mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

mixi > イベント一覧 > 大阪府 > 2018年9月 > 2018年9月1日(土)の大阪府のイベント > 2018年 明治安田生命J1リーグ 第25節 対 ガンバ大阪

開催終了2018年 明治安田生命J1リーグ 第25節 対 ガンバ大阪

コミュ内全体

詳細

2018年09月01日 21:15 更新

日時:2018年09月01日(土)19:03キックオフ
会場:パナソニック スタジアム 吹田/市立吹田サッカースタジアム
                 (大阪府吹田市千里万博公園)

対戦相手:ガンバ大阪(G大阪)
過去の対戦成績(J1リーグ戦):10勝5分12敗/51得点55失点
直近の対戦:
2018年 明治安田生命J1リーグ 第3節(2018年3月10日)/ 〇2−0

コメント(1)

  • [1] mixiユーザー

    2018年09月01日 21:32

    結果:
    G大阪 2−0 川崎F●

    まあ、この試合は敗因ははっきりしていますね。
    単純に、宮本監督が仕掛けた3バック=守備時5バックのスライドの網と、相手の2シャドーがこちらのボランチに与えるプレッシャーが効果的に効いていた・・・というところですね。

    確かに、谷口や車屋に下げたときに、ボールを前に運ぶためのポゼッションは出来ていたのですが、相手は、そこからどこに預けてくるのかというところは織り込み済みだった。
    だから、悠や、再度に張った家長の位置でボールを狩って、あとはイージーにボールを「持たせる」こと。
    こちらを崩すのではなく、チャンスを多く作り、強みのセットプレーで仕留める作戦だったということですね。

    まんまと宮本監督の狙い通りに勝ち切られてしまった。
    正直、鬼木監督的にも、大島が抜けた時点でノーアイデアだったと思います。
    憲剛をボランチに下げたことが、ガンバを楽にしました。
    攻め急いで、学を投入しましたが、時間を考えるなら、下田だったはずです。
    憲剛をトップ下に残して、下田をボランチに入れて、見えかけていたガンバ5バックの攻略の糸口を憲剛に任せるべきだった。
    あの側面で学・・・には、少し荷が重すぎました。

    5バックの壁で、こちらの攻撃陣も完全に前詰まりになってしまい、ボールに足をすくわれてしまいました。
    もう少しミドルを狙うとか、変化をつけないと、同じ要領で守り切られてしまいます。

    自分たちの力に過信があったわけじゃないでしょうけど、ここで1つ負けたことは、反省のきっかけになるはずです。
    次です。次。
mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!
  • 2018年09月01日 (土)
  • 大阪府
  • 2018年09月01日 (土) 締切
  • イベントに参加する
  • 気になる!
参加者
1人
mixiチケット決済