ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

通訳案内士は民間外交官!コミュの全国通訳案内士試験 2020年度<日本歴史>の傾向と対策

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

全国通訳案内士試験 2020年度<日本歴史>の傾向と対策

「難問、奇問、珍問の全国通訳案内士試験」と言われますが、その中の代表格である第1次筆記試験<日本歴史>は全科目の中で最低の合格率を誇り、近年、「難問、奇問、珍問のオンパレード」となっています。
「難問、奇問、珍問のオンパレード」と言われても、受験するからには、70点以上を取らなければ、第2次口述試験に進むことはできません。
本年(2020年)、<日本歴史>を受験する方は、下記の「傾向と対策」をよく読んで、「難問、奇問、珍問」を攻略していただきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<日本歴史>の傾向と対策
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2020年度ガイドライン

・内容について変更があった。
2019年度「ガイドライン」:内容は、地図や写真を使った問題を中心としたものとする。
2020年度「ガイドライン」:内容は、地図や写真を使った問題も含まれるものとする。

●<試験全体について>
日本地理、日本歴史及び一般常識についての筆記試験は、外国人観光旅客が多く訪れている又は外国人観光旅客の評価が高い観光資源に関連する地理、歴史並びに産業、経済、政治及び文化についての主要な事柄(日本と世界との関わりを含む。)のうち、外国人観光旅客の関心の強いものについての基礎的な知識を問うものとする。

(1)試験方法
・試験は、外国人観光旅客が多く訪れている又は外国人観光旅客の評価が高い観光資源に関連する日本歴史についての主要な事柄及び現在の日本人の生活、文化、価値観等につながるような日本歴史についての主要な事柄(日本と世界との関わりを含む。)のうち、外国人観光旅客の関心の強いものについての基礎的な知識を問うものとする。
・試験の方法は、多肢選択式(マークシート方式)とする。
・試験時間は、40分とする。
・試験の満点は、100点とする。
・問題の数は、40問程度とする。
・内容は、地図や写真を使った問題も含まれるものとする。(←ここのみ変更があった)

(2)合否判定
・合否判定は、原則として70点を合格基準点として行う。
・実際の平均点が、合格基準点から著しく乖離した科目については、当該科目の試験委員と試験実施事務局から構成される検討会を開催する。その結果、必要があると判断された場合には、合格基準の事後的な調整を行う。

(⇒過去数年間、合格基準点が下げられることはあっても上げられることはなかった。)
(※)筆記試験の合否判定については、科目ごとに合格基準点を設定し、すべての科目について合格基準点に達しているか否かを判定することにより行う。受験者には筆記試験の合否のほか、科目ごとに合格基準点に達したか否かを通知する。

●そもそも、「合格基準点」とは何か?
全国通訳案内士試験は、1949年から71年の歴史を持つ試験ですが、長年に渡り、「難問、奇問、珍問の全国通訳案内士試験」の異名を誇ってきた。下記は、その件で、私がAERAから取材を受けた記事である。
https://dot.asahi.com/aera/2015113000038.html?page=1
マスコミに叩かれるようになって初めて、観光庁も思い腰を上げ、「ガイドライン」→「合格基準点」の設定、改正を重ねてきたが、その際、<合格基準点=出題者が、その科目の平均点となるように作成する基準点>ということが大前提となってきた。つまり、平均点を取れば、合格ということである。
しかし、2019年度は、以前にも増して、「難問のオンパレード」で、何ら改善が見受けられなかった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<日本歴史>の問題作成委員の変遷(重要!)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●問題作成委員
マークシート方式が採用された2004年度から2018年度までの出題形式、内容、配点構成を分析すると、<日本歴史>の問題作成委員は、4グループ(1グループ2名)が担当したと考えられる。

【Aグループ】2004年度〜2005年度を担当
【Bグループ】2006年度〜2014年度を担当
【Cグループ】2015年度〜2016年度を担当
【Dグループ】2017年度〜2019年度を担当
【Dグループ】が、2020年度を担当するかどうかは、不明であるが、最低でも過去4年分の問題(2016年、2017年、2018年、2019年)はよく見ておくことが大切である。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
年度別の大問、小問の配点構成、問題数
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2011年度〜2014年度(問題数:40題)
【大問1】2点×10題=20点  【大問2】3点×5題 =15点  【大問3】3点×5題 =15点
【大問4】3点×5題 =15点  【大問5】3点×5題 =15点  【大問6】2点×10題=20点
2点×20題+3点×20題=100点

●2015年度(問題数:35題)
【大問1】2点×5題+3点×15題=55点  【大問2】3点×10題=30点  【大問3】3点×5題=15点
2点×5題+3点×30題=100点

●2016年度(問題数:41題)
【大問1】2点×14題+3点×4題=40点  【大問2】2点×9題+3点×14題=60点
2点×23題+3点×18題=100点

●2017年度(問題数:38題)
2点×14題+3点×24題=100点

●2018年度〜2019年度(問題数:40題)
2点×20題+3点×20題=100点

●年度別<正解の番号の個数>(注意)
,正解の個数: 4個(2019年度)
△正解の個数:14個(2019年度)
が正解の個数:10個(2019年度)
い正解の個数:12個(2019年度)

※選択肢の2番が、4年連続して一番多かった。2020年度は、迷ったら、2番を選べ!

●年度別<写真、地図、図表の枚数>
写真の枚数:24
地図の枚数:1
図表の枚数:0
合計の枚数:25

※2019年度は、過去最高の25枚の写真、地図が使われた。→写真問題注意!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019年度の出題傾向と対策
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2019年度の出題傾向の概要

(1)全般的に、かなり難易度の高い難問が多かった。

(2)写真、地図、図表の合計枚数が25枚と過去最高を記録した。

(3)ジャンル別に分類すると、文化、政治・経済、外交の順番に多く出題された。

・文化:61%
・政治・経済:32%
・外交:2%
・その他:5%

(4)文化の中でも、寺、神社、城、絵画、文学などからの出題が多かった。

・寺 :浅草寺、成田山新勝寺、中尊寺、清水寺、東福寺、東大寺、興福寺、高台寺、寂光院
・神社:日光東照宮、唐門
・城 :姫路城、熊本城
・絵画:葛飾北斎、凱風快晴(がいふうかいせい)、横山大観、生生流転(せいせいるてん)
・文学:川端康成、「古都」、「雪国」、松尾芭蕉、「宮本武蔵」、「新古今和歌集」、「古事記」、森?外、壺井栄、「二十四の瞳」
・庭園:六義園
・古道:熊野古道
・焼き物:伊万里焼

●「外国人観光旅客が多く訪れている観光資源」、「評価が高い観光資源」がどれだけ出題されたのか。

2019年度:
(〇)浅草寺、中尊寺、平泉、日光東照宮、陽明門、唐門、六義園、清水寺、姫路城、熊野古道、出雲大社、熊本城
(△)小樽、すみだ北斎美術館、東福寺、寂光院、熊野三山、
(×)伊賀上野城、津和野、小豆島

2018年度:
(〇)札幌、輪王寺、鶴岡八幡宮、飛騨高山
(△)川越、東京駅、横浜、名古屋、高野山金剛峰寺、四天王寺
(×)瑞巌寺、羽黒山、栃木、佐原、石手寺、近江神宮

2017年度:
(〇)鎌倉大仏、鶴岡八幡宮、富岡製糸場、伊勢神宮、二条城、陽明門、天龍寺、厳島、太宰府天満宮
(△)仁和寺、唐招提寺、馬籠、中尊寺、南禅寺、北野天満宮、石見銀山
(×)萩、本能寺、彦根城、倉敷

2016年度:
(〇)法隆寺、薬師寺、東大寺正倉院、平等院、大覚寺、東大寺二月堂
(△)四天王寺、札幌時計台(=日本三大がっかり名所:はりまや橋、オランダ坂)
(×)教王護国寺、赤間神宮、小樽、小浜、若狭神宮寺、三内丸山古墳、大仙陵古墳、吉野ケ里遺跡、志賀島、小田原城

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2020年度<予想問題>の立て方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●日本で開催された(開催される)オリンピック
第18回 東京オリンピック(1964年)
第11回 札幌冬季オリンピック(1972年)
第18回 長野冬季オリンピック(1998年)
第32回 東京オリンピック(2021年予定)→多分、開催中止になると思われる。

●「百舌鳥・古市古墳群」が世界遺産に(大阪府)
「百舌鳥・古市古墳群」が、2019年6月30日からアゼルバイジャンで開催される世界遺産委員会で登録が決定される見通しである。日本の23番目の世界遺産になる。

●2024年に紙幣の肖像人物が変わる→タンス預金のあぶり出し目的か?
1万円札「日本資本主義の父」渋沢栄一 「論語と算盤」
5千円札「女性教育の先駆者」津田梅子
千円札「近代日本医学の父」北里柴三郎

●何故、「天龍寺」が4回も出題されたのか?
本尊は釈迦如来、開基(創立者)は足利尊氏、開山(初代住職)は夢窓疎石。足利将軍家と後醍醐天皇ゆかりの禅寺として京都五山の第一位とされてきた。「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。
庭園 - 特別名勝及び史跡の指定範囲は、前庭と方丈裏庭。前庭は、勅使門から放生池を経て法堂に至る境内中心部を指す。方丈裏庭は曹源池(そうげんち)を中心とした池泉回遊式庭園で、夢窓疎石の作庭。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2015年度〜2019年度に2回以上出題された重要項目
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2019)は、2019年に出題されたことを示します。
★は、要注意です。

━━━━━━━━
4回出題
━━━━━━━━
★天龍寺(2015)(2016)(2017)(2018)

━━━━━━━━
3回出題
━━━━━━━━
★日光東照宮(2015)(2017)(2019)
★清水寺(2015)(2016)(2019)
★織田信長(2017)(2018)(2019)
★法隆寺(2015)(2016)(2018)
★中臣鎌足(2015)(2016)(2018)
持統天皇(2016)(2017)(2018)
平城京(2015)(2016)(2018)
★唐招提寺(2015)(2016)(2017)
★教王護国寺(東寺)(2016)(2017)(2018)
★弘法大師空海(2016)(2017)(2018)
★仁和寺(2016)(2017)(2018)
鎌倉時代(2015)(2016)(2018)
★足利尊氏(2015)(2017)(2018)
★足利義満(2015)(2016)(2018)
★徳川家康(2015)(2017)(2018)
伏見城(2015)(2017)(2018)
★関ヶ原の戦い(2015)(2017)(2018)
★俵屋宗達(2015)(2017)(2018)
★廃仏毀釈(2016)(2017)(2018)
★福沢諭吉(2016)(2017)(2018)

━━━━━━━━
2回出題
━━━━━━━━
<人名>
★推古天皇(2015)(2018)
★厩戸王(うまやとおう)(聖徳太子)(2016)(2018)
★中大兄皇子(天智天皇)(2016)(2018)
玄奘(2017)(2018)
★鑑真(2015)(2017)
★桓武天皇(2016)(2018)
嵯峨天皇(2016)(2018)
★菅原道真(2015)(2017)
★平清盛(2015)(2017)
★親鸞(2016)(2017)
★後醍醐天皇(2017)(2018)
★夢窓疎石(2017)(2018)
★足利義詮(2015)(2016)
★足利義政(2015)(2018)
今川義元(2017)(2018)
★豊臣秀吉(2015)(2016)
伊達政宗(2016)(2018)
★支倉常長(2016)(2018)
徳川家光(2017)(2018)
松尾芭蕉(2017)(2018)
★尾形光琳(2015)(2018)
★渡辺崋山(2015)(2018)
★勝海舟(2017)(2018)
木戸孝允(2015)(2017)
大隈重信(2015)(2018)
★徳川慶喜(2017)(2018)
内村鑑三(2016)(2018)
夏目漱石(2017)(2018)
★新渡戸稲造(2016)(2018)

<政治・外交>
★大化の改新(2016)(2018)
唐(2016)(2018)
藤原京(2016)(2018)
★平安京(2016)(2018)
★遣唐使(2015)(2017)
高麗(2015)(2018)
宋(2017)(2018)
元(2017)(2018)
★元寇(2016)(2018)
★文永の役(2016)(2018)
★弘安の役(2016)(2018)
室町幕府(2016)(2018)
明(2017)(2018)
★応仁の乱(2016)(2018)
★厳島の戦い(2015)(2017)
安土城(2015)(2018)
★楽市楽座(2017)(2018)
太閤検地(2017)(2018)
南蛮貿易(2015)(2018)
朱印船貿易(2015)(2016)
江戸幕府(2016)(2018)
★島原の乱(2017)(2018)
★大政奉還(2016)(2017)
★地租改正(2017)(2018)
殖産興業(2015)(2017)
★富岡製糸場(2015)(2017)
★札幌農学校(2016)(2018)

<寺・神社>
★飛鳥寺(2015)(2018)
★四天王寺(2016)(2018)
伽藍配置(2016)(2018)
五重塔(2016)(2018)
金堂(2016)(2018)
講堂(2016)(2018)
中門(2016)(2018)
回廊(2016)(2018)
広隆寺(2016)(2017)
元興寺(2015)(2016)
法起寺(2015)(2016)
★興福寺(2015)(2016)
★薬師寺(2015)(2016)
★春日大社(2015)(2017)
★東大寺(2015)(2016)
★正倉院(2015)(2016)
橘寺(2015)(2016)
★比叡山延暦寺(2017)(2018)
室生寺(2015)(2016)
★平等院(2016)(2017)
建仁寺(2017)(2018)
★金閣寺(2016)(2018)
★厳島神社(2015)(2017)
★鶴岡八幡宮(2017)(2018)
★石山本願寺(2017)(2018)
★大徳寺(2015)(2017)

<宗教>
★浄土宗(2016)(2018)
★浄土真宗(2016)(2018)
イエズス会(2015)(2018)
キリスト教(2015)(2018)

<城・建築>
★寝殿造(2015)(2018)
★小田原城(2015)(2016)
松本城(2015)(2016)
大坂城(2017)(2018)
★聚楽第(2017)(2018)

<文化・その他>
★北山文化(2016)(2018)
★武士道(2016)(2018)
高山(2017)(2018)
高山祭(2015)(2018)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「写真問題」で出題されたもの/ 出題されそうなもの
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★平等院鳳凰堂(阿弥陀如来像)(定朝)(藤原頼通)(2006)(2007)(2010)(2012)(2016)
・札幌(2018)
・札幌市時計台(2016)
・瑞巌寺(2018)
・出羽三山(2018)
・日光の輪王寺(2018)
・小江戸(2018)
・東京駅(2018)
・江戸城(2018)
・横浜(2018)
・鎌倉の鶴岡八幡宮(2018)
・飛騨高山(2018)
・名古屋城(2018)
・空海(2018)
・四天王寺伽藍(2018)
・四天王寺五重塔(2016)
・近江神宮(2018)
・首里城(2018)
・曽根崎お初天神通り商店街(2018)
★慈照寺銀閣(足利義政)(2007)(2015)(2018)
★慈照寺東求堂(2008)(2015)
★鹿苑寺金閣(2018)
★天龍寺(2008)(2010)(2016)(2017)
★富岡製糸場(2015)(2017)
★唐招提寺(金堂)(2011)(2015)(2016)(2017)
★二条城(2009)(2011)(2017)
★大宰府天満宮(2009)(2011)(2017)
★中尊寺金色堂(藤原清衡) (2009)(2017)
★伊勢神宮(2017)
・仁和寺五重塔(2017)
★厳島神社(2008)((2015)(2017)
・鎌倉大仏(2017)
・会津若松城(2017)
・彦根城(2017)
★石見銀山(2017)
★唐招提寺(2017)
・萩(2017)
・会津若松城(2017)
★姫路城(2015)
・織田信長(2017)
・五街道(2017)
・彦根城(2017)
・倉敷(2017)
・ザビエル(2017)
・土偶(縄文時代)(2016)
・銅鐸(弥生時代)(2016)
・埴輪(古墳時代)(2016)
★法隆寺夢殿(2016)
★法隆寺金堂釈迦三尊像(鞍作鳥)(2006)
★法隆寺金堂(2009)(2011)
★法隆寺金堂壁画(2010)
★法隆寺救世観音像(2007)
★法隆寺百済観音像(2007)
★東大寺大仏殿(2015)
★東大寺正倉院(2011)(2016)
★東大寺南大門(重源)(2006)
★東大寺正倉院鳥毛立女屏風(とりげりつじょ)(2009)(2010)
★東大寺三月堂(2011)
★桂離宮(2012)(2013)(2015)
★清水寺(2009)(2016)
★西芳寺(苔寺)(2016)
★京都八坂神社(祇園祭)(2015)
★伏見稲荷大社(千本鳥居)(2015)
★春日大社(2012)
★平安神宮(2010)
★三十三間堂(2010)
★中宮寺天寿国繍帳(2010)(2011)(2013)
★中宮寺半跏思惟像(2010)
★広隆寺半跏思惟像(2009)
★広隆寺(2016)
★日光東照宮陽明門 (2009)(2019)
★聚楽第(2011)
★五稜郭(2011)
★東海道五十三次(歌川広重)(2007)
★富嶽三十六景(葛飾北斎)(2007)
・若狭神宮寺(2016)
★薬師寺金堂(2016)
・興福寺(阿修羅像)(2011) (2016)
・興福寺仏頭(2008)
・赤間神宮(2016)
・教王護国寺(東寺)(2016)
・大覚寺(御影堂)(2016)
・鳥獣戯画(鳥羽僧正)(2008)
・蒙古襲来絵詞(2014)(2016)
・支倉常長の肖像画(2016)
・長崎港図(丸山応挙)(2016)
・悲母観音(狩野芳崖)(2006)
・見返り美人図(菱川師宣)(2006)
・池畔納涼(黒田清輝)(2007)
・興福寺(2015)
・達谷窟毘沙門堂(たっこくのいわや)(2015)
・荒神谷遺跡(こうじんだにいせき)(2014)
・空也上人像(2014)
・黒き猫(菱田春草)(2014)
★東京国立博物館(2014)
★鑑真和上像(唐招提寺)(2013)
・大仙院庭園(大徳寺)(2013)
・麗子微笑(岸田劉生)(2013)
・瓢鮎図(ひょうねんず)(如拙)(妙心寺退院)(2008)(2012)
・収穫(浅井忠)(2012)
・仏涅槃図(高野山)(2011)
・三菱一号館(2011)
・ニコライ堂(2010)
・雪松図屏風(丸山応挙)(2010)
・秋冬山水図(雪舟)(2009)
・風雲雷神図屏風(俵屋宗達)(2009)
・松林図屏風(長谷川等伯)(2011)
★洛中洛外図屏風(2010)
・鷹見泉石像(渡辺崋山)(2008)
★西本願寺飛雲閣(2008)
・上賀茂神社(2008)
・三仏寺投入堂(2007)
・弾正台(2011)
・花沢館(2011)
・当麻寺当麻曼荼羅(2010)(2011)
・神護寺金堂薬師如来像(2010)
★高松塚古墳壁画(2010)
・室生寺釈迦如来像(2010)
・法華寺十一面観音像(2010)
・観心寺如意輪観音像(2010)
・赤坂離宮(2010)
・下鴨神社(2009)
・醍醐寺三宝院(2008)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以下、ハロー注意報発令!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★薬師寺東塔
★薬師寺薬師三尊像
★東大寺南大門金剛力士像
★東大寺不空羂索観音像
★円覚寺舎利殿(禅宗様)
★竜安寺石庭
★修学院離宮
★臼杵磨崖仏(大分県)
★紅白梅図屏風(尾形光琳)
★弾琴美人(鈴木春信)
★龍虎図(橋本雅邦)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
出題が予想される「古都京都の文化財」(世界遺産)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●出題されたもの
(1)慈照寺(銀閣寺)(2015)(2018)
(2)清水寺(2016)
(3)教王護国寺(東寺)(2016)
(4)仁和寺(2016)
(5)平等院・鳳凰堂(2016)
(6)高山寺(2016)
(7)西芳寺(別称・苔寺)(2016)
(8)天龍寺(2017)
(9)二条城(2017)
(10)鹿苑寺(金閣寺)(2018)

●まだ出題されていないもの
(11)★龍安寺(石庭が有名)
(12)★延暦寺
(13)★西本願寺(本願寺)
(14)★醍醐寺
(15)賀茂別雷神社(上賀茂神社)
(16)賀茂御祖神社(下鴨神社)
(17)宇治上神社

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
出題が予想される「古都奈良の文化財」(世界遺産)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●出題されたもの
(1)唐招提寺(2015)(2017)
(2)興福寺(2015)
(3)東大寺・大仏殿(2015)
(4)東大寺・正倉院(2016)
(5)薬師寺(2016)
(6)春日大社(2015)
(9)春日山原始林(2015)
(10)平城宮跡

●まだ出題されていないもの
(11)元興寺

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本の世界遺産
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【世界遺産とは】
世界遺産(World Heritage)とは、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて世界遺産リストに登録された、遺跡、景観、自然など、人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」をもつ物件のことで、移動が不可能な不動産やそれに準ずるものが対象となっている。日本では、文化遺産18件、自然遺産4件の合計22件が登録されている。(2019年6月現在)

【文化遺産】(Cultural Heritage)(計18件)
(1)★法隆寺地域の仏教建造物(奈良県)(1993年登録)(「夢殿」2016)
(2)★姫路城(兵庫県)(1993年登録)(2015)
(3)★古都京都の文化財(京都府、滋賀県)(1994年登録)(「慈照寺」2015)(「平等院鳳凰堂」「大覚寺」2016)(「二条城」「天龍寺」2017)
(4)白川郷・五箇山の合掌造り集落(岐阜県、富山県)(1995年登録)
(5)原爆ドーム(広島県)(1996年登録)
(6)★厳島神社(広島県)(1996年登録)(「高舞台」2015)(2017)
(7)★古都奈良の文化財(奈良県)(1998年登録)(「唐招提寺」「興福寺」「東大寺大仏殿」2015)(「薬師寺」「東大寺正倉院」2016)(「二条城唐招提寺」2017)
(8)★日光の社寺(栃木県)(1999年登録)(2015)
(9)琉球王国のグスク及び関連遺産群(沖縄県)(2000年登録)
(10)★紀伊山地の霊場と参詣道(奈良県、和歌山県、三重県)(2004年登録)
(11)石見銀山遺跡とその文化的景観(島根県)(2007年登録)(2017)
(12)★平泉−仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群(岩手県)(2011年)
(13)★富士山―信仰の対象と芸術の源泉(山梨県、静岡県)(2013年)
(14)富岡製糸場と絹産業遺産群(群馬県)(2014年登録)(「錦絵」2015)(2017)
(15)明治日本の産業革命遺産製鉄・製鋼、造船、石炭産業(2015年登録)(「萩」2017)
(16)ル・コルビュジエの建築作品−近代建築への顕著な貢献(国立西洋美術館=東京都)(2016年登録)
(17)★『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群(2017年登録)
(18)★「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本両県)(2018年7月登録)

【自然遺産】(Natural Heritage)(計4件)
(1)屋久島(鹿児島県)(1993年登録)
(2)白神山地(青森県、秋田県)(1993年登録)
(3)知床(北海道)(2005年登録)
(4)小笠原諸島(東京都)(2011年登録)

※覚え方⇒(小笠原君が、屋久杉の前で、白装束で、『知床旅情』を歌った。)
※「日本の世界遺産」詳しくは、下記をご覧ください。
http://nihon-sekaiisan.com/

「百舌鳥・古市古墳群」(大阪府)が、2019年に登録が決定された。
百舌鳥・古市古墳群は、古墳時代の最盛期(4世紀後半から5世紀後半)にかけて築造された、古代日本列島の王たちの墓群であり、古代日本の政治文化の中心地のひとつであり、大陸に向かう航路の出発点であった大阪平野に位置している。墳丘の長さおよそ500mにおよぶものをはじめとする、世界でも独特な鍵穴型の前方後円墳が多数集まり、これらと多数の中小墳墓が密集して群を形成している。
本資産の古墳には、前方後円墳、帆立貝形墳、円墳、方墳という4種類があり、これらの型式は、日本列島各地の古墳の規範となった標準化されたものだった。世界各地の多くの墳墓の墳丘が棺や室に盛土・積石しただけのものであるのに対して、古墳の墳丘は葬送儀礼の舞台として幾何学的なデザインを施し、埴輪などの土製品で飾り立てた建築的な傑作である。本古墳群は、古代中央集権国家が成立する直前の時代にあって、激動する東アジア情勢への対応として展開した、墳墓によって権力を象徴した日本列島の人々の歴史を物語る顕著な証左でもある。本資産は,古墳時代において,社会階層の違いを示唆する高度に体系だった葬送文化が存在し、古墳築造が社会の秩序を表現していたことを物語っている。また本資産は、各地の古墳群が形づくる階層構造の頂点に位置し、列島一円の古墳群の群構成の規範となったものであった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
出題が予想される「世界遺産」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●まだ出題されていない下記は要注意である。(重要度順)

(1)★『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産
(2)★富士山―信仰の対象と芸術の源泉
(3)★日光の社寺(東照宮陽明門)
(4)★平泉(中尊寺金色堂)
(5)★白川郷合掌造り集落
(6)★ル・コルビュジエの建築作品(国立西洋美術館)
(7)長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産
(8)琉球王国のグスク及び関連遺産群
(9)紀伊山地の霊場と参詣道
(10)原爆ドーム

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

通訳案内士は民間外交官! 更新情報

通訳案内士は民間外交官!のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。