mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

mixi > イベント一覧 > 神奈川県 > 2017年8月 > 2017年8月5日(土)の神奈川県のイベント > 2017年 明治安田生命J1リーグ 第20節 対 FC東京

開催終了2017年 明治安田生命J1リーグ 第20節 対 FC東京

コミュ内全体

詳細

2017年08月05日 22:48 更新

日時:2017年08月05日(土)19:03キックオフ 
会場:等々力陸上競技場(神奈川県川崎市)
過去の対戦成績(J1):11勝5分9敗/47得点38失点
2017シーズン対戦記録:第4節(アウェイ)/第20節(ホーム)

前回対戦:第4節(アウェイ)
結果:FC東京 3−0 川崎F

内容はそこまで悪くないものの、前後半共に決定力にかけた試合だった。
FC東京も前半はスコアレスだったが、後半、ピーター・ウタカを投入して猛攻をしかけ、移籍した嘉人の活躍もあって終わってみれば3-0の大差がついた試合だった。

コメント(1)

  • [1] mixiユーザー

    2017年08月05日 23:02

    結果 : 川崎F 1 − 1 FC東京

    磐田戦の”結果、惨敗”を受けて、出直しの一戦となった多摩川クラシコだけど、結果的にあまり前節の改善は見られない流れになった。

    磐田戦同様、前がかりに攻めるこちらと、守ってカウンターを狙うあちらの構図。
    東京は3バックに変更して、中盤を厚くしてこちらの勢いを削ぎ、奪ったら前線のウタカに当てて間を作り、チャンスと2次攻撃を連発する狙い。
    そうはさせじと、こちらは持ったら最終ラインから素早く中間を中継して前線に送り、速攻気味にサイドから崩し切る狙い。

    ゲーム開始から前半終了間際までは相手の狙いもつぶせていたし、こちらが理想とする展開は作れていたんだけど・・・。
    一発相手のカウンターを食らってピンチになると、磐田戦同様の「臆病風」が顔を出す。
    後半早々の失点はそんな中から。攻めきれない時間で、中央でボールを奪われると、こちらの右サイドへ展開され、中央で待つウタカに折り返されて押し切られた。
    右サイドにいるはずのエウソンが攻め残りながら時間を作ろうとしたが失敗したのも痛かったけど。
    時間帯的に起こるべくして起こった失点でした。

    ただ、そのあとが悪い。いつものように、連続失点しかかりました・・・・。
    なんなんでしょうね。あの1失点すると途端にバタバタする癖。
    慌てて取り返しに行こうとして攻め急いでいるわけでもなく。

    僕的には、それも含めて・・・・

    今日のポイントは1つ。

    ・臆病になるな!

    ってことです。攻撃でも守備でも。

    失点していても、形は決して悪くないんです。
    なのに、自分で自滅のようにパスミスしたり、勘でパスを出して相手にボールを渡しちゃったり。
    超能力者じゃないんだから、もっとチームとしてやろうとしていることを丁寧に。
    実力は十二分にあるチームなんだから。チームの目指すことをしっかりこなせればチャンスは来る。
    事実、今日だって20本を超えるシュートを打っている。バーをかすめるような惜しいシュートも打てている。
    あとはフィニッシュの「丹念さ」が足りない。

    守っても一緒。ギリギリのところで守れているのに、一発や二発、カウンターを食らっただけでボールホルダーに行けなくなる。守ってもだらだらボールを持ちすぎて、相手のプレスに引っかかる。
    チームの決め事はそうじゃないはずです。
    ボールを下げるのは、何らかの目的を持って、次の攻撃につなげるために下げる。
    前半はできていたはず。三角を作って相手の前線を回避するために一回戻すことや、一列飛ばして前に出た大島や憲剛につけるためのフワリ玉がうまくチャンスを作れていた。
    ・・・のに、後半、失点すると安易な横パスに逃げて、ボールを失う場面が非常に多かった気がします。

    もっと勇気をもって、臆病にならず、本来の攻撃的サッカーをやれば、おのずと結果はついてくる。
    次戦もホームで、好調・鹿島との対戦です。
    今度もまた、川崎の勇気が試される試練です。
mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!
  • 2017年08月05日 (土)
  • 神奈川県
  • 2017年08月05日 (土) 締切
  • イベントに参加する
  • 気になる!
参加者
1人
mixiチケット決済