mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 占い > カモワン・タロット

カモワン・タロット

カモワン・タロット

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、「タロット」と称されるものは数千種にも及び、この瞬間にも新しいものが誕生していることでしょう。 その中で、単なる占い遊びに留まるのではなく、真のセラピーとして用いることのできるものは多くはありません。 それは、単純に絵柄・デザインの問題だけではなく、そこに人を導くことのできる「光」としての「叡智」が認められるかどうかによります。 その意味において、マルセイユ・カモワン・タロットは古代からの長い伝統と深い思想哲学により、「光」そのものであると言っていいでしょう。


マルセイユ・タロット本来の色彩と象徴を復元

1998年、映画監督のアレハンドル・ホドロフスキーとタロット・カード老舗の当主、フィリップ・カモワンはマルセイユ・タロットの復元という大事業を成し遂げました。二人の研究の結果、数世紀の間、「隠されてきた」秘密が明らかになったのです。

もともと、タロットカードの絵柄にはその元となる絵が存在しておりました。 それらの絵(象徴画)には古代エジプト(紀元前5000〜6000年頃)から連綿と受け継がれる、グノーシス(神智)の智慧と密儀がちりばめられていたのです。

それらの象徴画は、秘密教団の中で弟子の啓発と教育の為の教材として使われ、代々伝えられたものであったということです。

 実は、その絵柄の中にちりばめられている、深層意識の象徴群を読み解く事ができれば、「偉大な智慧・神性の回復」を実現する為の方法論が湧出し、自己解放や人間完成の為の大きな助けとなるらしいのです。

しかし、それはなにぶん密教に属する為、師から弟子へと口伝(アルカナ)によってのみ、読み解く鍵が与えられたそうです。

ところが、ヨーロッパにおけるキリスト教会のグノーシスに対する凄まじい弾圧などによって、この密儀の伝統が失われるのを恐れた人々は、これをゲームのカードの中に隠す事を思いついたのです。公に発行された一見稚拙にも見えるカードの絵柄の中に深い智慧が潜んでいようとは誰が想像できたでしょう。うまい隠し場所ではありました。

 しかし、時代の変遷とともに、だんだんと口伝が失わ、カードのみが一人歩きするようになり、芸術家や魔法家によって独自にアレンジされたりして、 いつの間にか絵柄に多大の変更が加えられ、その象徴体系はひどく歪められてしまったのでした。

 そこで、フランスのマルセイユで代々タロットカードの印刷・発行を生業としていた、フィリップ・カモワン氏はこれを復刻する事を思い立ったのでした。 彼は、家伝の秘図や資料を渉猟し、またやはりタロットの研究家であった 映画監督のアレハンドロ・ホドロフスキー氏の協力を得て、最新のコンピューター技術を駆使して、とうとう本来の形に最も近いものを完成させました。それがこのカモワン版タロットカードなのです。

 占いだけがこのカモワンタロットの役割でない事は、
上記の説明でお解かりいただけたと思います。しかし、占いのツールとしてこのカモワンタロットを用いれば、共時性により、占いという方式を借りて、潜在・深層意識の中で明確になっていない問題点等が浮き上がり、絵柄を見た本人に答えが現成して、意識の変容が起こる仕組みになっているのです。意識の変容が完了すれば、問題点は自然に了解され、適切な対処方法が分り、方針が決まることになります。

 心理的な効果から言うと、カモワンタロットは占いというより「タロットセラピー」と言ったほうが近いのかも知れません。


カモワンタロットとよばれるこのマルセイユタロットは
カード独自の意味に縛られずにカードからインスピレーションを受け取ってその内容を明らかにしていくところにその特色があります。

タロットに現れてくるそれぞれの人物には「視線の向き」があります。カモワンタロットでは、その「視線」を追ってカードを展開します。

テーブルの上に展開されるストーリーはご本人の潜在意識に埋もれているものを鮮やかに映し出します。そこに並んだカードの象徴的な意味をたぐっていくことで、心の中が整理されていきます。カードの意味をキーワードに、何が問題となっていてどこに解決の糸口があるのかを明らかにしていくのです

開設日
2005年01月22日
(運営期間4267日)
カテゴリ
占い
メンバー数
823人
関連ワード