ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > セルフラーニング > トピック一覧 > サヴァン症候群

セルフラーニングコミュのサヴァン症候群

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

 サヴァン症候群ってありますね。

 サヴァン症候群( - しょうこうぐん、savant syndrome)とは、知的障害や自閉性障害のある者のうち、ごく特定の分野に限って、常人には及びもつかない能力を発揮する者の症状を指す。「savant」は、フランス語で「賢人」の意味である。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 ぼくは,本やテレビでお目にかかるだけです。
 不思議だなあと思います。

 今回は,雑談的に話題にしてみました。以下は,いくつかの本を読んでぼくなりにまとめてみたものです。正確ではありません。そこのところも指摘してくださればありがたいです。

 サヴァン症候群は,脳の一部が発達し,そのために別のところがおかされるために起こるとも言われているようです。

 例えば,10の能力があるとそのうち2は計算のため,2は言語のため,2は社会性,2は音楽,2は絵画のためにあるとします。この分け方も適当ですよ。説明を単純にするためにやっています。

 普通の平凡な人は,それをまんべんなく伸ばそうとします。少々のでこぼこはあっても全体的に調和がとれている。しかし,特に優れているところもない。

 しかし,サヴァンの場合は,そのうちの一つが発達し,異常にできるようになる。例えば山下清。絵画の能力だけがすぐれています。絵画の能力が5になる。その代わりに,他の能力が小さくなります。言語が1,社会性が1というように。

 脳の研究で,そのような感じのことが確認されているようですね。絵画の部分が異常に発達し,別の部位まで進出していく。そのためにそこの部位の働きがおかされる。

 

 これまでのぼくの考えは,能力って全体量が決まっているというのではなく,ある能力が発達すると,別の能力も発達する,というものでした。

 例えば,言語が発達すると,それに伴って計算の能力も発達する。どちらかといえば,どちらもいっしょに伸びていく,という感じです。

 だから,国語にすぐれている生徒は数学,英語,理科,社会と全体的に優れています。これらの科目ほどではないのですが,体育,音楽,美術などともある程度のプラスの相関があるように思っています。

 つまり,能力の高い人は,全体的に能力が高いという感じがするのです。もちろん,時間は有限なので,一つの能力を伸ばすと別の能力を伸ばす時間がないので,その方面は苦手になるということはありますが。

 とにかく,一つの能力を発達させると別の能力もそれに伴って発達していくというのがこれまでのぼくの能力観です。

 それに対して,サヴァンの場合は,一つの能力を発達させるために,別の能力を犠牲にしているという感じです,まったくちがった能力観です。

 モーツアルトもサヴァンのようなものでしょうか。映画で見ると,だいぶ変わった人のようです。音楽の力を伸ばすために,他の力を犠牲にしたのでしょうか。
 アインシュタインはどうだったのでしょうか。

 平凡な人の場合と,天才の人の場合とでは異なるのでしょうか。

 まとまりがありませんが,みなさんはどう思われますか。

コメント(1)

今日入会しました。
宜しくお願いします。

サヴァン症候群と聞いて(見て)すぐに思い浮かんだのが、映画「レインマン」のモデルになった方です(正確な名前は忘れてしまいました…)。

この病気は、詳しくは解りませんが先天的な脳の異常だったはずです。

勉強は、後天的に積み重ねてゆくものなので、正常に生まれ、常識の範囲で学習していれば、他の能力が衰える事はないと思います。

しかし、我々は、大なり小なりサヴァン症候群に似た症状や行いをしていると感じる時があります。

病気だという診断書が無いだけで、誰しもが得意な科目や趣味があり、不得意なものもあります。

時に、その得意不得意が極端な子供が居ます。

他人を気遣い、誰よりも優しい心を持っているが、国語や算数が全く出来ない子が居ました。

私はこの子供に、「勉強が出来ない子」という評価だけで終わらせたくありません。
人間として素晴らしいものを備えているからです。
しかし「勉強をしなくても良い」とも言えないのです。

また、家庭環境のせいで、勉強をしたいのにできなかった子供も居ました。
頭の良い子で、勉強をする器があるのにもかかわらず、学校に行く日数がかなり少なかったのです。

この様に、先天的な脳の障害を持つ者と、障害とまではいかないにしろ、特に優れた能力を持つ者、そして、後天的な理由で優劣がついてしまう者、色々と居るのでしょう。

ただ、勉強する権利は、全ての者に平等に与えられるべきであり、与えられた者は、やはり勉強すべきだと思うのです。

人間として優れていても、勉強はすべきだし、環境などのせいで時間を無駄に過ごしてしまっても、「手遅れ」という事はないと思います。

つまり、勉強はやるにこした事はないのだと言いたいです。

グダグダ書いてしまい、申し訳ありません。

この文章も、かなりおかしい箇所がたくさんあると思いますが、厳しくご指摘下さると有り難いです。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

セルフラーニング 更新情報

セルフラーニングのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済