mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

mixi > イベント一覧 > 東京都 > 2009年2月 > 2009年2月4日(水)の東京都のイベント > 第10回KM研究会 「ソーシャル vs セマンティック」 K...

開催終了第10回KM研究会 「ソーシャル vs セマンティック」 KMを加速するのはどちらか?

コミュ内全体

詳細

2009年01月29日 15:01 更新

第10回KM研究会 「ソーシャル vs セマンティック」 KMを加速するのはどちらか?
2009/2/4 午後1:30-5:00
サンシャイン国際文化会館709会議室(池袋)
http://www.jagat.or.jp/PAGE/2009/access/access.asp
定員54名 参加費:無料

基調講演1 BtoCのソーシャルのうねり「グランズウェル」を取り込んだマーケ
ティング戦略(仮題) 
山崎秀夫(野村総研)

基調講演2 社内SNSをグループ内SNSにどう発展させるか
        〜見えない効果への挑戦
酒瀬川泰孝(NTTデータ)
 参考:http://diamond.jp/series/socialweb/10012

パネル討論 基調講演者 +α 
     モデレータ:KM研究会代表・野村


激変してしまった消費者、BtoB顧客と適切に交流するためには、グランズウェル(groundswell) を前提とし、ソーシャル・テクノグラフィを駆使して精緻なマーケティング、対顧客IT戦略をたてて実施する必要があります。

顧客とともに価値ある概念を創造し、クラウドを活用しつつ独自のサービスを作り出し、ビジネスモデルを微修正・改良していく。これが向こう5年のナレッジマネジメントの1つの姿ではないでしょうか。

当日ご一緒に議論いたしましょう。

コメント(8)

  • [1] mixiユーザー

    2009年01月07日 18:51


    昨年は、病気で欠席したので、久しぶりの参加です。
    この間のKMの動向に疎くなっています。
    本日、遅ればせながら、推薦図書の「グランズウエル」を購入しました。
    研究会までには何とか読了して、当日の講演、討論についていけるよう努めます。
    池袋のサンシャインも久しぶりなので楽しみにしています。

  • [2] mixiユーザー

    2009年01月07日 19:15

    ↑早速の参加ご表明ありがとうございました!
    様々なタイプ、レイヤーのソーシャルがビジネスを左右するようになった現実を解釈し、モデル化し、処方箋を書くには、グランズウエルは実にすばらしい出発点だと思います。少なくとも私は、数年前の山崎秀夫さんの「親和欲求」だけでは到底、フォレスターRによる2013の巨大市場予測を納得できなかったと思います。

    「セマンティック」に触れられる時間は少ないかと思いますが、頑張ります。
    「セマンティックサービス」のご紹介、入門の無料セミナーとしては、次の場を企画、ご用意いたしました。ご興味の向きは、こちらにも足を運んでいただけたら幸いです。
    http://www.xmlconsortium.org/seminar08/090109/090109-info.html


    -------------------------------------------------
    15:10-15:55 Web2.0部会
    -------------------------------------------------
    概要:
     ポストWeb2.0の大きな柱の1つが「セマンティックなWeb」と言われていま
    す。本発表では、セマンティックなWebの事例とそれを支える標準規格や基盤
    技術を、デモを交えてご紹介します。

    15:10-15:25 「セマンティックなサービスの事例のご紹介」
      湯本正典(日立システム)
    加藤晶子(IT Frontier)
    亀山悦治(ナレッジワークス)

    15:25-15:40 「OpenSocial活用のご紹介」
      西一嘉(東芝ソリューション)

    15:40-15:55 「SemanticなWebの新動向」
      小林茂(日本ユニシス)
      西一嘉 (東芝ソリューション)、
  • [3] mixiユーザー

    2009年01月07日 21:25

    ごめんなさい。
    「セマンティック」の方、書くの忘れてましたが、もちろん、「興味津々」です。
    既に、1/9のXML Day、Web2.0部会を目的に、参加申し込み済みです。

    実は、昨年、私が参加しているmixiのコミュ「WebSig24/7:Web制作者の会」の下記イベントに参加してきました。

    【公式イベント】第20回WebSig会議「セマンティックWebってなんだろう? 「?」を「!」に変えてみる会議」(2008/10/18)
    http://mixi.jp/view_event.pl?id=34825775&comm_id=10966

    nomuranさんは、このコミュ・メンバーではないと思いますので、無理に、覗かなくて結構ですよ。
    正直なところ、私は、この会で、「?」が「!」に変わらぬまま、不完全燃焼でした。

    ですから、1/9は、2/4の予習日と押さえておいたのですよ。

    もっとも、XML DayのWeb2.0部会は、いつも、時間不足ですよね。

    今回も、わずか45分に「豪華6名講師陣の3本立てプレゼン」+「サービス精神旺盛な名司会者の、早口だが『決して短時間で済まないだろう』紹介・解説」を覚悟して、楽しみにしています。

    よろしくご指導ください。
  • [4] mixiユーザー

    2009年01月07日 23:34

    産経デジタルの内田と申します。
    イザ!(http://www.iza.ne.jp/)の運営に携わっております。

    ついていけるかはなはだ不安ではありますが、思いきって参加します。
  • [5] mixiユーザー

    2009年01月07日 23:45

    >顧客とともに価値ある概念を創造し、クラウドを活用しつつ独自のサービスを作り出し、ビジネスモデ>ルを微修正・改良していく。これが向こう5年のナレッジマネジメントの1つの姿ではないでしょうか。

    と、あると、その先はどんなことが…と楽しみになります。
    まず、これからの5年の予測とその根拠を知らねば。ということでクリックいたしました。
  • [6] mixiユーザー

    2009年01月11日 01:10


    セマンティック派が少ないので、当日の時間の関係もありまして、事前にいろいろ書いておけたら、と思い、下記をはじめました:

    「 セマンティック・ウェイブ」
    http://japan.cnet.com/blog/nomura/

    2009年は"セマンティック・サービス"元年

    公開日時:
    2009/01/10 15:00

    よろしければ、一番下の評価の行を適宜クリックしてくださいませ。
    コメント、突っ込み歓迎です。

    また、次回以降のドラフトなど、適宜、こちらにも引用し、議論(場外乱闘)のきっかけとできれば、と存じます。

  • [7] mixiユーザー

    2009年01月11日 11:15


    2つの「クラウド」との関係

    ソーシャル   → クラウド(Crowd集合知)・ソーシング
    セマンティック → クラウド(Cloud雲)・コンピューティング

    これは1つの綺麗な対応です。

    ここを出発点に、両者の組み合わせがなぜ、どのように必然的に生じるのか、絵を何枚か描いて、当日、学会の冒頭もしくはパネルの冒頭でご紹介したいと思います。

  • [8] mixiユーザー

    2009年01月27日 07:45

    まずは業務連絡風に。前回の記事の後半にビジネスモデル学会第10回KM研究会(2/4於池袋)のご案内をしました。1つ嬉しいニュースです。基調講演の1人、山崎秀夫さん(普段は取材して本書く人)を取材して書いた「みんなの知識がビジネスになる」の著者の1人、OK Wave兼元社長のご好意で、この本を3部、献本いただけることになりました。当日、最も活発に議論に加わられた参加者で、まだこの書籍をお持ちでない人に差し上げたいと思います。奮ってご参加ください。

    さて、先週23日に、西新橋のナレッジワークスさん にて月例のXML Consortium Web2.0部会を開催。

    14名のメンバーが集まって、エンタープライズ2.0、中でもソーシャル、セマンティックの技術やビジネスについて広く深く論じることが出来ました。ナレッジワークスさんとIBMさんがエンタープライズ・サーチを活用し人)たソリューション提供に尽力されていることから、下記のような資料が「セマンティック」関連として紹介されました:

    ・IBMのEnterprise2.0, セマンティック的サービス事例:
    「エンタープライズサーチ」〜OmniFind Enterprise Edition
    http://download.boulder.ibm.com/ibmdl/pub/software/dw/jp/events/tn22-kawase.pdf
    「エンタープライズ・マッシュアップ」
    http://download.boulder.ibm.com/ibmdl/pub/software/dw/jp/events/tn23-moritani.pdf
    「企業内に浸透しはじめたSNS、Enterprise2.0はこうなる」
    http://www.xmlconsortium.org/seminar08/080624/data/080624-03.pdf
    (3番目はXMLコンソーシアム会員専用)



    セマンティック技術については、理事企業のNTTソフトさんの関わった取り組みも大変興味深かったです:

    ・次世代Web情報流通エンジンを用いた人材マッチングシステムiMAGE http://www.ntt.co.jp/journal/0804/files/jn200804062.pdf

    私の方からは、多彩なセマンティック技術とその基盤、共通規格を開発し、広く公開しようとしている情報大航海プロジェクトにおける個々の取り組みを紹介しました:

    http://www.igvpj.jp/index/pdf/08project_pamphlet_J.pdf



    TripIt! は5W1Hを元に旅程を最適化、提案してくれるサービス

      TripItは一言で言えばユーザの旅行計画を管理するアプリケーション。便利さの肝は、英語圏の主な旅行素材の予約確認メール(航空券、レンタカー、宿、鉄道、など部分的にでも) plans@tripit.comに着信を転送するだけで、「良きにはからった」旅行プランを作り、管理してくれるところにあります。

    ・・・・・・

    つづきはこちらです:
    http://japan.cnet.com/blog/nomura/2009/01/25/entry_27019732/#blogtitle
mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!