ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 旅行 > 日本のユースホステル > トピック一覧 > 【思い出】いまはなきYHの思い...

日本のユースホステルコミュの【思い出】いまはなきYHの思い出を語る (2007年3月)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

有名なYHは単独の思い出トピがありますが
単独でトピ立てするまでもない思い出のYHの話題は
こちらで語りませんか?

現在コメントがあったユースホステルです。

北海道
根室にあったYH 積丹かもいYH ふらのホワイトYH 旭川YH えりも岬 おしどまり 塩狩YH 根室トモシリYH 浜中ユースホステル るべしべユースホステル 糠平湖ユースホステル 礼文町立船泊ユースホステル

東北
やまがたYH  尻屋崎YH 宮古木村   むかしの「仙台道中庵ユース」

関東
赤城パオスYH 館山YH 秩父 水戸徳田YH 土浦増尾YH 箱根早雲山 真鶴ユース 緑が丘ユースホステル 湘南ユースホステル   飯能ユースホステル

北信越
山中湖まりもユース 諏訪湖ユースホステル トータルYH 越前海岸YH

近畿
川津ユースホステル  姫路手柄山

中国・四国
呉ユース 東寺YH 岩本寺 定福寺ユースホステル

九州・沖縄
志賀島YH 市房ユースホステル 前の湯布院 別府YH 岩戸ふるさとユース 指宿 霧島高原ユースホステル 城山YH 五ヶ瀬白岩ユースホステル 九州さんきち(指宿・別府・高千穂)

コメント(307)

私も、悪い思い出は多々ありますホテル

ユースホステルのペアレントさんって、趣味でやってる方多いので、生活には困っておらず、世間体から宿主をしているのでは?

無職ではね(-.-;)
定福寺ユースホステル…

5大修業と名を打つコースがあり、京柱峠を含む3つのコースをすると国民栄養賞王冠全てをすると人間国宝に表彰されるウインクさらに、各大臣に任命されたようだ?

なかでも、自転車で行く京柱峠のコースは大変だったあせあせ(飛び散る汗)異例では439コースがあり、国道439号を車や歩き、どんな手段でも完走すればいいのだが、簡易舗装もあり道も狭いため、車でも難しい(*_*)

他は富士山電車のコースがあったほっとした顔

あまりにも、ユースに泊まる客が多くて、JRは最寄りの駅に特急電車を停車する措置をしたふらふらまた、町は多大な寄進を寺にしたと聞いている(^O^)/

お正月に泊まったが、大晦日の夕方に行くと、紅白歌合戦の催しの練習をしており、宿泊中は大変に盛り上がりましたグッド(上向き矢印)わーい(嬉しい顔)
定福寺YH。

懐かしいな。昭和54年2月16日に泊まってます。(国鉄時代)

当時は前日泊の阿波池田YHからいや谷を歩きながら行ったかな。

ギターが何本もあって盛り上がりYHの要素十分。当時の神泉園YHと人気を

二分してたような、そんな記憶です。
定福寺YHについてコメントしたのを思い出したのでコピペしました。

>84

> 歴史のあるハスの花が名物の定福寺は、毎年訪れるホステラーが多くて、同窓会気分でした。別に常連ぶって変な雰囲気を作ったりなんかしない。帰るべき田舎が特に無い旅人がお盆に帰省するみたいな旅。修行と称するユースオリジナルコース、地獄の峠越えのサイクリング、秘境めぐり、登山。連泊して一緒に「修行」した旅人どうし住所交換なんかやって、あとで記念写真を送りあったのはこのユースでのことでした。
>1992年夏に定福寺でのミニコンサートで聞いたシンガーソングライターさん、あの時はまさかその人を16年後も追いかけることになろうとは想像してなかった。

↑このシンガーソングライターは松山隆宏さんと言う人で、一年に100本くらいのライブで北海道から沖縄まで駆け巡っています。

>定福寺ユース関連のコミュニティが寂れていますのでリンクを貼っておきます。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1026782

>あまりにも、ユースに泊まる客が多くて、JRは最寄りの駅に特急電車を停車する措置をした

1992年だったと思うけど、住職さん&ペアレントさんに聞いた話では、五大修行が大豊村の「村おこし」に貢献したと評価されたので、感謝の意をこめて豊永駅に夏のシーズンだけ一部の特急が停まるようになったとか。

ライダーさんやチャリダーさんも多いから、必ずしも鉄道利用のホステラーは多くなかったと思います。「四国周遊券」がとても便利でした。特急が停まらないときは、いったん逆方向の列車に乗って特急停車駅からUターンする形で目的地に向かうなんて裏わざがありました。

「霧石」という断崖絶壁の「秘境」へピクニックという「修行」がありました。訪れるホステラーのためにトイレが作られたのも1992年ころの話。また「霧石」コースはYHの最寄り駅まで一駅間列車に乗ることが義務付けられていて切符の売り上げに貢献。また列車待ちの間の駅前の売店のアイスキャンディーの売り上げにも貢献したのでした。

霧石、梶ヶ森よりは簡単という理由で初めに行きました富士山

帰りは電車で帰るルールだったので、急いで行きましたねダッシュ(走り出す様)

乗り遅れて、駅で数時間待つのも修業と聞きました電車
今は無きYHで、年越しをした思い出。

かもいYHと赤城パオスYH。

本当に楽しかったなあ。
釧路の「まきばYH」。1996年、1998年、2002年、いずれも8月のお盆休みに二泊しました。

1996年の宿泊の時はM県Y市の事業所になじめず流刑者のようなみじめな気持で毎日を送っていたので、北海道旅行は束の間の癒し。礼文島、美瑛、知床のあとの宿泊。YHに早めの到着。庭のサイロがいい感じだなと言うと、そこにいたホステラーが「見かけ倒しですよ!」と余計なコメント。

この日のホステラーは自転車旅行の小学生(!)、50代のおっさん、会社を辞めてしばらく知床の「地の涯ホテル」でバイトしている目の覚めるような美人、ヨーロッパ留学から一時帰国のちょっと天然ボケの入った女の子など多彩でした。小学生が「とほ宿」のことも知っていたり、おっさんが「ユースにいてもつまらないからスナックに行かないか?」と言ったり、知床を旅してきた若い男がステキなお姉さんとの再会にはしゃいだり。

その後二階のソファで談笑の時間は続いたけど、サイロ前で会った気取った男が一時帰国の女の子を「囲い込み」。自分の方がずっと海外旅行に詳しいと、あれこれ事情通の自慢話をしては彼女の顔を覗き込むようにしてニコッと笑う。他のホステラーのつけ入るスキなし。当時まだ海外旅行の経験がなかった自分には目障りな光景でしかなかった。

翌日の釧路散策は曇り空の下、普段の会社生活の索漠たる思いも心に影を落として気分も晴れせんでしたが、釧路湿原を走り抜ける「ノロッコ号」から歩いている私に手を振ってくれたのは、前日宿泊の留学中の女の子でちょっとだけ気分が晴れました。

1998年の宿泊時は自転車の好きそうな日に焼けたヘルパーが一名いてミーティングもありました。湿原の見どころやゴムボートでの釧路川下りの案内など。まきばYH名物の「あっぷるギョーザ」もお茶菓子として美味しくいただきました。耳が悪いので補聴器を付けた女子大学生(工学部)がお友達と一緒に宿泊していて、あまり上手くない手話の通訳も交えながら、楽しい談話室&食堂での会話の時間がありました。

2002年の8月の宿泊はハズレでした。どこかの大学のサイクリング部の合宿と一緒になってしまった。体力を温存するために自転車はYHまで陸送、体はタクシーでYHに乗りつけていました。食堂&談話室はサイクリング部がほとんど占拠。本来の宿泊者は隅の方に固まってこそこそ「イクラ丼」を食べる羽目に。学生さんたちは食費を節約してYHの自慢のイクラ丼は頼まず、食堂で一斉にカップめんやらコンビニ弁当やらを食べているんです。YHの楽しみの食事時間が団体旅行者に台無しにされるなんて。しかもその後はサイクリング部の連中はお決まりのミーティングなんて始めるので、YHらしい談笑の時間も台無しです。

別のYHで出会ったステキな女の子たちが遅くなって到着したのを見つけて喜びそうになったのも束の間、団体が寝室に去ったけどホステラーが戻らない閑散とした談話室を見て、そのまま女子部屋へ向かって引っこんで戻ってきませんでした。

翌日に湿原散策のあと塘路駅で列車を待っていたら、うらやましい光景が、、、「とうろYH」のホステラーと思われるリュックをしょった若い女の子が出発しようとしているのを、このあとも連泊予定と思われる人の良さそうな若い男が見送りにきていつまでも名残惜しそうに手を振っているんです。一緒にカヌーとか楽しい時間を過ごした思い出を持ったんだろうな。こちらは閑散としたYHでの寂しい時間が待っていそうなんだよな。今度釧路に来る時は絶対「とうろYH」だな。その通り2年後に念願の宿泊を果たしました。

団体旅行が去ってもYHらしい活気のある時間は戻って来ませんでした。平成一桁または1990年代に復活したはずのユースホステル文化は、2002年にはもう凋落の傾向があったようです。ホステラーが部屋に引きこもってしまって閑散とした雰囲気が悲しかった。それでもひとり旅の数人の男たちでテーブルを囲んで旅談義。帯広の六花亭に賞味期限3時間!の「サクサクパイ」というお菓子があって、食べられるのは地元の人か旅行者だけなんて話を聞いて、翌日は幸運にも帯広出発だったので、本当にサクサクした食感にありつきました。

オチの無い思い出話を長々と失礼しました。楽しかった時間と残念だった時間の両方があったYHの話も持ち出して見たかったので。
らんぽーさん

かもいYH、8時間コースに感動しました涙コースは元より、コースを整備したスタッフ一同にですねほっとした顔 かもいネームもありましたねわーい(嬉しい顔)

赤城パオスYH、私が、会員になった頃開所し、人柄が良いご夫婦でしたねうまい!
閉所後は近くで、飲食店をしているとか?
坂東旅人 水戸義烈さん

かもいYHの賽の河原の8時間コース。昭和の最後のコース旅人が私でした。しかも一人で行きました。私の泊まった翌日から雪が降って、今年は(公認)終了〜ってヘルパーの「ヘンケン」がいっていました。

ちなみに かもいネームのままで、私はmixi名なので、今のマイミクはそのネームでたどり着いた人・メッセも多い。

パオスの父さん母さんの「ラーメン一陽」は、今は? もう10年数年、いっていません。 その後知っている方、いますでしょうか。

らんぽーさん

私も、一人で行きました足実は、前日に4人で行きましたが、道に迷って着けませんでしたあせあせただ、そのときの一人の方とは今でも、年賀状のやりとりはしています郵便局それ以来、20年会ってはいませんが…

かもいネームは「三日目」でした。北海道へ来てから三日目という理由でした。

積丹へは、道路開通後も何回か行っていますが、賽の河原付近には必ず止まりますね駐車場
一昨年は、岩内のバス停に行く機会があり、ここからユースまで乗せてもらったことを思い出しました車(RV)

パオスはなくなってから、10年経ちますか〜
坂東旅人 水戸義烈さん

積丹半島は、かもい・美国YHに泊まってあちこち行きました。

一周道路が出来る前でした。(その後は行ってません)

最果てのイメージで、心に残った旅ばかりです。




らんぽーさん

確かに、積丹は最果てのイメージありましたね…

今は一周道路ができたから、イメージ変わりました。

昔の思い出を壊さないためにも、行かないほうがいいかも?
諏訪湖ユースホステル
閉館間際の年、御柱祭のとき利用しましたホテル
東の諏訪湖、西のMGと、日本のユースホステルの創成時、東西の人気ユースホステルでした王冠

建物は重要文化財に指定されましたウインク
昔の諏訪湖YH。

風情がありましたね。補助カードが一泊分のものでした。

ユーペンになってから、1泊しましたけど、きっとポリシーは変わっていないはず。
坂東旅人水戸義烈さん

私たち夫婦は、赤城パオスYHで結婚式をあげました。
ペアレントご夫婦が保証人というとこで、結婚届にサインをしてくださったんです。


それから数年してYHが閉鎖され、ペアレントご夫婦は近くで手作りで、
丸太小屋のようなラーメン店をやってましたが、数年前にそのお店もたたんで今は隠居暮らしという感じです。
本当に感じのいいペアレントさんで、Yhとしても結構人気もあったようです。わーい(嬉しい顔)
赤城パオス、懐かしいです。何度かお世話になりました。
冬は囲炉裏端で暖まりながら食事。
ツアーで尾瀬に行ったり、カヌー教室に参加したりしました。
私の友人はかなり頻繁に利用していたみたいです。
朧月夜さん

そうですか、あの丸太小屋もラーメン屋さんはなくなりましたか。 京都の友人の旅人か

ら、「パオスYHの歌」を作りませんか・と連絡があり、本気で詩を書き、曲は違う旅人

につけていただき発表した思い出が。20年ちょっと前の大切な思い出です。

美国YH

1976年3月27日より、5連泊をしました。今時期になると思い出します。

それまでは協会の指示に従い、3連泊しちゃいけないんだと思ってました。

連泊中、誕生日パーティを美国YHでやっていただいたり大切な5泊6日でした。

初日の宿泊スタンプは「ようこそびくにYHへ」でしたが、ラスト日のスタンプは「でていけびくに」の手掘りのスタンプ。この「でていけ・・」スタンプは、めったに押しません って。 そりゃそうだろうなあ と、今でも当時を振り返ってはほくそ笑んでます。

その時いただいた美国YHの補助カードの裏には、泊まった旅人・ヘルパーの一言が。
 
これほど貴重な思い出のものはありませんよね。
今年の五月の連休の撮影ですが、志賀島荘YH跡です。
中学生3年の時に、友人3人と一緒に相模湖YHに泊まりに行ったのが最初になります。
その後、1人でも泊まり歩きました。

前述の秩父YHや鎌北湖YHは、埼玉県の公立YH時代に泊まってます。
現在は、三峰秩父レイクビューと鎌北湖レイクビューという民宿になってますので
検索してもらえれば出ます。

他にも懐かしいYHは、沢山ありますが書ききれないので割愛します。
また機会が、あればYHにも泊まりに行きたいものです。
>>[290] それぞれ数泊泊まりましたホテル埼玉YH協会の会員問題から、パンフレット掲載を外れ、今は民宿ですか?懐かしい思い出ですほっとした顔
>>[291]
はい。私も学生の時に泊まりました。社会人なったら遠いYHばかり泊まっており
関東のYHは、後から泊まれるという考えで離れてしまいました。
今おもえば公営のYHも良かったですね。
2003年のGWの旅の思い出を綴った紀行文をアップしました。花巻ならの里ユースホステルが閉館していることを知ったので、このYHでの楽しい思い出と素敵な出会いを語りたいと思います。この旅では仙台の道中庵YHと八戸のカワヨグリーンYHにも宿泊していましたが、この二ヶ所は健在です。

【2002GW】体調悪化の年の東北旅行
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1967407940&owner_id=9665296
18年前の旅行の紀行文を書き上げました。宿泊したのは、太宰府YH、長崎YH、熊本市立YH、指宿YH、岩戸ふるさとYH、別府YHですが、すべて現存しません。別府YHにはその後5回宿泊、駅近くに移転してから2回宿泊して、楽しい思い出も重ねましたが突然の閉館が残念でした。

1990年代はユースホステルの第2の黄金期だったと思います。当時のユースでの出会いとかいろいろ雰囲気が分かると思います。

【1990GW】初めての九州旅行
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1967633749&owner_id=9665296
26年前の夏にユースホステルばかり宿泊した旅の思い出を綴りましたのでご紹介します。宇和島YH、宿毛YH、定福寺YH、徳島YHに宿泊。特に思い出の深いお気に入りの二ヶ所のYHは閉館しています。徳島YHでは阿波踊りの最終日に「踊る阿呆」の一員になりました。

【1992年8月】出会いの多かった四国旅行
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1968100412&owner_id=9665296
25年前の夏にユースホステルばかり宿泊した旅の思い出を綴りましたのでご紹介します。松山YH、高知駅前YH、定福寺YH、徳島YHに宿泊。

高知駅前YHは今の高知YHとは別物です。ここでは以前別のYHで出会った旅人二名がヘルパーとして働いていて、感動の再会でした。定福寺YHでは前年と同じく、シンガーソングライターの松山隆宏さんのミニコンサートを聞いて、CDも買ってサインももらいました。

はりまや橋の位置が現在と違うことに注意!

徳島YHの「青雲連」で参加する阿波踊りの盛り上がりは恒例行事でした。

【1993年8月】天候不順の年の感動の旅!石鎚山登山
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1968421210&owner_id=9665296
層雲峡YHが閉館したのを知ったのは最近です。天候不順の今年でしたが、大雪山や美瑛の観光に出かけたり、北海道のYHに宿泊された方はいらっしゃいますか?

層雲峡YHは大雪山登山の際の定宿でした。リピーターも多かったけれど、残念な人物も中にはいました。その人のことにも言及していますが、思い当たる方もいらっしゃるかもしれません。

旅の後日談も書いている内に、桃岩荘や宇多野YHの名前も登場しました。

【1995年9月】大雪山の紅葉と美瑛の丘
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1968792538&owner_id=9665296
27年前のユースホステルを使った東北旅行の記録です。ひろさきYHは健在ですが、深浦YHと大湯温泉の黒森荘YHは閉館しています。ユースホステルの第二の全盛時代と思っているころの旅の雰囲気が伝われば幸いです。


【1991年10月】青森の旅、台風の後のリンゴ畑
http://mixi.jp/home.pl?from=l_navi#!/diary/9665296/1969099718
いまはなきユースホステルの想い出

なんだか 面白い企画ですね

私にとっての 初めてのYHは 兵庫県の るり寺ユースホステルでした
しかし、これは学校行事みたいなもんで 殆ど何の想い出もありません

大学一回生の秋に ヤマハのDT125
を手に入れたのですが
初めてのツーリングで宿泊したのが、京都の丹後半島ユースホステルでした
往復葉書での予約は この時が最初で最後でした

夏のシーズンを終えた9月
間人(たいざ)にあったユースホステルのホステラーは 私ひとり
その不安を取り除いてくれたのは
ユースホステルの子供たちでした
後に、ユースにはまるようになってからも あちこちのユースの子供たちと仲良くなりました

後に、最近 丹後半島にはしうど荘なるユースホステルも契約になりましたが、一度行きたいと思っているうちに、解約になってしまいました
今はなきユースホステル、僕は伊良湖岬に有った。
伊良湖ガンダーラユースホステルです。
ツーリングで三回ほど行きました。
山陰のYHは萩YHが残るだけですね。27年前に浜坂YHと若桜氷の山YHに宿泊した記録です。浜坂YHのカニスキと若桜氷の山YHのスキーと鍋とバーベキューは楽しい思い出です。

【1992年2月連休】山陰感傷旅行はカニ鍋とスキー付き
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1970548302&owner_id=9665296

二枚目の写真はYHを後にする前の記念写真、バスが大幅に遅れましたが同行者のアドバイスのおかげで、バスのルートを変更して三枚目の写真の津山の散策に行けました。
スキー場の近いユースホステルの宿泊の思い出の第2弾です。八幡平のユースホステルが無くなったと思ったら、ユースホステルだけでなくスキー場そのものが閉鎖されていました。25年前のスキー&ホステリングの貴重な体験談です。

【1993年2月連休】八幡平ユースホステルに宿泊してのお一人様スキー
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1970658173&owner_id=9665296

写真は一関、中尊寺、盛岡の風景でYHとはあまり関係がありません。
東北地方のYHをよく使ってましたが・・・ずいぶんと閉館しているんですね。
やまがたYHは、自分の大学受験(山形大学)にも使わせていただきました・・・(・1989年3月)
ペアレントさんのときにきびしく、ときに誠実・親切な対応・・・おかげで、無事合格したことを30年後の今、あらためて、感謝したいと思います。
あ・・・もう30年になるんですね・・・・懐かしくて、胸がジーンとしますよ!
28年前の今頃の北海道の旅の記録です。旭川ユースホステルに宿泊したのは、スキーの秘密練習のためでした。小さなスキー場ですが雪はパウダースノーでした。YHは閉館し、スキー場はリフトを撤去して「ロープトゥ」だけ運用しているそうです。

【1991年3月】摩周湖、網走、旭川、小樽の旅
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1970910899&owner_id=9665296

YHでは一枚も写真を撮らなかったので、屈斜路湖での写真を二枚、小樽での写真を添えました。
食事が最高だったYHと最低だったYHの二泊のホステリングの思い出です。浜坂YHが休館して、今は廃屋同然な姿をあるHPで見て、心が痛みました。もう一軒のYHは、15年後にYHではない旅館として営業しているのを見かけました。

【2000年3月】奈良から車で山陰を走る
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1970991120&owner_id=9665296

二枚目の写真は浜坂YHから連れて行ってもらった諸寄漁港の市の様子です。
29年前の旅の記録です。東山YH、奈良YH、山の辺YHに宿泊しました。それぞれのYHでの時間について詳しい記録がありましたので、平成の思い出としてご紹介します。

【1990年4月】会社の創立記念日に京都・奈良を旅する
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1971187435&owner_id=9665296

YHに関連する写真がありませんでした。三枚目の写真は東山YHに宿泊していたグループと合流して、一緒に眺めた清水の舞台の離れたところからの景色です。

ログインすると、残り271件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

日本のユースホステル 更新情報

日本のユースホステルのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。