mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

mixi > イベント一覧 > 海外 > 2016年11月 > 2016年11月19日(土)の海外のイベント > IDDP11月講義 「開発とヒューマン・ライツ:国際機関の議...

開催終了IDDP11月講義 「開発とヒューマン・ライツ:国際機関の議論を中心に」

詳細

2016年11月03日 07:57 更新

IDDP 11月講義
「開発とヒューマン・ライツ:国際機関の議論を中心に」

講師紹介:
藤田早苗 (ふじたさなえ)
エセックス大学、ヒューマンライツ・センター フェロー

名古屋大学大学院国際開発研究科修了。エセックス大学で国際人権法学修士号、法学博士号取得後、学内非常勤講師、研究員などを務める。主要研究テーマは「開発と人権」でアジア開発銀行などの開発金融機関と国連人権機関の両者に精通し、提言・情報提供を行っている。

主要文献:
論文に、The World Bank, Asian Development Bank and Human Rights: Developing Standards of Transparency, Participation and Accountability (Edward Elgar Publishing, 2013)、「国際人権法の定める「情報にアクセスする権利」と秘密保護法」『法学セミナー』2014年6月号、など。

講義案内:
「人権」と聞くと、「なんとなくよくわからない」とか「難しそう」というイメージを持つ人が少なくないかもしれません。しかし、「人権」には「食糧への権利」、「健康への権利」、「居住への権利」、「教育への権利」など、開発を学ぶみなさんにとってもかかわりの深いものも多く含まれており、それぞれ国連人権理事会にはアジェンダが設けられ、議論されています。

また最近では「ビジネスと人権」「開発金融機関と人権」「ミレニアム開発目標(MDGs)と人権」「持続可能な開発目標(SDGs)と人権」なども国連人権機関では重要なテーマとして取り上げられています。加えて、1997年にアナン事務総長が人権を国連の4つの使命におけるcross-cutting issuesである、とのべてから、各国連専門機関でも人権をその業務に取り入れることが求められてきました。そこで今回の講義では、主に国連人権機関による「開発」にかかわる議論に焦点を当て、次の3点を中心にお話する予定です。

1. 国連での「開発と人権」の議論
2. 世界銀行、アジア開発銀行と人権
3. 国連における日本の人権問題

ヒューマンライツ(人権)の基本を学びたい人にも将来国際機関で働くことを目指す人にも欠かせない内容になっています。学生のみなさまのみならず、関心のある一般のみなさまもぜひとも足をお運びください。

日時:11月19日(土)13:30-16:30
会場:Chadwick Building B05LT, UCL

参加費:£2 (勉強会運営費に充てさせて頂きます。)
言語:日本語
募集定員:90名(定員になり次第、受付終了)

お申し込み方法:
以下のリンク先の参加登録フォームより11月18日(金)12:00pmまでにお申し込みください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf2Z6RSJ5A52ZFgAQ4WuzzdWJzsSKsX8lNPjnKFMVzDLVfIuw/viewform

主催:英国開発学勉強会(IDDP)

Facebook ホームページ https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1202211253187977&id=380195618722882

※IDDPとは、英国開発学勉強会 Intercollegiate Development Discussion Panelの略称で、2000年に発足された英国で開発問題に関心を持つ学生が自主的に運営する非営利団体のことです。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!