ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > ラーマクリシュナの福音 > トピック一覧 > 自己の明け渡し

ラーマクリシュナの福音コミュの自己の明け渡し

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

自己の明け渡し(1)


「自己の明け渡し」

 スワミ・ラーマクリシュナーナンダ



 祈り――それによって私たちは、自己中心癖(エゴイズム)を取り除こうとします。
 しかし、私たちが祈った後でも、エゴは残ります。
 私たちの祈りが神に届いていないのでしょうか?
 いいえ、神はすべての場所に遍在されており、私たちの最も微弱な心の嘆きでさえも聴いておられます。
 しかし、彼(神)は、私たちに準備ができていないことをご存知なのです。
 熱心な祈りを続けることを通じて、私たちは徐々に自分たちの準備を整えていきます。
 神が、即座に私たちの準備を整えてくださることはできないのでしょうか?
 それはもちろん可能です。
 しかし彼は無限の愛を持っておられるため、私たちが実際には自分で自分を支配したいと思っている間は、私たちを悩まそうとせず、やって来られないのです。
 私たちが自分自身を全く無価値なものであると悟り、私たちが自分自身を路上の塵よりも価値がないものと感じたときに、私たちは神に次のように告げるのです。

「私は全く自分の人生を支配することができません。
 どうぞここへいらして、私の王座をお占めください。私はすべてを汝に捧げます。」

 そのときに、神はやって来られ、そしてエゴは去っていきます。
 しかしながら、私たちは心を誤魔化してはいけません。
 私たちは、偉い人の前では従順だが、自分の家の召使の前では威張り散らす男のように、単なる謙虚なふりをするような者であってはいけません。
 私たちは文字通り、自分たちを不可触民(パーリヤ)同然だと思わなくてはなりません。
 聖ラーマクリシュナは、そう感じていらっしゃいました。
 それゆえ彼は、パーリヤの家の便所掃除をすることができたのです。
 彼は“掃除人の掃除人”になることができたのです。
 そのような心にのみ、主はやって来られます。
 しかし、その感情は、完全に誠実であり、全くの欺瞞や誤魔化しをなくした状態でなくてはなりません。
 ソクラテスは、彼自身の無価値さを知っており、それゆえに賢者となったのです。

コメント(2)

自己の明け渡し(2



 現状では、我々は自分の力に過剰な信頼を持っています。
 そして、それが残っている間は、エゴはその王座に居座り続け、神は、私たち自身がそれを追い払うまで、待たれているのです。
 現在、私たちは、神を部分的にしか信頼していません。
 私たちは、自分自身で、たくさんの良いことをなせると考えているのです。
 私たちは、“神よ、この手紙を書いてください”と頼むかもしれませんが、年がら年中、彼よりも少し自分の方が上手く書けると思い込んでいます。
 ゆえに私たちは、それを完全に彼にゆだねることはしないのです。
 しかし、私たちがすべてを彼に差し出したとき、私たちは、どれほど彼が私たちに尽くしてくださっているのかを知ることになるでしょう。
 なぜならば、彼(主)は、"本当のことを言うと、私はそのような信者たちの召使いになるのだ"とおっしゃっているからです。



 それでは、個々の努力の場は存在するのでしょうか?
 個人的な努力は、自己の明け渡しを引き出します。
 自己の明け渡しが生じるまでは、私たちは、努力を続けなければなりません。

 私の師である聖ラーマクリシュナは、

「人は、風が吹くまでは扇で扇ぎ続けなくてはいけない。しかし風が吹き始めたら、扇は不要となる」

とおっしゃっていました。

 ゆえに人は、自己の明け渡しが生じるまでは、努力を続けなくてはいけません。
 アルジュナも、バガヴァッド・ギーターの中で同じ質問をしています。

「もし明け渡しが活動より優れているなら、なぜあなたは、私の師や祖父や仲間を殺害するような、このような恐ろしい行為を強いるのですか?」

 聖クリシュナは答えました。

「あなたは、行為が無価値であることを学ぶために、行為をしなくてはなりません。
 私が仮にそれをあなたに伝えても、あなたはそれを信じないでしょう。
 ゆえにあなたは、あなた自身で、それを見出さなければならないのです。」


 私たちは、これを理解して初めて、奉仕をするのです。
 私たちが、あらゆるものが個人的な努力よって得られると考えている間は、行為をしなくてはなりません。

 聖ラーマクリシュナのもとへ通ってきていたマニ・マリックは、あるとき、"何年間もシャンデリアのビジネスを成功させるために努力をしたが、その努力はすべて失敗に終わった"ということを私たちに話してくれたことがありました。
 そして、最後に必死にあがいた翌日、破産に打ちのめされていた彼は座り込み、こう言って泣き始めたそうです。

「主よ、もし汝が私を破滅させるおつもりでしたら、そうなさってください。
 私は、自分ができるすべてのことをしました。
 今、私は、すべてを汝に譲り渡します。
 すべてのことを、私を使って、汝のご意思で成してください。」

 そして、その後、彼の仕事は新しい展開を迎え、彼はビジネスの成功者となったのでした。

 人は、すべてを神に明け渡さなくてはなりません。
 そうしてのみ、繁栄があります。
自己の明け渡し(3)



 この人間の努力というのが何の役にも立たないということは、世間を見れば一目瞭然です。
 同様の努力は創造の始まりから続けられており、そしてそれは世界が存続する限り続けられます。
 その事実は1インチも変わることなく、続いているのです。
 なぜでしょうか?
 なぜならば、世界は、渇愛と貪欲を基に成り立っているからです。
 そして渇愛と貪欲は、エゴによって支えられています。
 よって、このすべての努力は、エゴから生じているのです。
 スワミ・ヴィヴェーカーナンダが語った以下のことは、まさにそれを表すにうってつけの言葉でしょう。

「行為が世界を救うことは絶対にない。それは、単にその人自身を救うのみである。」

 それではそれは、どのようにして彼を救うのでしょうか?
 それは、そのこと(個人的努力による行為)が全く役立たずのもので、神のみが唯一の仕事を成されている方であることを教わることによって、救われるのです。



 人は、彼自身を主の御足に投げ出し、

「ああ、主よ、このすべては汝のものです!
 この身体、心、魂はあなたに属しています。
 私は全く無力です。
 私は無価値です。
 どうぞ、私を連れて行ってください。」

と言うことができます。

 そうすると、すぐに主はこう言われます。

「よろしい。私はお前を連れていこう。
 お前の身体、心、そして魂は私のものだ。」


 そして主は、その者の両手を彼(主)の手とされ、その足を彼の足とされ、その舌を彼の舌とされます。
 主は、その者たちの口を通して食べ、その者たちの唇を通して話し、その者たちの心を通して考え、その者たちの手と足を通して活動します。
 そして、その者は生きた神になるのです。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ラーマクリシュナの福音 更新情報

ラーマクリシュナの福音のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済