ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 地域 > 阪本漢方堂 > トピック一覧 > 牡蠣の効用

阪本漢方堂コミュの牡蠣の効用

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

岩牡蠣をレモンを絞っての食べ方や、冬場には牡蠣フライから牡蠣ごはんなど
牡蠣はとてもおいしいですね。
今ではお洒落なオイスターバーが出来ており、国内産だけでなくニュージーランド産・
カナダ産など世界中から旬の牡蠣が集まってきます。


 さて牡蠣は美味しいだけではなくて、体にもいいのです。
 牡蠣は「海のミルク」と云われるほど、栄養素が豊富な食べ物です。
牡蠣肉にはグリコーゲン・タウリン・必須アミノ酸・カルシウムや亜鉛・鉄分・
マグネシウムやセレンなどのミネラル・ビタミンAやB群・葉酸などの各種ビタミンが
含まれています。
そのような場合には、健康食品として流通している確かな品質の牡蠣肉エキスがありますので、ご利用ください。

 では次に、牡蠣は漢方薬としてはどのように用いられているのでしょうか?
漢方薬では牡蠣の貝殻を使います。
貝殻の主成分は炭酸カルシウム(CaCO3)になります。

使う目的としては神経を安らげる働き・興奮状態を鎮める働きになります。
つまりイライラや不安感、不眠・動悸の他に、耳鳴り・めまい・頭痛などの症状に
用いられるのです。

ただ、単独ではなく複数の生薬と組み合わせて用いることが多いです。
漢方では「牡蠣」と書いてボレイと読みます。

例えば処方の名前として具体的には、
精神的不安や不眠・神経症・小児夜泣きに用いる・・・「柴胡加竜骨牡蠣湯(サイコカ
リュウコツボレイトウ)」
体が弱く疲れやすく、興奮し易い方の不眠や眼精疲労・小児夜尿(おねしょ)に効く・・・「桂枝加竜骨牡蠣湯(ケイシカリュウコツボレイトウ)」
など処方の名前に「牡蠣」と有るもの、「ボレイ」と読む物には配合されています。

その他に、胃の痛み・胸やけ・ゲップ・食欲不振・吐き気など慢性胃炎・神経性胃炎に
効く・・・「安中散(アンチュウサン)」にも配合されています。

 牡蠣は食べて美味しく、体にも役立っているのです。
阪本漢方堂では、国内は東北産の牡蠣を使用したおすすめ出来る品質の牡蠣エキスの錠剤を取り扱っています。本店は四条新京極の入り口、千本店は千本一条上ルです。
遠方の方や、お忙しくてご来店できない方には、電話での相談や、
お薬によっては、着払い便による発送も出来ます。

お問い合わせは、075−221−6323 までお願いいたします。
朝9時半から夜8時まで、営業しています。


                             阪本漢方堂薬局

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

阪本漢方堂 更新情報

阪本漢方堂のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済