mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 村山実

村山実

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年2月21日 21:48更新

現役時代は知らないけど、小さい時から村山さんの

凄さを教えられてきたんで昔から好きでした。

フォークボール伝説

村山の宝刀は、オーバーハンド、スリークォーター、サイドハンドから投げ分けるフォークボールである。
 住友工業高校時代にマスターしたのだが、大学時代はほとんどフォークボールを使わず、直球で押していたという。
村山は、他の投手に比べて指が短かったため、握力強化器具や一升瓶を人差し指と中指の間に挟んで鍛えたと言われている。また、指の開きを大きくしたかったために、人差し指と中指の間の付け根をカッターで切ったという伝説は有名である。
 
1936年12月、兵庫県生まれ。投手。右投右打。背番号11。住友工業高校(現尼崎産高)から関西大学を経て阪神タイガースに入団。
 入団1年目の1959年からエースの座を奪い取り、18勝10敗、防御率1.19という新人とは思えない成績で最優秀防御率のタイトルと沢村賞を獲得。この年の5月には珍しいノーヒット2ラン(9回無安打2失点)を記録している。
 1962年にも防御率1.20で2度目の最優秀防御率を獲得し、チームもリーグ優勝を果たし、シーズンMVPに選ばれている。1964年も22勝を挙げてリーグ優勝に貢献。
 1965年には25勝13敗、防御率1.96、205奪三振の成績で最多勝・最多奪三振に輝いている。
 翌1966年も24勝9敗、防御率1.55、207奪三振を残し、2年連続最多勝・最多奪三振に輝いている。
 さらに監督兼任となった1970年には14勝3敗、防御率0.98という驚異的な防御率を残し、最優秀防御率のタイトルを獲得した。これは、現在でも戦後の最高防御率である。
 1972年限りで現役引退し、監督も解任となった。
 1988・1989年にも阪神監督を務め、1993年に殿堂入りを果たした。
 小柄ながら体全体を使って投げ込むフォームは、ザトペック投法と呼ばれた。落差の大きいフォークボールを武器に、長嶋と名勝負を繰り広げ、ミスタータイガースという愛称も持っている。

通算成績:実働14年 222勝147敗 防御率2.09(歴代6位)2271奪三振(歴代10位) MVP1回(1962)ベストナイン3回(1962・1975・1976)最多勝2回(1975・1976)最優秀防御率3回(1959・1962・1970)最優秀勝率(1970)沢村賞3回(1959・1965・1966)

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 34人

もっと見る

開設日
2006年6月5日

4190日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!