mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 動物、ペット > 小さな命を救いたい

小さな命を救いたい

小さな命を救いたい

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年3月3日 23:22更新

―不幸な命がゼロになる日まで

現在、ペットと人間は助け合って生きています。ある犬は主人の目となり誘導し、主人の耳となって生活を助ける。冬山に遭難した凍死寸前の人を救い、災害現場では生き埋めになった生存者の存在を知らせる犬がます。孤独な人、心の病気を患う人を精神的にサポートする犬や猫がいます。
そして、現代社会に生きる世界中の何百人、何千人という人が、ペットと心を通わせて生活しています。疲れて家に戻った時、「おかえり」と言ってちぎれんばかりに尾を振る犬。気分的に落ち込んだ時にも、「遊ぼうよ」と誘ってくれる犬。悲しくて泣いている時に近寄ってきて、「どうしたの?」とごろごろ擦りよってくる猫。胸に乗ってもみもみとマッサージしながら、ピリピリしている神経を和らげてくれる猫。私たち人間とペットは、お互いに助け合い、精神的に寄り添いながら生きているのです。
そして彼らの命は尊く美しい。この世に一匹たりとも無駄な命などありません。なのに、保健所では毎年おびただしい数の命が、何の罪もない健康な命が殺されています。飼ってくれる人がいないという理由で。誰かに噛みついたから、吠えるからという理由で。家具をひっかくからという理由で。
毎年おびただしい数の犬や猫が遺伝病にかかっています。ある動物はそのために死に、またあるものは不自由な生活を強いられる。そしておびただしい数の動物が、予防できた病気で命を落としているのです。
私たちには、ペットの健康や福祉を守る義務があります。数千年前に野性の動物をペット化してしまった以上、ペットの繁殖をコントロールするのは、私たち人間の立派な義務です。ペットの人口過剰、問題行動、遺伝病の問題、そして子宮蓄膿症を初めとする多くの病気は、野性動物をペット化したために起こるようになったものばかり。すなわち、全て私たち人間が作り出した罪と言えないでしょうか。
いつか将来、安全で非外科的な方法の不妊去勢手術方法が開発されるかもしれません。その時まで、私たちにできる精一杯のことをすることが、私たち人間の責任であり、義務であると信じています。
そしてそれが、ペットに対する最大の愛だと思います。ペットが私たちにくれる愛情に対する、最大のお礼であり、プレゼントであると思うのです。一人ではどうすることもできない。でも、みんなが協力すればできる。
保健所で殺される命がゼロになる日まで…。 (「小さな命を救いたい」西山ゆう子)


保健所で、犬猫を殺処分するために使われる費用は、年間300億円と言われています。
1年で40万頭、ピーク時には80万頭もの動物が人間の勝手で殺されてしまっているのです。

このコミュニティは、獣医師、西山ゆう子さんが著された「小さな命を救いたい」という本を参考に作らせていただきました。
ペットを飼う上で大切なこと、社会マナー、ペット・コンパニオンアニマルのあり方について話し合える場になれば、と思います。

自由にトピック立ててください☆

[初めまして]はこちらからどうぞ★
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=7534521&comm_id=987808


管理人、多忙につき放置しがちで申し訳ありません。

ご参加ありがとうございます(^_-)-☆
これからもよろしくお願いします。

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 337人

もっと見る

開設日
2006年6月9日

3832日間運営

カテゴリ
動物、ペット
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!