ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 名人治療家をめざそう! > トピック一覧 > フツノミタマノ劔(布都御魂剣・...

名人治療家をめざそう!コミュのフツノミタマノ劔(布都御魂剣・韴霊剣)って?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

『スターゲイト“光の通路”』の(2)と、(3)で取り上げた
(2)http://blog.livedoor.jp/tarikikikou/archives/52063031.html
(3)http://blog.livedoor.jp/tarikikikou/archives/52063046.html
『“見えない”フツノミタマノ劔(布都御魂剣・韴霊剣)』についてですが・・

“よく見えて、霊能力のある”M先生の息子さんから
私のところには「フツミタマノ劔」があると、
以前にも言われたことがありました。

改めて、検索してみますと・・トンデモナイ話になります。
≪なぜ?私の手元に“フツミタマノ劔”なるものがあるのか?≫

以下の検索に出てくる・・
奈良天理市の石上神宮には、2度ばかり参拝したことがあります。
また、「眩匆次廚箸い辰討癲∋笋箸牢愀犬里覆た擁と思われますが
≪さて?≫

*******   ******

ウィキペディア検索

布都御魂(ふつみたま)は、記紀神話に現れる靈剣。
韴靈剣、布都御魂剣(ふつみたまのつるぎ)とも言う。
佐士布都神(さじふつのかみ)、甕布都神(みかふつのかみ)とも言う。
この表記の内、佐士布都神の「さじ(佐士)」は
「さひ(佐比=刀の古語)」の誤記と見られている。
名称にある「ふつ」とは、「断ち切る様」をいう。

(伝承)
建御雷神(たけみかずちのかみ)はこれを用い、葦原中國(あしはらのなかつくに)
を平定した。神武東征の折、ナガスネヒコ誅伐に失敗し、
熊野山中で危機に陥った時、眩匆爾神武天皇の下に持参した剣が布都御魂で、
その剣の靈力は軍勢を毒氣から覚醒させ、活力を得てのちの戦争に勝利し、
大和の征服に大いに役立ったとされる。

神武の治世にあたっては、
物部氏、穂積氏らの祖と言われる宇摩志麻治命(うましまじのみこと)が
宮中で祭ったのが崇神天皇の代に至り、
同じく物部氏の伊香色雄命(いかがしこおのみこと)の手によって石上神宮に移され、
御神体となる。同社の祭神である布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)は、
布都御魂の靈とされる。

石上神宮

布都御魂はやがて拝殿の裏手の禁足地に埋められるが、明治7年(1874年)に当時の
大宮司の菅政友によって発掘され、本殿内陣に奉安され、ご神体として祭られている。
その際、刀鍛冶師の月山貞一(初代)が作刀した布都御魂剣の複製2振が本殿中陣に奉安された。

菅政友によって発掘された物は、形状は内反り(通常の日本刀とは逆に刃の方に湾曲)の
片刃の鉄刀。柄頭に環頭が付いている。全長は記録によって微妙に異なるが、85儖未任△襦
石上神宮にはともに天羽々斬(布都斯魂剣)も奉安されている。

鹿島神宮
一方、鹿島神宮にも布都御魂剣または韴靈剣(ふつのみたまのつるぎ)と称する
巨大な直刀が伝わっている。
由来は不明であるが、奈良時代末期から平安時代初期の制作とされる。
国宝に指定されており、鹿島神宮の宝物館にて展示されている。

布都御魂は神武天皇に下される前は鹿島神宮の主神であるタケミカヅチのものであり、
布都御魂が石上神宮に安置され鹿島に戻らなかったために作られた二代目が、
現在鹿島に伝わる布都御魂剣であるという。

(検索終わり)
********   *******」

『言靈(ことだま)波動療法』:氣光整体・東陽
http://www7a.biglobe.ne.jp/~to-taka/index.html

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

名人治療家をめざそう! 更新情報

名人治療家をめざそう!のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済