ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

臨床試験の情報公開所コミュのT25>栄養のバランスと風呂桶

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

☞☞栄養のバランスと風呂桶

人間の体は、約50種類の栄養素が必要とされ、1日に30品目の旬の食材の摂取が不可欠とされています。

ここで、重要なのはバランスなのです。

風呂桶に例えますと、

完璧なビタミン・ミネラルなどの栄養素のバランスは、写真のような風呂桶に水(栄養素)をはった状態とします。

桶の円の側面は、一枚一枚の板で出来ています。
日々の食生活の状態によっては、
それぞれの板の高さ(栄養素の高さ)は、バラバラです。

つまり、いくら水(栄養素)をはっても、一番低い板のところから水(栄養素)は、逃げて行くのです。

だから、単体で例えばビタミンAばかりを摂っても、一番不足している栄養素の板(一番低い)から、水(栄養素)は、逃げて行くのです。

いくら栄養素をたくさんとっても、2〜3種類の栄養素不足により、その一番低いレベルの栄養素の高さに全ての栄養素のバランスが合わされるわけです。

コメント(6)

バランス大切ですよね!
しかも、必要な場所に必要な栄養素が行かなければ、意味が無いですよね!
カスケード理論は、もう古い!!
自分に足りない栄養素は何かを知る事がまず第一です。
私もそう思います。
◆こうちゃん  さんへ
カスケード理論によると、栄養は浴びるように摂るとよいと解釈するのですが、風呂桶理論によりますと、バランスの範囲内で有効であるということですね。

<カスケード理論・ご参照>
いずれのビタミンについてもいえることですが、一つのビタミンがかかわる代謝の種目は意外に多い。そして、そのすべてについて、必要量の個体差があらわれる。したがって、トータルに見る個体差の様相は単純でない。カスケードモデルは、それを見やすくするための工夫の一つである。

カスケードとは、段々滝を意味する英語です。現実のカスケードでは、その最上段まで水が流れてきて、それが次つぎと段をおりて、最下段である川にそそぐ。私のカスケードモデルは仮想のものであって、流れるものは、水ではなくてピタミンである。したがってこれは、「ピタミン・カスケード」とよばれてよいものです。ピタミソ・カスケードは、ピタミソの流れるカスケードであるにはちがいないが、その各段には、特別な意味があり、特別な構造があります。
1: boogie  さん
あ〜 分かりやすい例えです。

2007年02月12日
23:34
2: 大逃領@ さん
相互作用というやつですね!?

いまの食文化では、1日にバケツ一杯もの野菜を摂らないといけないそうですね〜

2007年02月13日
12:06
3: Zen
◆boogie さんへ   ◆大逃領@ さんへ
どうもです。バケツ一杯分の野菜となると、栄養素のことよりよりも残留農薬がこわいですね。

2007年02月13日
13:39
4: アマチャン さん
健康意識が高まると、全く虫や細菌がつかない状況にして、無農薬で栽培した工場衛生野菜が、もてはやされるようになるでしょうね!

2007年02月13日
16:07
5: Zen
◆Dr.アマチャン さんへ
これまた、ひ弱な野菜で、栄養がない野菜の誕生かもしれませんね。10年ほど前に、北海道農業試験所が出した野菜の栄養評価データで、昭和30年代(1950年代)のホウレン草には、100g当たりビタミンC量が、130mgあったものが、1990年代のホウレン草には、15mgぐらいしかないと。つまり、約1/10に激減ということですね。日記で、野壺(肥えたご)のお話をしたことがあるのですが、野菜は、自然の日光を浴びて(紫外線も)、虫もたかってできたものが、栄養たっぷりなんでしょうね。

建築の工業化により住宅は合理的生産によりコストは削減されたように、野菜も安くできるようにはなるかもしれませんが。
はなよ さん

このたとえ、面白いですね^^

2007年02月12日
22:46
リバーサイドママ  さん

解りやすい例えですね!

さて自分はどの板が低くて、どれが高いのかな?

バランスはマアマアではないかと、おもっていますが・・・

添加物による、板の沈みも有るのではないでしょうか?

2007年02月12日
23:03
のりっぺ  さん

こうして説明して頂けるとよくわかります!!
少なくてもばらつきのない摂りかたをすればいいのですね
心も体もバランスよく〜〜〜

2007年02月12日
23:16
デコ  さん

何事もバランスですよね〜〜〜

この例えは、分かりやすいですね〜〜〜

2007年02月13日
14:28
のに さん

ものすごいようわかる説明ありがとうございます。
サプリ飲んでも、一番悪いとこから効きだすといわれた
ことがあるんだけど、それはやっぱり低いところを
修繕していくってことですかね。なんとなく納得!!

2007年02月13日
15:34
しんちゃん   さん

失礼します。
確かにビタミンのバランスは
大切ですね。
できれば食品から摂取していくのが
ベストだと思います。
VAやVDは摂り過ぎると妊婦の異常出産や
健康な人でも皮膚障害や脱毛、肝障害などが
確認されています。
VEも油溶性の食品添加物として
知らず知らずのうちに食べている可能性大です。
ですからサプリでとることで摂りすぎの
注意が必要ですね。

自分の経験から言って、一番安全で
効き目を実感できるのはVCでした。
1日10gくらい摂っても全然大丈夫です。
風邪引きもメガビタミンで医者に行くことも
ありません。

2007年02月13日
17:52
きみっち さん

バランス・。凄く解り易い説明していだきました。
日々の食事のある程度のばらつきのないようには
心がけていますが!!

数知れない添加物もあることですしね????



2007年02月13日
19:50
Zen

◆はなよ さんへ   ◆リバーサイドママ さんへ
◆のりっぺ さんへ   ◆デコ  さんへ
◆のに  さんへ   ◆しんちゃん さんへ
◆きみっち さんへ

私もこの話をドクターから最初(7〜8年前)に聞いたとき、ビタミンの種類とミネラルの種類の多さに感激すると同時に、それぞれの役割について勉強しました。又、必須栄養素の量が推奨量・上限量などがあり、又、各国基準量もまちまちであると。しかも、mg(1/1000g)μg(1/1000000g)というミクロ・マイクロという微量の世界に驚きを感じ細胞とは、いったいなにかを学習するため、市大医学部大学院の授業に社会人として特別参加したこともあります。結果、細胞が必要とするビタミン・ミネラルなどのバランス必須量が見えたわけです。実際、大雑把な食事では、この最高のバランスを維持することは、不可能ですね。でも、予防医学を少しでも意識することで少しはベターな状態になることも事実です。
又、毒ゼロエミッションは、はっきり不可能でしょう。だから、基礎代謝をあげてデトックスなんですね。

<追記>
サプリメントの話をしただけで、毎日胡散臭く思われ、自分も胡散臭く思っておりましたが、次世代のお医者さんが何を考え何を警鐘しているかを知ったとたん、そのように思われることなんかどうでもよいようになりました。だから、予防医学伝道師も8年目を迎えることができたのかもしれません。(笑い)

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

臨床試験の情報公開所 更新情報

臨床試験の情報公開所のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。