.com/
===============================
必見:
コロンビアの経済学者、ジェフリー・サックス博士は、率直に連邦準備制度理事会(FED)、金融危機と改革について話します
http://www.ascensionwithearth.com/2013/05/must-watch-columbia-economist-dr.html

Columbia Economist Dr. Jeffrey Sachs speaks candidly on monetary reform [Full version speech]


www.youtube.com/watch?v=hCCr-uiqtAY


www.LostOutputClock.comで、2013年4月29日に発表されました。
2008年以来、失業中の労働者からの国家収入、及び、不適当な要求のための資本において、アメリカ合衆国は、4兆ドル以上、失敗しています。
その間、不平等と汚職は、我々の国の中で急上昇しています。

これは、ワシントンD.C.とウォール街からの、アメリカ合衆国の腐敗についての素晴らしいスピーチです。
全財政的な、及び、銀行システムを含みながらのものです。

このビデオは、教育的な目的のためにだけに投稿されました。
そして、このビデオには、公的な記録としての重要な視点があります。

2013年4月17日のフィラデルフィア連邦準備制度理事会で、会議部分でのイベントより
「銀行システムを善のために固定すること。」

http://sgtreport.com/2013/05/columbia-economist-dr-jeffrey-sachs-speaks-candidly-on-the-fed-the-monetary-crisis-reform/

2013年5月10日に、enerchiによって、投稿された。
===============================
(引用と翻訳終わり)
ディスクロージャーについて_No.12

こんばんわ夜

動画の方も、たくさんあるようなので、一つのものを紹介しておきます。
(ちょっと、ビデオ映画を貼り付けようと思ったのですが、なぜか、うまく貼りつきません。ですので、ビデオを見たい方は、YouTubeのURLにジャンプしてくれたら、見られると思いますよ。)

What I need you to do is to say that to NBC & CNN !
http://youtu.be/lj87jPYgjtE

証言の方は、「Huff Post WEIRD NEWS」の記事より、翻訳とご紹介をさせていただきます。
米国のある報道が、どのように、ディスクロージャー市民公聴会(CHD)カラオケを述べたかが、当のそのCHD内で、証言されています。


(以下、「Huff Post WEIRD NEWS」、2013年5月1日記事より引用と翻訳)
===============================
議員、バートレットは、前国会議員を一つの『エイリアン・パネル』とみなす報道記事を読みます。
http://www.huffingtonpost.com/2013/05/03/citizen-hearing-on-disclo_3_n_3208536.html?utm_hp_ref=weird-news#24_cong-bartlett-reads-article-that-calls-former-members-of-congress-an-alien-panel-

Link to this ---> http://huff.to/13SqnZq

5:23 AM - 05/ 1/2013

議員、ロスコー・バートレットは、少し短気になっています。
それは、ここまでの報道についてです。
そして、今週のディスクロージャー市民公聴会(Citizen Hearing On Disclosure)についてです。
-------------------------
(議員、ロスコー・バートレットは以下のように言っています。)

私は、昨日のセッションからの幾つかの報道の切り抜きを見ています。
そして、政府はこの問題を少数過激派をしりぞけることに全く成功を治めています。
私は、たった1つの記事だけについてコメントするつもりです。
それは以下のものです。


-------------
(報道)

馬鹿にしている議会のエイリアンの公聴会は、現実社会の『Xファイル』のモルダーとスカリーのように、面白くないものだ。
『Xファイル』の中で、エージェントのモルダーは、あらゆることを信じる。
彼は、緑色の小男、ロズウェル、黒い服を着た男達(men-in-black)、どんなものでも信じる。
そして、エージェントのダナ・スカリーは、科学を信じる。
スカリーは、モルダーに確かな証拠を見つけることを強いる。
その証拠とは、エイリアンの存在を隠蔽するための大きな陰謀があることだ。
ナショナル・プレスクラブの今週のエイリアンのパネル(私達は現在、外国のパネルでの公聴をしている)での難点は、以下のものだ。
ごく自然に、スカリーであるかもしれない、参加している全ての国会議員は、それらの疑惑を中止するように刺激された。
なぜならば、その証言を聞くために、市民公聴会の財団が20,000ドルの費用をプラスして彼等に払っている。

-------------

それは、まさに侮辱しています。
私達が20,000ドルで買われたということは、侮辱です。
それは馬鹿げたことです!
それ(報道)は、以下の事を言い続けている ...

-------------
(報道)

前議員、ロスコー・バートレット。
冒頭陳述において、バートレットは言いました。
『地球外生物達についての公聴会を開いたことによる失敗によって、バートレットは在職義務を果たしませんでした。』

-------------

私は決して言わなかった!...
私は地球外生物を信じたとは決して言わなかった。
私は、以下の事は信じている。
簡単にうまく釈明されることができない幾つかの目撃例が、そこらにある、と。

-------------
(報道)

眉のつり上がっている証言の問題の増加していることについては、これらの政治家の何人かは、少し風変りであるという評判を持っているということです。

-------------

===============================
(引用と翻訳終わり)
297番のビデオですが、何とか、うまく貼りつきましたので、以下に紹介しておきますね。



Columbia Economist Dr. Jeffrey Sachs speaks candidly on monetary reform [Full version speech]

http://www.youtube.com/watch?v=hCCr-uiqtAY
ディスクロージャーについて_No.13

こんばんわ夜

2013年4月29日から2013年5月3日まで、米国のワシントンDCのナショナルプレスクラブでの、UFOについての公聴会ディスクロージャーカラオケは、Ctizen Hearing Disclosure の頭文字を取って、CHDと呼称されているようです。
最近は、このCHDの翻訳が多くなっています。

動画の方も、たくさんあるようなので、一つのものを紹介しておきます。


YouTube: Implants & Nano-Technology
Implants & Nano-Technology
http://www.youtube.com/watch?v=UFHtMcB1rK4

上の動画映画の中でも紹介されている、ロジャー・ライアー博士による、医学関係からの証言です。

(以下、「Huff Post WEIRD NEWS」、2013年5月4日記事より引用と翻訳)
===============================
ロジャー・ライアー博士の注入手術とUFO問題に強く関係のある問題を、会場のパネルは、大きく取り上げています。
http://www.huffingtonpost.com/2013/05/03/citizen-hearing-on-disclo_3_n_3208536.html?utm_hp_ref=weird-news#42_technology-panel-features-dr-roger-leirs-implant-surgery-and-its-alleged-relationship-to-the-ufo-subject

Link to this ---> http://huff.to/ZtboSH

5:39 AM - 05/ 4/2013

(左から)ロジャー・ライアー博士、物理学のエンジニア、トーマス・ヴァロン、スティーブン・グリア博士と航空エンジニア、ロバート・ウッドが、会場のパネルに映し出されていました。

このセッションの間に、ライアー(足の病気を治療する医者)は多数の手術について記述しました。
それらの手術は、彼が一つの医学チームとともに実行したものです。
そのチームの中において、彼等は普通でない小さな物体を人々から取り除きました。
そして、その人々とは、エイリアンの誘拐を経験したと主張した人々なのです。


足の病気を治す分野の外科的な手術における私の50年内に、文字通り、私は人間の足から何百もの物体を取り除きました。
それらは、紙、ガラス、金属と石も含んでいました。


私の研究に関係する人々の全員が、その取り除かれた物体のために気付くことのできる穴の入り口を、全て、示すことは出来ませんでした(訳者注:つまり、物体を入れた際に挿入した筈の穴や傷の跡が全く無い)。
見ることのできる傷跡形成がありませんでした。
そして、皮膚の完全な中断もありませんでした(訳者注:皮膚の上に、何らかの痕跡も無い)。
調査が拡大しているループ上で実行された時でさえもです。
その研究中の全ての人々は、ポジティブ・X線、または、CTスキャンが示している金属的、またはより小さく密集した異物を、見せることが出来ました。


加えるに、電波の周波数検出器の使用により、私達は以下の事を検出することが出来ました。
FMバンドの、ある確かな無線周波数が、その物体から発信されていました。
私達が行った全ての手術は、目撃者、ビデオ、スチール写真と共に文書化されました。


私達には、以下の事がわかります。
全ての病理学的レポートで、全く炎症を起こす反応はありません。
また、拒否反応もありません。
それらは私達が物質的な科学において発見したものではありません。
また、それらは、人体に炎症を起こす反応を全くもたらさないでしょう。

===============================
(引用と翻訳終わり)


みなさんこんにちはー
ここがだんだん坂本さんのブログ状態になってきてますけどw

皆さんの使用しやすい場であっていただきたいと思いますねb
>>[301]

こんばんわ。
どうしましょうか。
ちょっと、休んだ方が良いでしょうか?

情報を広げられたら」という思いで、ご紹介しています。

今、考え中です。

そうですねー 
興味のある方はきっと坂本さんのご紹介くださったサイトはチェックされていると思いますし、こちらのコミュではあまりゴシップ的な要素は受けないかもしれませんよ。
そうですねえ。

だいぶ、多くの人も知ったでしょうからね。
場所的なことも考えつつ、ちょっと、なんか明るい感じの話題も考えてみますね。

素晴らしい編集力と文章力をお持ちなので
個人的にですが明るい話題の方、期待しております


おはようございます

米国でNESARAが発動しそうですね

セントジャーメインは期待しないで待つようにと言っていますw

が時間の問題でしょうね

ちょっと気が早いですが皆さまにお疲れさまでした と申し上げたいと思います

(いや〜待機期間長かった〜w)

追記

秘密保全法の前にどうぞ素早くお友達に教えて差し上げてくださいませ

目がハート
連投失礼します

間もなく(1週間以内?)太陽の磁場が逆転します

というニュースがNASAから配信されています

http://www.independent.co.uk/news/science/sun-will-flip-upside-down-within-weeks-says-nasa-8942769.html


YULE9さん。英語、、読めません。不勉強でスミマセン。太陽の磁場が逆転すると、地球や他の惑星にも影響でるのでしょうか?それと、これは一時的なものでしょうか?当分、逆転したまま?
このみさんレスありがとうございます
英語は・・このご時世ですからワンネスの準備ということでお勉強された方がいいと思いますよ^^今後の海外の方とのコミュニケーションをとっていくために必要なツールとなります。(自分もまだまだなので大きい事は言えないのですが・・)

専門的な話になってしまいますが
まず宇宙の集合体というのはフラクタル構造をしていることが解っています
自分の知る限りでは天体というのは人体のチャクラをはじめとしていろいろなモノと対応し連動している
そして現象世界は人間の身体の顕われです(とスピ界では言われていますし科学でも薄々理解されていると思います)
それらを加味しての太陽の磁場の反転現象ということが意味している事とはなんでしょうか?
大本教で言われている地球がグデンとひっくり返るという現象がこれかな?と感じます。
現代の社会に生きているとなかなかお時間も取れないかと思いますが、
ご興味があればご自身でも調べてみることをお勧めします。
アセンションをご希望されている皆さんは特に能動的になる必要があると常々感じています。
アセンションはとても個人的なものですので家族であろうと友人であろうといざと言うときに頼ることはできません。とてもシビアなものなんですね。
影響に関しては未来の事になりますのでわたしにははっきりした事は申し上げられませんが、影響があるとは思っています。
一時的かそうでないかは全くわかりません。予測できません。

ちょっと厳しい言い回しで申し訳ないのですが・・
情報が少しでもお役に立てば幸いです。

総じて社会情勢がガラッと変わることが予測されますよ〜。
あとNESARA法ですが日本のNESARAはちょっと最初はサニワして見た方がいいかなと感じています。
『疑わない』に越したことはないのですけど騙されないようにしたいのです。
騙されてこれも経験という見方もあるのですが・・。
この世の悪の張本人たちが利用する節がちょっとね〜あるっぽいので。
要は被災者支援の寄付をどの機関にまかせるか的な問題と似ています。
ツイッターで紹介されていたアグネスさんという方のブログが素晴らしく詳しかったのでご紹介させていただきたいと思います。
宇宙人からの伝言(17)
http://agnes2001.blog.fc2.com/blog-entry-1291.html

あとホワイトハウスも正式に発表したようです。
Announce and Implement the NATIONAL ECONOMIC SECURITY AND REFORMATION ACT - NESARA

(教えてくださったすべての存在に感謝ですハート達(複数ハート)
ホワイトハウスのHPを見たのですが記事がなかったのでもしかするとデマかもですね

デマだったらお騒がせしてすいませんです泣き顔
管理人です。このコミュを長らく放置していて申し訳ありません。

別コミュに ミシェル・エロフさんの最新の無料のチャネリングの翻訳をUPしました。
とっても長いチャネリングですが、興味のある方はどうぞ。



コミュ「Palace of Peace ( Lightweaver)」の トピック

☆『Palace of Peace』の無料メッセージの目次   
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2801811&id=68997003#comment_id_1473377038   の一番下


「PP14 この時間 の目的 Part 1  クツミ〜アグリッパ 」 です。

ログインすると、残り275件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Arrived Energy On Earth 更新情報

Arrived Energy On Earthのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング