ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > ボクシング好き > トピック一覧 > 皆さんの私的ベストバウトは?

ボクシング好きコミュの皆さんの私的ベストバウトは?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体


 ポクシングを観戦する青春時代、熱狂時代というのがあると思います。

 私は年を重ねる度にポクシングを観るのが怖くなってきています。

 そんなわけで、私のポクシング観戦青春時代に観たベストバウトを選出してみました。

 皆さんのベストバウトも是非、お聞かせください。


 1 マーク堀越 VS 高橋ナオト

 2 シリモンコン・ナコントンパークビュー VS 辰吉丈一郎

 3 畑山隆則 VS 坂本博之

 4 岡部繁 VS 辰吉丈一郎

 5 レネ・アルレドンド VS 浜田剛史 第1戦

 6 ムアンチャイ・キティカセム VS ユーリ海老原 第1戦

 7 ウィルフレド・バスケス VS 六車卓也

 8 高橋ナオト VS ノリー・ジョッキージム 第1戦

 9 浅川誠二 VS 福田健吾 第1戦

 10 張正九 VS 大橋秀行 第2戦


 個人的には高橋ナオト選手と浅川誠二選手が大好きでした。

コメント(36)

海外ですが…
超ベタなんですが、
シュガー・レイ・ レナードVSトーマス・ハーンズです。

ボクシングの魅力がこれほど詰まった試合は他に数試合しか見たことがありません。その中でも自分の中では衝撃的な試合なので選びました。

当時プロでやってた頃、何だこのレベルは⁇と圧倒され、こんな試合が出来たらなぁ、なんて漠然とした憧れで練習のモチベーションが上がったものです。
私の中で永遠のベストバウトです。
やっぱり、以前にも数々の名勝負はありますけど、
ボクシングが好きになってから観た試合だと、
畑山VS坂本戦ですね。

殆どクリンチのない、男同士の拳対拳の語り合い…。
物凄いという表現すら生易しい、本当に壮絶な打ち合いでしたよね!

俺は坂本選手を応援していました…。
何が何でもチャンピオンになって欲しかった…。

最後、坂本選手がダウンしたときは、
頭が真っ白になって、試合が終わっても
腰が抜けて立ち上がることができないぐらいでした。

スポーツを観て、ここまで興奮した試合は今のところありません。
今でも動画を見ると、熱いものが込み上げてきます!
比較的最近の試合ですが、国内 長谷川vsモンティエル

海外 コットvsマルガリート1

西岡vsジョニゴンもいいですね電球
国内だったら『マーク堀越vs高橋ナオト』ですね。


あれから25年立ちますが、逆転の逆転でどっちが勝つのかわからなくて、凄く熱くさせられた闘いでした。


海外では、かなりマニアックなものなんですが『朴鐘八vs白仁鉄』ですね。

韓国の元世界チャンピオン同士の夢の対決。これも逆転ではないですが、凄まじかったですね。
やはりベタなとこでハグラーVSハーンズ

あのクレバーなハグラーが、ハーンズ相手だとあの戦法しかないと思ったのでしょうが衝撃的でした。
まだ中学生でしたが、あの試合を観てボクシングをしたいと思いました。

あとこれはとトリニダードが好きという理由でトリニダードvsバルガス。
>>[5] 畑山 対 コウジ有沢も、素晴らしかったですね。

マッチメイクも、お互いに危険すぎる。
最近だとダルチvsドネアpart2が好きです。
ダルチは階級上げてから鳴かず飛ばずで、ましてドネアの相手なんて務まらないだろうという予想を覆してくれました。
結果負けはしたものの、終始押せ押せでポイントリードしていくダルチに胸熱でした。
コットvsマルガリートpart2も好きですね。
と言うより、リベンジって展開がどうも自分のツボみたいです。
過去に大敗を喫した屈強な巨漢マルガリートを沈めるコットに痺れました。
>>[8] 後楽園ホールで生観戦しました!震えました!
泣いた試合…

辰吉ーシリモンコン

心揺さぶられた試合…

鬼塚ーイ・ヒュンチュル

喉を枯らした試合…

セレス小林ームニョス

大好きな日本タイトルマッチ

コウジ有沢ー畑山
ムアンチャイ・キティカセム−ユーリ・アルバチャコフ(ユーリ海老原)。

ミッキー・ロークの前座として組まれた世界戦(!)で本物のボクシングをお茶の間に見せつけたため、ミッキーの「猫手パンチ」もまた伝説となった。
国内ですと、高橋ナオトvsマーク堀越戦。ちょうど25年前ですね。あの倒し合いは凄かったです。

海外ですと、ハグラーvsレナードが衝撃的でした。
辰吉vsシリモンコンがやはり一番燃えたかな。

次点で畑山vs坂本 これはアリーナで観た。坂本が倒れるとは思わなかった


>>[12]  危険な距離で、強打の打ち合い。

素晴らしい試合でした!
>>[17]  ユーリ 対 ムアンチャイ

             アウェイでも完勝でしたね!
>>[20]

辰吉 対 シリモンコン 浜田剛志さんが、『効いた効いた』と絶叫も過去にないですね!
>>[024]

エグいボディーが効いてましたね
番狂わせでびっくりした、韓国、ソウルの奨忠体育館で行われた「朴賛希VS大熊正二」はいい試合でした。ミゲルカントからタイトル奪取した朴は、グティエスパダスを逆転KOして防衛。名王者になりつつあった朴は、まず大熊に負けないだろうと思われましたが、大熊がボディ打ちに徹すると、徐々に不穏な雰囲気に。大熊が朴をクリンチで横倒しにすると奨忠体育館は怒号とモノが飛びかう物々しさで試合中断。
8Rに朴がついにボディでダウン。
何と大熊の敵地でのKO勝ち。テレビ東京放映。杉浦滋アナウンサーの名実況で、観戦したのを覚えています。
関西では夜中の録画放送だったのですが、セレス小林Vsレオ・ガメス。

ツニャカオに善戦したものの階級を上げたセレスが円熟のガメスに勝てるとは思わなかった。
アッパーも不利と思ってたし。
夜中に絶叫したの覚えてる。

セレス小林は、のちのアレクサンデル・ムニョスが、
「日本人で1番強かったのは小林」
と語ってるように、当時全勝の最強挑戦者に倒して勝ちに行くボクシングをしましたからね。
結果、五度倒されKOですが、何回かムニョスをカウンターでグラつかせましたからね。

よく出る畑山vs坂本博之は、内容的には畑山の一方的展開、むしろ坂本がよくあそこまで
ダウンを拒否したといった内容のため割引。
むしろ畑山vsコウジ有沢の方が見ごたえがあった。
追記ですが、

畑山vs坂本の、TBSの実況アナウンサーが最悪だったの覚えてます。

・「今日の坂本はデトロイトスタイルですね」
・坂本ダウンの後、カウント中にタオルが入って、
 「タオルが入ってテクニカルノックアウト〜」
・「今日も坂本はマットに散りました!!!」

最近は出てきてませんが。

あっ!忘れてました!

リングサイドで観戦した、

川島郭志VSピューマ渡久地

も、新人王戦らしからぬ、緊迫した展開で素晴らしい試合でした。

ピューマ渡久地氏と私は昔知人で、後楽園ホールでよく談笑し、彼に鬼塚勝也氏を紹介してくれたのを懐かしく思い出します。

古い試合で恐縮ですが私の中では今でも、
「柳済斗vs輪島功一(二戦目)」です。

海外編も古くなりますが、キンシャサの奇跡と
呼ばれる「ジョージ・フォアマンvsモハメド・アリ」ですね。
セレス小林vsヘスス・ロハス

試合自体は不格好なセレスとダーティなロハスの戦いで格好いい要素が何もない試合。
負けた時に泣き出しそうなロハスを見て…

何でこんな顔するんだろう…と。

見入っていくうちに一敗の重さや、飯が食える食えないの瀬戸際の世界だったりすることを知り…。

ボクシングを好きになるきっかけをくれた試合。
今でもロハスのように何がなんでもベルトを獲りに来る選手が大好きです。
昭和の試合になりますが…
ファン・グスマンVS具志堅用高。
日本のボクシング史上でも一、ニを争うスーパー・チャンプ、具志堅用高の最高試合。
今の、コメディアンの具志堅しか知らない世代から見れば、衝撃映像でしょうね。
内藤大助VS亀田大毅



まるで、プロレスでしたね!

ログインすると、残り5件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ボクシング好き 更新情報

ボクシング好きのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済