ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

TRAVELLERコミュの500,000dt タイグレス級弩級戦艦を作る、、

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

コメント(20)

酔っぱらった勢いで建造宣言。
まあ、外観だけならなんとかなるでしょう。
まずは研究をじっくりと。
扉絵はPaul Jaquway氏が1981年に作成したオリジナルイメージです。

球形の船体に推進装置を船尾に設置。船首の開口部に艦橋と中間子主砲。
斜め後方から艦載機の着艦をさせるシステム

CTの解説は皆さまご存知のとおり。
CTの解説の中で重要な点は
主砲が開閉式の装甲に守られているという点と、艦尾の設備が大型戦闘艇の運用施設で右舷後部から着艦して、左舷後部に発進する設備になっているという点、

暗殺事件にパンサレスが派遣されたという点も重要。

パンサレスはパンサーの女性名詞、タイグレスはタイガーのそれ。
WikiではライオネスとライオネスIIが存在するような記述がある。

ということで命名基準ははっきりしているので、後で考えてみます。

MTはタイグレスの出番がよく分かりません。

GTはSTARSHIPSですね。
表紙にタイグレスが2隻。よく見るとオリジナルのPaul Jaquway氏の絵に近い。
P51では後ろの方にタイグレスが描かれています。

P100にはブロックIVという概念が記述されています。
長期間に渡り建造が続けられていることがうかがえます。

ブロックIVが最新バージョンで機関と兵器が強化されている。
後部の部分は「ブロック」と称されるようです。

前方の開口部は装甲版で閉鎖できる構造となっている。

断面図からみると、格納庫のスペースが小さくて、本当に300機も入るのか
と疑問がわきます。
GT STARSHIPSですがP101に3DCGのタイグレスが描かれている。
表紙の当初のイメージに忠実な手書きに比べると今一つ感は否めない。

GTのカバーアート これは手書きだと思います。
P100のカットビュー
船尾のブロックにある大型戦闘艇用の格納庫ですが
船首方向に40m程度、艦の幅に対して120mあるとして、
発進デッキが2デッキ6m、着艦デッキが3デッキ9mの高さです。
体積的には5000dt程度となりますが、
300機の50Dt戦闘艇を収容するにはちょっと不足です。

ブロック内に立体駐車場の用に鉛直方向にバケットが流れる格納庫があるのか、、、

この点は次にご紹介するマングース版は綺麗に解決しています。
マングースの2008年版High Gurardと2009年版のSupplement3 Fighting Shipsですが
Supplement3は特に大作で老眼には辛いですが
一応きちんと1.5mマスで多くの艦艇の詳細なデッキプランがついています。

この版の外観イラストは今一つですが
このデッキプランのできはどれも秀逸で眺めていると時が立つのを忘れます。

タイグレス級戦艦の戦闘艇の収容方法ですが後部の「ブロック」内で処理するのではなく
スフィア、球体に引き込んで格納しています。
これはとてもスムースな処理なので、こちらの構造を是非真似したいですね。

具体的にはLEVEL23、24、25デッキが、離発着チューブと格納庫に充てられています。

それと無数の砲塔群が各デッキに配置されています。
トレンチや船首の開口部のみに武装を設置するのは諦められています。
まあそうだと思います。船首の装甲シャッターの設置は無意味ですね。
10マス×10マスの大きなブロックは50dtです。
このデッキで50dtが約100ブロックあるので5000dtとなります。
3層で15000dtとなります。50dt×300機でちょうどです。
解説を読むと大型戦闘艇は40dtに変更になっています。

2016年度版マングースですが
ちょっと形が変わってます。

スフィア内への搭載機の格納は同じですが後部のブロックを含めた
巨大格納庫になってすま。

発着は艦首の巨大開口部の両脇に変更になっています。

座標を計算して外形を作りました。
意外と球の座標計算は難しく
装甲版の設置がうまくかみ合いません。
また十字の谷間の設置も変な角度になって上手くいきません。

かなり試行錯誤した結果、球体を8分割して直線的な隙間をあけました。
なのでよく見ると球体は完全な球形にはなっていません。

ブロックの部分はまあ適当に脚色しています。球体の半径は120m程度です。
球体上部にセンサアレイを設置しました。
艦首の開口部には中心軸兵器として中間子砲を設置しています。
また艦首の開口部に艦橋を設けました。
ミサイル砲塔群、レーザー砲塔群
ミサイル副砲、粒子加速副砲と追加していきます。
球形座標の計算に猛烈に苦戦する。球形にならない、、
回転コピーの技をマスターしてようやく、なんとか、、、
球体後部に反転コピー
後部にはドッキングベイを設置する。

大型戦闘艇以外の小艇を収容する設備。

通常ドライブを後部に設置
大型戦闘艇の発進格納デッキを作りました。
2層構造で、各デッキに150機を収容します。

ジャンプドライブを設置して
反転コピーを繰り返して完成です。
Paul Jaquway氏が1981年に作成したオリジナルイメージとの比較です。
2機の50dt特殊艦載艇がアプローチしています。

1機は球体後部に設けたドッキングベイに向けてアプローチしています。
その球体後部のドッキングベイに
50dt特殊艦載艇が着艦したところ、、前のシーンの続きを作ってました。

ジェダイの有名なシーンのリスペクトですが、、、
作りながら頭の中ではインペリアルマーチが鳴り響いていました。
お約束のカットです。
大型戦闘艇が着艦しようとしており、
艦載機の発進、収容設備が2段になっているのがわきります。
Gurps Starship の表紙をリスペクトしてみました。

ログインすると、残り2件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

TRAVELLER 更新情報

TRAVELLERのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング