mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 映画 > ビッグウェンズデー

ビッグウェンズデー

ビッグウェンズデー

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青春の1本。いったい何度観たのだろう。。。台詞ほとんど言えます。サーフィン映画の代表格。

1960年代初め、カリフォルニアの海辺の町にはマット、ジャック、リロイを中心とする若者たちが、
サーフィンを通じてグループを作っていた。彼らの夢は水曜日にやって来るという世界最大の波”ビッ
グウェンズデー”に挑戦することだった。ポイント岬で最高のサーファーといわれるマットは、一向にや
って来ないビックウェンズデーを待ちかねて、酒に溺れることもしばしばで、ジャックやリロイの友情に
よって何度か立ち直りのチャンスを与えられていた。そんなマットの心を優しく受けとめてくれたのは、
明るく健康なペギーだった。
 1960年代も半ば、彼らにも激化するベトナム戦争のための徴兵命令が来た。マットとリロイ、そして
サーフィン仲間のワクサーたちグループの大半が徴兵を免れようと奇抜なアイデアを考えているのを
よそに、優等生のジャックは堂々と徴兵検査を受け、べトナムへと赴任していった。マットとリロイは何
とか不合格をもらったが、ワクサーたちはベトナムへとかりだされて行った。ジャックの歓送会は盛大
に、そして悲しく行なわれた。マットもリロイもペギーも泣いた。恋人のサリーも。帰って来いジャック、俺
たちも、海もサーフ・ボードもお前を待っているぞ・・・。
 1960年代も終り、ジャックは帰って来た。懐かしいカリフォルニアの海へ。マットとの再会はサーフ・
ボードの上だった。ジャックはその足で恋人のサリーを訪ねた。だが彼女はすでに結婚してしまっていた。
彼らの心にベトナム戦争は暗く大きな傷を残したのだった。マットとジャックとリロイの三人は、とうとう
帰らぬ人となってしまったワクサーの墓の前で酒を酌み交し泣いた。そして闇の中をそれぞれの道を歩
きながら別れた。彼らは皆口には言わなかったものの、あの無鉄砲な青春時代の終りを、それぞれの
心に感じていた。
 そして1970年代の半ば、彼らが待ちに待ったその日が来た。今はもうジャックやリロイも立派な社会
人として生活を確立しており交際もとだえていた。マットはベア特製のロング・ボードをかかえ、浜辺に
おりたった。警官たちの警告を無視し、多くのサーファーたちがビッグウェンズデーに挑戦してははじき
飛ばされている。懐かしい青春の浜辺にはジャックとリロイが待っていた。昔と同じだ。黙って顔を見合
せるだけで言葉はいらなかった。とうとう俺たちの青春のけじめの日が来たのだ。三人はサーフ・ボード
に乗って波に向った。

開設日
2005年01月26日
(運営期間4263日)
カテゴリ
映画
メンバー数
248人
関連ワード