利用規約

mixi公式クライアントアプリ使用許諾規約

制定日
平成22年12月24日 制定
改定日
平成27年6月25日 改定
第1条 はじめに
1
mixi公式クライアントアプリとは、株式会社ミクシィ(以下「弊社」といいます)が運営するソーシャル・ネットワーキング サービス「mixi」(以下「本サイト」といいます)の公式クライアントアプリケーション「mixi」(以下「本公式アプリ」といいます)のことです。本公式アプリをご使用になるにはこのmixi公式クライアントアプリ使用許諾規約(以下「本許諾規約」といいます)に同意のうえご使用ください。
2
本公式アプリの使用者(以下「使用者」といいます)は、本公式アプリを使用する場合には、本許諾規約の全ての記載内容について同意するものとします。
3
弊社は、弊社の判断により、本許諾規約をいつでも任意の理由で変更することができるものとします。変更後の本許諾規約は、弊社が別途定める場合を除いて、本公式アプリ上に表示した後に初めて使用者が本公式アプリを使用した時点より効力を生じるものとします。
第2条 本公式アプリの使用許諾
1
弊社は、使用者に対し、本許諾規約の定める条件に従い、本公式アプリの譲渡不能かつ非独占的な日本国内における使用権を許諾します。
2
本許諾規約は、将来開発される本公式アプリのアップグレード等に対する使用権を許諾するものではありません。
3
弊社は、使用者に通知することなく、本公式アプリの機能または仕様を変更することがあります。
第3条 本公式アプリの使用上の注意事項
1
使用者は、使用者自身の自己責任において本公式アプリを使用するものとします。
2
本公式アプリは、プロンプトによる警告の有無にかかわらず、一定期間ごとにネットワークへ接続し、通信を行う場合があります。その際には、別途通信料がかかります。
3
本公式アプリの表示および本公式アプリの動作に必要とされるプログラムデータおよび関連するドキュメントファイル等は、予告なく自動的に変更・更新される場合があります。
4
本公式アプリの実行中に圏外への移動などによってネットワークへの接続が出来ない場合や、建物内、ビル陰などで通信ができない場合には、一時的に本公式アプリの使用ができなくなることがあります。
5
本公式アプリのダウンロードには別途通信料がかかります。
第4条 使用の制限、中止および提供の中断、終了
1
本公式アプリは、弊社の事情により、機能の一部または全部の使用を制限、中止または提供を中断、終了させていただくことがあります。なお、本公式アプリの使用の制限、中止または提供の中断、終了により使用者に生じた損害について、弊社は、故意または重過失による場合を除き、いかなる責任も負いません。
2
使用者が本許諾規約の定めに違反したと弊社が判断した場合には、弊社は、事前の通知を行うことなく、当該使用者に対して、本公式アプリの使用の制限、中止または提供を中断、終了を行うことができるものとします。
第5条 本公式アプリの権利等
1
使用者が本公式アプリを使用して本サイトに投稿する情報については、作成した使用者に権利が帰属します。
2
前項を除くほか本公式アプリに表示される情報の著作権およびその他一切の知的財産権は弊社または第三者に帰属します。
第6条 使用料金等
1
本公式アプリの使用は原則として無料とします。
2
弊社が、本公式アプリの使用の対価を求める場合には使用者に事前に通知し同意を得るものとします。
第7条 個人情報の取り扱い
弊社は、個人情報を「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。
第8条 禁止事項
使用者は、本公式アプリの使用にあたり、次に掲げる行為を行ってはならないものとします。
(1)
mixi利用規約および本許諾規約に違反するまたは違反するおそれのある行為。
(2)
本公式アプリおよび本公式アプリの情報を、書面による弊社からの事前の承諾なしに、無断で複製、転載、再配布などをする行為。
(3)
営利を目的として使用する行為。
(4)
本公式アプリを、修正、変更、改変、リバース・エンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルなどをする行為。
(5)
法令、公序良俗に違反するまたは違反するおそれのある行為。
第9条 免責
1
弊社は、本公式アプリにおける一切の動作保証、使用目的への適合性の保証、使用結果に関わる的確性や信頼性の保証をせず、かついかなる内容の瑕疵担保責任も負いません。
2
本公式アプリの内容、使用等に関して損害を被った場合でも、弊社は、故意または重過失による場合を除き、一切の責任を負いません。
3
弊社は、mixi利用規約および本許諾規約に違反する行為またはその恐れのある行為が行われたと信じるに足りる相当な理由があると判断した場合には、当該行為を行った使用者の使用制限等の弊社が必要と考える措置をとる場合がありますが、それによって生じたいかなる損害についても、故意または重過失による場合を除き、一切の責任を負いません。
第10条 準拠法および管轄裁判所
1
本許諾規約の準拠法は、日本法とします。
2
本公式アプリまたは本許諾規約に関して使用者との間で疑義または争いが生じた場合には、誠意をもって協議することとしますが、それでもなお解決しない場合には、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
附則
本許諾規約は平成22年12月24日から施行します。
ミクシィの健全化の取り組み