mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

mixi > イベント一覧 > 東京都 > 2016年11月 > 2016年11月27日(日)の東京都のイベント > 【募集開始】 第47回読書会『三四郎』

開催終了【募集開始】 第47回読書会『三四郎』

詳細

2016年11月25日 21:58 更新

【2016.11.25 更新】
参加者の皆さまへ、mixiの一括メッセージにて連絡事項を送信いたしました。

mixiのメッセージをご確認ください。
もし届かない場合、幹事までmixiからのメッセージにてご連絡ください。

【2016.11.24 更新】
参加者の皆さまへ、mixiの一括メールにて連絡事項を送信いたしました。

もし届かない場合、幹事までmixiからのメッセージにてご連絡ください。

【2016.11.12 更新】
参加される方はこちらの事前トピックに書き込みをお願い致します。
            ↓ ↓
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=3169098&id=81024973

【2016.11.5 更新&追記】
当日キャンセルについて追記しました。

---------------------------------------------------------------------------------

皆様いかがお過ごしでしょうか。
第47回『三四郎』読書会の募集を開始いたします。

三四郎は、村上春樹作品の小説やエッセイ、インタビューの中でも何度か出てくる小説です。
今年は漱石の没後100年、来年は生誕150周年と記念の年でもあります。
ちょうと各局のテレビドラマで『坊っちゃん』や『夏目漱石の妻』を観た方もいるのではないでしょうか。

村上春樹は漱石作品、特に三四郎に対しては特別な思い入れがあるようです。村上春樹作品の英訳を多く手掛けている翻訳家・小説家のJay Rubinさんの三四郎の英訳には、村上春樹がこんな序文を寄せています。

Sanshiro is the only full-length novel that Soseki wrote that focuses on the coming of age of a young man.
One such novel may have been enough for him to write in his lifetime, but he had to write at least one.
It thus occupies a special place among Soseki's works. Virtually all novelists have such a work. In my own case, it is Norwegian Wood (1987).

            『Sanshiro (Penguin Classics)』
(Introduction The (Generally) Sweet Smell of Youth)より引用


そう、三四郎は、村上春樹にとって、ノルウェイの森にあたる作品だと言っているのです。

こんな三四郎を語ろう!というのが今回の趣旨です。
どちらかといえば、漱石論のような難しい話でなく、村上春樹との関係なども織り交ぜながら
村上春樹- 夏目漱石読書会として楽しみたいと思います。

では、参加希望の方は、下記の1〜9番の項目をよく読んで、 お申し込みください。


--------------------------------------------

1.日 時

  2016年11月27日(日)

  11:45〜12:00  集合!
      
  12:00〜17:00  読書会
  ※ 当日は、ここで紹介した三四郎の序文や三四郎について言及したインタビュー記事など
を配布しようと思いますのでお楽しみに♪
             
  17:45〜 2次会(希望者のみ)

   (読書会に参加した方を対象)

  ※今回は読書会の続きを兼ねた2次会となります。

2.開催場所 

 読書会 日比谷図書文化館(日比谷図書館)会議室B
 http://hibiyal.jp/hibiya/index.html

【会場注意事項】
・図書館の館内は、撮影禁止・飲食禁止です。
・セミナールーム内も、蓋の付いた飲み物以外は持ち込み禁止です。


2次会  肉×クラフトビール 有楽町SORA
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13189513/


3.課題図書

  夏目漱石『三四郎』 新潮文庫

※ ページが一緒のほうが話しやすいため、今回は新潮文庫に統一します。
(既に角川文庫など新潮文庫以外のもので購入済みで、読み始めている方は
他の版でも結構です。)

4.タイムテーブル(あくまで予定)

受付 11:45〜

◆読書会
12:00 〜 13:30 第1部     
13:40 〜 14:50 第2部
15:00 〜 16:30 第3部
16:30 〜 17:00 幹事挨拶、写真撮影など

◆2次会 (予定)
17:45〜19:45 

5.参加費用

 読書会  会場費+運営維持費で1,500円

 2次会   4,300円

 ※受付時にお渡しください。できれば、釣銭のないようご協力お願いします。
            
6.参加条件

(1) 課題図書を読書会2日前までには、読破していること

(2) 読書会前の事前トピック(事前アンケートのようなもの)と、
    参加後の感想トピック、どちらも書き込むこと

(3) 1番下のキャンセル料に、ご了解頂くこと

7.定員

最低実施人数:6名 (1週間前で6名に達していない場合、延期の場合もあり)
最高実施人数:20名くらい (参加者17名+管理人1名と幹事2名)

8.参加方法

「このイベントに参加する」ボタンを押して頂き、コメントにて参加表明お願いいたします。
2次会のみの参加はできません(=第1部で語り足りない時間の補足なので)。

(1) 読書会と2次会の参加について
     ※ 2次会は11月22日(火)で、一旦閉め切ります。

(2) 現時点での『三四郎』、読破状況をご記入ください。

(3) 参加に向けてのコメント(読書会に期待することなど、ご自由に) 
 
※今回残念ながらご参加いただけない方も、近況報告などしていただけるととても嬉しいです。

なお、申込の際は、下記の記入例を参考にご記入ください。

  記入例)  
  (1) 読書会と2次会の参加について
   例) 読書会 (○) 参加
      2次会  (○) 参加  

例) 読書会 (○) 参加
   2次会  (△) 調整して、11月22日までに連絡します。

(2) 現時点での『三四郎』、読破状況をご記入ください
   例)昔、角川文庫で読みましたが、久しぶりに読み返しました。
   例)学生のころ以来です。20年ぶりに読み直して1/3くらいまで読みました。 
   例) 三四郎は初めて読みます。これから購入して、読んでみますetc

9.その他(重要)  

(1) 集合時間や参加費など、若干変更する場合がございます。
   よりよい読書会にするためのものですので、あらかじめご理解ご了承ください。

(2) 参加したいけど初めてなので不安が多い方、多いと思います。
   雰囲気や準備することがわからない方は、管理人まで気軽にご連絡ください。

  読書という性質上、友達を誘って参加するのではなく、
  男女問わずひとりで“勇気?”を持って、参加表明された方がほとんどです。
  参加表明さえしてしまえば、あとは何とかなる!はずです。
  
  
(3) そのほかにも気になること、相談したいことがありましたら、
   管理人宛てmixiメッセージにてお願いします。
    → 必ずご返信いたしますが、数日経ってもこない場合は催促してください。

(4) 諸所の事情により、次回以降の参加をご遠慮頂くことがございます。
 (多くの方から苦情が寄せられた方、当会の方針に合わないと管理人が判断した方etc)  
   極端な話ですが
   ・参加申込時のコメントや管理人宛てのやりとり
   ・参加者のプロフィール
   などで「当読書会の方針にあわない」と思われる方は
   参加申込をされた方でも、参加をお断りすることもあり得ます。

  公の会ではなく、管理人が個人的な楽しみで開いている会ですので、
  これらは管理人の個人的な判断(独断と偏見)で行います。
   
  あらかじめご了承ください。
  (コミュへの参加はゆるくしてますが、申込時にハードルを設定します)

(5) カゼや病気、急な仕事が入った、お葬式、etc
    諸所の事情で、急に読書会に参加できなくなることは、いたしかたありません。

   これは企画運営サイドでもありえることですので、あまり気になさらずに。

ただし、今回の読書会は、当日キャンセルの方につきましては、キャンセル料を頂きます。
※前日の11/26(土)16:00までにコメント下さい。それ以降は当日キャンセル扱いとなりますのでご了承ください。

  <キャンセル料>
  ◆読書会のみ申込みの方  500円
  ◆読書会+2次会の方    4,300円

キャンセルすることを前提に安易にお申込みをされますと、お店側に
多大なご迷惑をおかけしてしまいます。
また、万一定員に達している場合は、来たかった方が来られなくなってしまいます。

キャンセル料は、自覚と責任を持ってお申込み頂くために、必要なことでありますので、
運営サイドの事情をご理解の程、よろしくお願い申し上げます。


では、皆様。
当日お会いできる人が、一人でも多くなること期待しています!!


コメント(28)

  • [1] mixiユーザー

    2016年10月25日 23:41

    参加します!
    今回は珍しく、日曜日の開催なのですね。

    読書会(○) 参加
    二次会(○) 参加

    「三四郎」、案内の出た日に購入しました。ですがまだ表紙眺めてるだけですふらふら

    楽しみにしてますので、よろしくお願いいたします。

  • [2] mixiユーザー

    2016年10月26日 17:22

    こんにちは!
    こまねこさん、まゆまゆさん、純さん、面白い企画ありがとうございます。
    参加希望です。

    (1) 読書会と2次会の参加について

    読書会 (○) 参加
    2次会  (○) 参加  

    (2) 現時点での『三四郎』、読破状況をご記入ください。

    遥か昔の学生時代におそらく一度読み、2013年に読み返しました。
    東京藝大美術館の「夏目漱石の美術世界展」を観る前に。
    こちらの美術展では、三四郎と美禰子が見たウォーターハウスの「人魚」や、三四郎が美禰子のイメージを重ねたフランスの画家グルーズの少女像などもありました。
    特別企画として「三四郎」に登場する「原口画伯」が美禰子をモデルとして描いた作品「森の女」(原口のモデルは黒田清輝と言われており、画家の佐藤央育氏が「三四郎」を読み返しながら、黒田清輝風の作品を推定試作したもの)もあって、面白かったです。

    ※美術展についてと推定試作は、こちらで見ることができます
    http://www.museum.or.jp/modules/topics/?action=view&id=292

    (3) 参加に向けてのコメント(読書会に期待することなど、ご自由に) 

    村上春樹は、あちこちで夏目漱石のことに言及している気がするので、面白いですね。

    夏目漱石と村上春樹に共通しているのは、時代の大きな変化の流れに対するクリアーな観察と、個人がその中でどのように生きることが可能か、という視点ですかねえ。

    「文明(社会)の中で、個人が近代的自我を確立する」という漱石の視点と、「文明(社会)の中で、個人がすでに確立した自我を守るために(全体的な流れにはどちらかといえば背を向けつつ)、ささやかな避難場所を確保しようとする」村上春樹の視点は、どちらも同時代性を確保しながら、ある種クールな距離を保っているところが特徴かと。

    とりあえず、読書会用にまた本を読み返してみます。
    楽しみです(^^*)
  • [3] mixiユーザー

    2016年10月26日 22:05

    (1) 読書会と2次会の参加について

    読書会 (○) 参加
    2次会  (○) 参加  


    (2) 現時点での『三四郎』、読破状況

    学生の時以来、十年以上ぶりに読みました。今半分ほどのところです。


    (3) 参加に向けてのコメント
    ルービンさん訳 "Snashiro" に村上春樹が序文を寄せているとは知りませんでした。図書館で借りて読んだのですが、日本文学を知らない海外の初学者向けに書かれている一方、村上春樹の漱石論が書かれていて面白いですね。

    久しぶりの読書会参加です。楽しみにしています!
  • [4] mixiユーザー

    2016年10月26日 23:05

    >>[1]  参加申し込みありがとうございます!

    まだ、1か月以上ありますので、当日はよろしくお願いします^^
  • [5] mixiユーザー

    2016年10月26日 23:13

    >>[2]  参加申し込みありがとうございます!

    三四郎と美禰子が見た絵の美術展があったんですね!
    情報ありがとうございます。当日お話しできることを楽しみにしております。
  • [6] mixiユーザー

    2016年10月26日 23:21

    >>[3]  参加申し込みありがとうございます!

    当日はよろしくお願いします。
  • [7] mixiユーザー

    2016年10月30日 14:48

    参加を希望します。

    (1)読書会と2次会の参加について

    読書会(○) 参加
    二次会(○) 参加

    (2)現時点での『三四郎』、読破状況をご記入ください。

    ちょうど読んでいたところで、あと3、4日で終わります。

    (3)参加に向けてのコメント(読書会に期待することなど、ご自由に) 

    村上春樹同様、語り手と主人公との関係が気になります。よろしくお願いいたします。
  • [8] mixiユーザー

    2016年10月30日 22:13

    >>[7] 参加申し込みありがとうございます!

    色々とお話しできることを楽しみにしております。どうぞよろしくお願いします。
  • [9] mixiユーザー

    2016年11月04日 01:54

    お久しぶりです!
    3年近くご無沙汰しており、三四郎ならぬ浦島太郎状態のなお♪です。

    あるきっかけで漱石を読み直そうと思っていたのと、久々に読書会に顔出そうかと思っていた矢先、
    ちょうど良いタイミングで「三四郎」読書会開催と知り、ポチッとしてみました。


    (1) 読書会と2次会の参加について

    読書会 (○) 参加
    2次会  (○) 参加  


    (2) 現時点での『三四郎』、読破状況をご記入ください。

    15年くらい前、オケで「 ハイドリオタフィア」(オルウィンの交響曲5番)という曲を練習していたのですが、その時に、知り合いから「ハイドリオタフィアという名前の本が三四郎に出てくるよ」と言われて読んだのが最初の出会いです。(広田先生が三四郎に紹介する本ですね)

    現在、読書会に向けての一読目で、半分読み終わりました。


    (3) 参加に向けてのコメント(読書会に期待することなど、ご自由に) 

    村上春樹と夏目漱石の繋がりについては、あまり意識したことがなかったので、どんなお話が聞けるのか楽しみです。

    幹事の皆様、企画・準備等、有難うございます。どうぞ宜しくお願いします。
  • [10] mixiユーザー

    2016年11月04日 19:36

    昔、荻窪に住んでいて6次元にもよく通っていたので読書会の皆さんとは親しくさせてもらってきましたが、実はこの読書会には6年前に1度だけしか参加していません(^^; どういう風の吹きまわしか、2回目の参加をすることにしました。初めてお会いする方も、よろしくお願いします。

    (1) 読書会と2次会の参加について

    読書会 (○) 参加
    2次会  (○) 参加

    (2) 現時点での『三四郎』、読破状況をご記入ください。

    中学生のころに初めて読んで、以来、何度か読み返しています。読書会の前に、もう一度読み返したいと思います。

    (3) 参加に向けてのコメント(読書会に期待することなど、ご自由に)

    夏目漱石は一番好きな作家で、小説作品はすべて読んでいます。漱石の俳句も好きです。毎年1冊は漱石の本を読み返して、小説の舞台になった街を登場人物になったツモリで歩くことにしています。漱石の作品には、神田、本郷、小石川、上野、谷根千、早稲田、神楽坂あたりがよく出てきますが、どの街も、僕にとって馴染み深い街ばかりなので漱石の作品はとても身近に感じています。でも、これは純粋に作品を観賞するのとは外れているのかもしれません。これが関西とか余所の場所が舞台だったら、恐らく愛読なんかしていないでしょう。文学よりも街歩きが好きなのかもしれません。

    恥ずかしながら、村上春樹の作品についても読書会の皆さんにはとても及びませんが、いくらか読んでいるので、まぁ、なんとかギリギリで参加資格は認めていただけるのかなと思いました。今年は、まだ漱石作品の読み返しをしていないので、この機会を利用しようというコンタンです。どうぞ、お付き合いのほどよろしくお願いします。

    ところで、今年は漱石没後100年ということですが、漱石が生まれたのは1867年で亡くなったのが1916年。この数字よ〜く見て下さい。オケツの数字が7と6。気づきましたか? つまり、没後ウン年の翌年は生誕ウン年を祝うということになっているのです。というわけで、来年は漱石生誕140年。まだまだ、漱石フィーバーは続きそうです。
  • [11] mixiユーザー

    2016年11月05日 00:12

    >[9] な お ♪さん 参加申し込みありがとうございます。


    3年ぶりなんですね!
    「ハイドリオタフィア」という交響曲があるとは知らなかったです!
    久しぶりにお会いしてお話しできることを楽しみにしております^^
  • [12] mixiユーザー

    2016年11月05日 00:19

    >[10] くろさわさん 参加申し込みありがとうございます。

    参加は2回目とは意外です!
    先日、三四郎池周辺に行ってきましたが、作品の舞台となった場所に行くのは楽しいですよね。
    当日はどうぞよろしくお願いします。
  • [13] mixiユーザー

    2016年11月05日 20:26

    こんばんは。
    今回こまねこさんと一緒に幹事を担当させていただく、まゆまゆです。
    読書会にご参加いただける方へ、ご参加ありがとうございます!

    (1)読書会と2次会の参加について
       読書会 (○) 参加
       2次会  (○) 参加

    (2)現時点での『三四郎』、読破状況をご記入ください。

    昔読んで、今回読書会のために再読しました。
    さらにもう一度読み返している最中です。

    (3)参加に向けてのコメント(読書会に期待することなど、ご自由に) 

    夏目漱石は昔から好きで読んでいたのですが、
    読書会のために今回久しぶりに『三四郎』を読んでみて、
    すっかり内容を忘れていたことに気づきました。
    また描写の細やかさが際立っている作品なので、読み返すと新たな発見がありますね。

    今回初めての幹事ですが、皆さまが楽しめるよう準備していきたいと思います。
    当日皆さまにお会いできるのを楽しみにしています!
    どうぞよろしくお願いいたします。
  • [14] mixiユーザー

    2016年11月05日 22:59

    >[13] まゆまゆさん 今回は企画など色々とありがとうございます。
     当日まで引き続きどうぞよろしくお願いします^^
  • [15] mixiユーザー

    2016年11月13日 21:09

    こんばんは。
    こまねこさん、まゆまゆさん、夏目漱石読書会の開催ありがとうございます。
    漱石ファンとして、とてもうれしいです!

    (1)読書会と2次会の参加について

    読書会(○) 参加
    二次会(○) 参加

    (2)現時点での『三四郎』、読破状況をご記入ください。

    まだ少ししか読んでませんが、これから一気に読みたいと思います。

    (3)参加に向けてのコメント(読書会に期待することなど、ご自由に) 

    前期三部作の中では「それから」が一番好きなのですが(笑)久しぶりに
    「三四郎」を読み返し明治時代へ心の旅を。そして皆さんとのお話しを
    楽しみにしています。宜しくお願い致します。
  • [16] mixiユーザー

    2016年11月13日 23:04

    >>[15]  参加申し込みありがとうございます!

    漱石ファンとのことで、当日色々とお話しできることを楽しみにしております^^
  • [17] mixiユーザー

    2016年11月14日 21:41

    管理人の純です。


    (1)読書会と2次会の参加について

    読書会(○) 参加
    2次会(○) 参加


    (2)現時点での『三四郎』、読破状況をご記入ください。

    1回読破して、今は気になったところを読み返してます。

    また、日本版オーディブルでは、『三四郎』の無料視聴が一か月できるので、
    通勤の途中で毎日聴いてます。


    (3)参加に向けてのコメント(読書会に期待することなど、ご自由に) 

    今回の課題図書をどうするか?
    幹事のこまねこさん、まゆまゆさんと多々意見を出し合いました。

    結果、村上春樹作品でもなく、翻訳作品でもない......
    夏目漱石の『三四郎』となりました。

    漱石没後100年の年に、春樹さんが英訳版で序文を書いている『三四郎』を
    課題図書に読書会をするのも、たぶん何かの縁ですよね。


    実り多い集まりになるよう、幹事さんと一緒に準備してまいりますので、
    よろしくお願いします。





  • [18] mixiユーザー

    2016年11月15日 23:12

    朗読作品が1ヶ月1500円で聴き放題という、
    Audible(オーディブル)というサイト、
    ご存知でしょうか?

    三四郎も聴けるので、読む時間がなかなか取れない方も、
    通勤時間やながら時間を利用して、作品を聴くことができます。

    最初の1ヶ月は無料で体験できるので、
    興味あるかたはぜひ利用してみてください。


    https://www.audible.co.jp/

    アマゾンが運営しているので、
    アマゾンのアカウントですぐ利用できます。


    自分もつい最近気付いたばかりですが、
    ほぼ毎日聴いてます。


    また、2倍速や3倍速であるので、倍速再生を利用すると、
    三四郎も4時間40分程で聴き終えることができます。


    以上、参考までに。



  • [20] mixiユーザー

    2016年11月15日 23:39

    >>[17]  参加申し込みありがとうございます!

    色々とお世話おかけしております^^
    皆様に楽しんで頂けるように、引き続きどうぞよろしくお願いします。
  • [22] mixiユーザー

    2016年11月20日 23:42

    >>[21] 参加申し込みありがとうございます!

    久しぶりの再読とのことで楽しんで頂けると嬉しいです。
    色々とお話しできることを楽しみにしております^^
  • [23] mixiユーザー

    2016年11月22日 21:52

    こまねこさん、まゆまゆさん、純さん、
    幹事ありがとうございます。
    読んでみて面白かったので参加希望します。

    (1) 読書会と2次会の参加について

    読書会○
    二次会○(ギリギリですみません)

    (2) 現時点での『三四郎』、読破状況をご記入ください。

    今回初めて読み、一回読み通したところです。

    (3) 参加に向けてのコメント(読書会に期待することなど、ご自由に)

    100年以上も前の小説にもかかわらず、とても共感しながら読めました。世代や性別で受ける印象が大きく変わる作品だと思うので、皆さまの色々な意見が聞けるのが楽しみです。

    よろしくお願いいたします(^-^)
  • [24] mixiユーザー

    2016年11月23日 01:17

    >>[23] 参加申し込みありがとうございます!

    読んでみて面白かったとのことで嬉しいです^^
    当日は皆様の様々な感想で楽しんで頂けると思いますのでよろしくお願いします。
  • [25] mixiユーザー

    2016年11月25日 12:57

    読んでみたら面白かったし、仕事も休めることになったので参加希望します。
    ギリチョンで申し訳ありません。まだ大丈夫でしょうか。
    とりあえず書きこんでおきますので、参加不可能でしたらご連絡ください。


    (1) 読書会と2次会の参加について

    読書会○
    二次会△(私としては参加希望しますが、もうすでに締め切られてしまっているので。
           恐れ入りますが幹事様、もし参加できるようならご連絡いただけますでしょうか?
           わがまま言いまして申し訳ありません。失礼をお許しください。)

    (2) 現時点での『三四郎』、読破状況をご記入ください。

    中学生の時に一度と、2,3年前に2度目、今回3度目に読みました。
    今回はなぜかおもしろく感じました。

    (3) 参加に向けてのコメント(読書会に期待することなど、ご自由に)
    学生時代に記憶が残っている恋愛についてのこと。話しにくいか。。。

    ではよろしくお願いします。
  • [26] mixiユーザー

    2016年11月25日 21:03

    >>[25] 参加申し込みありがとうございます!

    まだ大丈夫ですので読書会と二次会、是非ご参加ください^^
    お仕事お休みで参加できるとのこと、嬉しいです!
    当日はよろしくお願いします。
  • [27] mixiユーザー

    2016年11月27日 10:58

    今、読了しました。
    突然ですみませんが、参加させていただきたいです。
    ※幹事さんには、この旨 昨日伝えてあります。

    (1)読書会と2次会の参加について
       読書会 (○) 参加
       2次会  (×) 参加

    (2)現時点での『三四郎』、読破状況をご記入ください。

    先ほど読了しました。

    (3)参加に向けてのコメント(読書会に期待することなど、ご自由に) 

    まだ、全然消化し切れていないので
    皆様のご意見ご拝聴させていただければと思います。
    質問は、多数用意しています。

    よろしくお願いします。
  • [28] mixiユーザー

    2016年11月27日 11:20

    >>[27] 了解です!
    よろしくお願いします^_^
mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!