mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > ツムラ83番

ツムラ83番

ツムラ83番

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年9月19日 00:00更新

83番でマッタリしましょう。
トッピク立て、ご自由に。マッタリ、緩やかに。

【はじめまして】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=7344978&comm_id=968356

【漢方の組合わせ】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=7345006&comm_id=968356

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【働き】
抑肝散加陳皮半夏(ヨクカンサンカチンピハンゲ)という方剤です。神経の高ぶりをおさえ、また、筋肉の“こわばり”や“つっぱり”をゆるめて、心と体の状態をよくします。吐き気や食欲不振にもいいです。
具体的な症状としては、イライラ感や不眠などの精神神経症状、あるいは、手足のふるえ、けいれん、子供の夜なき、ひきつけなどに適応します。いわゆる“疳”の強い子供にも好んで用いられます。虚弱な体質で、腹直筋が緊張していることも使用目安です。

【組成】
漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。抑肝散加陳皮半夏の構成生薬は下記の9種類です。“柴胡”は、熱や炎症をさまし、腹直筋など筋肉の緊張をゆるめる働きをします。“釣藤鈎”には脳循環をよくする作用があるとされ、手足のふるえ・けいれんなどにも効果的と考えられます。“蒼朮”と“茯苓”は、水分循環を改善する漢方の代表的な利尿薬です。“茯苓”には、緊張をやわらげたり、動悸をしずめる作用もあるといわれます。さらに、血行をよくして貧血症状を治す“当帰”と“川きゅう”、気分を落ち着かせ食欲不振や吐き気にもよい“陳皮”と“半夏”、緩和作用の“甘草”が加わります。これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。病院では、煎じる必要のない乾燥エキス剤を用いるのが一般的です。

* 柴胡(サイコ)
* 釣藤鈎(チョウトウコウ)
* 蒼朮(ソウジュツ)
* 茯苓(ブクリョウ)
* 当帰(トウキ)
* 川きゅう(センキュウ)
* 陳皮(チンピ)
* 半夏(ハンゲ)
* 甘草(カンゾウ)

【特徴】
* 漢方的に、“肝”は心や精神をあらわします。抑肝散は、その意味での“肝”、つまり精神神経症状を抑えるための方剤です。これに、健胃薬の“陳皮”と、吐き気をおさえ気分を落ち着ける“半夏”を加えたものが抑肝加陳皮半夏です。「日本経験方」で紹介されている処方です。
* 適応証(体質)は、虚証(虚弱)、血虚(血流不足・貧血症状)、気上衝(のぼせ・イライラ・緊張・不安)となります。


【診察で】
* 持病のある人は医師に伝えておきましょう。
* 市販薬も含め服用中の薬を医師に教えてください。

【注意する人】
胃腸がとても弱く、食欲不振や吐き気、嘔吐や下痢などを起こしやすい人は慎重に用いるようにします。

【飲み合わせ・食べ合わせ】
芍薬甘草湯など甘草を含む他の漢方薬といっしょに飲むときは、「偽アルドステロン症」の副作用に注意が必要です。

* 飲み合わせに注意..甘草含有製剤、グリチルリチン(グリチロン等)など。

【使用にあたり】
* ふつう、漢方薬は食前もしくは食間(空腹時)に飲みます。顆粒は、お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいでしょう。むかつくときは、水で飲んでもかまいません。
* もし、食欲がなくなったり、吐き気を催すようでしたら、食後でもよいと思います。
* 効果のないときは、医師と相談してみてください。証の再判定が必要かもしれません。

【備考】
* 漢方は中国で生まれた体系医学です。その起源は遠く2千年以上もさかのぼります。そして、日本にも古くから伝わり、独自の発展をとげました。
* 漢方の特徴は、体全体をみるということです。体全体の調子を整え、病気を治していくのです。ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。このときの体の状態や体質をあらわすのが「証(しょう)」という概念です。このような考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。漢方のよさは、薬そのものよりも、証にもとづき「人をみる」という、その考え方にあるといっても過言でないでしょう。
* 病院では、服用が簡単な「エキス剤」が広く使われています。これは、煎じ薬を濃縮乾燥させたもので、そのままお湯に溶かすだけで飲めます(一部の専門外来では、生薬のまま調合することも)。現在、抑肝散加陳皮半夏をはじめ約150種類の方剤が保険適応となっています。

【用 法】
通常、成人1日7.5gを2〜3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する(ツムラ)。

【副作用】
漢方薬にも少しは副作用があります。人によっては、服用時にむかついたり、かえって食欲がなくなるかもしれません。しだいに慣れることが多いのですが、つらいときは医師と相談してください。
重い副作用はまずありませんが、配合生薬の甘草の大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。「偽アルドステロン症」と呼ばれる症状です。複数の方剤の長期併用時など、念のため注意が必要です。

【重い副作用】
…めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください

* 偽アルドステロン症..だるい、血圧上昇、むくみ、体重増加、手足のしびれ・痛み、筋肉のぴくつき・ふるえ、力が入らない、低カリウム血症。

【その他】
* 胃の不快感、食欲不振、吐き気、下痢

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【ツムラHP】
http://www.tsumura.co.jp/kampo/index.htm

【おくすり検索】
お薬110番
http://www.jah.ne.jp/~kako/

【参考になるページ】
http://www.rakuda.co.jp/woman/woman.html

【薬価】
ツムラ抑肝散加陳皮半夏エキス顆粒(医療用) g 17.7(一包2.5g=44.25)
カネボウ抑肝散加陳皮半夏エキス細粒 g 17.2
コタロー抑肝散加陳皮半夏エキス細粒 g 10.9


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
漢方薬 ツムラ 83 83 抑肝散加陳皮半夏 ヨクカンサンカチンピハンゲ 婦人 女性 美容 健康 肩こり PMS 不眠 イライラ 不安感 腹痛 浮腫み 肌荒れ 冷え症 のぼせ ゆるやか まったり

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 27人

もっと見る

開設日
2006年6月3日

3843日間運営

カテゴリ
その他