mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

mixi > イベント一覧 > 東京都 > 2017年8月 > 2017年8月6日(日)の東京都のイベント > SF乱学講座 ハンセン病と宗教 2017年8月の予定

開催終了SF乱学講座 ハンセン病と宗教 2017年8月の予定

コミュ内全体

詳細

2017年07月19日 01:56 更新

SF乱学講座2017年8月の予定

タイトル:ハンセン病と宗教

講師:浜崎眞実氏(カトリック司祭)

開催日時:2017年8月6日 日曜日 午後6時15分〜8時15分
参加費 :千円
会場  :杉並区高井戸地域区民センター
地図↓
http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=35%2F40%2F49.354&lon=139%2F37%2F11.256&layer=1&sc=2&ac=13115&mode=map&size=s&pointer=on&column=close

以上

*************************************************************************************
会場は、京王井の頭線高井戸駅のプラットホームから見えています。特大の煙突が目印です。
駅の改札口をでてすぐの歩道橋で、環状8号道路をわたって下さい。
そこから、井の頭線沿いの横道を少し入ると、建物の入り口がありますので、そこから入って奥のエレベーターで三階まで昇って下さい。

いつも近くで二次会をやっています。だいたい10時くらいまでです。

SF乱学講座はどなたでも参加できる公開講座です。

コメント(5)

  • [1] mixiユーザー

    2017年07月21日 21:29



    次の日へ >

    2013.02.26


    浜崎神父様は「文字通りには信じない司祭」のお一人か




    十字架のそばから逃げてしまった男性たちは、イエスを裏切ったことからの罪悪感を払拭するために、イエスの死は民を救うための犠牲の死と意味付けたのではないでしょうか。すなわち、後ろめたい気持ちを反転させて、命を投げ出すことを礼賛し模範として描くようになったと想像できるのです。それに対して十字架のそばに立ち続けた女性たちは(…)その死を他者のための身代わりとして意味付けし、称賛するような理由はなかったのです。むしろイエスを死に追いやったものに対してきちんと怒りをもつことができたのではないでしょうか。

    http://www.shimizu-catholic.jp/kusanagi/message-090820.html  魚

    上は、ご自分の教会に同性愛の完全肯定論者を招き入れ、「セクシャル・マイノリティー」についての講演をさせた主任司祭、浜崎眞実神父様がお書きになった文章の一節である。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーーー
    http://www.maroon.dti.ne.jp/gokyo/diary2013/d-2013-02-26c.html

    の、方のようですね。
  • [2] mixiユーザー

    2017年07月23日 02:18

    >>[1] このサイトの方は全く存じ上げないですが、困ったちゃんな感じの信者さんですね。「あなたは理性の人であるよりも感情の人である。」などと書いてますがそりゃお前じゃん、と思いました(笑)。このような頭の硬い信者の意見でやってたら現実の問題は解決しないので(笑)、教会もやる事はやる神父の行動には口出しせず、アホな意見は無視したって程度の話かと思います。
  • [3] mixiユーザー

    2017年07月23日 02:29

    >>[2] あと、「文字通り信じる」が正しいと言うならカトリックより米国系のファンダメンタリストの教会に行けよ、と一信者として思いました(笑)。
  • [4] mixiユーザー

    2017年07月23日 02:46

    >>[1] まあ、歯に衣着せぬ発言をするので、面白いとは思いますよ(笑)
  • [5] mixiユーザー

    2017年07月23日 03:29

    『ベン・ハー』(Ben-Hur: A Tale of the Christ、副題『キリストの物語』)は、アメリカのルー・ウォーレスが1880年に発表した小説である。

       【略】

    やがてエルサレムでの戦車競走で不敗のメッサーラに挑むことになるベン・ハー。激闘の末、ライバルのメッサーラを倒したベン・ハーは、瀕死のメッサーラから母と妹が業病に感染して隔離場所にいることを知らされる。当時はハンセン病の効果的な治療法がなかったので[1]ベンは偉大な霊力を持つと人々の間で信じられていたイエス・キリストのもとに二人を連れて行きその御力に縋った。すると奇跡が起こり二人は完治した。三人はキリストに感謝し物語りは幕を閉じる。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーーー
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%BC

    この小説は未読ですが、

    ―――以下転載ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    『ベン・ハー』(Ben-Hur)は、1959年制作のアメリカ映画。ルー・ウォーレスによる小説『ベン・ハー』の3度目の映画化作品である。ウィリアム・ワイラー監督。チャールトン・ヘストン主演。

       【略】

    そうとは知らないベン・ハーは、仇敵メッサラと二輪戦車競走で相まみえ、族長イルデリムが集めて入念に調教した優秀な4頭の馬を操って円形競争場で激しい争いをメッサラと繰り広げた。そしてメッサラとの死闘を制したベン・ハーだったが、その直後に瀕死で虫の息のメッサラから母と妹がライ病に侵されながらも生きていることを知る。そして密かにエスターの後を追って洞穴で生きながらえる母と妹に再会した。ベン・ハーは家族や親友を不幸にしたローマを憎み、ローマの市民権を放棄する。悩むベン・ハーにエスターは救世主と言われるようになったイエスの話をするがいっこうに聞く耳を持たない。やがてイエスが裁判にかけられて磔にされるという話を聞いて、すがる思いで母と妹を連れて街に繰り出すが十字架を背負ったイエスを見て、あの時に水を恵み自分を救ってくれた人であったことにベン・ハーは愕然とする。母と妹を帰らせてベン・ハーは後を追いかけ、そして倒れたイエスに今度は自ら水を飲ませたが役人に蹴られ、やがてゴルゴダの丘でイエスは磔の刑に処せられた。その直後に俄かに天から雷雨と大風が舞い、イエスの流した血が大地を流れていった。

    絶望したベン・ハーは重い心で邸宅に戻った。しかしエスターは微笑みながら彼を迎えた。ふと上を見上げると母と妹が元の姿に戻っていた。あの雷雨の中で洞穴に退避した母と妹は急な激痛の後に病が癒えていたのだった。信じられないベン・ハーは母と妹を抱きしめながら喜びを分かち合った。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーー
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%BC_(1959%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB)

    は印象に残る映画でした。
mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!
  • 2017年08月06日 (日) 18:15-20:15
  • 東京都 杉並区高井戸地域区民センター
  • 2017年08月06日 (日) 締切
  • イベントに参加する
  • 気になる!
参加者
1人
mixiチケット決済