ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > 児童虐待根絶運動推進委員会 > トピック一覧 > 虐待体験談トピ。

児童虐待根絶運動推進委員会コミュの虐待体験談トピ。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体


えーとですね、自分は物心ついた時から中3に至るまでの、大体9年間とちょっとかな、親から虐待受けていました。分かり易い虐待は主に父から。認識し難い虐待は主に母から。

さて、具体的にどんなことをされていたんでしょうか。

主たるものは、両親ともに言葉で行われました。(情緒的・心理的虐待ってやつですね。)
機嫌が悪いと怒鳴られ、無視される。そうでなくとも兎に角大声で怒られ、人格を否定され続けました。
「おまえは何をやっても駄目だな」とか「育て方失敗した」とか「おまえのことなんか知らん」とか、そういった台詞は基本でしたね。良い成績とっても褒められたことなんかない(笑)
待っているのはくだらない揚げ足取りのみです。まぁ、揚げ足取りしてくれる時は比較的ましでしたが。普段は無視されることの方が多かったので。

父は最低週に一回は悪酔いするまでお酒を飲んで深夜に帰宅するのですが、その日は大抵地獄でしたw
父の部屋に行くにはおれの部屋を通らないと行けない構造になっていたので、酔っ払った父は必ずおれの部屋を横断します。
ドアを開けるとすぐにベッド(二段ベッドみたいなベッド。下には机とかがおける。)って配置だったんですが、酔っ払った親父は必ず何かを叫びながら、ベッドを猛烈に揺らすんです。
この時の怒声で覚えている(というか忘れられない)のは「惣左〜!!起きてるんだろ〜!!!ふざけるな!!!!この屑が!!!!寝たふりしたって無駄だからなぁ!!!」って台詞ですね。理由も無く2時とか3時とかにやられるんだからたまりませんw
おかげで、今も寝るとき目を閉じると世界が揺れてるように感じて不安になりますw

で、母には基本的には無視をされたり、「もう嫌だ、死にたい」ってのを小2か小3くらいのときから中3になるまで毎晩母が寝付くまで聞かされました。いや、正確に言えば自発的に聞いてあげてたんですけどね。そうでもしないと、本当に自殺されそうだったので。高2になるまで母親の笑った顔見たことありませんでしたし。

あー、あとは病院に連れて行ってもらえませんでしたね。
「あんたが病院行くためのお金なんて無いわよ!!」ってことあるごとに言われていたので、祖父や祖母に借りたり、母の貯金箱から幾らかぱくったりしてました。
小3の頃、自動車に撥ねられて両膝のお皿を痛めたことがあったんですが、その時の話を祖母に聞くと「病院行こうって言ったんだけど、惣左が泣きながら母ちゃんには言わないで、言ったら怒られる。だから病院行けない。お願い、言わないで。って何度も何度も繰り返して言うもんだから病院連れて行けなかった。尋常じゃなく怯えてて痛々しかった」と。
この事故の記憶は自分ではもうかなり曖昧になってしまっているんですが、事故から半年間は走れなかったし、びっこ引いていたのは記憶しています。今思うとあれ、ヒビとか入ってたんでしょうねw


そういえば家の中で兄貴と遊んだり喋ったりした記憶が殆ど無いのは何故だ・・・(笑)


それはさておき、まー、こういった酒をまずくするような経験をするとどうなるかっていうと、先ず自分の存在意義が感じられなくなりましたね。何かを出来なければ、していなければ単なる害悪・ごみ屑でしかないと思ってます、普通に。
それと、他人を信用出来なくなります。気のおけない友に対してすらも「嫌われてる・きもがられている・うざがられている・縁切られる」と常に思ってしまっています。被害妄想顕著ですね(苦笑)
あと幻聴とか基本装備です。自分は電子音とか良く聴きますね。勿論幻聴で。

他にもいっぱいありますが、書くのめんどくさいので割愛します。
社会で生活していくにあたって、凡そ確実に無駄なストレスを受けてしまうというか、マイナスに働くと言うか、社会性なくすというか、そういった影響は確実に受けます。虐待うけると。
どうにかしてなくさんといけんわけです。誰もハッピーになれませんからね。

と、なんだかまとまりつかなくなっちゃったけど、こんな感じで今日の日記おしまい!!

あ、最後に。色々書きましたが両親を恨んではいませんよ。信用はできませんが。



(※自分の日記から転載しました。)

コメント(155)

-身体
叩く・殴る蹴る・つねる・踏む・馬乗りで首を絞める(気絶一回)・物を投げる(頭から出血すること三度)・閉じ込める・冬の戸外に締め出す・水をかける・唾を吐きかける・針を刺す・包丁をつきつける・抱きしめたまま窒息
-言葉(ばかあほ系以外)
死ね・生まれてきた意味/価値がない・お前は捨て子(ありがち過ぎて笑える)・(太った時に)妊娠してるんじゃないのか・体売れ・「生まれてきてごめんなさい」の強要・私の友人の侮辱・仕事中の父についての悪口雑言 など

ニュースやドラマに出るような激しいのだけが虐待じゃありません。
離れて暮らす今も叱責の声の幻聴で目が覚めることがあり、あの時死んでもおかしくなかったのだと思います。ニュース沙汰の事件だって「たかがこの程度」を放って置いたからエスカレートしたんですよね。
「たかがこの程度」に実はひとりの人間の命が懸かってるってもっと認識して欲しいです。自分の体面や安全が大事なのもわかります、わかりますけど。
小学校時代から常にお前は頭がおかしいと言われ特殊学級に入れてくれと担任に頼んでいた!校長があんたバカかと怒鳴りつけてた!近所で俺の事をキチガイ扱いにして進学高校に受験するのを嫌がって喚き叫んでくれた!とにかく死んでと泣きついてきた。大学に進学すると毎日金、金、金と言われ退学届けを何度も提出した。大学は辞めるなと受け付けなかった!俺の前で薬物を飲み路上で暴れて泣き叫ぶ母親!父親は仕事に没頭してた意味も判った!弟は医者になり妹も海外に…俺は母親があそんで作った子供だったから!俺の存在を消す為に俺を法的に抹殺してくれた!仕事も奪われ住むところさえも…誰一人助けてはくれなかった…殺してやりたい気持ちで毎日いっぱい!今は黙ってるだけ!仕事を奪った色んな人に必ず報復します。命は欲しくないから!視覚 聴覚 奪ってやる!
住む場所も金も仕事も人間関係も全部母親が泣き叫び嘘で固めた人生を語ってくれたお陰で失った!10回ボコボコにしてそのうち一回は首を絞めて殺す寸前に警察に止められた!絶対に殺してやる!回りの者も全て恨み返してやる!どんな手段でも殺してやる!仕事無くした時自殺したかった!許さない!
俺は未熟児で生まれたらしい。

物心ついたとき自分にあったのは親に対する恐怖心だけでした。

簡単にいうと、俺はただの家族のストレス発散の道具でした。

何ども殺されかけた。

笑いながら包丁で切りつけられた。

親父の機嫌が悪いとき、7,8才位のときやとおもうけど、いつものように、

フライパンでボコボコにされて、頭から血流して気失ったまま放置されて、どれくらいたったかわかんなかったけど、

きずいたら鞄みたいなもんの中に入れられてて、車でどこかにむかってるみたいでした。

俺が意識を取り戻したって知られたらほんまに殺されると思って、

ビクビクしながら息を殺してた。

車が止まって、俺の入ってる鞄を多分親父が車から投げ捨てた。

車が去って行く音が聞こえたけど、怖くて動けなくて、また気を失った。

再び意識が戻って、鞄から外に出たら、どこかわからん森みたいなとこの中やった。

でも何かへんに不思議とホッとしたのを覚えてる。

そのあとどこをどうあるいたかわからんけど、川があったのを覚えてる。

水飲んだら激痛が走ったのも覚えてる。

その時初めて自分が裸やった事にきずいた。

そんな山奥やなかったんやと思う。

きずいたら道にでてた。

不安よりもへんに落ち着いてた。

何かボロボロの日用雑貨みたいなんがあって、夜やったから誰もいなかったけど、ドアがあいててパンとか服とかあったから、助かった。

俺の知ってる人間は家族だけやったから、人間とまともにはなしたこともなかったし、

人間が怖くてたまらなかった。

それからずっと万引きしながらホームレスみたいな生活してた。
俺は未熟児で生まれたらしい。

物心ついたとき自分にあったのは親に対する恐怖心だけでした。

簡単にいうと、俺はただの家族のストレス発散の道具でした。

何ども殺されかけた。

笑いながら包丁で切りつけられた。

親父の機嫌が悪いとき、7,8才位のときやとおもうけど、いつものように、

フライパンでボコボコにされて、頭から血流して気失ったまま放置されて、どれくらいたったかわかんなかったけど、

きずいたら鞄みたいなもんの中に入れられてて、車でどこかにむかってるみたいでした。

俺が意識を取り戻したって知られたらほんまに殺されると思って、

ビクビクしながら息を殺してた。

車が止まって、俺の入ってる鞄を多分親父が車から投げ捨てた。

車が去って行く音が聞こえたけど、怖くて動けなくて、また気を失った。

再び意識が戻って、鞄から外に出たら、どこかわからん森みたいなとこの中やった。

でも何かへんに不思議とホッとしたのを覚えてる。

そのあとどこをどうあるいたかわからんけど、川があったのを覚えてる。

水飲んだら激痛が走ったのも覚えてる。

その時初めて自分が裸やった事にきずいた。

そんな山奥やなかったんやと思う。

きずいたら道にでてた。

不安よりもへんに落ち着いてた。

何かボロボロの日用雑貨みたいなんがあって、夜やったから誰もいなかったけど、ドアがあいててパンとか服とかあったから、助かった。

俺の知ってる人間は家族だけやったから、人間とまともにはなしたこともなかったし、

人間が怖くてたまらなかった。

それからずっと万引きしながらホームレスみたいな生活してた。


返信
私は、物心つく頃から父親の暴言と肉体的暴力を受けてきました。
今思えば、父ほど短気で神経質な人を他に知りません。

実は私にはアスペルガー症候群があり、父は機嫌が悪ければいつも私に殴る、蹴る、物を投げつける、髪の毛を掴んで外に放り出す、包丁を突きつける暴力をしました。
出血するほどの傷を負ったり、顔が酷いあざだらけのまま学校に行かされ、周りから「ゾンビみたい」と言われ余計心が傷ついたこともあります。
小学校のとき、幼いときから私を知っている近所の人の家に、助けを求めようと逃げ込んだこともありました。
しかしそれも無駄で、父にすぐばれて、帰ってまた暴力を受けました。

それなのに、健常者の妹は「お姉と違ってまともだから」と、父から暴力を受けていません。
最初は見て見ぬふりしていた母も不倫し、私を見捨てて逃げました。
中3の夏に両親は別居、母は妹を引き取り、のちに両親は離婚しました。

それからが地獄の日々、父と二人の生活は、暴言と暴力の無い日は滅多にありませんでした。
仕事中の父から、「帰ってお前がおったら殺す」と電話で脅されたこともあれば、「お前があの不倫した母親と顔似てるのが許せんのや」とか「お前が妹みたいにまともだったら、家こんなことならんかったわ!全部、家庭壊したんお前のせいやからな!よく覚えとけ」とまで言われました。
私は本気で自己嫌悪になり、生きるのが辛かったです。
しかし父に何を言っても無視されたり、私の知らないところで妹に私の文句を言われたり、父が私を娘として人間として受け入れてくれないことの方が辛かったです。

そして昨年6月、父の虐待に絶えられずに私は家を脱走しました。
そのあと女性保護施設で生活しても、他の入所者とのトラブルで辛い記憶がフラッシュバック。
精神科に3ヶ月入院し、今も安定剤を服用しています。

父から虐待受けた分、私には自分を認めてもらいたい嫉妬深さ、他者から良い評価を求めて知識を誇る癖があります。
包丁を何度も突きられたり、投げつけられたりしたので刃物にもトラウマがあります。
こんな私ですが、同じように虐待を受けて育った人たち、今虐待に苦しむ子どもたちの力になりたいです。

以上長々と失礼いたしました。

ログインすると、残り149件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

児童虐待根絶運動推進委員会 更新情報

児童虐待根絶運動推進委員会のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。