mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

mixi > イベント一覧 > 東京都 > 2018年4月 > 2018年4月20日(金)の東京都のイベント > 4/20(金)7時半 第三十三回文芸部『かぐや姫のストーリー...

開催終了4/20(金)7時半 第三十三回文芸部『かぐや姫のストーリーを自由に考える』司会さるたまさん

コミュ内全体

詳細

2018年04月08日 00:25 更新

いつも「半蔵門かきもの倶楽部」にご参加いただきありがとうございます。
作品を書いて、集まるという活動もしていますが、集まって語り合うというゆるい会も開催していますので、お気軽にご参加くださいね。

今回の司会は、さるたまさんです。

どもども、さるたまです。
今回は日本最古の文学作品
『竹取物語』を現代風にしたらどうなるかを皆で考えてみたいと思います。
簡単に言うと「かぐや姫」のお話ですね。
内容としては、竹取物語をベースに舞台設定や登場人物を色々考えて、最終的に一つの作品が作れたら良いなと思います(作れないかもしんないけど……)
また、個人で書くなら、得意なジャンルに持っていくのもありですね。
その辺のルールは特にありませんので、皆でご飯食べながら楽しく「ぼくの考えたかぐや姫」を語りましょう。

ではでは、皆さんのご参加お待ちしておりますm(__)m

さる

★かぐや姫あらすじ(まんが日本昔話データベースより)

竹から産まれた美しい姫は、やがて月に帰って行っちゃう
竹取りのお爺さんが山で竹をとっていると、一本の竹が金色に光っているのを見かけた。その竹を切ってみると中に小さな女の子が座っていた。おじいさんはこれは神様からの授かりものに違いないと言って、家に連れて帰り、かぐや姫と名付けて育てることにした。

その日からお爺さんが山へ竹を取りに行くといつも金色に輝く竹があり、その中にはたくさんの黄金があり、おじいさんはお金持ちになった。三ヶ月ほどでかぐや姫は美しい娘に成長した。その噂は広まり、結婚の申し込みが殺到したが、かぐや姫は無理な注文をして諦めさせようとした。

やがて十五夜が近づくと、かぐや姫はおじいさんに、自分は月の都の者で、八月十五夜に月から迎えがやって来るとうち明けた。お爺さんは十五夜の日にたくさんの侍を雇ってかぐや姫を守ろうとした。しかし月の使者がやってくると侍達は全く動けなくなってしまった。かぐや姫はお爺さんに命の袋を渡して別れを告げ、月の使者とともに月の都へと帰っていった。

お爺さんはかぐや姫からもらった命の薬を、「おまえがいないのに長生きしてもしかたがない」と言って火の中にくべてしまった。


【日時】4月20日(金)pm7:30開始 pm9:00 終了予定
(定刻にお出で願います。開始10分前以前は入店できませんのでご注意ください )

※ 開催場所、形式は「半蔵門でゆるい読書会」と同じで 下記の通りです 。
参加費
 1000円(紅茶またはワイン1杯付き)
 お食事をご希望の方はコメント欄でお申し込みください(別途500円。内容はお任せ願います)。
 また、確認の意味で、お食事不要の方は、お手数ですが、「食事不要」とご記入ください。
お土産について:読書会中に皆でつまめる菓子、果物などのお土産は歓迎です。なお飲み物のお土産はご遠慮ください。(CafeBarKIYONOは飲食店です。お食事の持ち込みはできません。飲物の持込は1000mlまで/ごと500円の持込料を申し受けます)
終了後も閉店時(23:00)まで残ることができます。この場合は飲物の追加オーダー(食事はオーダーできません)をお願いします(種類問わずグラス1杯500円)

定員:8名

会場: 千代田区平河町2-2-5カフェバーKIYONO 電話5212-4146
地図:googleマップで「カフェバーきよの」で検索
http://bit.ly/p15SIR

参加申込 : 下記のコメント欄にお食事の要否を記載して、このイベントの参加クリックボタンを押してください。

コメント(13)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!
  • 2018年04月20日 (金)
  • 東京都
  • 2018年04月20日 (金) 締切
  • イベントに参加する
  • 気になる!
参加者
4 / 8人
気になる!してる人
3人
mixiチケット決済