mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

mixi > イベント一覧 > 東京都 > 2018年7月 > 2018年7月22日(日)の東京都のイベント > 新設2018年 海外英語ニュース速読勉強会 無料体験

募集終了新設2018年 海外英語ニュース速読勉強会 無料体験

コミュ内全体

詳細

2018年06月23日 10:26 更新

第2回同時通訳方式で、あなたの英語の読む・聞く・書く・話す・正しい発音まですべてマスターするミラクル無料セミナー
最初の7月22日(日)に続いて2回目の無料セミナーになります。
新しく誕生しました!あなたの英語のすべての能力を向上させる奇跡のセミナーが。
いよいよ来年のラグビーワールドカップ、再来年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、日本の国際化のスピードにますます拍車がかかっています。私たちも国際化の波に乗り遅れるわけには参りません。
こんにちは、皆様。5年以上毎月発行して、すでに2万人を遙かに超える皆様に愛読していただいている「辞書なしで超速読月刊英語ニュース」の著者で翻訳家の細見敏夫と申します。あのトランプさんと同じ団塊世代です。
このセミナーで提唱する「パラグラフスピードリーディングテクニック」は、私が5年以上にわたる放送同時通訳訓練・経験から必然的に生まれた英文の速読・多読に特化したリーディング方法です。
今回のセミナーは、私の海外英語ニュース専門月刊誌の翻訳の柱である「パラグラフスピードリーディングテクニック」を私の著書の愛読者の皆様を超えてできる限り多くの人たちに知っていただくための出発点にしています。
「パラグラフスピードリーディングテクニック」の基本は「英語を英語の語順で読む」ということです。どなたでも仕組みを短時間で理解することができます。当セミナーはその方法を「最新の海外の英語ニュース」に集中し、さらに英語ニュースに特化させて提唱しています。最新の英語ニュースこそ最強で最適の教材だからです。
現在の受験英語を目的にした「戻り読み」の英文和訳は限界があります。それは英語ニュースに限らず、大量の英文を速読・多読するためには逆に大きな障害になるからです。
英語の速読・多読には、その目的に合った読み方があります。何でもかんでも受験英語の戻り訳では,小学校から英語を始めようが、どんな先進の機器を導入しようが、教える立場の人が「戻り訳にこだわって教えている」限り何も変わることはないでしょう。
その戻り訳に真っ向から挑戦して、「読む目的に合わせて臨機応変に読む方法を変えるべきである」」をスローガンにして、速読・多読に最強で最適なパラグラフスピードリーディングを全国レベルに普及しようとしているのが当セミナーです。
当セミナーでの、説明は極めて少なく、90%以上が作業になります。
パラグラフスピードリーディングテクニックの仕組みを理解することはとても簡単です。後はひたすら実践作業あるのみです。私が放送同時通訳で実践したように。その絶え間ない実践を乗り越えた人たちこそ本物の英語力がつくのです。
当セミナーでは、パラグラフスピードリーディングテクニックを身につけることで、さらにリスニング、ライティング、スピーキング+正確な発音までマスターします。それぞれの技能は相関性があり、最も効果的な方法を取り入れて可能にしています。
無料セミナーの内容
教材はすべて最新のアメリカのメディアの英語ニュースになります。
1時間目:リーディング、リスニング、シャドウイング(発音)
例文:(VOA Learning Englishの1500語前後で書かれた読解しやすい内容の記事です)
Last week,  先週  U.S. Defense Secretary James Mattis said  アメリカのジェームス・マティス国防長官が話している  the United States will continue  アメリカは継続すると  sending  派遣することを navy ships  軍艦を near islands  島の近くに  in the disputed waterway.  紛争中の海域にある
上記のように、英文を頭から英語の順番でパラグラフ(意味を成す数個の英単語の集まり)単位で読み進める独自の翻訳方法を「パラグラフスピードリーディング」と呼びます。
この「パラグラフスピードリーディングテクニック」を使えば、あなたは記事に1度目を通すだけで要点を掴むことができます。
このパラグラフスピードリーディングのトレーニングで、英語の語順に従って思考する習慣(英語脳)を身につけます。これは同時通訳のための英語脳になります。
1時間目の終わりは「パラグラフスピードリーディングテクニック」で読解した英文を2つのスタイルの音声でリスニングします。
リスニングでは、英語の語順で理解する「英語脳」で聞くので、英語の語順で流れてくる英語をそのまま聴き取り,同時に意味を理解することができます。
記事に元々付属していた遅いスピードの音声ではほぼ100%、その音声を通常の英語放送の速さにスピードアップした音声でも80-90%以上聴き取れるようになります。
大きく分けて3つの方法でリスニングします。
_燭盡ないで集中して聞く。
音声を聴きながら、原文を目で追う。
2酸爾鯆阿ながら、英語から日本語訳の文章を目で追う。
セミナー受講者の皆さんご自身で選びます。
1時間目の終わりは発音訓練のためのシャドウイングで締めくくります。「英語ってこんなに楽しい言葉なんだ」を実感する瞬間です。
2時間目:ライティング(英作文):今度は日本語で入ってくる情報を英語に直すトレーニングを行います。日常的に日本語を英語で考える習慣(これも英語脳です)を身につけるためです。言うまでもなく英会話(スピーキング)の能力でもあります。
実践では1時間目でマスターした記事を利用します。1時間目と同様に常に英語の語順で思考することを意識します。
例文:
アメリカのジェームス・マティス国防長官が話している U.S. Defense Secretary James Mattis said アメリカは継続すると   the United States will continue   派遣することを sending   軍艦を navy ships  島の近くに  near islands  紛争中の海域にある in the disputed waterway.
単に1時間目の英語ニュースで英語と日本語の順番を逆にしているだけです。新しい文章を持ち出す必要がないからです。
つまり、1時間目の「日本語の部分」を英語で言えるようになるのです。行ってみれば、「英語から日本語」、「日本語から英語の二刀流の使い手」になるのです。素晴らしいと思われませんか。
まず,SV(主語・述語)
・アメリカのジェームス・マティス国防長官が話しているを英語で考える(以下同様に)と
[U.S. Defense Secretary James Mattis said]
・何を
アメリカは継続すると
[the United States will continue]
・(何を継続するの)「派遣することを」
[sending]
・じゃあ何を派遣するの「軍艦を」
[navy ships]
(以下略)
ほら、パラグラフが頭に記憶されますね。これを英会話にも応用するのです。これが日本語であっても,英語に直すときは英語の語順で考える英語脳です。
ちなみに最後に全部繋げると、
U.S. Defense Secretary James Mattis said the United States will continue sending navy ships near islands in the disputed waterway.
自動的に受験答案用の英作文の答えが完成します。頭から英語の順番であるS.V.O.Cで日本語に訳しているのでそのままで答えになります。英作文も英語の語順で思考するとこのような完璧な英文が出来上がります。これも凄いと思われませんか。
3時間目:リーディング(ハイレベル)
セミナーの最後はLearning Englishからではなく、一般のネイティブに向けたややハイレベルな記事でパラグラフスピードリーディングをトレーニングします。このトレーニングは、今後CNN,NewYorkTimes, WashingtonPost, WallStreetJournal,Times等のメディアの記事をパラグラフスピードリーディングするために行います。
例文:June 7, 2018 from U.S.NPR News
HUDSON:
The North Koreans have suggested /that they’re interested/ in having Kim Jong Un stay/ at The Fullerton Hotel, /which is a sort of magnificent neoclassical hotel. /It’s unclear/ at this point/ who is going to pay./
HUDSON: ハドソン
The North Koreans have suggested  北朝鮮は示唆しています  that they’re interested  彼らは関心があると  in having Kim Jong Un stay  金正恩氏が滞在することに  at The Fullerton Hotel,  フラトンホテルに  which is a sort of magnificent neoclassical hotel.  ある種の非常に壮大でネオクラシックなホテルです  It’s unclear  明確ではありません  at this point  現段階では  who is going to pay. 誰が滞在費を払うのかは
1時間目と同じパラグラフスピードリーディングテクニックで読み進めます。内容と文章構成がややハイレベルになっているだけです。
ただ記事が長く、コンテンツもハイレベルなので全文を終えることは出来ないと思います。後は宿題というところでしょうか。
これで3時間の授業があっという間に過ぎます。
説明を読むと難しく感じますが、やってみると以外に簡単で面白いです。「案ずるより産むが易し」ですね。きっと充実感に溢れると確信しています。
この「英語脳」を身につけるために、参加者の皆さんと一緒に、「週1回日曜日の午後に楽しく勉強しましょう」というセミナーです。
今回を含めた無料セミナーでは、この3時間の授業を休憩を含めて1時間30分(90分)で行います。ただし、計画中ですが、2018年9月のセミナーからは有料で2時間(120分)になりる予定です。
まずは、体験セミナーに気軽にお越し下さい。
セミナーのための英語力のレベルは関係ありません。レベルより「関心と意欲」が大切です。セミナーに繰り返し参加していれば、徐々に読める,聞ける、書ける,話せる、さらに発音も上手になっていくことを体感することができます。私が放送同時通訳をゼロから始めた時もこのような感じでした。
私の経験から絶対に自信を持って言えることは「毎回少しずつ分かるようになり、辛いことを楽しみと喜びに変えることができる」ということです。
ぜひ私と参加してくれる仲間の皆さんと一緒にパラグラフスピードリーディングをもっともっと勉強して、日本のさらなる国際化や英語教育の未来のために日本中に普及する夢を実現しませんか?
夢は大きいほどやりがいも出てきます。
第2回同時通訳方式で、あなたの英語の読む・聞く・書く・話す・正しい発音まですべてマスターするミラクル無料セミナー
1.日時:2018年7月22日(日) 午後2:00〜3:30
2.場所:東京都千代田区神田佐久間町3-21-5 東神田ビル403号室
秋葉原駅より徒歩3分
3.定員:16名
4.当日持ち物:筆記用具、スリッパ、スマートフォン、もしくはタブレット
5.セミナー内容(当日資料をお配りします)
ー膾甜坩Щ△肇札潺福爾量榲など(10分)
1時間目体験(30分)
5抃5分
2時間目体験(20分)
3時間目体験(20分)
Ы連絡(5分)
※1.無料体験でので全体で90分になります。
※2.当日のセミナー用の資料を作成する必要がありますので、参加をご希望される皆さんのお名前とメールアドレス(後日の連絡のため)だけをお伺いさせていただきます。
※3.参加を申し込まれた皆様には辞書なしで超速読月刊英語ニュース2018年1月号-6月号までの最新時事英語用語集4000をPDFとテキスト形式でセミナーの前に送付させていただきます。
※4.2回セミナー参加申し込み期日:6月4日から6月30日まで

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!
  • 2018年07月22日 (日) 14:00 ~ 15:30
  • 東京都 東京都千代田区神田佐久間町3-21-5 東神田ビル403号室
  • 2018年06月30日 (土) 締切
  • イベントに参加する
  • 気になる!
参加者
1 / 16人
mixiチケット決済