mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Greg Black Mouthpieces

Greg Black Mouthpieces

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年8月23日 16:26更新

世界のトップアーティストが集う街ニューヨーク。グレック・ブラックはこの地で活躍する奏者たちの信頼を一手に引き受けている。

グレック・ブラックは1985 年にマウスピースメーカーとして著名な「ジャルディネリ」でマウスピースの製造に従事。その手腕が認められ、ジョン・ストーク(現在独立してストーク・マウスピースを制作している)の後任としてカスタムマウスピースの制作を担当するようになる。1990年にはジャルディネリの副店長であり、マウスピース部門の責任者であったジェフ・ヒルとともに独立し「ブラック・アンド・ヒル」の生産を開始する。しかし、5年後にジェフ・ヒルが管楽器業界から引退したためグレック・ブラックは自身の会社を再設立。現在に至っている。

グレック・ブラックのマウスピースはニューヨークフィル首席奏者であり、ビックバンドのリーダーとしても活躍するジョセフ・アレッシが使用していることから近年トロンボーン奏者にも絶大な人気を誇っている。しかしながら、グレック・ブラック自身は州立アパラチア大学にてトランペットで音楽学士号を取得し、卒業後はニューヨークでプロ奏者として活動した経験があるトランペット・プレーヤーである。また、故ディジー・ガレスピーをはじめとするジャズ・プレーヤーからブロードウェイやスタジオで活躍する奏者、そしてオーケストラ奏者に至るまで数多くのトランペット奏者がグレック・ブラックの技能を認め大いに賞賛していることは明記したい。

かつてニューヨークはビンセント・バック、ジョン・パーデューバ、ルディー・マック、ドミニク・カリキオ(のちにロスアンゼルスに移住)、ジョン・ペティナート(PHDマウスピース)、そしてボブ・ジャルディネリなどの数多くの名工たちが第一線で活躍する奏者たちとともに切磋琢磨し研究に励む場であった。グレック・ブラックは彼らによって築き上げられた伝統をボブ・ジャルディネリの最後の弟子としていかに伝えるかということも忘れてはいない。世界屈指のクラフトマンとも言うべきグレック・ブラックは、生産量を極端なまでに限定し完成度が極めて高いマウスピースを世に送り出しているのである。


Gregblack Mouthpieces
http://www.gregblackmouthpieces.com/


検索用
Greg Black グレッグ グレグ ブラック
Trumpet Bass Trombone Horn Tuba
トランペット トロンボーン バストロ ホルン チューバ テューバ
マウスピース Mouthpiece マウス
アレッシ Alessi 山本

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 227人

もっと見る

開設日
2006年6月7日

4206日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!