mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

mixi > イベント一覧 > 愛知県 > 2018年9月 > 2018年9月16日(日)の愛知県のイベント > 第10回読書会 ヴェーデキント ルル二部作「地霊・パンドラの...

開催終了第10回読書会 ヴェーデキント ルル二部作「地霊・パンドラの箱」

コミュ内全体

詳細

2018年08月15日 17:51 更新

第10回読書会を9月16日の日曜日に名駅の居酒屋でやります。
午後6時集合です。1時間半ほどやります、終了は8時前になります。
話したりない方で午後8時より近くのカフェで二次会をやります。
二次会のみの参加 もできます。

課題本はドイツの劇作家ヴェーデキント(1864〜1918)の戯曲
ルル二部作「地霊・パンドラの箱」(1897〜1904)です
https://www.amazon.co.jp/dp/4003242912

19世紀末のドイツ、浮浪児だったルルは新聞界の大物シェーン博士に拾われ
天性の魅力で廻りの男たちすべてを引き付ける存在となる。
しかし彼女の夫となった男たちは次々と自滅して死んで行き
ルル自身もその取り巻きと共に悲惨な境遇に落ちぶれて行く ・・・
という身も蓋もない話です。

ルイーズ・ブルックス主演のサイレント映画「パンドラの箱」(1929)
アルバン・ベルク作曲のオペラ「ルル」(1928)
の原作でもあります。

ヴェーデキントは若いころから作家を目指しますが、当時主流となりつつあった
自然主義文学に反発し、市民社会の抑圧や理想主義の偽善に対抗する土俗的、根源的な
生命力や性の力を描き独自の世界を展開して行きます。
わざと大げさにしたような装飾的なごてごてした文章でキャラクターも
かなり誇張したもので毒々しい世界です。6月の「欲望という名の電車」
とは正反対の外貌ですが内容的にはどこか共通するところもあります。
話の展開は早いので引き込まれる感じで読みやすいです。

ルルはオスカー・ワイルドの「サロメ」に代表される世紀末ヨーロッパで
流行した男を幻惑し破滅させるファム・ファタール(運命の女)の一類型といえますが
訳者の解説では単純に妖婦とみるのは誤解だと強調してますがどうなんでしょうか?
読者の好み次第でいろいろな面が浮かび上がる存在ではあります。

昨今流行りの「イヤミス」に通じるようなところもあって
古い作品はあまり読まない方にもおすすめです。

会費などは特にありませんが飲食代がかかります。
お酒を飲まない方は2500円
飲む方は3000円〜4000円程度です。

今回は特別に初参加の場合
お酒を飲まない方は2000円
飲む方は上限3000円です。

作品に関連して思ったことをざっくばらんに話しあう雰囲気です。
とりあえず一度参加してみょうという方は気軽に来てください












コメント(10)

  • [1] mixiユーザー

    2018年08月17日 18:39

    参加させていただきます。
  • [3] mixiユーザー

    2018年08月17日 18:51

    >>[1]
    毎回ありがとう顔(笑)
  • [4] mixiユーザー

    2018年08月24日 17:36

    参加させて頂きます。よろしくお願い致します。
  • [5] mixiユーザー

    2018年08月24日 21:00

    >>[4]
    毎回ありがとうございます顔(笑)
  • [6] mixiユーザー

    2018年08月24日 22:00

    >>[5]
    こちらこそよろしくお願いします。本は八割くらい読みましたが、ユーチューブでの歌劇ルルは、なかなかインパクトありますね。字幕がないので雰囲気だけですが、他のオペラにない妖艶さを感じました目がハート
  • [7] mixiユーザー

    2018年08月24日 23:27

    >>[6] シェーンベルクの考案の12音階で書かれてますので、先鋭でありながら前時代の後期ロマン派的な妖艶な香りがしますね。音楽自体はかなり構築的に組まれてるみたいなんですが劇的効果も満点ですね。
    ちなみに解説書を読んだら、シェーン博士とアルヴァの親子がシェーンバルクとアルヴァン・ベルクの子弟に偶然名前が符合してベルク自身も意識していたようです。
  • [8] mixiユーザー

    2018年08月27日 05:02

    サイレント映画「パンドラの箱」ルイーズ・ブルックスの魅力が際立ってます。
  • [9] mixiユーザー

    2018年09月06日 20:25

    来週になりましたがまだ充分間に合います。前日まで受け付けてます。
  • [10] mixiユーザー

    2018年09月08日 17:56

    「エコール」という映画です。これもヴェーデキント原作です。
mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!
  • 2018年09月16日 (日) 日曜日
  • 愛知県 名古屋駅 午後6時集合
  • 2018年09月15日 (土) 締切
  • イベントに参加する
  • 気になる!
参加者
3人
気になる!してる人
2人
mixiチケット決済