ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > ユング心理学研究会 > トピック一覧 > 2015年4月16日(木)ユン...

ユング心理学研究会コミュの2015年4月16日(木)ユングサロンのご案内

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

【2015年4月16日(木)ユングサロンのご案内】

 今回の講師、甲田烈氏は10年前に当研究会で講演され今回が5回目、哲学、宗教、心理、文学など多分野にわたる碩学の哲学者・文化人で、井上円了の妖怪学の権威としても知られています。また落語脚本も試みるなどユーモアある語り口で、難しい哲学の話を誰にでもわかるように講釈する庶民派の哲学者です。タイトルに驚かれることなく、どうぞ気軽にお越しください。

■タイトル:「回路としての想像力(ファンタジー) 」

 私たちは毎日、想像をしています。それは明日のことや遠い未来のこともあれば、また夢の中におけるように、醒めてみなければわからないこともあります。さらにそれは神話や民話、物語を担うものともされています。この想像力(phantasy)はユング心理学においても重要な概念の一つとなっていますが、私たちがこの働きを行使しているのか、それとも中国の「胡蝶の夢」の喩えのように、人間自体が夢みられているのか、といったことについてはさまざまな立脚点があります。今回は、ユング派の流れをくむアーノルド・ミンデル(Arnold Mindell, 1940- )におけるチャンネル(channel)の理論と、最晩年のジル・ドゥルーズ(Gilles Deleuze, 1925-1995)における「回路」という概念を交差させながら、「想像力」の意味について考えてみたいと思います。それを通じて了解されてくることは、身体における「前」と「後」の差異であり、また最も小さなことに最も大きなものが入り込み、逆も可能という一見、不思議な世界です。みなさんの想像力の扉から、ほんのちょっと”現実”の奥をのぞいてみませんか。

■講師プロフィール

1971年、東京生まれ。専攻は仏教学・比較思想。関心領域はトランスパーソナル心理学・妖怪研究。2004年より相模女子大学非常勤講師。2014年より東洋大学井上円了研究センター客員研究員。単著に『手にとるように哲学がわかる本』(かんき出版)、共著に『インテグラル理論入門機Ν供(春秋社)がある。関連論文多数。また『〈妖怪〉を知るためのレッスン』を刊行予定。

■日時:4月16日(木)7時〜9時(開場6時半)

■会場:中野区産業振興センター
(中野駅南口、左手の交番脇線路沿い直進、コンビニ手前右折すぐ左側、徒歩5分)

■会費:1,000円

■主催:ユング心理学研究会 http://jung2012.jimdo.com/

■問い合わせ:同事務局 jungtokyo_info@yahoo.co.jp

※セミナー時に撮影した写真を当研究会のホームページやFacebook等のソーシャルメディアに公開する場合があります。あらかじめご了承ください。

※当研究会のFacebookコミュニティ
https://www.facebook.com/pages/%E3%83%A6%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A/281102485276364?fref=ts

コメント(2)

2015 年 4 月 16 日(木)開催予定のユングサロンのリマインダー です。

甲田氏は10年前に当研究会で講演され今回が5回目、哲学、宗教、心理、文学など多分野にわたる碩学の哲学者・文化人で、井上円了の妖怪学の権威としても知られています。また落語脚本も試みるなどユーモアある語り口で、難しい哲学の話を誰にでもわかるように講釈する庶民派の哲学者です。
タイトルに驚かれることなく、どうぞ気軽にお越しください。

■ タイトル「回路としての想像力 ( ファンタジー ) 」

私たちは毎日、想像をしています。それは明日のことや遠い未来のこともあれば、また夢の中におけるように、醒めてみなければわからないこともあります。さらにそれは神話や民話、物語を担うものともされています。この想像力 (phantasy) はユング心理学においても重要な概念の一つとなっていますが、私たちがこの働きを行使しているのか、それとも中国の「胡蝶の夢」の喩えのように人間自体が夢みられているのか、といったことについてはさまざまな立脚点があります。
今回は、ユング派の流れをくむアーノルド・ミンデル (Arnold Mindell, 1940- )におけるチャンネル(channel) の理論と、最晩年のジル・ドゥルーズ (Gilles Deleuze, 1925-1995) における「回路」という 概念を交差させながら、「想像力」の意味について考えてみたいと思います。それを通じて了解されてくることは、身体における「前」と「後」の差異であり、また最も小さなことに最も大きなものが入り込み、逆も可能という一見、不思議な世界です。みなさんの想像力の扉から、ほんのちょっと ” 現実 ” の奥をのぞいてみませんか。

■講師プロフィール
1971 年、東京生まれ。専攻は仏教学・比較思想。関心領域はトランスパーソナル心理学・妖怪研究。
2004 年より相模女子大学非常勤講師。 2014 年より東洋大学井上円了研究センター客員研究員。
単著に『手にとるように哲学がわかる本』 ( かんき出版 ) 、共著に『インテグラル理論入門機Ν供
( 春秋社 ) がある。関連論文多数。また『〈妖怪〉を知るためのレッスン』を刊行予定。


■日時:4月16日(木)19時〜21時
■会場:中野区産業振興センター(アクセス)JR中野駅 南口改札を出て、左側の交番脇を線路沿いに直進、 コンビ ニ手前右折左の建物、徒歩5分。
■会費:1,000円
■主催:ユング心理学研究会  http://jung2012.jimdo.com/

それでは当日皆様にお目にかかれれますことを楽しみにしています。
■問い合わせ: jungtokyo_info@yahoo.co.jp

※セミナー時に撮影した写真を当研究会のホームページやFacebook等のソーシャルメディアに公開する場合があります。あらかじめご了承ください。

※当研究会のFacebookコミュニティ
https://www.facebook.com/pages/%E3%83%A6%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A/281102485276364?fref=ts
【ご報告】

 4月16日(木)のユングサロン『回路としての想像力(ファンタジー)』(講師:甲田 烈氏)では、たくさんの皆様にお越しいただき、ありがとうございました。
 哲学、宗教、民俗、心理など、ジャンルを超えた幅広い視野をもち、妖怪研究でも知られる甲田氏。今回は、アーノルド・ミンデル、ドゥルーズに触れた奥深い深いお話をしていただき、大変充実した2時間でした。
 パネリストは、当会でもおなじみのユング研究家・白田信重氏と、ネイティブ・アメリカンの文化に根ざしたWSや研究でご活躍の寿原煌介氏です。
 次回のユングサロンもお楽しみに。
ユング心理学研究会 http://jung2012.jimdo.com/

 写真等は当会facebookコミュニティをご覧下さい。
https://www.facebook.com/pages/%E3%83%A6%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A/281102485276364?fref=ts

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ユング心理学研究会 更新情報

ユング心理学研究会のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済