ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 旅行 > ハワイ島観光情報 > トピック一覧 > 州道11号 & 州道19号

ハワイ島観光情報コミュの州道11号 & 州道19号

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

州道11号&州道19号

 ハワイ島を旅行するのに必ず走るのがこの州道11と19号です。この州道11&19号について触れてみましょう。
 ジェット機がコナ空港への着陸態勢に入ると眼下に広がる景色を見ると「ぎょ!」と感じる人が多いと思います。
 期待していた、風そよぐ椰子の木や緑の森ではなく、黒い溶岩が果てしなく続く台地。家も見えず、細い道路が溶岩の中に延々と延びている。そうです!あの心細く見えた道路が州道19号です。
 空港に隣接したレンタカー会社(ハワイ島のレンタカー会社はほぼ全社ここに事務所があります)から無事車を借り出すと。州道19号に入ります。道幅は十分ありますが。対面交通(中央分離帯がありません)、制限速度は通常55マイル(時速88km)、そのうえ右側通行です。相対速度176kmは迫力あります。
 通常、日本の旅行者が利用するホテルはコナの町とは反対方向、州道19号左折して北上します。機内で正に見た溶岩がフロントガラスの左右に広がり、右手にはファラライ山が見えます。
 ハワイ島を一周するフリーウェイはコナーワイメアーヒロ(北周り)州道19号、コナーキラウェア−ヒロ(南回り)州道11号です。
 一周約350kmあり、不慣れなうちはハワイ島を1日で1週することは絶対避けてください。私は、勉強不足にていきなり行いました。陽が落ち、帰路を急ぐ地元の車は時速が100kmを超えて走ります。フロントガラスから見える風景はライトの当たるところだけ。道路に描かれたセンター及び側道ラインが唯一の案内役。対面交通のため、時折すれ違う対向車のライトで一瞬何も見えなくなる。山坂のカーブにはほとほと神経をすりへらし、自分が一体全体どこを走っているのか?ホテルの入り口は?・・・泣きたくなる状況でした。
(これでも国内では左ハンドルのフォードサンダーバードに乗り続けていたため左ハンドルに全く違和感の無い私でもですヨ)

 最近は、窓に片手をかけて音楽聴きながら片手運転、速度も制限ギリギリあたり・・・怪しい(^_^;。初心忘れるなを繰り返して自分に言い聞かせています。
 このような経験を踏まえ、訪島2回目から私は、コナとヒロに半分づつ宿泊することにしています。ですから1日で1周はしなくなりました。
 (離島時の最後の1泊は空港に近いコナに必ず泊まります。)

 写真左は機内からの州道19号
写真中央は初めて目にする空港前州道19号
 写真右はマヌカ州立公園付近の州道11号

コメント(22)

州道11号沿いに長さ5kmにわたって広がるマカダミアナッツの木々
 ハワイ島の州道11号と州道19号にはそれぞれ1箇所だけ間違いやすい場所があります。
この2つの道は通常直進すれば1周できるはずです。しかし、実際はそれぞれ1箇所交差点を右左折します。
この2箇所覚えれば道を外れることはありません。

まず、ヒロ市の州道11号終点の交差点

 キラウェアからヒロの市街に入ると、右手にヒロの飛行場が見えます。
飛行場が見えたら、正面を注意してください。車線が4車線に増えたら左の2車線のいづれかに入りましょう。正面に交差点があり、ここで州道11号は終ります。正面の道はやや狭く、緑に囲まれています。バニアンドライブというヒロのホテル街と日本庭園へ行く道です。左折すると、州道19号に入りヒロのダウンタウンを抜けワイメア方面へ北上します。

 ヒロ側から来た場合は、ダウンタウンの中心街を過ぎ、ワイロア州立公園を右手に見ながら、橋を渡ったところで、ボルケーノ方面のサインに注意しましょう。サインには→が記されています。
 もし誤って直進しますと右手に空港が見えてきます。

 次に州道19号のワイメアの交差点

 ワイメアでは州道19号は1回づつ右左折(ヒロ方面、コナ方面も同じ)を行います。右左折はほぼ150mぐらいで連続して行いますので注意してください。

 ヒロからワイメアに入り、最初の信号あたりからにぎやかになります。2つ目の信号の右手とやや前方の左手にはショッピングセンターが見えます。手前のマクドナルドがあるのがワイメアセンター、スターバックコーヒーのあるのがパーカーランチショッピングセンターです。この2箇所は必ず立ち寄る場所なので覚えると思います。パーカーランチショッピングセンターを左に見て正面に信号があります。右の角にはGSがあります。ここをまず右折します。
(車を中央寄りの車線に移動しておくこと)
 150mもすると左に道があるので左折します。右手に公園が見えればOKです。(手前に砦型の大きな遊具があります)
 最初の交差点を誤って直進すると、190号線に入り、山道にてコナにでます。1kmも走ると家が極端に減りますので間違えたことに気が付きます。
 2つ目を左折しないと住宅街に入りこみます。

 では、コナから走ってきた場合は、ヒルトンを越え、ハプナビーチを越えるとT字路になり州道19号は右折します。そのまま直進するとワイメアの街に入ります。突き当たったら右折ですから、これは迷わないです。しかしすぐに信号のある交差点があるので左折してください。せわしいので気が付かないかもしれませんが左手角にGSがあります。
 ショッピングセンターが右に見えたらOKです。
   
 間違わないとは思いますが。ワイメアから一気に高度を下げると海が見えます。するとT字路になりますので。左折してください。直進すると270号に入ります。左に海が見えるので誤りに気がつきます。
 州道11号と州道19号の運転上のアドバイス

 州道11号は、ケアラケクアを過ぎてしばらく走ると、登りのカーブが連続します。この付近が一番運転しにくい場所です。(景色は楽しい)
 特に、キラウェア方面からコナに向かう場合、夜間は下りのカーブの連続になり、大変神経を使います。
 夜間のキラウェア方面からの運転は慣れないうちは避けましょう。(かつて私は、初めてのドライブで時間を読み違え、夜間ここをコナに向かって走ることになり、大変苦労した思い出があります。)
 今では、音楽ききながら窓あけてひじを窓枠に置いて、片手運転で走っていたりして・・・。
 過信はまずいです・・・自重・・自重・・・(^_^;
 
 州道19号には3箇所、いやなカーブがあります。ヒロ方面からは左折の下りから急速にU字に近く右折を強いられます。ワイメア方面からは右折からのU字カーブになります。
 カーブの頂点付近には十字架と献花があり事故の多さを物語っていまず。
 この3つのカーブの位置は、ワイメア方面からは、ホノカワの町への分岐を過ぎて約13マイルの地点にあります。そして約10kmの間に同様のカーブが3箇所あります。ワイメア側のカーブが一番きついと記憶しています。
 (ヒロ方面からは約18マイルぐらいです。)

 昼間の晴天であればいやなカーブで済みますが、雨天で夜間では厳しいカーブとなります。周囲の車に注意して車間をとりつつゆっくり走り抜けましょう。

 このことから、ハワイ島は基本的には、反時計周りがベターです。
 これは2つの理由からです。
 1つは、コナへの下りのカーブが登りで昼間になること。ヒロから3つのカーブも明るいうちに通過できる確率が高いことです。
 私も篠を突く雨でほとんど前の見えないとき3つのカーブを経験しましたが、昼間なら安全に運転できます。
 万一、日が暮れてもワイメアの町を過ぎればひと安心です。

 夜間の、キラウェアからコナへの道と3つのカーブは不慣れなうちは避けましょう。

 ワイメアは霧が多く本当に見えなくなります。この運転もきついので注意です。
 また。特にヒロ方面から走行してきたとき、ようこそワイメアの看板が過ぎたら車間を必ずとること!無理してスピードを出さずに、居眠りにも注意すること!
 じつは、市街地に入る手前に1箇所だけ左折する車の多い場所があります。
 左折車は、対向車がいれば当然停止して待ちますので、普段走り慣れていないと追突事故を起こす恐れが高いのです。ましてや霧や夜間は特に事故が多いです。
 3つのカーブを過ぎると安心し、気が緩みます。また交通量も少ないのでスピードを出す車が多いので、どうしてもつられてスピードを出しがちになります。十分注意しましょう。

 これで、州道19号と州道11号の運転のポイントはおおむね提示したと思います。あと給油に関することと車の始動点検の注意あたりでほぼ終了です。
 あとは、ここで紹介したガイドブックに目を通せばまず問題はないでしょう。

 私は、交通量の少ない州道11号の南部が特にお気に入りです。あとハヴィに向かうノースコハラの270号線も気持ちの良い道です。
 音楽聞きながら車を走らせるのは最高です。もう日本で車の流れをぬって飛ばしたいとか全く思いません。
 ハワイ島が気に入った1つが交通量が少なく、運転マナーが極めて良いので疲れずドライブを楽しめることです。
おはようございます、ホタカさん!
次回、ハワイ島に行ったときはレンタカー移動したいです☆
前回はツアーだったため、大きなマイクロバスに私たち2人だけでした。滞在中のホテルからの移動はタクシーしかないので、天体観測ツアー以外は、ホテル敷地内で過ごしました。
帰り、空港へ行くまでの道で30歳くらいの女性の車にあおられました!!それまであおられるってことがなかったのでビックリしたんですが・・・結局、その人がバスに当たりそうになってました(笑)
ホノルルの交通量で運転するのは、かなりビビッてしまいますが、ハワイ島でのドライブは満喫できそうですねっ
 私は、あおられるようなことは全く経験なしです。本土の人かもしれません。
 ドライブで何かありましたら遠慮なく聞いてください。知る限りの情報は提供します。


 1つ忘れていました。私も知ったのが訪島2回目です。ハワイ島の主要道路には、1マイルごとに番号を記した縦長の標識が立っています。ヒロから1マイルずつ番号が増えます。
 当初、これを知らず、ハプナビーチプリンスホテルの入り口が夜になると解らなくなり苦労しました。
 当時は、コナ空港から約45分、ヒルトンの入り口の三角屋根(唯一の明かりでした:信号機もなかった。観光客の事故が多くて昨年つけたみたい)を過ぎて、コンクリート製の短い橋(タイヤのロードノイズが一瞬変わるので、とにかく耳を澄ます)を渡ったら、ウインカーを灯し、減速でした。
 もう笑い話です。マイル表示を覚えればなんの問題もありません。
 場所を聞くときは、必ずマイル表示の番号を聞きましょう。
主要州道はすべて標識あります。

 キンカメ・ヒロナニロア・ハプナビーチプリンス・ロイヤルコナなら駐車場の止め方など細部も教えられます。

 写真左  ハプナ・ビーチ・プリンスホテル
 写真中央 キングカメハメハズ コナ・ビーチ・ホテル
 写真右  ハワイ・ナニロア・リゾート・ホテル

 
 
 
アリイドライブのハードロックカフェの前でおかまほられました。
すごい衝撃のわりに車には傷ひとつなかったのですが、右によって止まるようにいって、私がそうしたら逃げられてしまいました。
どうみてもメキシカンだったのですが、彼らは保険に入ってないことが多く、そのうえ、ハワイ島には最近メキシカンがすごい勢いで増えているので、きをつけないと・・・
 とんきちさま貴重な体験m(_ _)m
 事故の時は車のナンバーすぐ憶えることが大切ですね(*^.^*)
州道11号・州道19号のキーポイントは
>0〜4です。
以下は州道11号や州道19号の風景などを掲載して行きます。
「SCENIC POINT」

州道11号、州道19号などでは「SCENIC POINT」と記されたブルーの看板が突然見えることがあります。そしたら、矢印の方向に車を止めるスペースがありますので車を減速しつつ寄せましょう。
景色の良い場所を教えてくれています。細い道路ですと路肩に止めることになりますのでハザードの点灯を心がけてください。
その道でお勧めの風景を楽しむことができます。
 制限速度標識

 この標識はいたるところにあるのですぐ憶えます。通常、州道19号などの最高速度は55マイルつまり時速88kmです。
 多くの車はこの10%増しぐらいは出すので、時速100kmぐらいのスピードで流れています。つまり相対速度200kmで対面交通ですれ違うのです。これは初めてハワイ島で運転する人にはかなりのプレッシャーになります。
 また、ハワイ島では長距離この最高速度で走る区間があるため正面衝突による死亡事故が他に島に比較して圧倒的に多いのです。
 また、火山国立公園付近などでは最低速度40マイルつまり時速64km以上で走りなさいという標識もあります。ハワイ島ではちんたら走るな!とうい場所も何箇所かあります。
 ハマクアコースト、サウスコハラからワイメアにかけて飛ばせる場所は要注意。いますから・・・青色灯が点いたら(゚д゚;)です。
 慣れるとだいたいどこにいるか見えてきます。ロコは鋭いです、つかまるのはレンタの人です。北海道と同じです。
 州道11号のお気に入り(その1)

 コナから火山国立公園へ向け伸びる州道11号はオールドコナを抜けるとカーブの続く道になります。道幅は狭く、ドライバーは右手に時折顔を見せる海を楽しむことができません。
 マウイ島85を見る頃に、突然5kmも続くマカダミアナッツ畑が現れます。ここから州道11号は道幅の広い快適な道になります。
 マイルマーカ75に差し掛かると一変して溶岩のむき出しの台地が現れます。1907年と1887年にマウナロアが噴火して流した溶岩です。
 まもなく、ブルーの「SCENIC POINT」の看板が見えますので、車を海側の駐車スペースに寄せましょう。溶岩台地の先にはハワイの南の海が広がります。左手には天気がよければサウスポイントへの海岸線が見えます。

 サウスポイントロードを過ぎナアレフ(Naalehu)の街に入ると道は緑に囲まれます。しかし街を過ぎると雄大な景色が広がります。途中、やはり見学できる退避所が海側にあるのでぜひ車を止めてみてください。遥か彼方まで道が続き、地平線に噴煙が見えます。目的地の火山国立公園が見えはじめます。

 ヒロに行く場合は、州道19号経由が好まれます。やはりコナからしばらく続くカーブと狭い道が理由です。しかし、景色は州道11号に負けず雄大です。

写真
 左   マカダミアナッツの並木がここから約5km続きます。
     この並木が見えると州道11号は、道幅も広く快適なドライブになります。
 中央  道路の両脇に見えていた大きな木が消え、オヒアの木が目立ちはじめます。
 右   1907年の溶岩が見え始めました。ここからしばらく緑が消えます。
 州道11号のお気に入り(その2)

写真
 左   1887年の溶岩台地
 中央  ナアレフ(Naalehu)を過ぎると見晴らしのよいポイントがここ
 右   ナアレフ(Naalehu)ープナルウ黒砂海岸
 州道11号のお気に入り(その3)

 写真
 プナルウ付近はこのような雄大な直線の道路が続きます
 州道11号のお気に入り(その4) 
 写真
 パハラ付近は再び緑が豊かです。新しい溶岩が襲わなかったためと思われます。ただし雨が降ると冠水しやすいのがこの辺の欠点です。
州道11号のお気に入り(その5)
 写真
 火山国立公園に入ると木はほとんどオヒア1色になります。また、下草の少ない荒れた台地となります。マウナロアの山頂が漸く見ることができるのもこのあたりです
 HAWAII VISITORS BUREAU MARKER

 直訳すれば「ハワイ州の観光局の看板」です。この看板が見えたら観光物件があります。内容ははっきり言ってピンキリです。
 中には「どれ?」と言うものやダミー(^_^;もあります。
 いずれにしろカメハメさんが見えたらカメラ持ってうろうろするのが私です。
州道19号での地震の被害

 2006年10月15日の朝7時07分、ハワイ島ワイコロア沖を震源とする地震が発生。マグニチュード6.3を記録し、ハワイ島をはじめハワイ諸島の各島でも大きな揺れを記録しました。ハワイ島では地すべりなど被害報告がされています。
 道路では州道19号が現在復旧工事がされています。ハマクアの橋の1つは架け替えのようです。仮の橋が写真の様に作られています。
 また3つのカーブのうち1つでがけ崩れの防止策がされています。他に1箇所橋の修理が行われています。
 このカーブの修理は土曜を除いて毎日行われており片側通行になります。平均15分は待たされます。
通行に影響あるのはこの待ち時間ぐらいです。
火山国立公園からコナの町へ

 私がお勧めの反時計回りドライブと逆なので記載が遅れました。
 州道11号を火山国立公園方面からコナに入るとき1箇所だけ間違いやすいとこあります。「マナゴホテル」や「アロハエンジェルカフェ」などの古い町並みを残すオールドコナ過ぎたら黄色信号です。マイルマーカ115を過ぎたあたりに右手に「TESHIMA'S」の看板過ぎたら要注意です。この先で州道11号は鋭く左にカーブします。ここはY字路になっていて直進すると180号に入りコーヒー農園の中を進みます。
 夜は間違いやすいので気をつけましょう。「てしま」が見えたら減速で注意です。
>2
 ヒロからワイメアに入り、最初の信号あたりからにぎやかになります。2つ目の信号の右手とやや前方の左手にはショッピングセンターが見えます。手前のマクドナルドがあるのがワイメアセンター、スターバックコーヒーのあるのがパーカーランチショッピングセンターです。この2箇所は必ず立ち寄る場所なので覚えると思います。パーカーランチショッピングセンターを左に見て正面に信号があります。右の角にはGSがあります。ここをまず右折します。
 すぐに左折するので、右折したら直ちに車を中央寄りの車線に移動します。
 150mもすると左に道があるので左折します。右手に公園が見えればOKです。(手前に砦型の大きな遊具があります)
 最初の交差点を誤って直進すると、190号線に入り、山道にてコナにでます。1kmも走ると家が極端に減りますので間違えたことに気が付きます。
 2つ目を左折しないと住宅街に入りこみます


190号線に入り約1km進むと右手に写真の様なカマボコ型の家が見えます。
州道11号でのスピード違反

 キラウエアの行きにミロリイからナアレフにかけて
パトカーが走ってました。
帰りもナアレフ過ぎた所でスピード違反で捕まっていました。

 たまたまかもしれませんが、みなさん注意してください。

ログインすると、残り1件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ハワイ島観光情報 更新情報

ハワイ島観光情報のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済